エルカミーノ 映画。 【エル・カミーノ:ブレイキング・バッド】映画あらすじ感想:ジェシー・ピンクマン後日譚

映画【エルカミーノ】ネタバレ。【ブレイキング・バッド】の続編!ウォルターは?ジェシーはどうなった?

エルカミーノ 映画

2019年10月11日、もはや伝説と言っても過言ではない傑作ドラマ『ブレイキング・バッド』の続編『El Camino(エル・カミーノ)』が2時間の映画としてNetflixで配信されました。 監督は『ブレイキング・バッド』同様、ヴィンス・ギリガンです。 私は事前にドラマシリーズをおさらいし、会社PCの壁紙も『El Camino(エル・カミーノ)』仕様にし、万全の体制で観賞しました。 …感無量。 ドラマ本編で描かれなかったジェシーの苦しみや、彼が辿り着いた地を知ることができて大満足です。 さらには本家の小ネタ(イースターエッグ)も盛りだくさん。 しんみりしたりニンマリしたりで忙しくもあっという間の2時間でした。 ちなみに、『ブレイキング・バッド』のストーリーや登場人物などについては映画の中でまったく説明がありません。 続編なので当然と言えば当然なのですが、『ブレイキング・バッド』未視聴だと楽しめない映画ですので、お気をつけください。 映画タイトルの『El Camino(エル・カミーノ)』とは El Camino(エル・カミーノ)は車の名前。 『ブレイキング・バッド』のラストでジェシー(アーロン・ポール)が疾走していたあの車です。 もともとは天然サイコパス、トッドが乗っていた車ですね。 ドラマ『ブレイキング・バッド』の結末(ネタバレ) 映画『El Camino エル・カミーノ』は、ドラマ『ブレイキング・バッド』のラストシーン直後から始まります。 私は映画のために、最終シーズンを復習しておきましたが、やっぱり細かいところを忘れてしまってました。 ジェシーがハンクとともに現れたため、殺しの依頼は中止するとジャックに伝えます。 しかし、 暴走したジャックがハンクを殺してしまいます。 ジェシーを殺すつもりのジャックに、トッドは、「ジェシーにメスを作らせてはどうか」と提案します。 愛しのリディアが喜ぶ、純度の高いメスが欲しかったんだよね、トッドは。 ジェシーは数ヶ月に渡り、監禁されることに。 ウォルターはソウルのツテで人消し屋エドの元へ。 大金を払い、新しいIDを手に入れ、ニューハンプシャーの山小屋へ逃亡。 落ち着くまで山小屋にいるはずが、旧友シュワルツ夫妻のインタビューをテレビで観たことがきっかけで、山を降ります。 山を降りたウォルターが向かった先はシュワルツ夫妻の家。 ウォルターはシュワルツ夫妻を脅して、自分の息子のジュニアに、自分が稼いだお金が渡るよう手配をします。 ウォルターは娘に会うため、スカイラーたちの暮らす家を訪れます。 「これまでやってきたことはすべて"自分"のためだった」とスカイラーに告白して去っていくウォルター。 そしてウォルターは、最後に残った仕事を片付けに向かいます。 ウォルターが向かったのは、ジェシーがジャックやトッドたちによって監禁され、強制的にメスを作らされている隠れ家。 ウォルターが工作したマシンガンの仕掛けにより、ジェシーを監禁していたジャック一味は死亡。 ジェシーは外においてあったトッドの車(エル・カミーノ)に乗り、叫び声を上げながら逃走します。 一方、ウォルターはメス工場に足を踏み入れ、愛しそうにそれらの器具に触れます。 しかしウォルターが触れた場所には血の痕が。 自分の仕掛けたマシンガンから被弾していたのです。 ウォルターはその場に倒れ、工場には警察が踏み込んできます。 あっという間に裏社会で頭角を現し、ハイゼンベルグという伝説を作り、最後はきっちり復讐を遂行して果てたウォルター。 最後に映ったウォルターの顔が穏やかで満足気だったのが印象的でした。 映画『El Camino エル・カミーノ』あらすじ(ネタバレなし) ドラマのラストでジェシーがエル・カミーノに乗って逃走した直後から、映画は始まります。 