イー ケース ペース カスタム。 三菱「eKカスタム」ターボの走りはミラージュよりも上か下か!?

eKスペース/eKクロススペース 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価

イー ケース ペース カスタム

良かった点 京都から実家の兵庫に頻繁に帰省するため、ターボを選びましたが大正解!結構高低差のある高速を走るのですが、ターボのおかげでストレスがありません。 夫婦二人に赤ちゃん一人、大量の荷物を乗せて走るのですが快適です。 トールワゴンタイプなので車内も広く、両側電動スライドドアなのはありがたい。 両手をふさがれた状態で開け閉めすることが多いので、重宝しています。 後ろ座席の窓にあるブラインドも夏の運転には便利でした。 赤ちゃんがチャイルドシートに上を向いて乗っているので、日よけは必須でした。 あと同じく後ろにあるサーキュレーターも夏はありがたいです。 車内が広い分、なかなか冷房が効かないのですが、とりあえずサーキュレーターをつけておけばしのげます(笑) 良かった点 外観:女性でも男性でも乗りやすいとてもバランスの良いエクステリアだと思います。 内観:モノトーンのシンプルなインパネは安っぽさが無く良いですね。 プッシュスタートやスマートキーは全グレードに欲しいです。 走行性: 足がすごく良いです。 ロールが少なく安心感のあるしっかりとした足ですが、乗り心地は悪くないです。 アクセルオフで回生ブレーキのようなものが作動しエンジンブレーキのように減速しますが、結構効きが良いため軽くフットブレーキを踏んでブレーキランプを点灯させないと後続車がどんどん近づいてきてしまいます。 作動中はブレーキランプが点灯してくれると良いですね。 乗り心地: ゴツゴツとした荒れた路面でもかなり乗り心地が良いです。 総評 すごく車体価格もお手頃な値段でいろいろな機能がついてるので、すごく満足してます。 いろんなオプションもあった中ですが、将来の事も考えて運転席側のワンタッチ電動スライドドアは、便利なのでオプションでつけて良かったなと思ってましてドアの開け閉めに疲れないです。 また、いろんな細かい機能の中にリヤサーキュレーターで後部座席にも風がいくので車内が快適に過ごせて家族も喜んでます。 また、夏場とかは炎天下の日々が続いてる中ですが、断熱素材や吸音天井を搭載した作りになってるので、すごく感動して夏場の冷房の効きが断然違いましたので、こういったささいな機能がekスペースは良いです。 また、燃費も良くてアクセルも軽く踏むだけで走りも非常に良いので、消臭シートも搭載してる中ですが、運転中はストレスなく今の所は乗れてます。 総評 すごくスタイリッシュなデザインでありながら、車内はすごく広々とした空間でして、とても居心地良い空間だったので購入しました。 また、座席の倒し方次第でいろんなシーンにあったパターンが出来ますので、自分の趣味に家族の趣味に合わせて非常に大活躍してくれてます。 また、走行中も停止するとエンジンも自動で切れたりアクセル踏むとまたエンジン起動したりと、細かなとこですが遠出する時などは以前の車とは違って、とっても燃費が良いので以前乗っていた車より維持費が安いので家族にも自分の趣味にも還元出来てます。 ただ、山道など傾斜があるような道ですとアクセル踏んでてもパワーが無いように感じてますので、今後はタイヤなどもグレードアップして行こうと思いました。 良かった点 マイナーチェンジ前の旧モデルですが、マイナーチェンジ後の顔が好きになれず(カスタムはマイナー後の方がかっこいい)、あえてこちらを選択して購入。 顔つきはこっちの方が断然気に入っています!。 屋根:ホワイト/ボディ:水色のツートーンカラーも奮発して大正解!。 