ミニチュアブルテリア。 ミニチュアブルテリアのブルテリフリーク by hotblitz tokyo 最新ブルテリア仔犬情報

ミニチュアブルテリアの心配な病気を知ろう。性格・犬種の特徴も|docdog(ドックドッグ)

ミニチュアブルテリア

ミニチュアブルテリアってどんな犬? 特徴 ミニチュアブルテリアとは、もともとはブルテリアという犬種を小型化した犬種です。 そのブルテリアは、闘犬用やネズミ狩り用として、ブルドッグとテリアを交配させて作られた犬です。 しかし、当時の法律で闘犬が廃止されたことによって、ペットとして飼いやすくするために、ブルテリアにさらに、同じくブルドッグから作り出された「スタッフォードシャー・ブルテリア」という犬種の血を加え、小型に改良され、「ミニチュアブルテリア」が誕生しました。 体の特徴としては、 骨がしっかりしていて筋肉質でとてもがっしりした体型です。 また、ほかの犬種にはないユニークな卵形の顔の形をしています。 目に形は三角形でとてもつぶらでかわいらしい瞳に見えます。 体の毛は短く、触るとかための手触りです。 体高は35. 5cm以下で、体重は9kg以下とされています。 ミニチュアブルテリアの性格 特徴で述べたとおり、ミニチュアブルテリアは、もともとは闘犬やネズミ狩りをさせるために作られたことが始まりですので、良く言えば、活動的で好奇心旺盛、また勇気に満ちています。 しかし、 ミニチュアブルテリアは悪く言えば、気が強くて頑固なところもあります。 でも頑固ではありますが、よくしつけに従います。 楽しいことが大好きで、気を許した相手の前ではおどけたようなしぐさや表情を見せるところもあり、そんなところも飼い主やミニチュアブルテリアファンのの心を鷲掴みにする一因かもしれません。 また、マイペースで愛情深く、寂しがり屋な一面ももちあわせていますが、とても遊び好きなので、よく遊んであげてコミュニケーションをたくさんとってあげましょう。 ただ、タフな体で体力もあり、疲れ知らずなので、飼い主さんが先に疲れてしまうかもしれませんね。 ただし、独立心も強い犬種なので飼い主など身近な人以外にはあまりなつかない傾向にあります。 ミニチュアブルテリアを飼うには? ペットショップでミニチュアブルテリアを手に入れる方法 基本的にわんちゃんを飼いたいと思ったら、まずペットショップへ足を運び、お目当てのわんちゃんを購入するというのが、簡単で手に入りやすいですが、ミニチュアブルテリアはペットショップでよく目にするような犬種ではありません。 なので、近所のペットショップへ行ってもミニチュアブルテリアがいないことの方が多いです。 まれに、珍しい犬種をよく取り扱っているペットショップにいることもありますので、最初から諦めずに出会うまでペットショップめぐりをするのもいいかもしれませんね。 そうすればミニチュアブルテリアとも出会えるかもしれません。 また、ペットショップによりますが、お目当ての犬種を取り寄せてくれるところも最近増えてきているので、そういったペットショップに頼む方法もあります。 ブリーダーからミニチュアブルテリアを手に入れる方法 もっとすぐに手に入れたいという方は、ブリーダーから直接ミニチュアブルテリアを購入する方法がいいと思います。 今は、ネット上でミニチュアブルテリアの仔犬情報を掲載しているブリーダーも多いので、チェックしてみるのもいいですね。 