誰にも白黒つけられない。 白黒つけなくて、グレーでいい

白黒つけたがる人は、自信がない人だ

誰にも白黒つけられない

もくじ• 白と黒と、そしてグレー 今日も価値観の話になりますが、 白黒はっきりさせたいという思いは、 自分の中の善悪の基準に当てはめているということです。 白とは、 正しいこと、 常識的、普通、一般的、 良い人だな〜とか、そんなことです。 黒とは、 悪いこと、 間違っていること、 やってはいけないこと、 悪い人、 そう「私が」決めつけることです。 あくまで、「私が」であって、 当の本人にとっては、もちろん白だったりします。 何が正しくて、何が常識的なのかなんて、 本当に人の価値観は様々ですからね。 私は、それこそ「一般的な常識」というものが 存在していると思っていたし、 自分はすべて正しいと思っていたのでした。 間違ったことが嫌いだという感覚の元、 自分の思う「正しいこと」が、 誰にとっても正しいと思いこんでいたんですね。 そして、その頃の私に考えられなかったことは 「グレー」という存在でした。 グレーというのは、 白だと思いたい人が、黒では無いよと思いたいだけで、 実際のところは、黒じゃないのと思っていたんですね。 例えば、遅刻とか、 約束の時間に遅れることは「黒!」だと思っていた私は、 常に10分前行動でした。 でも、絶対に遅れてはいけないことと、 別のことを優先しないといけない場合など、状況によりますよね。 海外や日本でも地域によっては、時間通りということの方がありえなかったりもします。 白でもなく、特に黒でもなく、 グレーでいいんじゃないの?という感覚なんですね。 「どっちでもいい」それが、グレーなのだと思うのです。 でもね、その理由というのは、その人にとっての正しいことなんですね。 だから、私が自分の価値観で、その行為をする人は悪人だと決めつけているだけで、 本人は正しいことをしているということが、往々にしてあるということです。 光と影が、お互いが無いと存在しないように、 良いことと悪いことは、「理性」が司っているだけで、誰の中にも陰陽があるんです。 自分は真っ白で、何も悪いことなど考えたこともない、という人もいないでしょう。 悪い感情も、良い感情も、同じぐらい持っているのだけども、 その都度、どちらを選んでいるか、だけなんですね。 大抵の人は、黒い部分は理性で押さえつけて隠しています。 でも、自分では気づいていたりします。 そして、押さえつけて無いことにして、我慢を重ねていくと、結局爆発してしまったりするんです。 黒をどうしたらいいのか では、そんな黒に対して、どうすればいいと思いますか? その黒い部分も、自分の一部だということを認めてあげるということが大切なんですね。 軽いことであれば、 ああ、これが嫌なんだと、 自分で自分を理解してあげることが必要です。 また、ものすごく嫌いな人がいたとしたら、 そこまで辛いんだなぁ、 私はそこまで追い詰められていたんだなぁ、と まずはその自分の感情を受け止めてあげることが必要なんですね。 そして、その現実をどうにかしようとする前に、 その感情を癒やしていくということが必要です。 喜怒哀楽、すべての感情は、自分の反応でしかありません。 誰かが何かをしたという他人のせいではないんですね。 自分がどう受け取ったか、それだけです。 白か、黒か、その事実を追求することではなくて、 すべて感情の話です。 自分の中にも、白い感情、黒い感情があるということなんですね。 そこが分かれば、 いなくなってほしいという黒い感情だとしても、 自分の中の「怒り」が元になっていると理解できるかと思います。 何にたいして「怒り」を感じたのか、 本当はどうしてほしかったのか、どうしたかったのか、 その中の、自分の本音、その気持ちは白いものなんですね。 その白を少し混ぜることで、グレーになります。 仕方ない、 そんなこともある、 それほど、大切にしていたんだな、 というグレーにしてしまうことで、黒も癒やされていくんです。 自分に黒い部分があると気づいたときに、ショックを受けたりもします。 なんて自分は悪い人間なんだろうと自分を責めたりするかもしれません。 でも、誰の中にも、黒い部分と白い部分があり、常にそれをゆるく混ぜてグレーにしているんですね。 私の名前の「庸子」は、そういう「中庸」という言葉からきています。 そんな白黒のバランスを取ることが、私の使命でもあると思っています。 そうなのかぁと、受け入れてください。 そして、グレーにしちゃってください。 579.