そしてとにかく室内が広~いっ!!(荷室は狭~いが..)。 特別仕様車なので両側パワースライドドアは小さい子供たちがいる我が家ではすごーく便利です!。 アクセルを踏み込んだ時の加速は決して良いとは言えないですが、まあまあ走るしハンドリングも軽のハイトワゴンにしてはキビキビしている方で、室内も「最近の軽自動車はスゲーな!」って思うくらい静かです。 総評 見た目は、すごくスタイリッシュなデザインですので、妻も乗りやすいですし、これから乗られる方々で男女関係無く乗りやすいデザインと思いました。 エンジンをかけると、そんなエンジン音も気にならず、静かでして車の運転の走行中も快適に走れるので家族みんな喜んでくれてます。 また、子供が車内の座席シートに飲み物をこぼした際に座席に撥水シート生地になってるので、染み込む事なくて弾いてましたので子供なども安心して乗せれるとこに感動しました。 その他にも、すごく燃費が良いので維持費もそんなにかからないので、家計への負担も少なくて家族みんなで出掛ける時の家族団欒の場所の一つとなっています。 あと、運転して思っていたのがハンドルを左右に回す時に重くないので妻も疲れず運転出来ると言ってましたし、シートにも消臭シート生地と所々にささいな事ですが、こだわりを感じたのですごく機能的でとても長く乗りやすい車だと思いました。 夏場とかになれば、ロールサンシェードも備わっていて日差し対策もバッチリで、もういたりつくせりで今となれば買って良かったなとすごく思ってます。 良かった点 運転免許を取ってまだ一ヶ月なのですが、軽自動車ということもあってか、大変ハンドリングが良くカーブをスイスイ曲がれます。 窓も大きくて見通しがよく、雨の日やくらい時間も安心です。 車内もスペースがあるので、シートを倒せば膝を曲げて仮眠を取ったり、大きな荷物を置く事も出来ます。 バックモニターも真後ろに付いているので、駐車時はかなり楽に入れることが出来ます。 アクセルの効きがいいので狭い道や、坂道もスイスイ進めて気持ちがいいです。 USBポートが付いているのも、運転中に充電ができて嬉しいです。 窓ガラスが大きくて大変見通しがいいです。 暗い夜道や雨の日も安心です。 ボンネットの中が見やすいので点検が楽です。 ライトが明るい。

次の

eKスペース(三菱)のカタログ|中古車なら【カーセンサーnet】

イー ケース ペース カスタム

マイルドハイブリッド採用のスーパーハイト軽ワゴン 三菱の軽スーパーハイトワゴンの2代目。 ボディ同色のグリルが与えられたフロントフェイスにより、親しみやすさや上質感を演出。 インストルメントパネルは、水平基調のすっきりとした形状で、良好な前方視界と開放感を確保。 先代モデル比でホイールベースは65mm延長され、さらなる居住空間の拡大が図られている。 また、後方スライドドアの開口幅も拡大されており、乗降性、利便性も向上された。 エンジンは、NA、ターボともにマイルドハイブリッドシステムが採用され、滑らかな加速性と優れた燃費性能の両立が実現されている。 上級グレードには、高速道路同一車線運転支援技術「マイパイロット」が標準装備されるなど、安全技術も充実している。 (2020. 2) 660 G 660 G 4WD 660 M 660 M 4WD 660 T 660 T 4WD 154. 2万円 税込 167. 4万円 税込 139. 9万円 税込 153. 1万円 税込 163. 6万円 税込 176. 8万円 税込 3. 78m 3. 8m 3. 78m 3. 8m 3. 78m 3. 8m 0. 16m 0. 15m 0. 16m 0. 15m 0. 16m 0. 15m 950kg 1010kg 940kg 1000kg 960kg 1020kg 27.

