フィラリア いつから。 【獣医師監修】犬のフィラリア予防薬、いつからいつまで必要?期間や種類、値段、副作用は?|hotto(ホット)

フィラリア予防をするのはいつからいつまででしょうか?

フィラリア いつから

フィラリアの薬ってどんな効果がある? フィラリアの薬って1ヶ月に1回 飲ませることは知っていますよね。 (飲ませると書いてはいますが、 首筋にかけるタイプの薬も同じです。 ) これは 1回薬を飲ませたら1ヶ月の 間効果が続くという意味ではあり ません。 フィラリアの薬はライフサイクルの中 で一時期しか効果がないんです。 蚊の吸血によって犬に侵入した フィラリアは1週間くらいで脱皮 して成長します。 そしてさらに1ヶ月半~2ヶ月くらい の間で脱皮してさらに成長していき ます。 フィラリアの薬はこの間にしか 効き目がないんです。 この期間に薬を飲ませることで フィラリアを駆虫することが出来る わけです。 さらに フィラリアの薬は蚊が刺すこと を予防してくれるわけではありません。 つまり フィラリア薬は使用する時期を 間違えると意味が無いということなん です。 ここまでの話は飲ませる(食べさせる) タイプのフィラリア薬の話ですが、 注射のフィラリア薬もあります。 これは1年間もしくは半年効果が持続 するものです。 スポンサードリンク 犬のフィラリア薬の時期はいつからいつまでか? 正しい時期に薬を使わないと フィラリアが成長してしまい効果が 得られないことは分かったでしょうか。 それではいつからいつまでの時期に 薬を使えばいいのでしょう。 蚊が飛ばなくなったからといって すぐにやめてしまってはダメなんです。 フィラリアが犬に侵入してから少し だけ成長した薬の効果がある時期に 使用する必要があるからです。 これを考えると1年の内で結構長い 期間使い続けなければいけないこと がわかります。 ・蚊が飛び始めるのは 暖かい地域なら3月くらいから 寒い地域なら4月くらいから飛びます。 つまり4月~5月くらいからフィラリア の薬を使い始める必要があります。 ・蚊がいなくなるのは 寒い地域なら10月くらい 暖かい地域なら11月くらいまで蚊は 飛んでいるでしょう。 つまり11月~12月くらいまでは フィラリアの薬を使わなければ いけません。 4月~11月 5月~12月 これくらいの期間はフィラリアの薬を 使っていきましょう。 ちなみに蚊がずっといる暖かい地域なら 1年中薬を与えて予防しなければいけません。 フィラリアの薬は高いから節約したい、 めんどくさいなんてことは考えずに 愛犬のために正しい期間1ヶ月に1度 使用するようにしてあげてください。 1ヶ月に1回を忘れてしまう可能性が あるのであれば効果が長い注射薬を 使ってみるのもいいでしょう。 注射薬を使うのであればどの時期から 始めても大丈夫ですが、蚊が飛び始めて から1ヶ月以内には注射しましょう。 また、体重の変化が大きい6ヶ月以下 の子犬には向いていないので注意です。 スポンサードリンク.

次の

子犬のフィラリア予防いつからいつまで?薬の種類と飲ませ方

フィラリア いつから

フィラリア予防薬を開始する時期はいつ?何月から始める? シゲ さん 蚊を見つけたら1ヶ月以内にフィラリア予防を開始し、薬を飲ませた方が安心のため良いかもしれません。 既に蚊に刺された恐れがあるなら、1ヶ月後、つまり4月下旬ですね。 フィラリアに感染するのは、ミクロフィラリアの居る犬の血液を吸血した蚊の体内で他の犬に感染力のある子虫になり、その蚊が血を吸うすうことで感染します。 よって5月頃でも心配ないと思いますが、地域やその年の気候で蚊の発生時期が変わるので、心配なら主治医に予め電話で問い合わせた上で予防の時期を決めてはどうでしょうか。 要は感染してもミクロフィラリアが感染して心臓に到達する2ヵ月の間に防御する必要があります。 心臓に達すると予防薬は効果がありません。 また、昨年に駆虫忘れをしたとかとか、予防期間が短かったと感じる場合は予め感染がないか検査することもお勧めします。 万一感染していた場合、予防薬でショツクを起すことがあります。 獣医師に問い合わせてください。 ご参考まで。 蚊が出てきたと気付いてから1ヶ月後に投薬開始 ラブドレ さん 家のかかりつけの 獣医は「蚊が出てきたと気付いてから1ヶ月後に投薬開始、蚊が出なくなってから1ヶ月後まで、フィラリア予防薬を飲ませる」と言われてます。 我家はマンション上階で蚊がいないので、8月から飲ませています。 なので、1ヵ月した後から薬を始めれば良いのではないでしょうか? フィラリア対策スケジュール ・蚊は、気温が15度以上あれば活動する ・ 蚊が見られて1カ月後から、蚊がいなくなって1カ月後まで毎月1回投与する ・蚊が出始めたからといってすぐにお薬を投与する必要はありません 引用元: 地方別フィラリア予防の投薬時期 ばんどう子 さん フィラリアの予防薬を開始する時期は地域によって違います。 土地の気候や、蚊の発生時期、地球の温暖化や、異常気象など、年によって気温は違うので、 投薬時期はかかりつけの獣医さんに相談するのがベストです。 【 日本の地方別フィラリア予防の投薬時期】• 北海道 : 6月下旬〜10月上旬• 東北 : 5月下旬〜10月中旬• 関東 : 5月中旬〜11月上旬• 甲信越 : 5月中旬〜11月上旬• 北陸 : 5月下旬〜10月下旬• 東海 : 5月中旬〜11月上旬• 近畿 : 5月上旬〜11月中旬• 中国 : 5月中旬〜11月上旬• 四国 : 5月上旬〜11月中旬• 九州 : 4月下旬〜11月下旬• 沖縄 : 2月上旬〜12月下旬 上の表は地域別のおおまかな目安です。 より詳しいデータは、気温データに基づき、蚊の発生状況およびフィラリア感染期間を掲載したサイトが参考になります。