次の

白黒つけたがる人は、自信がない人だ

誰にも白黒つけられない

liar3巻の見どころ 第一印象が最悪だった隣の席の市川の事が気になり始めた美紗緒。 何を考えているのかさっぱりわからないけど、いつの間には一目ぼれをしてた上条の事よりも市川の事が自分の中で大きくなっていたことに気がついていきます。 一方、市川は美紗緒の気持ちはずっと上条にあるものだと思い込んでいました。 市川も美紗緒の事を気になりつつあったけれど、自分へ気持ちが向いているとはまったく思っていなかったので、親からそろそろ結婚を視野に入れるように言われたこともあり、親好みだろう田所と付き合う事にしたのでした。 けれど・・田所と付き合ってから気にしていた美紗緒が自分の事を好きだったことを知った市川。 こうして市川と美紗緒は距離を縮めていくことになったのです。 liar3巻のあらすじネタバレ 彼女のいる市川とこのまま関係を持っていいのか? 自分はこのまま市川の浮気相手になってしまていいのかと後ろめたさを感じる美紗緒・・。 とめられない 美紗緒はシャワーを浴びながら感情のまま動いてしまっていいのかを考えていました。 今関係を持ったら、彼女のいる市川の浮気相手になってしまう。 自分はそれでいいのかと自分自身に問いかけます。 今、市川と寝ても良い事なんてないってことはわかっているけど好きだということに我慢は出来ない・・シャワーからあがった美紗緒はベッドに寝ていた市川に一緒に寝てもいいかと声をかけたのでした。 抱き着いた市川の心臓の音も自分と同じくらいに早い。 もしかしたら自分と同じような気持ちでいてくれているのでは?余計に気持ちと欲を抑えることは出来なくなってしまいます。 いつも冷たい市川の目線・・だけれど2人きりの今は初めて見る熱い眼差しに美紗緒は市川の気持ちを感じたように思います。 美紗緒は浮気相手になりたくはなかったけど、今は失いたくない存在になってしまったんだろうな。 市川と一緒の課が最後の日、先に仕事を終わらせた市川は美紗緒の事を1時間も待っていてくれました。 待っていてくれるような人じゃないはずなのに自分を待っていてくれるってことは特別な存在?しかも馬鹿みたいに仕事が忙しいのにこんなにマメに会ってくれるってことは彼女より自分と会ってくれているのでは? 異動先の課で、美紗緒は市川はコネで契約が取れて苦労なしだと言われているのを耳にして気分を悪くします。 しかもその時に取引先の担当と婚約までしたんだと聞いてしまいます。 田所と婚約を!? そんなこと全然知らなかったけど、彼女と結婚するの? 美紗緒は自分が混乱していて誰かに話を聞いて欲しいと思うのですが、こんな関係がダメだと言われるに決まっているのに話なんてできないとスマホを置いたのでした。 婚約を聞いて余計にダメだとは思っても夢中になりすぎている。 夢中になっていることに自覚もしているけれど、いつ市川から連絡が来ても会えるように予定はすべて市川に合わせてしまうのです。 突然の別れ けれど、ふと美紗緒は部屋で市川と一緒にいる時にいつまでこうしていられるのだろうかと思い田所とのことを市川に質問したのでした。 さすがに直接的に聞くことは出来なかった美紗緒は市川に「社長さんになるつもりなの?」と質問します。 それは美紗緒の中では田所と結婚するつもりなのか?と聞いているつもりでいました。 けれど市川の返事は「そうだな」というものでした。 美紗緒は嘘でも違うと言ってほしかった・・。 いつか自分を見てくれるかもしれないと思ったけれど、もうこの寂しい関係を頑張れないかもしれないという気持ちが広がり始めます。 それでも市川は美紗緒との関係をやめようとはしませんでした。 それに美紗緒の方が耐えられなくなり、先約があるからと初めて市川からのメッセージに断りの返事を送ったのでした。 市川も美紗緒の変化に気がついたのかすぐに電話がかかってきました。 ここで美紗緒は「疲れた」「もう嫌だ」という感情をぶつけたのです。 市川からの返事は「わかった」という言葉でした。 このまま終わってしまう?美紗緒は焦ったのですが、今度は市川からメッセージが届きます。 そこには数年後でも、元の友達の関係としてやり直したいと書かれていました。 ここまでが3巻のストリーになります。 ポイントをためてliarが無料で読めます。 30日間無料+600円分のトライアルポイントでliarがいますぐ無料で読めます。 そして田所と付き合いつつも自分の気持ちが美紗緒にあることに気がついた市川は、田所との関係を終わらせて美紗緒と向き合いたいと思っていたのですが、結局は同時進行になってしまいました。 市川目線のストーリーで市川の心情も辛いなと知ったのですが、やっぱりここは白黒つけないといけなかったところなんだと思います。 だから美紗緒も自分たちの関係に後ろめたさがあり、別れがやって来たのだと・・。 市川はすごく後悔しているのだと思います。 だから電話の後に送ったメッセージでは時間がかかっても元の友達のようになれたらと、せめて繋がりは持っていたいと思ったのではないでしょうか。 美紗緒はこんな展開にまで発展するとは思ていなかったと思いますが、後ろめたい気持ちを持ちながら関係を続けるのは無理が生じてくると思います。 それに、なんだかそういう関係を何も思わずに続けられるような2人でもないと思います。 もう2人は合うことはないのでしょうか? 同じ会社にはいるけれど課も違くなったし、顏だって合わせることが少なると思います。 関係性は変わっていくのでしょうか? 全話一覧 liarが無料&お得に読める!.