友人のスキニーやバッジャーたちの助けを借りて警察の目をかいくぐり、ジェシーはトッドの部屋を目指します。 トッドの部屋に隠されていた金を手に入れ、ジェシーが向かった先は… 映画『El Camino エル・カミーノ』ドラマシリーズからの出演者 さて、ドラマ『ブレイキング・バッド』から誰が出ているかというと… ウォルター(回想シーン) 映画の後半、ジェシーはウォルターとのある会話を思い出します。 二人は食べ放題のレストランで食事をしながら、"ジェシーの今後"について話しています。 窓の外には二人がメスを作っていたあのRV車の姿も…。 あぁ…このシーンはなんだか泣ける。 マイク(回想シーン) シーズン5の頃だと思われますが、例のあの河原でマイクと話したことをジェシーは思い出します。 マイクのジェシーへの愛情にも似た感情が染みる…。 やっぱりこのシーンも泣ける。 バッジャー、スキニー・ピート 監禁されてた場所から逃げてきたジェシーを匿い、理由も聞かずに逃亡の手伝いをしてくれた二人。 別れ際、「どうしてここまでしてくれるんだ?」と聞くジェシーに、「お前は俺のヒーローだからだYO!」って答えるスキニー。 泣いちゃう。 ジェーン(回想シーン) 車を走らせながら、ジェシーが思い出すのはジェーンのこと。 ドラマであの悲劇が起こったのは、二人で新しい生活を始めようとしていた矢先でしたよね。 トッド(回想シーン) まずね、トッド演じるジェシー・プレモンスなんですけどね。 撮影までに体しぼれなかったかな、って。 映画の初登場シーンでみんな衝撃を受けたんじゃないかな。 トッド、2倍くらいに膨らんでるから。 体型の変化を除けば、さすがジェシー・プレモンスの演技力でした。 ドラマシリーズから全くブレない。 とことん危ないサイコパス。 トッドの自宅もじっくり見られるので、トッドファンは必見ですよ! 他にも、ジェシーの両親や、廃車工場の"オールド・ジョー"、 人消し屋のエドも出てきましたよ。 エドを演じたロバート・フォスターさんですが、映画配信日当日に病気で亡くなりました。 ともすれば殺伐としがちな裏社会に関わるキャラクターを、一掴みの暖かさを添える素晴らしい演技で、エドの人間らしい印象を際立たせたロバートさん。 楽しませてくれてありがとうございました。 ご冥福をお祈りします。 『ブレイキング・バッド』ファンへのサービス満点なイースターエッグ ガス・フリングのチキン屋「ロス・ポジョス・エルマノス」が「Twister」というファーストフード店に 映画が始まりしばらくしてに映るのは、 「Twister」というファーストフード店。 見覚えのある建物ですが…。 そう、ガス・フリングのチキン屋「ロス・ポジョス・エルマノス」があった場所です。 この「Twister」は実際に元々ここに建っているお店。 『ブレイキング・バッド』の中で、「ロス・ポジョス・エルマノス」の店舗として撮影されました。 ソウルはオマハに逃げましたからね。 あの、安っぽさ全開の自由の女神像が見られないのは寂しい…。 トッドの部屋はイースターエッグだらけ ジェシーがトッドの家を訪れたときの回想シーン。 ジェシーと部屋の壁の色について話す中でトッドが 「(壁の色は)イースターエッグみたいにしたかったんだけど」って言うんです。 トッドのセリフ通り、彼の部屋はイースターエッグの宝庫。 ではどんな小ネタが隠されているかというと… 殺した少年のタランチュラ ジェシーが、トッドの部屋を捜索中、トッドに飼われていたタランチュラに気がつきます。 悲しいようなぞっとしたような表情でジェシーはしばらくの間タランチュラを見つめます。 それもそのはず、このタランチュラは、 シーズン5でトッドが殺した少年ドリュー・シャープが持っていたもの。 自分が殺した少年の持ち物を持ち続けるなんて、トッドのサイコパスっぷりが炸裂しています。 Vamonos pestのTシャツ トッドの部屋でチラッと見えるのは、 "Vamonos pest"と書かれたTシャツ。 "Vamonos pest"はトッドがいた害虫駆除会社です。 