マテウス サヴィオ。 J2第28節 柏レイソル、マテウス・サヴィオ&オルンガのゴールで長崎に勝利!連勝を「10」に伸ばす

マテウス サヴィオ:柏レイソル:Jリーグ.jp

マテウス サヴィオ

J1復帰へ突き進む柏。 連勝を『10』に伸ばす 長崎は手倉森 誠監督がベンチ入り停止(代行は原田 武男コーチ)、柏はクリスティアーノが出場停止と、それぞれ重要なピースを欠いての一戦となった。 最初の決定機は柏。 8分、スローインをマテウス サヴィオが収め、瀬川 祐輔に預けるとリターンパスに合わせてラインブレーク。 GKとの1対1を鮮やかに沈めた。 先制後は完全に柏のペースに。 この日は[4-1-4-1]のシステムで臨んだ長崎だが、課題とする前線からの守備はシステム変更では改善できず。 スコアこそ1-0だったが、ほぼ一方的に柏が主導権を握り、長崎は見せ場を作れないままの前半となった。 しかし49分、相手のミスからボールを奪った大竹 洋平が背後にパス。 これに反応した呉屋 大翔がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。 50分にこれを呉屋自らが決めて同点に追いつく。 すると状況が一変、長崎が打って変わって攻勢をかける。 59分にはカイオ セザールのドリブル突破からの折り返しを香川 勇気がシュートに持ち込むが、これは中村 航輔が阻止する。 押し込まれる展開が続いた柏だったが75分、マテウス サヴィオのクロスをオルンガが頭で流し込み、勝ち越しに成功する。 同点を目指す長崎はビクトル イバルボ、吉岡 雅和と攻撃のカードを立て続けに切る。 ただ、柏も逃げ切りを意識しながらうまく時間を進めていき、長崎はなかなかチャンスを作り出すことができない。 結局、スコアは動かず、試合はそのまま終了。 柏はこれで連勝を二ケタに乗せて10連勝を達成。 1年でのJ1復帰に向けて独走態勢を築きつつある。 一方の長崎は4連敗。 こちらは1年でのJ1復帰に向けて、自動昇格圏内が遠ざかる厳しい敗戦となった。 [ 文:杉山 文宣 ] Jリーグ. 45 他サポに「戦術オルンガ」って言われて腹立つ。 まぁその通りなんだけど。 12 3条〔出場停止処分の適用範囲〕 1. 選手、監督、コーチ、役員、職員その他の関係者 以下、「選手等」という が 出場停止処分を受けた場合、フィールドのほか、ベンチ、ロッカールーム等の区 域 ADカード等の入場証が使用される競技会の場合、そのカード等によって立 ち入りが制限される区域 に立ち入ることはできないものとする。 出場停止処分を受けた選手等は、観客席で試合を観戦することができるが、携帯 電話等の機器を使用する等の一切の方法により他の選手等へ指示・助言等を行う ことはできないものとする。