ただ、ミニチュアブルテリアに限らず、近親交配などの近い血同士の交配をして生まれた仔犬は、体が弱かったり何らかの障害を持っていたりする可能性もありますので、そういった交配情報や、ずさんな飼育環境で育てられていないかなどしっかり見極めることが大事です。 ミニチュアブルテリアは、珍しい犬種の部類ですので、人気犬種よりもブリーダーの数も少ないので、より信頼できるブリーダーを探し、手に入れましょう。 ミニチュアブルテリアの価格について ミニチュアブルテリアはの価格は 安くても20万円代です。 親がチャンピオン犬やなどの血統がいい子や、ブリーダーによっては高値で売っていたりすると、それ以上の価格になります。 本当にまれな話ですが、ペットショップにいる子がなかなか売れなくて、成長してしまい少し大きくなっていると、値下げされていてすごく安く手に入れられる場合もあります。 しかしこれは、タイミングが合わないと難しいですね。 ミニチュアブルテリアの飼い方・しつけについて 性格や特徴で述べたとおり、もともとが闘犬用として作られた犬種なので状況によっては攻撃的な一面を見せることがあります。 頑固さや独立心の強さから、気に入らないことや意に沿わないことがあると受け入れを拒否し、頑として動かなくなったり攻撃性を見せる可能性があるので注意しましょう。 特に相性の合わない他の犬とは喧嘩になることも少なくない犬種であり、そのパワフルさから喧嘩になると相手を傷つけてしまう可能性もあります。 もちろん、非常に穏やかで喧嘩やトラブルなど無縁のミニチュアブルテリアもいますが、犬種の持ち本来の気質にはそういった傾向があるということを覚えておき、飼い主さんが根気強く、優しさをこめてしつけやトレーニングをしていかなければなりません。 愛情をしっかり注いであげて、根気強くしつけやトレーニングを入れてあげることによって、飼い主さんとのコミュニケーションはしっかり出来るので、よくしつけに従う子になります。 体つきも、ミニチュアといいながら、がっしりしていて力も強いので、しっかりとしつけやトレーニングをしておかないと、いろいろなトラブルにつながることがあります。 子犬のころからできることは、人や、ほかの犬、いろんな動物やいろんな環境に慣れさせることから始めましょう。 ミニチュアブルテリアを飼うには、忍耐力も必要になってくるかもしれません。 しかし、1度深い絆が出来てしまえば、とても飼いやすい犬になることでしょう。 また、体力もありますので、十分な運動も必要になってきますので、しっかり散歩や運動をさせてあげましょう! まとめ ミニチュアブルテリアは、見た目や表情から、マイペースでぼーっとしてて、おっとりしているのでおとなしくて飼いやすい、という印象を受ける人も多いのではないでしょうか。 しかし、この見た目と性格にギャップがある子が結構いますので、このミニチュアブルテリアという犬をこれから飼いたいと思っている人は、本来の性格や特徴を知ったうえで飼うことをおすすめします。 しかし、個体差はどの犬でもありますので、最初からおとなしく、見た目通りでとても飼いやすい子ももちろんいますので、ミニチュアブルテリアといってもすべてがこの性格に当てはまるわけではありません。 ただ、しっかりとこういった性格や特徴を知ったうえで、上手な付き合い方ができると、ミニチュアブルテリアの魅力に取りつかれてしまい、もうミニチュアブルテリアしか飼えない!という方もいるくらいの最高のパートナーになることでしょう。 海外ではピットブルの飼育が禁止されているところもありますね。 