次の

eKスペースカスタム(三菱)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

イー ケース ペース カスタム

概要 [ ] 2013年6月に発売された3代目に次ぐ、とが共同出資するが開発を手掛ける車両の第2弾 で、日産ではの車種名で販売される。 さらに、減速時のエネルギーを利用して高出力のを回転させて発電し、効率よくに充電。 充電した電力を電装品に供給することでガソリンの節約につなげる「アシストバッテリー」も搭載された。 この「アシストバッテリー」は、の「12V エネルギー回生システム」が採用されている。 年表 [ ] 2013年 2014年初頭発売予定のスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車について、「 eKスペース」と命名することを発表し、標準タイプとスポーティモデルの「eKスペースカスタム」のエクステリアデザインを公開。 併せて、第43回2013に参考出品することも発表。 2013年11月20日 東京モーターショーに参考出品する。 2013年 注文予約開始。 東京オートサロンに、標準車ベースの『eKスペース U-tone style』、カスタムベースの『eKカスタム ROAR Complete Concept』を出品。 2014年 公式発表し、同日より販売開始。 月販目標は2,500台(デイズルークスは5,000台)。 2014年 新グレードとして、「E e-Assist」・「G e-Assist」・「カスタムG e-Assist」・「カスタムT e-Assist」を追加発売。 また、「E e-Assist」は「E」では未装備のアクティブスタビリティコントロール(ASC)も標準装備される。 一部改良。 また、ボディカラーはカスタム専用色の「チタニウムグレーメタリック」を新たに設定するとともに、ルーフ・ドアミラーの色とボディカラーが異なる「2トーンスタイル」も新設(eKスペースはホワイトパールと組み合わせた「サクラピンクメタリック」と「ショコラブラウンパール」、eKスペースカスタムはブラックマイカと組み合わせた「レッドメタリック(「2トーンスタイル」専用色)」と「ホワイトパール」の各2色を設定)。 併せて、eKスペースカスタムはフロントグリル、ヘッドライトアクセント、フォグランプベゼル、テールゲートガーニッシュをダーククロームメッキ化した「Urban tone style」も設定された。 通常はメーカーオプション設定だが、「2トーンスタイル」を設定した場合はセット装備となる。 その他、「G」にはカスタム同様の「ブラック内装」を選べるメーカーオプションも新たに設定された。 この内装ではタコメーターも追加される。 2015年 特別仕様車「Style Edition」を発売。 さらに、「G Style Edition」にはリヤ両側ワンタッチ電動スライドドア(イージークローザー付)とベース車ではメーカーオプション設定の14インチアルミホイールを標準装備、「カスタムT Style Edition」はベース車ではメーカーオプション設定となっているマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備したほか、メッキモールとピアノブラックの加飾を施した本革巻ステアリングホイールを採用し、ドアアームレストにメッキ調ラインモールをあしらった。 ボディカラーはモノトーン2色、2トーンスタイル3色の計5色を設定。 2016年4月20日 本車種含めたeKシリーズの燃費偽装を発表。 当分の間、製造停止、販売停止、およびホームページが閉鎖される。 2016年6月21日 国土交通省による再確認結果を公表した。 反面、排ガス値や保安基準などは国の基準を満たしていたことが明らかになった。 三菱自動車に対し、燃費の修正指示を指示。 ekシリーズ全車種の型式指定の取り消しは行わないことになった。 それを受けて、三菱自動車は燃費の修正を行った。 2016年7月4日 注文受け付け、および生産・販売を順次再開。 2016年12月21日 マイナーチェンジ。 グレード体系を変更し、標準モデルは「E」・「E e-Assist」を「M」・「M e-Assist」に、「G e-Assist」はマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備して「G Safety Package」にそれぞれ改名するとともに、ターボ車の「T Safety Package」を追加。 