退院祝い 商品券。 退院祝いの贈り物の金額相場はどのくらい?【相手別退院祝い金額相場】

内祝い(結婚・出産)のプレゼントに商品券を|JTBギフトシリーズ

退院祝い 商品券

退院祝いについて 退院祝いは、怪我や病気で入院していた方が 退院した際にお祝いすることです。 退院しても自宅療養などで治療を継続する方もいるかと思いますが、退院できて良かったねという気持ちを伝えたり、 入院中のお見舞いのタイミングを逃してしまった方も退院祝いを贈るようにしましょう。 一般的には、お見舞いか退院祝いのどちらで良いとされていますが、長期の入院だった場合はどちらも贈る場合があります。 快気祝いは入院していた本人が、元気になりましたと御礼を兼ねて報告することですので間違わないようにしましょう。 退院祝いはいつ贈るの? 一般的に退院祝いは 退院後1週間から1ヵ月以内に贈るようにしましょう。 職場の方でしたら、職場復帰された際にお渡ししてもいいでしょう。 スポンサーリンク 退院祝いの相場やのしは? 相場金額やのしの書き方などを確認していきましょう。 退院祝いの相場金額は? 相場金額ですが、お見舞いと同じくらいが相場のようです。 親戚・兄弟・姉妹…5,000円~10,000円 友人…3,000円~5,000円 職場関係…3,000円~5,000円 のしや表書きは? のし付きで水引が紅白の結び切りの物を選びましょう。 注意が必要なのが表書きです。 退院後の状態などで表書きが違いますので気を付けましょう。 祝御退院 …基本的にはこちらの表書きで大丈夫です。 相手の退院後の状態が分からない時にもこちらの表書きにします。 祝御全快・祝御快復…怪我や病気が完治している場合に書きます。 祈御全快・祈御快復…自宅療養の際や通院されている場合に書きます。 完治を祈ってますという意味です。 退院後も自宅療養の場合は「お見舞い」でも良いとされていますが、せっかく病院から退院して自宅療養になったのですから、祝御退院や祈御全快で贈る方が気持も切り替えられて良いのではないかと思います。 完治しているかどうかは、親戚などではないとなかなか分からないと思いますので、友人や職場の方の場合は祝御退院が間違いがなく良いでしょう。 退院祝いに現金を包む際は新札がマナーです。 古いお札はお葬式などの弔事で使われるので縁起が悪く、失礼にあたります。 退院祝いの贈り物は? 一般的に退院祝いは現金よりも品物の方が良いとされています。 品物の際も食べ物や消耗品などの無くなる物を贈るのがマナーとされています。 退院祝いの定番の贈り物を見ていきましょう。 洗剤やバスグッズなどの洗い流せるもの 退院祝いの定番の贈り物といえば、洗剤や石けん、バスグッズです。 病気を洗い流すという意味が込められているため選ばれることの多い贈り物になります。 また、日用品は日頃から使うものなので頂いて困る贈り物にはなりませんね。 他にも女性に贈る際にはバスソルトやフラワーソープなどお洒落な商品も人気。 見て楽しめるお花 贈り物の定番といえばお花ですよね。 お花を選ぶ際には、お見舞いと同じで根付くことを意味する鉢植えの物や葬式連想させるお花はマナー違反になりますので気を付けましょう。 お花が好きな方や相手の好みが分からずに悩んだ場合にはお花やプリザーブドフラワーを贈るのも良いですね。 最後に… お見舞いに行くタイミングを逃した場合には退院祝いとして贈るようにしましょう。 その際に快気祝いと間違える方が多いようです。 恥ずかしい思いをしないように基本的なマナーを身に着けておく事は大事だと思います。 最近では、贈り物で選ばれる物も変わってきているようで、プリザーブドフラワーやカタログギフトが選ばれる事も多いようです。 相手の好みも考えて心を込めて選びましょう。 個人的には、入院の際は家族の方も大変だったと思うので、家族みんなで楽しめるお菓子や飲み物などを贈るようにしています。

次の

退院祝いのお金の入れ方と表書き|絶対に押さえるべきマナーを把握しよう

退院祝い 商品券

スポンサーリンク 入院をした人が退院をする際に贈るのが退院祝いになります。 その逆で、退院をした人が入院中にお見舞いに来てくれた人にお世話になってお礼として贈るのが快気祝いになります。 贈る相手によって呼び名が違いますので、間違えないようにしておくことが大事です。 退院祝いのマナーは退院をしてから1週間から一か月以内に贈るとベストです。 あまり早いともしかしたら相手の方が本調子ではなく、再度入院をしてしまうこともありますので、マナーとして気を付ける必要があります。 退院祝いで渡す場合には現金や商品券や物を贈ることがあります。 現金ですとあまりにも露骨すぎるので、商品券のほうがいいかもしれません。 商品券はどこでも使えるものが望ましいです。 限定をした商品券になると、わざわざ特定の場所に行かないといけないということもありますので、比較的どこでも使える商品券選びをするのもマナーになります。 もし、入院中にお見舞いをすることができなく、退院祝いとして贈るのもいいです。 入院には、お金もかかりますので、物を贈るのもいいですが、現金や商品券のお渡しをすることで、相手も助かることもあります。 現金や商品券は3000円から5000円が相場になります。 スポンサーリンク 退院祝いをする際には、注意をすることがあります。 退院はめでたいことになりますが、二度とけがや病気をしないようにという意味もありますので、のし袋には要注意が必要です。 マナーとして結婚祝いと同じように結びきりの熨斗を使うことが大事です。 また退院祝いの贈り物をする際もマナーがあります。 お花ですと、きれいですが、シクラメンや菊は向いていません。 また退院祝いにチューリップも花が落ちてしまうこともあり、避けるほうがいいです。 お花を贈るのは、マナーとしていいですが、お花の世話をしてもらって元気になってほしいなどの理由があれば、大丈夫です。 その際には、どうしてその花を選んだか相手に自分の気持ちを伝えることが大事です。 しかし、マナーとして難しいというのであれば、カタログギフトを選ぶと相手が好きなものをもらうことができるので、喜ばれることもあります。 いろいろな方がいますので迷った場合には、カタログギフトにしてみるといいです。 スポンサーリンク.