ミニチュアブルテリアは家庭犬として改良された品種なので、闘犬のピットブルよりは穏やかかもしれませんが、やはり初心者向けの犬種とは言えないと思います。 わたしが見かけたミニチュアブルテリアは比較的穏やかでしたが、体格がガッシリしていて、やはり普通の小型犬とは違うと感じました。 好奇心旺盛な愛犬があいさつしたがったので、近づけてみましたが、尻尾を小刻みに振っているミニチュアブルテリアを見ると、ガブッとやられたらどうしようかと内心ヒヤヒヤでした。 今はインターネットで簡単にブリーダーさんを見つけられるので、筋肉質な体と愛嬌のある顔立ちにひかれて気軽に飼う方もいるかもしれません。 でも、もとは闘犬だったことを忘れずに、頑固な性格を踏まえた上で、しっかりとしつけられる方に向いていると思います。 以前、アメリカへ旅行した際にミニチュアブルテリアに出会いました。 実はこの時触らせてもらったのですが、子犬だったのでちょっとだけ私の指を甘噛みしてきました。 それを見て飼い主さんがすごく怒っていたのですが、ブルテリアは結構ハイテンションなので、しつけが大変だと言っていました。 元々闘犬なのですね!体も筋肉質で引き締まっていたし、見た目もタフそうなので、納得です。 写真やテレビなどで見たことはありましたが、この犬種を実際に日本では見たことがありませんでした。 横顔がノッペリしていて、ユニークな顔ですが、オシャレな犬ですよね!「テリア」はしつけをきちんとしないと、犬が言うことを聞かずに困ることが多いと聞きます。 しかし、しっかり関係ができたら、かなり信頼できるパートナーになってくれそうですね! アメリカ在住です。 主人がずっとテリア(スタッフォードシャーテリア、ジャックラッセルテリア)を飼っていたので、主人の希望で2年近くブリーダーさんの待ちリストに入れてもらい、ミニチュアブルテリアをやっと飼うことができました(アメリカではテレビコマーシャルやスーパーのキャラクターになるくらい人気ですが、あまり見かけないレアな犬種です)。 頑固で獰猛になりかねない、という犬種の説明が多かったので私自身はかなり構えていましたが、思った以上に大人しいイメージです。 トイレのしつけはとても楽でしたし、滅多に吠えず、他のわんちゃんや人間(子供や人種に関わらず)とてもフレンドリーです。 彼女の元々の性格か、私たちが頑張ったからか否かはわかりませんが、ブリーダーさんからいただいたハンドブックを忠実に守ってきた結果と彼女の性格のコンビネーションかなと思っています。 「闘犬として交配、繁殖されたので攻撃性が強いのでは」という件は、うちの子やそのブリーダーさんのワンちゃん達を見る限り、力が強く噛む力が強く筋肉質であるということ以外はそんなことは感じることはありません。 もちろん育て方にもよると思いますが。 うちの子はもう少しで生後12ヶ月になりますが、飼い始めは大変なこともありました。 最近は随分落ち着いてきましたが、困ったな?と思うことを挙げるなら、散歩に出てこれ以上歩きたくないというときは頑として動きません(笑)。 大抵は理由があるみたいですが(散歩が長すぎて疲れた、体調が良くない、同じルートで飽きた等)、後に予定があったりで急いでるときは困ってしまいます。 あとはおとなしくしてたな〜と思いきや突然スイッチが入ったかのように走り出す(英語ではZoomiesというそうです)ことがあり、引っ張られたりすることがあります。 体の割に力が強いのでかなり堪えます。 そしてとても賢いので、飼い主の指示を聞くかどうか選択しているようなところもあります。 