カスタムは「G」・「T」を廃止する替わりに、マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)、オートマチックハイビーム、オートライトコントロールを標準装備した「G Safety Package」、「T Safety Package」を新設した。 外観はフロントデザインを一新し、標準モデルはフロントバンパーは柔らかな面構成となり、フード先端の左右ヘッドランプの間に1本のメッキモールを配し、上下に分割したフロントグリルのアッパーグリルにメッキリングをあしらった。 カスタムモデルはフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用した。 ボディカラーの入れ替えが行われ、標準モデルはモノトーン色は「サクラピンクメタリック」を「コーラルピンクマイカ」に入れ替え、「パープリッシュネイビーパール オプションカラー 」をカスタム専用色 デイズルークスは標準モデルにも継続設定 に移行する替わりに、「ポピーレッドメタリック」、「ウォーターブルーメタリック」の3色を追加して8色に拡大。 機能面では「M」系グレードを除く全車に装備されているリアサーキュレーターに「ナノイー」放出機能を追加し、シート生地にはが開発したが臭いを瞬時に吸着して金属の働きで臭い成分を分解する「イノドールクイック瞬感消臭」を採用した消臭機能を追加。 さらに、クリーンエアフィルタープラスも追加したほか、天井裏側全面にを追加した。 全車にはフロントウィンドシールド、フロントドア、フロントクォーターガラスにIRカット機能を追加し、ターボ車にはも標準装備した。 2017年10月6日 一部改良並びに特別仕様車「カスタムT Safety PLUS Edition」を発売。 ASCをこれまで唯一非装備だった「M」にも拡大して標準装備した。 特別仕様車は「カスタムT Safety Package」をベースに、ステアリングオーディオリモコンスイッチ、リアスピーカー、ツイーターの3点を特別装備。 また、購入特典として、特別仕様車専用ワイド2DINナビゲーション(ハイスペックモデル)が贈呈される。 「e-Assist」が改良され、従来の「FCM-City」はに代わってフロントカメラとなったことで対車両の作動車速域の拡大と対歩行者検知に対応する改良により衝突被害軽減ブレーキ(FCM)に、誤発進抑制機能はセンサーをレーザーレーダーに代わってフロントカメラと(前後4ヶ所に設置)となったことで障害物へは後退時にも作動するとともに、軽自動車で初となる前進時の対歩行者検知機能も追加され、同時に出力制御に加えてブレーキ作動も加わり「踏み間違い衝突防止アシスト」にそれぞれ強化され、2点共に全車標準装備となった。 併せて、車線逸脱警報システム(LDW)がカスタム全車に標準装備され、オートマチックハイビームは「カスタムG e-Assist」と「カスタムT e-Assist」にも標準装備された。 ボディカラーも一部変更され、モノトーンは茶系(オプションカラー)の「ショコラブラウンパール」を「オークブラウンメタリック」に入れ替えスペース専用色に、銀系の「クールシルバーメタリック」を「スターリングシルバーメタリック」に入れ替え、従来はカスタムに2トーンカラー専用色として設定されていた「レッドメタリック」を共通カラーとして追加された。 2トーンカラーはスペースは「ホワイトソリッド」との組み合わせとなり、「ウォーターブルーメタリック」を廃止(モノトーン専用色に移行)する替わりに、新たに2トーン専用色の「オリーブグリーンメタリック」を追加。 スペースカスタムは「チタニウムグレーメタリック」を追加し、4色展開となった。 また、eKカスタムに設定されている特別仕様車「ACTIVE GEAR」がeKスペースにも設定された。 eKスペースの「ACTIVE GEAR」では、フロントグリルのラインやドアミラー、ステアリングホイールのステッチをオレンジ色に変更し、エクステリアの要所にデカールを装着。 センターパネルには「ACTIVE GEAR」専用デカールとオレンジのワンポイントデザインを配し、テールゲートガーニッシュはブラックに変更された。 ボディカラーはモノトーンは「ブラックマイカ」のみ、2トーンはブラックマイカと組み合わせた「ホワイトパール(オプションカラー)」と「チタニウムグレーメタリック」の2色の計3色を設定した。 さらに、特別仕様車「PLUS Edition」は新たに「G Safety PLUS Edition」が追加設定された。 なお、グレード体系が一部変更となり、「M」と「G」は「M e-Assist」と「G Safety Package」に統合される形で廃止となり、「M e-Assist」にはFCMと「踏み間違い衝突防止アシスト」のレスオプションが設定された。 