次の

フィラリアの予防薬はいつからいつまで?『通年投与がおススメされる理由は』

フィラリア いつから

フィラリア症って何? フィラリア症とは、犬糸状虫と呼ばれる寄生虫が、蚊を媒介して、吸血の際に感染をし、フィラリアの幼虫が血管内に入り込みます。 フィラリアの幼虫は血管内へと移行し、成長します。 成長したフィラリアは30㎝にもなることもあり、その成虫たちが血管や心臓に詰まってしまうことで、血栓症や心不全などを引き起こし、ひどいときには死に至らしめる可能性もある怖い病気です。 犬から犬へ、直接感染することはなく、必ず蚊を媒介しますが、感染動物の体内にいるミクロフィラリアと呼ばれる子虫を蚊が吸血すると、その蚊がまた新たに他の動物を吸血するときに感染が広がる仕組みになっています。 今までは犬にのみフィラリアの感染は焦点が当てられていましたが、近年では猫でもフィラリアの感染事例が報告されており、猫の場合主に呼吸器の症状を示すと言われています。 フィラリア予防薬とは? 必ず動物病院でもすすめられるフィラリア予防薬ですが、たとえお外に出ない・散歩が嫌いだからと言って必要のないものの訳ではありません。 前述の通り、フィラリアに感染した動物を吸血した蚊に吸血されることによって、感染してしまう病気です。 たとえお家の中にいたとしても、ご近所等でフィラリアに感染した動物がいて、その動物を吸血した蚊がお家の中に入ってきてご自宅の子を吸血してしまったら・・・ご自宅の子もフィラリアに感染してしまうことになってしまいます。 お薬は予防薬という名称ではありますが、実際は駆虫薬としての効果が期待されており、体内に入った幼虫を駆虫することにより成虫になって障害を起こすことを防ぐことが目的です。 そのため、フィラリア検査をそのシーズンの初めに行なう際にすることが多いと思いますが、それにもきちんと理由があります。 駆虫効果のあるお薬なので、もし大量にフィラリアに感染していた場合、どうなってしまうと思いますか? 実は感染している状態でこのお薬を飲むと、大きな成虫たちが細い血管や心臓の中に詰まってしまいショック症状を起こしてしまうのです。 検査くらい・・・と思いがちですが、一歩間違えれば死につながってしまうので、とても怖いですね。 そのため、お家の中にいることが多い子でも、お外によく出る子でも、フィラリア予防と検査は欠かさずに行なうことその子の命を守るためにも大切と言えるでしょう。 フィラリアの予防はいつからすればよい? フィラリア感染症がそんな怖い病気とわかるとすぐにでも予防をしないと!という気持ちにどうしてもなると思います。 ではいつからしたらよいのでしょうか? 先ほどもお話した通り、予防薬という名前ではありますが、実際は駆虫薬としての役割を果たします。 そのため、蚊に刺された後にしっかり飲ませることが大切になるのです。 例えば東京など関東ではだいたい4月から11月くらいに蚊が発生されると言われており、その場合5月から12月まで飲ませることが理想とされています。 ただし、これは地域によって蚊の発生する時期は異なるため、飲ませ始める時期はご自身がかかられている動物病院の先生に相談してみましょう。 飲ませ忘れにより、命の危険にもつながるフィラリア感染症ですが、しっかり決められた期間に投薬することで、予防することは可能です。 また最近では滴下タイプやお肉タイプ、ノミダニ予防と併用されているタイプなど、様々な形式が作られています。 負担にならないものをチョイスできたら、きっと投薬も苦にならず、完全な予防につなげられるでしょう。

次の