それ以外は、思った以上に飼いやすく賢くハッピーで面白い個性的なワンコです。 いろんなガイドブックやオンラインのガイドを見ましたが、この犬種は「犬の皮を被った3歳児」というくらい、遊び心がいっぱいなので、まさにうちの子のブリーダーさんが彼女のハンドブックに書いていた「忍耐力とユーモアのセンスを持ち合わせている」飼い主さんなら楽しく育てていくことができると思います。 ミニブルちゃんは目や耳に障害がでたり、皮膚疾患がでる可能性があるので、その検査をきちんとしているブリーダーさんから購入するのがベストだと思います。 ペットショップでミニブルちゃんの子犬を見かけることはなかなかないかもしれませんが、それが可能ならブリーダーさんとコンタクトができるかショップで聞いてみたほうがよいのではないでしょうか。 うちの子はおっさん座り(!)をしたり、おならプーをよくしたり、とにかく笑わせてくれます。 ペット可のお店には必ずというほど連れて行きますが(予防接種がすべて終わったら社会化するためにブリーダーに勧められています)、彼女の性格と珍しい犬種であることで、どこでもかなり人気があります。 週一で通っているデイケアでもいつもとても歓迎されています。 ちなみにデイケアでは中型犬のクラスではなく、大型犬のクラスで遊んでいるそうです。 理由は大型犬のように遊ぶから、だとか(笑)。 犬友達がブルテリアを飼っていますよ!我が家にはキャバリアがいますが、犬同士よく一緒に遊んでいます。 実はこのブルテリア、最初扱うのが大変でかなり苦労したと友人が言っていました。 私もこのブルテリア君が子犬の時から知っているのですが、小さい頃はとにかく凶暴で何でも噛んでいて大変だった記憶があります。 遊びに行くとよく手足を噛まれました。 子犬の時からタフで、少し大きくなってきてから体つきがどんどん筋肉質になってきました。 ブルテリアを一言でいうと、とにかく「タフ」です!遊びも思い切り遊ばせないと納得しないことがあります。 しかし、友人がきちんとしつけを行い、今ではお利口なワンちゃんになりました。 ブルテリアを飼いたいと思ったら、子犬の時からしっかりしつけを行った方が良いです。 賢いので、一度ナメられると大変です。 ブルテリアの始まりは、体格のサイズのばらつきがあり、小さいものは4~5kg、大きく育って20kgになってしまうこともあったそうです。 現在の規格としては11~15kgくらいが基準とされています。 足が体のやや横についているため、より筋肉質な体格が目立ちます。 元闘犬で牛いじめなどをしていた割には、自ら争いを好まない性格をしています。 ですが、売られた喧嘩は買ってしまいやすいのでしっかり制止できるようにしておきましょう。 頑固な面もありますが基本的には落ち着いているので、子供相手でも大丈夫です。 たまに我が道を行き過ぎておかしな行動を取り、家族を笑わせてしまうユニークな芸人魂も持っています。 ブルテリアのホワイトは先天的に聴覚障害が残る個体も存在します。 しつけや訓練などに声では聞きづらくなかなか難しいです。 その場合は視覚や直接触れて教える訓練も行うと良いと思います。 また水晶体脱臼もブルテリアには多い傾向にあります。 水晶体がずれることで失明してしまう病気です。 完全には治すことができない病ですが、投薬治療で進行を遅らせることができます。 特徴的な外見から好みの分かれる犬種ですが、一度飼い始めるといい意味で中毒性のある犬種になると思います。