2016年12月改良型 eKスペース カスタム T Safety Package 3代目eK・デイズと同様に設定された、カスタムグレードである。 フロントデザインはを彷彿させる大型のクロムメッキグリル、ディスチャージランプとヘッドランプの形に沿ったLEDポジションランプを組み込んだ精悍な印象としたほか、バンパーを大型化し、サイドエアダムやリアスポイラーを装備したことで力強さと安定感のあるデザインとしている。 内装色はブラックをベースとし、シート生地には縦柄のスウェード調ファブリックを採用している。 2016年12月改良型では、であるの2代目・2015年6月改良型モデルやeKカスタムの2015年10月改良型モデルに順次採用されているフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用し、アッパーグリル上下にメッキモール、アッパーグリル中央に1本のメッキバーをそれぞれ配し、大型ロアグリルにはアッパーグリルと同じモチーフのメッキバーを4段構成で配した。 LEDヘッドライトを多眼タイプのデザインに変え、ポジションランプをフローティングしたクリスタルガラスのような質感を表現した。 ターボ車の「T」系は15インチアルミホイールをダークグレー塗装と光輝切削処理を施した新デザインに変更した。 三菱全店ではによるeKスペース カスタムの「 [ ]」を聴くことができる。 ボディカラーはモノトーンが6色(うち3色はオプションカラー)が設定され、このうち、チタニウムグレーメタリックとパープリッシュネイビーパールはカスタム専用色となる。 2トーン色はブラックマイカとの組み合わせが4色設定される。 2014年2月販売型 カスタム T e-Assist リヤ デイズルークスとの違いについて [ ] 3代目eKと日産・デイズの場合と同じように、日産自動車が販売するデイズルークスとは、グレード体系・外装・装備内容等が大きく異なる。 グレード体系は、2018年5月時点で、標準モデルは「M e-Assist」・「G Safety Package」・「T Safety Package」の3グレード、カスタムは「G e-Assist」・「G Safety Package」・「T e-Assist」・「T Safety Package」の4グレードの計7グレードが設定される。 また、装備内容に関しても細かな違いがある(以下は2018年5月改良モデルでの内容となる)。 マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)とルームミラー(自動防眩機能付)は「G Safety Package」・「T Safety Package」・「カスタムG Safety Package」・「カスタムT Safety Package」に標準装備(デイズルークスでは、マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)はに置き換わる。 アラウンドビューモニターと自動防眩機能付ルームミラーは「S」を除く全車に標準装備)• eKスペースの標準モデルは内装色でアイボリーまたはブラック(他の装備とのオプション設定)から選択可能であるが、カスタムはブラック内装のみの設定である(デイズルークスは標準モデルではアイボリー内装のみだが、ハイウェイスターではエボニー内装に加え、オプションでブラウン内装の「プレミアムグラデーションインテリア」の設定がある)• リア両側ワンタッチ電動スライドドアはカスタムのターボ車のみ標準装備(デイズルークスは「ハイウェイスターGターボ」に加え、「ハイウェイスターX Gパッケージ」にも標準装備 )• アルミホイールは「T Safety Package」とカスタム全車は標準装備、「G Safety Package」はメーカーオプションにより装備可能(デイズルークスではハイウェイスターのみ標準装備、標準モデルはディーラーオプションでの装着以外不可) 前述のとおり、ボディカラーは10色(うち、eKスペース専用色4色、eKスペースカスタム専用色2色、共通オプションカラー1色)を用意するが、デイズルークス(14色)に比べて4色少なくなっている(デイズルークスではプレミアムサンシャインオレンジ4コートメタリック 三菱では該当色を採用する車種が存在しない 、プレミアムオリーブメタリック、レモンライム 標準モデル専用色、eKスペースでは設定されないがeKワゴンでのシトラスイエローソリッドに相当 、オーシャンブルーパール ハイウェイスター専用色、eKスペースカスタムでのライトニングブルーマイカに相当し、2トーンカラーのみの設定 )。 