次の

白黒のつけ方、間違えてませんか

誰にも白黒つけられない

白黒つけないほうが、恋愛はうまくいく。 焦らないで曖昧にしておけば、ご縁が結ばれる。 白黒つけないほうが、恋愛はうまくいく。 真正面から向き合って、お互いが本気で意見を言い合ったとしても、わかり合えないことはある。 白黒つかない、つけられないこともある。 人と人。 男と女。 それぞれ、持って生まれた能力も、育った環境も違うし、今の立場や、抱えているものの量と重さだって異なる以上、絶対に噛み合わないことはある。 それぞれが違う人。 違う生き方、違う価値観を持っていて、そのすべてを、お互いに完全に合致させることなんてできない。 だからね、全てに白黒つけようとしないこと。 特に男と女であれば、生物として全く違う。 肉体的にも精神的にも、まったく別の生き物。 なのに、 無理して白黒つけようとするから、ややこしくなる。 男と女は白黒つけないほうがうまくいく。 そもそも、人と人、男と女のことにはっきりとした答えはない。 僕も毎朝無料で配信しているやでは、好き勝手に断言しているが、それだって完璧な答えというワケじゃない。 なんとなく、全体としては許容ができる。 好きか嫌いかといえば好きで、尊敬できるかといえば尊敬できる。 なら、それでいい。 いちいち、私たちの関係がどんな関係なのか。 私と結婚する気があるのか無いのか。 私のことと仕事のどっちを優先するのか。 なんてことを、無理に白黒はっきりさせようとしなくていい。 いちいち相手をガン詰めしなくていい。 どこかで、はっきりさせなきゃいけないときはくる。 でも、そういうときは、相手もそういう態度を示すでしょ。 わざわざ、あなたが相手を詰めなくても、お互いの関係から自然とそういう流れになるもんですよ、 だから焦るな慌てるな。 それにね、ただはっきりさせずに、問題を先延ばしにしようとしているクズなら、詰めたところで、曖昧にして逃げるだけ。 そんなヤツは、詰めて白黒はっきりさせる云々以前に、あなたから、とっととLINEブロックしてさよならすればいいだけ。 変に形式ばかりにとらわれて、無理に白黒はっきりさせようとすると、逆に安い女と思われて、足元見られることになる。 <参考関連記事> 無理に白黒はっきりさせようしなくても、どうせご縁があれば結ばれるし、ご縁がなければ結ばれない。 今お互いが、心穏やかでいられるのなら、それでいいじゃないですか。 相手を信じて委ねて執着を手放せよ。 そこで焦って慌てて、無理に白黒はっきりつけようとするから、お互いに余裕が無くなる。 違いを認め合える寛容さが消えて、ギスギスし出す。 これまで穏やかだったお互いの心が、暴風雨に見舞われる。 焦らないで曖昧にしておけば、ご縁が結ばれる。 将来のこと、そのための今のこと。 お互いが共有できることは共有すればいい。 合意できることは合意できればいい。 でも、今そうじゃない、合意できないし共有できないなら、それはそれで曖昧にしとけばいい。 とはいえ、それが 無期限で無制限じゃ困る。 お互いがいずれ向き合い、乗り越えていかなければいけないことなら、期限や制限を設けないと、ダラダラと時間を費やすだけ。 後悔が残るだけ。 今は曖昧でもいい。 でも、その曖昧なことを、いつまで解消するのか。 ずっと曖昧なままでいくと決めるのか、折り合いをつけて落としどころを探すのか、それが見つからなければどうするのか。 そのくらいは決めておくことですよ。 もちろん、その選択の基準は、あなた自身の未来の幸福。 何をどこまで曖昧にしてよく、白黒つけずにいるか。 それが、どう自分の未来の幸福に近づくか。 それがはっきりしていれば、目先のことに執着しない。 小さなことで不安になって、あの人をガン詰めして、無理矢理白黒はっきりさせようとするあまり、LINEブロックされて、さよならされるようなアホなこともなくなる。 つまりはバランス。 そしてバランスを取るための、あなた自身の基準。 その あなたの基準が無いから、気分で曖昧にしたり、気分でガン詰めして白黒つけようとする。 それじゃ、その場は良くても、結果的に誰もハッピーにならないでしょ。 まあそのあたりの基準のつくり方は、人によって適切な形が異なるので、詳しくはあたりにきてもらえれば、あなたの現況に応じて対応するのでどうぞ。 原則としては、人は皆違う。 男と女も違って当然。 だから全部がきっちり合意できることばかりじゃない。 やがて合意できたとしても、 今は合意できないこともある。 なら、今は棚上げしてくのが大人の対応。 白黒つけずに曖昧にしておけばいい。 そこを見誤ったり、何の基準も設けずにいるから、ガン詰めの押し付けLINEを送ってドン引きされる。 スルーされてやがて返事もこなくなる。 <参考関連記事> 白黒つけないほうが、うまくいく恋愛はある。 むしろ、白黒はっきりさせようとするから、不必要に相手をガン詰めして、うまくいかなくなることもある。 今、曖昧にしておいたほうがいいことは、白黒つけなくても大丈夫。 焦らないこと。 慌てないこと。 目先のことに執着して、不安になったり心配したりしなくても、今、白黒はっきりしてなくても、ご縁があれば結ばれる。

次の