次の

ブルテリア専門のホットブリッツ犬舎|TOPページ

ミニチュアブルテリア

ミニチュアブルテリアの歴史 ミニチュアブルテリアの祖先犬はブルテリアと同じ、スタッフォードシャー・ブル・テリア、オールド・イングリッシュ・テリア、イングリッシュ・テリアなどです。 犬種名の通り、ブルドッグとテリアの交配で生まれた犬です。 ブルテリアは大きい犬から小さい犬までおり、その中の小さい犬を「ミニチュア・ブル・テリア」と呼んでいたようです。 ブルテリアはもともと闘犬として繁殖されていました。 1835年にイギリスで闘犬が廃止されたときに、ブルテリアの愛好家が犬種を残すべく活動をし、性格も家庭犬向けへと改良されていきました。 1860年にホワイト・イングリッシュ・テリアとダルメシアンの掛け合わせにより生まれた白い犬をブルテリアと名付け、1873年にはミニチュアサイズのブルテリアがショーで優勝を収めました。 小型化しすぎたブルテリアは体が弱く、一時は絶滅の危機までになりましたが、愛好家やブリーダーの努力が実り、1939年にイギリスのケネルクラブに「ミニチュアブルテリア」の犬種登録がされました。 寿命、かかりやすい病気 ミニチュアブルテリアの平均寿命は11~14歳です。 平均寿命は遺伝的要因や生活環境などにより変わりますので前後します。 犬とできるだけ長い時間を一緒に過ごしたいのであれば、できるだけストレスをかけないような生活を心がけましょう。 清潔な生活環境、適度な運動、栄養価の高い食事などが望ましいです。 ミニチュアブルテリアが心配な病気としては「水晶体脱臼」「腎炎」「上皮小体機能低下症」「聴覚障害」が挙げられます。 水晶体脱臼は水晶体が何らかの原因によりあるべき場所から外れてしまう病気で、4~5歳の若さで発症することが多いと言われています。 緑内障などの目の病気から発症することもあるため、目に何らかの異常が見られるのであればできるだけ早めに動物病院を受診しましょう。 腎炎は腎臓が何らかの原因により炎症を起こすことです。 腎臓は沈黙の臓器と呼ばれるほど、病状が進行してから出ないと症状が現れない臓器です。 そのため、症状が出てからの治療では手遅れということもあります。 食欲の低下、嘔吐、元気がない、尿量の変化などが見られたときは出来るだけ早く動物病院を受診しましょう。 上皮小体機能低下症とは頚部にある上皮小体から出るホルモンが何らかの原因により分泌不足となる病気です。 ホルモンの分泌不足により、全身性の発作や、過敏、顔面痙攣、麻痺、徐脈、発熱、嘔吐・下痢などの全身性の様々な症状が見られます。 治療は長期間になることもあるため、首を圧迫しないように日常的に気をつけて生活するようにしましょう。 散歩のときなどリードを引っ張る癖のある犬は胴輪などに変更するなどの対応をしたほうが良いかもしれません。 聴覚障害も遺伝病の一つになっている病気です。 遺伝病は予防することが難しい病気ですので、犬がフラフラ歩く、ものや壁にぶつかるなどの様子が見られたときは早めにかかりつけの獣医師に相談しましょう。 ここではミニチュアブルテリアと暮らすために飼い主が知っておきたいことについてご紹介しました。 ミニチュアブルテリアは家庭向けに改良を行っていますが、がんこで攻撃的な一面も見られます。 子犬の頃からきちんとしつけを行い、飼い主の言うことをしっかり聞くようにトレーニングをしましょう。 さらに、ミニチュアブルテリアは中型犬で体力もある犬種なので、十分な運動量が必要です。 運動量が足りていないと、ストレスが溜まり、噛む・唸るなどの攻撃行動を起こす可能性があります。 初めて犬を飼育する方や、たくさん運動をさせてあげるだけの時間が取れない方には不向きです。 犬と一緒にたくさん運動できる、しつけトレーニングも忍耐強くできる方におすすめの犬種です。 犬の性格や性質を理解し、育ててあげることで、犬と飼い主にとってより良い生活をおくることができ、素敵なパートナーになってくれますよ。