次の

クラブW杯出場のフラメンゴに復帰せずレイソルに完全移籍か!? 現地紙が合意報道

マテウス サヴィオ

フラメンゴから期限付き移籍で加入していた柏レイソルのMF 22 だが、どうやら完全移籍で合意したようだ。 ブラジル『O Dia』が伝えた。 フラメンゴの下部組織で育ったマテウス・サヴィオは、ポルトガルのエストリルでのプレーも経験。 シーズン途中の2019年7月に柏へと期限付き移籍で加入した。 1年でのJ1復帰を目指す柏が補強したマテウス・サヴィオは、後半戦だけでリーグ戦19試合に出場し7ゴール3アシストを記録。 J2優勝、J1昇格の原動力となっていた。 フラメンゴは、マテウス・サヴィオに関して、460万ブラジルレアル 約1億2000万円 で売却することで合意に達したとのこと。 関連ニュース 栃木SCは26日、柏レイソルのDF井出敬大 18 の加入を発表した。 井出は、柏の下部組織出身。 U-15、U-18とステップアップし、今シーズンからトップチームへと昇格していた。 井出は栃木を通じて、加入のコメントを寄せている。 「栃木SCに関わる全てのみなさん、初めまして、井出敬大です。 まず、このクラブでプレーできることに感謝し、1人のプロサッカー選手として、そして1人の人間として、必ず成長したいと思います」 「ここまで僕の成長を支えてくれた両親やコーチたちに恩返しできるよう、1日でも早くピッチに立ち、チームの力になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」 2020. 27 10:05 Sat 柏レイソルは24日、ベルギーのヘンクにレンタル移籍していた日本代表FW伊東純也 27 の完全移籍決定を発表した。 なお、ヘンクは今年3月30日に買い取りオプションを行使し、2023年6月30日までの契約を結んだことをすでに発表していた。 2015年にヴァンフォーレ甲府でプロキャリアをスタートさせた伊東は、2016年に柏入りすると、3シーズンに渡って主力として活躍。 その後、2019年2月からヘンクでプレー。 2018-19シーズンは半年間で公式戦14試合3ゴール2アシストの活躍をみせ、ジュピラー・プロ・リーグ優勝に貢献していた。 初のフル参戦となった今シーズンは、チャンピオンズリーグ CL デビューを果たすなど、公式戦38試合で6ゴール9アシストを記録。 なお、ベルギーでは新型コロナウイルスの影響によって5月半ばに打ち切りが発表されていた。 今回、改めてヘンクへの完全移籍がアナウンスされた中、伊東は柏の公式サイトを通じて古巣への感謝の言葉を伝えている。 「このたび、ベルギーのKRCゲンクに完全移籍することになりました。 2018-19シーズンは途中加入でしたが、リーグ優勝も経験でき、世界最高の舞台であるチャンピオンズリーグにも出場することができました」 「この経験ができたのは、移籍を後押ししてくれた柏レイソルのおかげです。 これから、まずは昨シーズン以上の活躍をして、ワールドカップ出場を目指し、さらに努力していきたいと思います」 「今回、柏レイソルを離れることとなりますが、僕にとってのレイソルはHOMEです。 これからもベルギーから柏レイソルの活躍を願っています。 最後になりますが、ファン・サポーターの皆様、クラブ関係者、そしてレイソルのチームメイトのみんな、本当にありがとうございました。 これからも一生懸命サッカーと向き合い、チャレンジしていきます。 本当にありがとうございました」 2020. 24 20:32 Wed 柏レイソルでも活躍した元ブラジル代表FWエジウソンが周囲を騒がせる主張をした。 イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 現役時代は、主にブラジルの名門コリンチャンスやパルメイラスなどのクラブでの活躍が有名なエジウソン。 1996年から1997年にかけては柏レイソルでプレーし、移籍初シーズンとなった1996シーズンには、21ゴールをあげ得点ランキング2位に入るなど活躍した。 