ウォルターがメス製造の隠れ蓑にしようとしていましたね。 どうやらトッドの趣味はスノードーム作りらしいんですよね。 回想シーンでは、トッドの部屋に置かれている手作り感たっぷりのスノードームたちを見ることができます。 その中でも一際不気味なのが、リディアをモチーフにしたスノードーム。 ティーカップに座るリディアと彼女を見つめるトッド…。 ただただ怖いわ! 以下、ストーリーについてネタバレしていますので、未見の方はこ注意を! 映画『El Camino エル・カミーノ』ネタバレあらすじと感想 ウォルターの物語はドラマで完結した一方、ジェシーの物語は途中でぶった切られたまま終わってしまったとも言えます。 いや、ドラマのフィナーレはあれ以上の終わり方が想像できないほど素晴らしかったんですよ。 しかし、ジェシーにも、彼自身の物語を完結させる権利があります。 そう、『エル・カミーノ』は、ジェシーの物語にしっかりと幕を引くべく作られた映画なんだと思います。 監禁から解放されたジェシーは、数時間前に自分が殺したトッドの自宅に向かいます。 回想で語られますが、監禁中にトッドの自宅に連れていかれたジェシーは、トッドが自宅に大金を隠していることを知っていたんですね。 ジェシーがトッドの金を手に入れた目的は、「人生をやり直すこと」でした。 そこで出てくるのが、人消し屋のエド。 エドは表向きには掃除機販売店を営んでいますが、裏では法外な料金で依頼人の痕跡を消し、新しい人生を用意する商売をしています。 ドラマシリーズではウォルターやソウルがエドにお世話になってました。 ドラマでは、実はジェシーもエドに新しい人生を用意してもらう寸前まで行ったんですよね。 エドとの待ち合わせ場所まで行ったのに、ジェシーはウォルターの企みに気がつき、その場を離れてしまいます。 このときジェシーは新しい人生を逃してしまいました。 しかし警察に追われている今、ジェシーが新しい人生を送るには何としてでもエドに依頼を受けてもらうしかないのです。 そこでジェシーは新しい人生の代金、24万ドルを手に入れるため、トッドの部屋に忍び込んだのでした。 トッドの部屋から大金を盗み、エドに仕事を請けてもらったジェシー。 ジェシーが新しい人生を始めるために選んだのは"アラスカ"でした。 回想シーンで、「やり直すならどこに行くか」とマイクにジェシーが相談していたんです。 このシーンはシーズン5あたりですかね。 列車から薬品を盗み出した後で、二人ともウォルターの仕事を抜けようと考えていた頃。 マイクは「俺ならアラスカへ行く」とジェシーに伝えます。 (ちなみにこのシーンで二人がいた場所は、マイクがウォルターに殺された場所。 ) ジェシーが新しい名前("ドリスコル"というのが新しい名字)とともに、アラスカの地へ足を踏み入れたところで映画は幕を下ろします。 ジェシーはこの後どうやって生きていくんだろうって考えたんですけどね。 まずはビジネスの学位を取るために大学に入るんじゃないかと私は思います。 回想シーンに出てきたウォルターは、ジェシーに、ビジネスやマーケティングの学位をとることを勧めていたから。 最後は強い憎しみを抱いた相手ですが、このときの二人の間には、暖かい気持ちの交流があったように感じたんですよね。 そして何よりも、ウォルターにしては珍しく、損得感情を交えずジェシーにアドバイスしていたから。 まだ若く、築き上げてきたものも少ないジェシーなら、きっと新しい人生をうまく乗りこなせるはず。 ウォルターに振り回されっぱなしだったジェシーには、報われてほしいものです。 さて、『ブレイキング・バッド』が好きなら好きなだけ楽しめる映画『エル・カミーノ』。 逆に、ストーリーの面白さを求めて観ると肩すかしをくらうかも(ストーリー自体、特別面白くは…)。 この映画は、ドラマ最終回放送後6年の歳月を経て、ギリガン監督から贈られたイースターエッグの詰め合わせギフトみたいなものだと私は思っています。 本家『ブレイキング・バッド』(シーズン5だけでも)をおさらいしてから観ると、何倍も楽しめますよ〜!.