次の

【楽天市場】退院祝い・快気祝い:米沢牛黄木 楽天市場店

退院祝い 商品券

「内祝い」とは慶事のお祝いがあったときに、その幸せを内輪、つまり親戚などの身内の方や親しいご近所の方たちと分かち合うために、宴席を設けたり、品物を贈ったりすることです。 例としては結婚や出産、新築、病気快気、入学卒業などの場合で、よく「お祝いをいただいた方へのお返し」と混同されているようですが、もともと内祝いは、相手からお祝いをいただいたかどうかにかかわらず、自主的に思いやりと感謝の気持ちを相手に伝えることが目的となります。 内祝いでお贈りする物として、以前はタオルや食器といった日用品、お菓子や紅茶などの食品が選ばれていましたが、最近では商品券やギフト券も喜ばれるようです。 一方、選んではいけない物とはどういうものでしょうか。 それは刃物類や履物になります。 刃物は「縁を切る」ということから、履物は「踏みつける」という意味があるため、相応しくありません。 また、内祝いを贈る目安は1ヶ月以内とされていますが、お祝いごとによって内祝いの相場や品物をお贈りするタイミングも異なります。 ここでは「結婚内祝い」と「出産内祝い」についてご説明しましょう。 結婚内祝い 「結婚内祝い」とは、結婚のお祝いをいただいた方や、披露宴に出席してくれた人たちへ「引き出物」としてお贈りすることです。 また、披露宴を行わない場合や、結婚祝いをいただいていない方に品物もお贈りする場合も含まれます。 お祝いをいただいた場合は、まずは御礼を伝えることが大事です。 遠方の方から郵送や配送でいただいた場合も、ただちに電話をするか、もしくはお礼状を出すのが良いでしょう。 結婚内祝いを贈る時期は? では、結婚内祝いを贈る時期としてはいつが良いでしょうか。 一般的に「無事に結婚した」という報告を兼ねて挙式以降の1ヶ月以内が望ましいとされています。 入籍時や結婚式前にいただいた場合でも、あるいは式後にいただいた場合でも、結婚式から1ヶ月を期限として準備を進めるとよいでしょう。 1日でも早い方が好ましいのですが、入籍から結婚式まで期間が空いてしまうときなどは、事前に相手の方に伝えておくようにしてください。 また、職場の部下や後輩といった目下の方へは、お祝いと同額程度がマナーとなっています。 結婚内祝いで喜ばれる贈り物は? せっかくのお祝いごとですので、相手の方に喜んでいただけるものを贈りたいもの。 事前に好みなどをリサーチできれば良いのですが、何をお贈りすれば良いかわからない、と悩むケースも多いようです。 そのため日用品や食品などよりも、相手の方が好きなものを選べる商品券やギフト券が人気となっているようです。 嗜好が分かれる雑貨や消費期限が短いものなどはおすすめしません。 出産内祝い 「出産内祝い」も、最近では「出産祝いをいただいた方へのお返し」という意味合いが強くなっていますが、昔は出産祝いをいただくよりも前に、出産内祝いを贈っていました。 関西・近畿地方では、結婚や出産でいただいたお祝いの1割の金額を半紙に包んでお返しする「おため返し」という風習もあるなど、地域によってマナーが異なるケースもあります。 また、赤ちゃんの名前をお披露目を兼ね、お礼状を添えてお返ししましょう。 出産内祝いを贈る時期は? 出産内祝いを贈る時期は、出産後1週間から、生後1ヶ月のお宮参りまでが目安となります。 ただし、退院や体調の回復、里帰りなどで慌ただしかったり、慣れない育児でつい遅れてしまうケースがあるかもしれません、その場合は生後2か月頃までに贈るようにしましょう。 予めご家族と相談しながら、出産前や入院中に予め準備を進めておくと良いかもしれません。 いただいた品物の値段がわからないケースもありますので、無理のない予算内で選ぶと良いでしょう。 特に目上の方に贈る場合、あまり高価なものをお返しすると失礼にあたるとされています。 出産内祝いで喜ばれる贈り物は? 以前は、「おめでたいもの」としてのイメージが強いことや、厄払いの意味を込めて赤飯や紅白のお餅などを配るのが慣例でした。 現在でもその慣習が残っているほか、タオル類や洗剤など育児で必要となる日用品や消耗品などが定番となっています。 よく赤ちゃんの名前が入ったギフトも見かけますが、両親や親族以外の方は困ってしまうこともあるため、やはり相手の方も気軽に使える商品券やギフト券がおすすめです。

次の