ブラジル帰国後も活躍を続けたエジウソンは、ブラジル代表でも21試合に出場しており、特に2002年の日韓ワールドカップ W杯 の優勝メンバーの1人として知られている。 エジウソンはブラジル放送局『TV バンデランテス』の番組に出演。 自らのW杯優勝の経歴を根拠として、世界最高峰のサッカー選手とされる、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、ブラジル代表FWネイマールよりも、ピーク時の自分の方が実力が上だったと主張した。 「私のピーク時は、ネイマールより上手かった。 彼が私より上手いと言うにはW杯を優勝する必要がある」 「私にはパーソナリティがある。 メッシが私より優れていると言うには、彼もまたW杯を優勝する必要がある」 「クリスティアーノ・ロナウドはただ体が強いだけだ。 彼は両足で上手くシュートを打つことができるが、私の方が技術は上だ」 C・ロナウドとネイマールは、W杯での最高成績は準決勝進出。 一方でメッシは2014年ブラジルW杯で決勝まで進んだものの、ドイツに敗れており、3者ともW杯優勝の栄冠を掴んだ経験は今のところない。 2020. 15 21:45 Fri 柏レイソルのケニア代表FWオルンガが、『FIFA』のインタビューで日本での生活やチームについて語った。 オルンガは、ケニアでプロキャリアをスタート。 その後はスウェーデンのユールゴーデン、中国の貴州智誠、スペインのジローナでプレー。 2018年8月に貴州智誠から柏に加入していた。 ケニア代表としても活躍するオルンガは、2019年の最終節の出来事で世界中で注目を集めることに。 「今、ケニアの誰かにJリーグについて聞いた時、彼らは僕を心に思い浮かべるだろう」 「僕はJリーグ全体をアフリカ大陸で宣伝するために一生懸命努力しているから、それは素晴らしいことだよ。 日本のサッカーの成長にとっても好ましいことだろう」 昨シーズンはJ2リーグで30試合に出場し27ゴールを記録。 得点ランキング2位に輝き、柏のJ1復帰に貢献。 今季はJ1での暴れぶりが期待されたが、新型コロナウイルス COVID-19 の感染拡大を受けて開幕節終了後から中断。 現在は自宅でトレーニングを続けている。 しかし、オルンガは自宅でのトレーニングにも意味はあるとし、ピッチ外でやるべきことに時間を割くことは重要だと語った。 「家にいると、こういった環境でもトレーニングできることがわかる。 ピッチ上で何かに取り組むことができなければ、家でのハードワークの一部が代用できることに気づくだろう。 僕たちがピッチで完璧にすることができていない試合の側面に取り組むのを補う良い時期だと思う」 オルンガは、加入1年目の2018シーズンは明治安田生命J1リーグで10試合に出場し3ゴールという成績に終わり、チームはJ2へ降格していた。 当時は難しさもあった中、2シーズン目に向けては良い準備ができていたようだ。 「僕が2018年に日本に来た時、柏レイソルはシーズンの真っ只中で、チームはあまりうまくいっていなかった」 「僕はチームにフォットしようとしたけど、あまりプレーできず、ゴールも3つしか決めることができなかった」 「適応するのに少し時間が掛かったけど、2年目に新しい監督 ネルシーニョ がきた。 そして、僕はプレシーズンでチームのためにスタートした」 「ハードワークに成功し、全てを失っていたと思われていた中でも集中力を維持できていると思っている。 結局のところ、それは素晴らしいことを達成できると信じることなんだ」 「世界には素晴らしい選手がたくさんいるけど、自信を持つこと。 これが、選手にとって最も重要な側面だと思う。 それがあれば、ピッチで驚くことが起こせるんだ」 その言葉通り、2019シーズンの明治安田生命J2リーグでは強靭なフィジカルと得点力の高さを見せつけ、柏の昇格に貢献。 特に、最終節の京都サンガF. 戦では8ゴールを記録し、13-1の歴史的圧勝に貢献していた。 その試合をオルンガは振り返っている。 「僕は代表チームの活動から戻り、そのシーズンの最後の試合だった」 「正直なところ、その試合で8ゴールを記録することなど考えてもいなかった。 