リビング 間接 照明。 【部屋別】間接照明の実例30選

【お手軽】おしゃれに魅せる間接照明のテクニック

リビング 間接 照明

ダウンライト+間接照明は、ゴールデンコンビ• 最近の照明器具はほとんどLEDになり、メンテナンスも10年以上先になります。 そこで高い位置にも照明器具が使いやすくなり、直接光源が見えない演出も多くなりました。 会社や学校と違い、住まいでの生活はくつろぎ感を求める方も多くなり、光源見えないように優しい光になります。 部屋の広さに合わせて明るさの計算はありますが、明るく感じたり暗く感じたりは 好みの部分も大きいので光を調整できるように調光器もセットするとベストです。 あなたは、明るい派 orくつろぎ派 or中間派?• LEDは、光の色も光の強弱も調節でき省エネとたいへんすぐれものです。 まとめ• 間接照明とは、光源からの直接光を使用せず、・天井面などで反射させてから等を照らす照明方法です。 会社や学校と違い、家での生活はくつろぎ感を求める人も多くなり天井からの光だけでなく、反射される優しい光も好まれるようになってきています。 部屋の照明をとシャンデリアや他の照明と合わせたり、光同士のコラボで優しい光とインテリア感も プラスします。 インテリアコーディネートのご相談やお問い合わせは、からご連絡ください。

次の

間接照明 おしゃれ 寝室 リビング 北欧 スタンド LED リモコン フロアライト フロアランプ シアターライト MANX マンクス :1012004:gram eight

リビング 間接 照明

リビングの間接照明 リビングは部屋の中で最も 利用頻度が高く、家族が集まる場所です。 テレビを見たり、読書をしたり、音楽をきいたり、友人を招き入れる時も使われるのはリビングです。 リビングは寝室やキッチンと違い、1つの目的の為に使われる部屋ではなく、多目的な部屋と言えます。 そのため、 色々なシーンに対応できる照明器具が求められます。 多目的なリビングには空間演出が重要 リビングで最もよく使われている照明は、天井に設置した シーリングライトです。 シーリングライトは非常に明るく、生活する上では最も便利な照明器具です。 しかし、多目的に使われるリビングを人が自然と集まりたくなるような雰囲気作りや居心地の良さを演出するには、部屋全体を1つの明かりで照らすのでは 役不足です。 スタンドライトやダウンライト、位置や角度の調節が簡単なスポットライトなどを用いて目的別の明かりをリビングに足すことによって、リビングを 自然と人が集まる素敵な空間に演出することが出来ます。 リビングには主照明+間接照明 いくらリビングをオシャレな雰囲気にしたくても、間接照明のみにすることはおすすめできません。 リビングは多目的な空間ですが重要な生活空間ですので、家族の団欒や読書することも多く、シーリングライト等の 主照明が無ければ光量が足りず、とても不便です。 そこでおすすめなのが主照明に間接照明をプラスすることです。 これによって光量の調節が容易となり、リビングという空間の 演出の幅が広がります。 リビングに使える間接照明テクニック リビングに 間接照明を導入することで、シーリングライトだけでは出来なかった空間の演出が出来るようになります。 