おさかなマスク型紙。 夏用手作りマスクのおすすめの生地はなに?型紙や作り方は違うの?

おさかなマスク公開

おさかなマスク型紙

楽天で購入 ちょっとわかりづらいですかね。 さらっとした生地です。 おさかなマスクに挑戦 今回は流行りの「おさかなマスク」を作ってみます。 型紙の形が魚に似てるからそう呼ばれているらしいです。 こちらのサイトを参考にしました。 沢山作るときはこうしておくとラクです。 後半は こども用に、より簡単な作り方でアレンジもしてみましたので、最後まで読んでくださいね~。 おさかなマスクの特徴 まず、 中央に縫い目がない。 だから柄合わせが不要。 見た目もスマートだし付け心地が良いです。 あと、縫い合わせをアイロンで割る手間がないのもいい。 基本 直線の型紙なので、カットがラクでした。 ポケットになっているので、ペーパーを入れることができます。 おさかなマスクの作り方 リンク先に、作り方がありますのでそちらを参考にしてくださいね。 「わ」にした生地に型紙をあてて、表と裏それぞれ1枚ずつカットします。 わの部分がマスクの中央になります。 チャコペンではなくフリクションを使っています。 (サイトを参考にしてください) 表生地は5mm、裏生地は1cm両端を折って縫う。 2枚を中表にして、表生地を内側に折る。 上下を縫う。 (ゴムを通す穴は縫わない) ゴムを通して、ポケット口から表にかえす。 マスクゴムはAmazonで購入しました。 安かったけどちゃんとしたものが届いてひと安心。 できた!あっけなくできた!なんならアイロン不要、手縫いでもできそう。 2枚だけで薄いので夏にぴったり。 ゴム通し口がそのままなのが気になったのと洗ったときにずれないように、上下を縫いました。 ポケットになっているので、ペーパーを入れることができます。 とても付け心地が良いです。 自撮りのアプリを使ったらなんかお洒落な色のフィルターがかかった・・・。 子ども用に簡単な型紙にアレンジ 今使っているマスクが暑くて耐えられないと毎日訴えてきますので、この生地で子どもたちにも作ります。 ポケットは必要ないので、型紙をアレンジ。 左が子ども用。 表裏布同じ型紙で取ります。 少しサイズを小さくして、 ゴム通し部分を少し長めに真っすぐにしました。 2枚同じものを切り出しました。 鼻とあごを縫ったら、中表にして上下を縫います。 ひっくり返すとこんな感じ。 アイロンをかけて、両端を三つ折りに。 ゴムも通しておきます。 ぐるっと一周縫ったらできあがり!ゴムを縫わないように気を付けて。 旗みたい 笑 マスクを色々作ってきましたが簡単に作れて、付け心地も良いので「おさかなマスク(子ども用型紙)」が私の決定版になりそうです。

次の

おさかなマスク作り方は?型紙なしで作る方法を紹介します!

おさかなマスク型紙

とか言って無地ですが(笑) 縫う箇所が少ないので手縫いでも簡単だという声がありましたが、ミシンを使いました。 端を折るときはアイロンをかけるとしっかり折れて縫いやすいと思いますが、私はめんどくさがりなので指でギュッと圧をかけました(笑) ゴムはストッキングの輪切りを使うので最後に通すのではなく、先にゴムを巻き込んでから端を縫いました。 色が同化していますが、上にあるのがストッキングです。 (このまち針カワイイでしょ。 見せるためだけにここに刺しました 笑) 縫い終わったら表にひっくり返します。 ここにティッシュやキッチンペーパーなどを入れることができます。 布を入れて厚さを調節してもいいですよね。 ちょっとマスクの周囲がタルンとなるのが気になります。 うち布はみ出るし。 これは下手なのが原因ですが(笑)柔らかい布を使ったからだと思います。 アイロンかけたらピシッとするかな?とも思ったのですが、ステッチをかけてアレンジしました。 周囲のタルンとした感じがなくなり、ピシッとなりました。 これはお好みですね^^ おさかなマスクのつけ心地はどんな感じ? さて肝心な「おさかなマスク」の使い心地ですが・・・ (今度、着画載せますね。 ) 鼻からアゴまでスポッと覆われていい感じです。 「ぴったりフィットタイプ」で作ったのですが、圧迫感はありません。 ちょっと大きいかな~?とも思いますが、これ以上小さくなると苦しそうなので許容範囲です。 上下の形が同じなので、マスクをつけるときにどっちが上だっけ?と悩むこともありません。 マスクが買えなくなってから、いろいろ試してみました。 縫わずに折りたたむだけのマスク.

次の

【型紙・作り方ダウンロードあり】HKマスクを超える⁉願いがぜんぶ叶う、夢の「おさかなマスク」誕生!

おさかなマスク型紙

最近、手作りマスクの型紙が色々、無料公開されていますよね?その中でも今、簡単に作れる!と話題の「おさかなマスク」を作ってみました。 こちら hamakumaさんが公開されている型紙で私が作った「おさかなマスク」。 立体マスクです。 ワイヤー無しでもフィット感あり! なんで「おさかなマスク」かというと、型紙がお魚っぽいからだそうです。 簡単に作れる以外にも良いことがいっぱいの「おさかなマスク」。 作ってみて、よかった!と思った点をご紹介しますね。 柄合わせ必要なし!表に縫い目が無い! 上が一般的な?型紙で作った立体マスク。 下がおさかなマスクです。 お魚マスクは中央に縫い目がないので柄合わせの必要がありません!(上の方は水玉が半分に・・・ってところができちゃいました)これなら柄合わせの難度高めのチェック柄でも作れそうです。 そして、表に縫い目が無い!縫い目が曲がっても気にならないのが嬉しい。 最近、白い糸も品薄で、なかなか売っていませんが、これなら縫い糸が白じゃなくてもOKですよね! ゴムの長さ調節が楽! ゴム通しも写真のようになるので、ゴムの長さ調節も楽です。 他にもキッチンペーパーやティッシュなどを挟むのも楽になっていたり、ワイヤー無しなので洗いやすかったり・・・良いことばかりです。 初心者さんでも作りやすい「おさかなマスク」良いですよ。 この「おさかなマスク」の考案者hamakumaさんのサイトはコチラです 簡単なのでたくさん作ってしまいました。 マスク作り、結構、楽しいです。

次の