目標は19ゴールで得点ランキングの4位にいたので、ハットトリックを記録することだった」 「特別なことをしなければいけないとわかっていた。 ハットトリックを記録することは、フットボールの中で何かが起こる必要があるからだ」 「前半ですでに目標を達成していたし、残りの45分間は不可能と思われることを試すことができると思っていた」 「後半も良いシュートをした。 2019シーズンを終えるのに、最も良い方法だったと思うよ」 最後にオルンガはチームのファンについてもコメント。 自身のチャントをいたく気に入っていることを明かし、サポーターのおかげで力を発揮できたと語った。 「僕のレイソルでのチャントは、ボニー・Mの『ジャンボ・ハクナ・マタタ』 原曲はケニアのポップグループ「Them Mushrooms」の『Jambo Bwana』 、有名なスワヒリ語の歌なんだ」 「通常、歓迎の歌としてケニアに来た外国人のために歌われる。 外国人に歌い、ケニアは平和な土地であることを伝えるんだ。 ハクナ・マタタは問題がないことを意味するんだ」 「ファンが僕のためにチャントを作った時、おそらく彼らはスワヒリ語で有名な歌をググって、見つけたんだろう。 僕は彼らがそれを試合で歌うのを聞いた。 そして、それは僕の文化を描いているので、好きだったんだ」 「スワヒリ語で歌ってくれるので、もっとチームに貢献したいと思ったよ。 なぜなら、文化を感じるからだ。 僕がチャントを愛する理由だよ」 2020. 23 11:10 Thu 元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ氏が自身にとって理想のパートナーを明らかにした。 イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ブルガリア代表として78試合に出場し48ゴールを記録したベルバトフ氏は、2001年1月にレバークーゼンへと移籍。 そこでの活躍が認められ、2006年7月にトッテナムへと加入した。 プレミアリーグでも結果を残し、2008年9月から在籍したマンチェスター・ユナイテッドでは、公式戦198試合に出場して92ゴールを挙げ、2度のプレミアリーグ制覇を経験した。 トッテナム時代には元アイルランド代表FWロビー・キーン氏や、ユナイテッド時代には元イングランド代表FWウェイン・ルーニーや元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスとも2トップのパートナーを組んだベルバトフ氏だが、最も相性の良かったパートナーは意外にも元ブラジル代表FWフランサだと明かした。 「ルーニーとキーンのように、私たちは互いを補完しあった。 それはピッチの外であまり話すことがなくてもだ」 「レバークーゼンで、私はフランサと呼ばれる男と素晴らしいパートナーシップを築いた。 2人でとても多くのゴールを決めた。 2004-05シーズンにはバイエルンを4-1で破った」 「ピッチを足を踏み入れた時、私たちは一緒に寝ているようだった。 彼とのプレーを楽しんでいた。 信じられないほどに利己的じゃなかった。 私が良いポジションにいると、彼はボールをくれた。 彼にボールを与えると彼は得点を決めていた」 「それはアンディ・コールとドワイト・ヨークのようだった。 私たちが一緒にプレーしたことは信じられませんでした。 彼と一緒にプレーしたことは私の成長を支えた。 自分のレベルやより良いレベルにいる選手とともにプレーすると、常に何かを学ぶことができる」 フランサは2002年にサンパウロからレバークーゼンに加入し、そこから3シーズンに渡ってベルバトフとコンビを組んだ。 特に、2003-04シーズンは抜群の連携を見せ、ベルバトフが公式戦36試合16ゴール9アシスト、フランサが公式戦35試合14ゴール13アシストと見事な結果を残した。 レバークーゼン退団後は柏レイソルに加入し5シーズンプレー。 一度は引退するも、横浜FCで復帰していた。 J1では通算70試合22ゴール6アシスト、J2では41試合8ゴール1アシストを記録。 2020. 08 12:10 Wed.