壁や天井、観葉植物や家具を照らすことによって得られる間接光は、リビングに奥行や広がりを持たせ、シーンに合わせた雰囲気を作ることが可能になります。 この点を踏まえたうえで、すぐにでも実践できるリビングの 間接照明テクニックをご紹介します。 間接照明は引っ越しやリフォームが必要だからとあきらめている人もご安心ください。 工事不要ですぐにでも実践できるテクニックがありますので、参考にしてみて下さい。 観葉植物とスタンドライトによる間接照明 テレビ台の横やリビングの隅に 観葉植物を置いている方も多いのではないでしょうか。 観葉植物も立派な間接照明にすることが出来ます。 背の高い観葉植物を置いている人は特におすすめです。 方法は簡単です。 観葉植物に密接するように 細めのスタンドライトを設置するだけです。 観葉植物がライトアップされると光が乱反射し、幻想的な雰囲気を演出することが出来ます。 また、観葉植物と形を合わせた間接照明を選ぶか、観葉植物よりも小さめのスタンドライトを選べば、 消灯時に目立たないのでおすすめです。 おすすめのスタンドライト 観葉植物を利用した間接照明には、こちらのスタンドライトがおすすめです。 非常にスリムでコンパクトなスタンドライトであり、 明かりをつけていない時でも目立ちません。 LEDタイプなので省電力、高輝度であり、使い勝手の良い照明です。 ローテーブルやソファーの裏を利用した間接照明 どこの家庭のリビングにもある、 テーブルやソファーの下に光源を取り付けて間接照明にするテクニックです。 ただ、テーブルの足が高いと直接光源が見えてしまいますので、ローテーブルなどの低めの家具がおすすめです。 ローテーブルの天板の裏に、コタツのように照明を取り付けると、足元が照らし出されてムーディーな雰囲気を演出することが出来ます。 ラグやカーペットを敷いておくと、より柔らかい雰囲気になりますし、 素材や色によって雰囲気を変えることもできます。 足の着いたソファーにもおすすめのテクニックですが、ソファーの形状や素材によっては取り付けが出来なかったり、火事になる 危険もありますのでご注意ください。 おすすめスティックライト ローテブルやソファーの下に取り付ける間接照明には、こちらのスティックタイプの間接照明がおすすめです。 非常に 汎用性が高い照明であり、工夫次第でいたるところに取り付けることが可能です。 サイズや光色の種類も豊富であり、家具に合った照明を選ぶことが出来ます。 出窓にテーブルランプを設置し、カーテンで直接光を遮断すれば立派な間接照明となります。 カーテン越しの柔らかな光を楽しめます。 寝る前のリラックスタイムや、お酒を楽しむときにもおすすめの間接照明です。 カーテンの素材や色で間接光の雰囲気が大きく変わりますので、いろいろ試してみて下さい。 おすすめテーブルライト 出窓に設置する間接照明には、このテーブルライトがおすすめです。 カーテンで光源を隠さなくても、 単体で間接照明として機能するテーブルランプです。 優しく揺らぐ炎を再現しており、自然な明かりを楽しめます。 リモコン付きで、色の変化も指先1つで可能です。