次の

映画『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』ネタバレ感想:懐かしのキャラ登場!(Netflix)

エルカミーノ 映画

ジェシーがスキニーの前に姿を表す。 なにかが起こる模様。 バッシャーも登場。 バッシャー懐かしいですね。 ジェシーとスキニーとバッシャーが集結したということはなにか目的があってのことでしょう。 また3人が集まる日が来るとは楽しみで仕方ありません。 タイトルにつけられたジェシーの車。 いったいどういった意味があるのか。 気になるあのキャラは? ジェシーが登場するということは ウォルターも登場する?恐らく視聴者が1番気になっている情報だと思います。 さらに ソウル・グッドマンの情報も気になりますよね。 ですが2人に関してはなんの情報も出回っていないんですよ。 最終回で亡くなったかと思われたウォルター。 ラストは大の字に横たわるシーンが印象的でしたが、死に至る瞬間は見られず。 もしかしたら生きてるのでは?と感じるかも知れませんがどうやらその可能性は低いようです。 なので出てくるとしたら回想シーンになるのかも。 ただしどれも100%断言はできないので、真相は 10月11日配信の映画で確かめるのがベストでしょう。

次の

映画「エルカミーノ」のネタバレA感想・全力解説!ブレイキングバッドの直後を描く!|アニスの今日の海外ドラマ

エルカミーノ 映画

2019年10月11日 2019-10-11• 上映時間 122 分 製作国 アメリカ合衆国 言語 英語 製作費 600万ドル以上 エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE El Camino: A Breaking Bad Movie は2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画であり、ドラマシリーズ「」のエピローグにあたる。 シリーズを創作したが脚本、監督、製作を担当し、がジェシー・ピンクマンの役を再演した。 物語は、シリーズ最終回の直後に始まる。 「ブレイキング・バッド」の映画は2013年にシリーズが終了した直後から噂になっていた。 ドラマが始まって10周年にあたる2017年、ギリガンはアーロン・ポールに映画の提案を行い、撮影は2018年11月にで始まり、60日間を要した。 2019年8月まで、映画化は公表されなかった。 映画は2019年10月11日にで全世界に独占配信されると同時に、アメリカ国内で三日間だけ小規模に劇場公開され、のちにで放送予定である。 ポールの演技とシリーズのファンに与えた満足感は批評家たちから高評価を得ている。 本映画は、公開日に亡くなった俳優の最後の映画となった。 あらすじ [ ] フラッシュバックで、ジェシー・ピンクマンはマイク・エルマントラウトと麻薬ビジネスを辞めた後に何をするかを語り合う。 マイクはアラスカに引っ越しすることをすすめる。 ジェシーは過ちを正したいと言うが、マイクは無理だと答える。 現在、シリーズの最終回の直後、ジェシーはトッドのを盗んで逃げる。 スキニー・ピートとバッジャーのところに行き、車を隠す。 髪の毛と髭を剃ったジェシーは、オールド・ジョーに頼んで車を始末しようとするが、発信器が起動されてジョーは逃げる。 スキニー・ピートはバッジャーにピートのを町の外まで運転させて囮とし、ジェシーにはポンティアック・フィアロを与え、自分はエルカミーノとともに家にとどまって警察を引き留めると言う。 フラッシュバックで、ジェシーが監禁されていた頃が回想される。 トッドはジェシーを自分のアパートに連れて行き、大金を見つけられて殺した掃除婦の死体の始末を手伝わせる。 トッドは車のグローブボックスからタバコを取ってくれとジェシーに頼み、ジェシーは銃を見つけて取り出すが、トッドの説得で引き渡す。 現在、ジェシーはラジオのニュースでリディアが毒を盛られたこととウォルターの死を知る。 テレビのニュースでは両親が自首を訴える。 トッドのアパートに行って金を探し、冷蔵庫の扉の内側から金を見つける。 