一方で、デイズルークスでは設定されていない「オークブラウンメタリック」がeKスペース専用色として設定されている(デイズルークスでは共通カラーの「アッシュブラウンメタリック」が設定されている為)。 また、チタニウムグレーメタリック、スターリングシルバーメタリック、ホワイトパール(オプションカラー)を除いて、カラーラインナップはデイズルークスと同一ながら、名称が異なる。 なお、デイズルークスには設定されている3トーンカラーはeKスペースでは設定されない。 安全性 [ ] 初代モデルで2014年12月より導入されている予防安全技術「e-Assist」は機能強化され、ミリ波レーダーによって2台前を走行する車両をモニタリングし、急な減速など自車では見えない状況変化を検知し、減速が必要と判断された場合には警報ブザーとインフォメーション画面でドライバーに注意喚起を促す前方衝突予測警報(PFCW)、走行中にドライバーのハンドル操作から注意力が低下していると判断された場合にインフォメーション画面表示と警報ブザーでドライバーに休憩を促すふらつき警報(DAA)、車両進入禁止・・一時停止の3つのを検知してインフォメーション画面に表示するとともに、車両進入禁止標識の場合には警報ブザーも鳴らすことでドライバーに注意を促して標識の見逃しを予防する標識検知(TSR)、待ちなどで停車中に先行車が発進しても自車が停止を続けた場合に警報ブザーとインフォメーション画面表示でドラバーに先行車の発進を通知する先行車発進通知(LCDN)の4つが追加された。 eKクロスにも採用されているアダプティブ(ACC)と車線維持支援機構(LKA)で構成された同一車線運転支援技術「マイパイロット(MI-PILOT)」 を導入(一部グレードにメーカーオプション設定)。 2代目eKスペースではミリ波レーダーの追加によって性能が向上された改良型が採用されており、追い越しの際にウインカーを出すと設定速度内で加速してスムーズな追い越しのアシストを行うほか、作動時の機能向上やエンジンオフ時でも前回設定した車間の保持が可能になった。 ヘッドライトの点け忘れ防止のため、ライトのスイッチからOFFポジションが廃止され、周囲の明るさに合わせて自動で点灯・消灯するオートライトコントロールが常時作動するようになった。 年表 [ ] 2019年10月3日 第46回東京モーターショー2019にて新型軽「SUPER HEIGHT K-WGN CONCEPT(スーパーハイト軽ワゴンコンセプト)」を世界初披露することを発表し、助手席側サイドのシルエット画像も公開された。 2019年10月23日 第46回東京モーターショー2019にて「SUPER HEIGHT K-WGN CONCEPT」が世界初披露され、概要も公開された。 2019年12月24日 2020にて新型軽スーパーハイトワゴン2台を参考出品することが発表された。 2020年1月10日 この日より東京オートサロン2020に参考出品されている新型軽スーパーハイトワゴン2台について、第46回東京モーターショー2019では「SUPER HEIGHT K-WGN CONCEPT」として出品していたクロスオーバーモデルの車名をeKクロスのスーパーハイトワゴン仕様として「 eKクロス スペース」とし、標準モデルは初代の「eKスペース」の車名を踏襲し、2代目としてフルモデルチェンジすることとなった。 今春の発売予定がアナウンスされた。 2020年2月6日 eKスペースのフルモデルチェンジ及びeKクロス スペースが正式に発表された(3月19日発売)。 エクステリアはフロントグリルをNA車はボディ同色、ターボ車はブラックとした。 インテリアは内装色をライトウォームグレー基調とした。 は初代モデルから65mm延長され、リアシートのスライド量を約320mmに拡大。 後席足元の空間が大幅に広がったことで、前席を一番後ろに下げた状態でも余裕を持って座れるほどの空間が確保された。 一部グレードにはメーカーセットオプションにて前後席間のを可能にする前席セパレートシートやの設定が可能となり、後席での快適性向上のため、室内の空気を循環させるリア(付)が標準装備され、両手がふさがっている状態でもキックセンサーでドア開閉が可能なハンズフリーオートスライドドア(助手席側は標準装備、運転席側はメーカーオプション設定)も採用された。 ラゲッジルームは床面長が拡大され、後席スライドを再前端にした状態なら48Lのを4つ積載可能な容量を実現している。 グレード体系は初代モデルから踏襲されるものの、安全装備が標準装備されていることもあり、「M」・「G」・「T」にそれぞれ改名された。 