次の

【照明選びで部屋が劇的に変わる!】おしゃれなリビング照明20選

リビング 間接 照明

作成日:2017-11-15 更新日:2018-11-30 間接照明とはどんなもの? 近年流行の【】、言葉だけが先行し間接照明ではないものまでも間接照明と呼ばれているのをよく見かけます。 素敵なお部屋をイメージさせる言葉なのでしょうか。 実現できれば包まれるような美しい光のグラデーション空間が演出できます。 そんな本物のライティングテクニックをご紹介していきます。 間接照明の効果• 間接照明の明るさを知っておく• 照らす場所での光の見え方(実例で紹介)• コンセントに挿すだけでも実現できる間接照明(実例で紹介)• 間接照明についてのまとめ この記事は3分程度で読めます 間接照明の効果 〜こだわるほど素敵な空間に〜 間接照明の効果• 見た目の明るさ感をアップさせる 視覚的効果 --- 線• 設置する間接照明の明るさパワーは小さいものから大きいものまでありますので、建築設計段階で検討が必要です。 後で導入するにはコンセントに挿して使えるスタンド系間接照明を使う必要があります シーリングライトと壁面の間接照明 ダウンライトと天井の間接照明• ダウンライトはメリハリのある光で床面を中心に明るくなっています• 間接照明の方では天井からのバウンド光で広い範囲が心地よい明るさになっています 照らす場所での光の見え方【間接照明・実例17選】 1、壁面の表情を際立たせて印象的なリビングに 凹凸のタイル壁を勝者することでその表情は一段と際立ちます。 照射角度を調整できる可動タイプの間接照明ならお好みの光のバランスが取れます 2、間接光で演出するホームシアター テレビボードの左右に縦の間接照明で演出しています。 リビングのホームシアター環境にはテレビの背面を明るくし画面との明暗差をなくすことで快適になります。 3、すっきりと明るいオープンなキッチン空間 キッチン背面の収納上下に間接照明を設置すれば照明器具だらけになりがちなキッチンもすっきりとした印象に。 雰囲気にだけでなく実用性も兼ね備えた明るさが確保できます。 天井に設置する照明も最小限に抑えられ空間もすっきり 4、カーテンにもあかりでアクセントをつける この例ではカーテンボックス内の奥行きを多くとりカーテンの手前に照明を設置してします。 カーテンドレープの表情が間接光で浮かび上がりインテリアの表情にアクセントができます 5、和室の印象をガラリと変える間接照明 ダウンライトの灯でテーブル付近のあかりを確保しながら天井に間接照明を設置すれば空間の開放感と奥行きを表現。 和室の演出に最適なあかりです。 6、来客の光にもこだわり玄関を演出 玄関収納下に設置する間接照明は落ち着いた雰囲気を醸し出しだします。 注意点としては床材に艶のある素材を使うと器具そのものが映り込みます。 ツヤなしの床材が自然な雰囲気になります 7、寝室の間接照明 天井からの灯を間接灯だけで演出しています。 自然なやわらかい光が天井から降りてきます。 寝室なので調光器との併用もおすすめです。 快適さが変わります 8、床から壁を登るあかり 難易度が高いですが床面に間接照明をセットし壁面をのぼる非日常の光。 幻想的で寝室に最適な灯です 9、トイレ空間にも間接照明で演出 トイレの天井を15cmほど下げて間接照明をセット。 まぶしすぎないトイレ空間になります。 天から光が降り注ぐようなトイレ空間になりました 10、下からの光で背面を落ち着いた雰囲気に ローボードの後ろに照明スペースを設けて置くことで画面との明暗差をなくす間接照明テクニック。 さらに下から光を照らし上げることでリラックス効果も生まれます。 コンセントに挿すだけでも実現できる間接照明 11、スタンドタイプの間接照明スタンド 壁面を照らすことで空間に奥行き感を与えています。 コンセントに差し込むだけで実現できます 12、横長の間接照明スタンドで演出 横長の床置きスタンドならソファの下において間接照明空間の出来上がり。 ソファの長さにより最適な長さのものがお選びいただけるラインナップがあります。 色もブラックとホワイトをご用意。 コンセントにさすだけの照明器具です 13、14、壁や床に優しい光を広げるアクセント照明 据置型のLED(電球色)ホリゾンタルライト。 手軽に設置できる間接照明としておすすめです。 1枚目のイメージではテレビ台の下へ2枚目はソファの後ろへ起き壁面を照らしています 15、壁面照明で美しい間接光を広げます 壁面に設置するブラケットライトならアッパー配光のものをチョイス。 16、コンパクトな間接照明スタンド テレビの後ろや植物、ソファなどの後ろに置いてインテリアを演出。 縦置き、横置きでも使えて壁や床にぴったりとはまる角形デザインになっています 17、クリップライトでカンタン間接照明 クリップライトでも間接照明空間を手軽に作ることができます。 ちょっとしたスペースもおしゃれなインテリア空間に変わります。 手軽さが魅力の設置方法ですね 間接照明についてのまとめ いかがだったでしょうか。 間接照明は壁を照らす、天井を照らす、床を照らすなど使い方は様々です。 間接照明の基本は光を照らす面を美しく残すことです。 美しい光のグラデーションはすっきりとした綺麗な面があることで表現できる手法なので生活空間のなかでエアコンや点検口、煙感知器、ダウンライト、扉、カーテンなどとの設置場所との兼ね合いに注意してください.

次の