そこに二人の警察官-ニールとケイシー-が現れる。 見つかったジェシーは銃で二人を脅すが、階下に大勢の警察官がいると聞かされてあきらめ逮捕される。 ジェシーは二人が警察官ではなく、トッドの金を狙う悪党であることに気づき、金の在りかを教えて山分けすることにする。 のちにジェシーは、二人が自分の監禁に関わった溶接会社の従業員であることに気づく。 ジェシーはソウルが使った"人消し屋"のエドを探し出し、自分の失踪を依頼する。 だがエドは以前にジェシーがキャンセルした分の支払いも望み、1800ドル不足する。 ジェシーは両親をおびき出して家に侵入し、金はないものの銃を見つける。 ジェシーは溶接会社に行き、ニールとケイシーに1800ドルを要求するが二人は拒否する。 ジェシーは決闘でニールを殺し、ケイシーをも殺す。 居合わせた男たちの運転免許証を取り上げて脅す。 ニールの分け前を奪ったのちに会社を爆破して手がかりを消す。 フラッシュバックで、ウォルターとジェシーはホテルで朝食をとり、ウォルターはジェシーの若さを羨む。 現在、ジェシーはエドに金を払ってアラスカに逃げる。 ジェシーはブロックへの手紙をエドに託す。 新たな人生に向けて車を走らせながら、ジェシーはジェーン・マーゴリスと過ごした日々のフラッシュバックを見る。 登場人物 [ ]• ジェシー・ピンクマン : : かつてのメス製造人(吹替:)• トッド・アルキスト : : ジェシーを監禁した男たちの一人、かつてのメス製造の仲間(吹替:)• ジェーン・マーゴリス : : ジェシーの亡き恋人(吹替:)• スキニー・ピート : : ジェシーの友人 (吹替:)• バッジャー : : ジェシーの友人 (吹替:)• ニール : Scott MacArthur : 警官を装う溶接会社従業員• ケイシー : Scott Shepherd : 警官を装う溶接会社従業員• ルー: : トッドのアパートの向かいに住む男• ケニー : : ジェシーを監禁した男の一人• オールド・ジョー : Larry Hankin : 車の解体場の経営者• ミスター・ピンクマン : Michael Bofshever : ジェシーの父• ミセス・ピンクマン : : ジェシーの母• ジーン : Marla Gibbs : エドの店で掃除機を買う女性• カイル : : 溶接会社従業員• ダイナーのウェイター : Johnny Ortiz : ウォルターとジェシーが朝食をとるダイナーのウェイター• エド・ガルブレイス : : 表向きは掃除機販売業を営む人消し屋(吹替:)• マイク・エルマントラウト : : かつてのジェシーおよびウォルター・ホワイトの仲間 (吹替:)• ウォルター・ホワイト : : メス製造業者のハイゼンベルク、ジェシーの相棒で元教師(吹替:) 製作 [ ] が脚本・監督・製作を担当した は、ドラマシリーズの撮影の最終盤に、ウォルター・ホワイトに監禁先から救出された後のジェシー・ピンクマンに何が起きたのかを自分自身に問い、本作のアイデアを練り始めた。 ギリガンはシリーズ開始の10周年までこのアイデアをほかの人に話さなかったが、10周年を祝うとともにキャストやスタッフと共有し始めた。 ジェシー・ピンクマンを演じたは2017年にギリガンにアイデアを打ち明けられ、ジェシーのキャラクターを演じる機会に加わる強い意思を示したことを認めている。 他の作品ではほかの脚本家と共同作業を行ったギリガンであるが、本作では一人で脚本を書いた。 「ブレイキング・バッド」を製作したも加わり、ギリガンは映画の販売先を探し、とを選択した。 劇場公開をしたいというギリガンの要望はNetflixによってかなえられた。 本作は、製作準備段階から極秘とされ、キャストやスタッフには緘口令が敷かれた。 ギリガンは、本作が「」のファンにしか受け入れられないだろうと確信していた。 2018年11月の撮影開始の頃、ポールがジェシーを演じる「ブレイキング・バッド」の映画化の噂が流れ始めた。 2018年11月のインタビューで、ウォルター・ホワイトを演じたは映画化を認めながらも脚本をまだ見ておらず、ギリガンに呼ばれたならば出演したいと答えた。 