なお、eKクロス スペースの発売に伴い、初代に設定されていたeKスペース カスタムは廃止された。 2020年3月19日 eKクロス スペースと共に発売開始。 発売前日の3月18日までのeKクロス スペースと合わせた受注台数は約5,000台だったことが発表された。 東京オートサロン2020出展車 車内 注・出典 [ ]• - 東洋経済ONLINE 2013年10月30日• 日産がより(現:)のOEM供給を受けて販売していた。 プレスリリース , パナソニック株式会社, 2014年2月13日 , 2014年2月13日閲覧。 プレスリリース , 三菱自動車工業株式会社, 2013年11月1日 , 2013年11月1日閲覧。 プレスリリース , 三菱自動車工業株式会社, 2013年12月20日 , 2013年12月20日閲覧。 - Car Watch 2014年1月10日• プレスリリース , 三菱自動車工業株式会社, 2014年12月4日 , 2014年12月4日閲覧。 プレスリリース , 三菱自動車工業株式会社, 2015年4月23日 , 2015年4月23日閲覧。 プレスリリース , 三菱自動車工業株式会社, 2015年12月3日 , 2015年12月3日閲覧。 モノトーン2色に対しては、フロントグリル(メッキ)・ヘッドライトアクセント(メッキ)・フォグランプヘゼル(ブラック)・テールゲートガーニッシュ(メッキ)をダーククロムメッキに変更するメーカーオプション「Urban tone style」は選択不可。 2トーンスタイル3色に対しては、カタログモデル同様、セットオプションとして装備される• デイズルークスの場合、「Vセレクション」の特別設定色である「オーシャンブルーパール」に相当。 eKスペースの場合と異なり、標準タイプのデイズルークスもホワイトパール3コートパールとの組み合わせで同じボディカラーが設定されている。 また、ベースグレードと同じボディカラーを全色選択できることもあり、カラーラインナップがモノトーン8色、2トーン3色の計11色とeKスペースよりも多い違いがある• - CarWatch 2016年6月21日(同月23日確認)• - 毎日新聞 2016年6月21日(同月23日確認)• - carview 2016年6月21日(同月23日確認)• - SankeiBiz() 2016年7月2日• プレスリリース , 三菱自動車工業株式会社, 2016年12月21日 , 2016年12月21日閲覧。 プレスリリース , 三菱自動車工業株式会社, 2017年10月6日 , 2017年10月6日閲覧。 プレスリリース , 三菱自動車工業株式会社, 2018年5月28日 , 2018年5月28日閲覧。 リア両側ワンタッチ電動スライドドアはeKスペースは「G Safety Package」・「T Safety Package」・「カスタムG e-Assist」・「カスタムG Safety Package」、デイズルークスは「X」と「ハイウェイスターXターボ」にもメーカーオプション設定で装着可能。 ProPilot(プロパイロット)が日産のであるため( 商標登録番号:5893100、6060935、6060936)、三菱側で商標登録している( 商標登録番号:6075747、6075748、6159962)。 プレスリリース , 三菱自動車工業, 2019年10月3日 , 2020年1月10日閲覧。 プレスリリース , 三菱自動車工業, 2019年10月23日 , 2020年1月10日閲覧。 プレスリリース , 三菱自動車工業, 2019年12月24日 , 2020年1月10日閲覧。 プレスリリース , 三菱自動車工業, 2020年1月10日 , 2020年1月10日閲覧。 プレスリリース , 三菱自動車工業, 2020年2月6日 , 2020年2月7日閲覧。 ただし、メーカーオプション装着により車両重量が980kg以上となった場合、燃料消費率が下がるため未達成• プレスリリース , 三菱自動車工業, 2020年3月19日 , 2020年3月19日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 三菱のかつてのスーパーハイトワゴン• - 車両型式上、先代という事になる車種。 - 日産自動車側で販売される、共同開発された姉妹車。 シリーズ。 (2代目以降) - 日産自動車側で販売される、共同開発された姉妹車。 ちなみに初代モデルはのだった。 - スズキが製造する小型トールワゴン。 のOEM車。 外部リンク [ ]•

次の