次の

ブルテリア 人気ブログランキング OUTポイント順

ミニチュアブルテリア

Contents• 一般的なブルテリア(スタンダード)の子犬の相場について まずは一般的なブルテリアの子犬の相場を 以下の表にまとめたのでご覧ください。 一般的なブルテリアの子犬の相場 ブルテリア 子犬 安値 18万円~ ブルテリア 子犬 平均価格 20万円~ ブルテリア 里親 価格 3万円~ ブルテリアの毛の色で値段は違うの? ブルテリアって片方の目の周りが黒くて可愛らしいですよね。 アニメ『平成犬物語 バウ』に登場する犬のモデルにも 採用されたこともあり 当時、目の周りの黒い部分がインパクトが絶大で あの犬の名前は何だ!?と話題になりました。 ブルテリアの目の周りが黒い部分をアイパンチと呼んでいますが 他にも可愛らしい毛の色のブルテリアはいます。 さてアイパンチの有無などでブルテリアの値段は変わるのでしょうか? めずらしいので他の毛色とは少し高くなる場合もあるかもしれませんが そこまで価格差が広がる事はなく 一般的な平均価格で取引されるようです。 ブルテリアの親がチャンピオン犬だと値段が高くなります ブルテリアの子犬の値段を決めるのに 一番左右されるのが血統が良い犬でしょう。 チャンピオン犬を輩出している親犬の場合だと 平均相場の倍の価格で取引される事があるようです。 ブルテリアの登録件数が少ないので購入は難しいかも… 2017年のJKCの登録件数は11頭と かなり少ないです…。 その為、ブルテリアが欲しいと思っても すぐに手に入らないと思った方が良いでしょう。 ブルテリアと似た犬種で日本ではそれなりに飼育頭数が多いと言えば ミニチュア・ブルテリアになると思います。 こちらもアイパンチの可愛い犬がいますので もしブルテリアが欲しいけど見つからない場合は ミニチュア・ブルテリアを検討してみてはどうでしょうか? ミニチュア・ブルテリアは ブルテリアを少しサイズを小さくした感じの犬になっております。 【参考文献】 ブルテリアがどうしても買いたい!!どうすればいい!? 近所でブルテリアを扱っている販売店やブリーダーを探しましょう。 ただし、先ほど申したように2017年のブルテリアの登録件数が11頭なので ペットショップでお目にかかる事は ほとんど無いでしょう。 基本は専門のブリーダーを探して そこから購入する事になるでしょう。 ではブリーダーだから安心?と思わずに ブルテリアにどれだけ詳しいか話たり 子犬を実際に確認したりして あなたとフィーリングが合うかどうかも確認してくださいね。 もし近所に子犬を販売しているショップやブリーダーが無い場合は ネットで販売しているサイトを探してみましょう。 しかしネットで販売しているからと言って 遠くから気軽に購入できるわけではありません。 動物愛護管理法が改正され対面説明義務が必要となり 購入者が説明を受ける義務が発生しました。 そのためお店に足を運び説明を受けなくてはなりません。 近所にブルテリアの子犬を販売してくれるお店がない場合は 遠くまで足を運ぶ事を念頭に入れておきましょう。 その為、希少価値が高いので ブルテリアを安く買うことは難しいと思っておいたほうがいいです。 むしろブリーダーに出会えるのも難しいかもしれません。 ある程度、成長した犬であれば安く買えるかもしれませんが あまり期待はしないほうが良いでしょう。 ブルテリアって複数匹を飼うのは危険!?1匹飼いをおすすめする理由 表題のとおりブルテリアの多頭飼いをおすすめしない理由を ご存知でしょうか? すべてのブルテリアが当てはまる訳ではありませんが 一般的に言われている事なので 知っておいて損はないと思います。 ブルテリアは見た目は可愛らしいですが 闘犬として作られた経緯があり 見た目のイメージと違ったパワフルな犬です。 体も筋肉質であり好奇心旺盛でやんちゃです。 また少し頑固な性格の一面もあるので 一度暴れだすと手に負えない場合もあるようです。 このように気性が荒い事をテリア気質というようで 闘犬の性質を持ち合わせた犬なんです。 闘犬が禁止されてから攻撃面を和らげる 改良がなされてきましたが すべてが取り除かれたわけでは無い事を心の片隅にいれておきましょう。 例にあげると 家族と過ごすのはなんら問題なかったけど ある日、脱走してしまい、他の犬に噛み付いて帰ってきた などの事例があるようです。 さて、多頭飼い(複数匹飼う)が なぜおすすめできないのか?というと 動物同士って誰が一番上なのか? だれが群れを率いていくのか?など テリトリー内で優劣を付けていくのが動物界の掟だと思います。 攻撃面を和らげて作られてきたブルテリアですが 闘犬の一面が完全に無くなったわけではありません。 なので先住犬と犬同士のケンカに発展した場合 ケガだけじゃ済まない可能性も出てきます。 先住犬が噛まれて首に穴が空いたなどの事例があるようです。 そのことから多頭飼いが あまりおすすめできない理由となっています。 ブルテリアの性格や特徴について 以下の記事では ブルテリアの歴史や性格、 毛の色の特徴について解説しています。 興味があればこちらもご覧ください。 終わりに 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ブルテリアの値段について参考になりましたでしょうか? 飼育頭数が少なく希少な存在のブルテリアですが もしご縁があってブルテリアをお迎えする事になった飼い主様は 我が子のように大切になさってくださいね。 ブルテリア以外にも中型犬に興味がおありですか? 以下の記事では中型犬に関する情報をまとめています。

次の