映画は演じるジェシー・ピンクマンを中心に描く 本作は、ギリガンが製作した初めての映画である。 予算はシリーズ最終回の予算600万ドルを超えたと伝えられる。 本作はArri Alexa 65を用いて劇場用ワイドスクリーンサイズで撮影された。 撮影の大部分は2018年11月にで行われた。 「ブレイキング・バッド」では一日あたり6ページから8ページ分の撮影を行ったが、本作では一日あたり1. 5ページから3ページの緩やかなペースで撮影が行われ、豊かな予算によりドラマシリーズ撮影時ではかなわなかったアルバカーキの外での撮影が可能になった。 ポールによれば、クランストンはブロードウェイの舞台を二日休んで、秘密を守るためにクルーおよびその家族だけが出演したダイナーでのシーンにカメオ出演した。 ポールとクランストンは、現場の外で会うことを禁じられた。 地元のメディアが気づいたころには、撮影の大部分は終了していた。 2019年2月、本作はNetflixおよびAMCによって発表された。 2019年8月24日、 Netflixは題名を発表するとともに予告編を公開した。 公開 [ ] 本作は、2019年10月7日ロサンゼルスのRegency Village Theater で公開された。 同年10月11日にで全世界に配信され、後にはで放送される予定である。 本作はまた、10月11日から三日間だけ、アメリカ国内で限定劇場公開された。 公開日、エドを演じた俳優のが78才で死去した。 「」のキャスト達は彼に哀悼の意を表した。 評価 [ ] 本作は批評家から高い評価を得た。 24点となっている。 サイト側による批評家の見解の要約は「のキャリア最高のパフォーマンスに導かれ、『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE』はブレイキング・バッドのエピローグ作品として成功を収めた」となっている。 製作秘話 [ ] 2019年10月29日 、製作秘話のドキュメンタリー『エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIEの舞台裏 』 The Road to El Camino: A Breaking Bad Movie がNetflix、およびyoutube Netflix公式チャンネル で配信された。 出典 [ ]• 2019年10月12日閲覧。 2019年9月18日閲覧。 Maglio, Tony 2019年10月11日. 2019年10月11日閲覧。 2019年10月11日閲覧。 2019年8月24日閲覧。 Porter, Rick 2019年9月17日. The Hollywood Reporter. 2019年9月17日閲覧。 Bonomolo, Cameron 2019年9月29日. Comicbook. com. 2019年9月29日閲覧。 2019年9月22日. 2019年9月23日閲覧。 Goldberg, Lesley 2018年11月6日. 2019年3月17日閲覧。 Respers France, Lisa 2018年11月8日. 2019年3月17日閲覧。 2019年7月1日閲覧。 Gomez, Adrian 2018年11月6日. 2019年7月24日閲覧。 2019年8月24日. 2019年8月25日閲覧。 2019年10月7日. 2019年10月10日時点のよりアーカイブ。 2019年10月10日閲覧。 Goldberg, Lesley 2019年2月13日. 2019年3月17日閲覧。 Rowles, Dustin 2019年2月2日. 2019年3月17日閲覧。 Sharf, Zack 2019年9月18日. 2019年9月18日閲覧。 Saperstein, Pat 2019年10月11日. 2019年10月11日閲覧。 Haring, Bruce 2019年10月11日. 2019年10月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語).

次の