次の

値段は1億2000万? 柏が半年で7ゴールのマテウス・サヴィオを買取か?【超ワールドサッカー】

マテウス サヴィオ

ジェフユナイテッド千葉 J2 との「ちばぎんカップ」に快勝して幕を開けた柏レイソルの今シーズン。 ルヴァン杯ではガンバ大阪に完封勝利。 J1リーグ開幕戦ではコンサドーレ札幌と壮絶な撃ち合いを演じ、4ゴールを奪って勝点3を獲得。 このままスタートダッシュを決めたいところだ。 江坂任やクリスティアーノ、瀬川祐輔といったアタッカー陣と最前線で格別な存在感を放つケニア代表FWマイケル・オルンガたちが織り成す迫力満点の攻撃は昨年のJ2のみならず、J1でも話題をさらっている。 その様子をベンチから見つめる1人のアタッカーがいる。 MFマテウス・サヴィオである。 昨夏にブラジルの古豪フラメンゴからレンタルで加入したM・サヴィオは前述したアタッカー陣と抜群の連携を見せてJ1復帰に貢献。 晴れて完全移籍となったが、今シーズンはここまでの3試合の全てにベンチ入りを果たしながら、出場はまだ叶っていない。 ゴール裏サポーターとの試合後の祝宴でも、笑顔をのぞかせつつも心から喜べていない様子は伝わっていた。 札幌戦の翌朝、M・サヴィオにその胸の内を訊ねると静かに口を開いた。 「もちろん、プレーはしたいよ。 でも、それは決して自分だけが持つ気持ちじゃなくてね、全ての選手がそう思っているはずさ。 特に問題視することではないよ。 毎日、献身的に充実したトレーニングができているし、自分のポテンシャルを信じているので、監督から出場機会をもらうことができたら、全力でチームに貢献するということを考えているからね。 今はここまでの状況に一喜一憂することなく、その時が来たら自分の持っている力を注ぐだけだよ。 前を向いてしっかりとトレーニングに臨むことが大切なんだ」 昨季であれば、スタメン出場でない場合は攻撃陣の交代のファーストオプションとなることが多かったが、今季は愛媛FCから加入したMF神谷優太が急浮上。 神谷はトップ下や左サイドで起用され、リーグ開幕戦でも負傷した瀬川に代わり好パフォーマンスを披露した。 厚みを増した攻撃陣の競争は激化しているが、M・サヴィオは冷静に状況を整理した。 「自分はまだ試合に絡めてはいないけど、チームは良い結果を出し続けている。 それは監督の選択が正しいということで、今の自分ができることは、1人のプロの選手として、チームへの献身性を忘れないこと。 チャンスが来た時に、だらけたり手を抜いたり、その姿勢を怠る選手が力を発揮できるはずがない。 今のチーム状況からすれば、『次の試合へ向けて』というよりも、いつチャンスが来てもいいように毎日同じ気持ちで取り組んでいくことが求められていると思っているよ」 なぜ、出場機会を得られていないM・サヴィオにこのような質問を投げかけたかといえば、昨秋のJ2優勝が懸かった週にM・サヴィオはこんな話をしてくれていたからだ。 「幸運にも自分は試合に出られているけど、高い能力を持ちながらも出場機会を得られていない仲間たちもいて彼らの前向きな姿勢に感銘を受けているんだ。 だから、自分たちは彼らの特別な思いを背負って相手に挑み、彼らの為にも勝利を掴むんだよ」 そんな考えを持つ彼のこと、無駄な振る舞いなどするはずはない。 まだまだカレンダーの中の数試合が終わっただけ、希望を失う時期ではなく、挽回の時間が十分にあるからこそ、M・サヴィオは腰を据えて鍛錬に勤しむという。 昨年の活躍を知っていれば知っているほど、ピッチで躍動する姿が待ち遠しいところだが、M・サヴィオには新たなモチベーションも生まれているようだ。 「レイソルの勝利の為に、自分たちを支えてくれるサポーターの為に、全力を尽くして戦う気持ちは、昨夏に来日してから全く変わっていないよ。 特に今年はサポーターが自分の為に歌を作って声援を送ってくれている。 ウォーミングアップに集中しているけど、いつも試合前に歌ってくれているのは耳に届いているよ。 とても覚えやすいメロディーだからすぐに覚えたし、気に入っているんだよ。 『サヴィーオー!』ってね 笑。 アリガトウゴザイマス!」 「至宝」マテウス・サヴィオという贅沢なオプションをお忘れなく。 (写真・文=神宮克典).

次の