315 系。 JR东海计划引入315系新型通勤电车_装置

【速報】JR東海、315系を2020年度中に開発開始…国鉄型を全て置き換えへ

315 系

外界早已是对今晚将被曝光的企业猜测纷纷。 事实上,央视315官方微博近期已经对曝光内容有所透露,除了常见的网购和手机数码类投诉外,汽车也成为今年重点关注的领域。 曝光称,在中国消费者协会2015年的投诉中,有关汽车的投诉也大幅攀升。 主要涉及到的问题有: 一是,购买过程中存在的问题,包括合同中存在不合理格式条款,部分商家扣留车辆合格证等; 二是,销售过程中存在的问题,包括强制消费行为,如强制搭售保险、挂牌、装修等服务; 三是,部分经销商存在销售欺诈行为,包括把旧车当作新车卖,偷换新车零件等; 四是,使用过程中存在的问题,包括汽车质量问题,召回问题; 五是,售后过程中的问题,包括售后服务不规范、价格不透明、配件只换不修及过度保养等问题。 一、质量问题 在众多的关于汽车的投诉中,涉及到汽车质量的投诉占比最大。 案例一:浙江温州的蔡先生在2011年3月份购买了华晨宝马3系轿车,2014年发现汽车在低速行驶时,方向盘突然失去助力,难以转向,仪表盘跳出一个方向盘的故障图标。 他十分吃力地把车停到安全的地方,再次启动情况仍然一样。 蔡先生察觉后发现转向方向机助力电子模块损坏,导致转向辅助系统失灵,上网查询后得知,有一批国产的2010年到2012年生产的3系车型方向转向可能失灵,需要召回。 蔡先生立即与宝马公司取得了联系,但是对方却称其车不在召回范围内。 案例二:湖南的刘先生2013年2月购买了一汽大众奥迪Q5轿车,刚行驶5万公里,变速箱就出现了异常,挂倒挡时经常会出现发动机空转,无法倒车。 4S店虽然承认变速箱质量问题,但要求刘先生自行与厂家交涉。 二、责任认定难 车辆出现故障时,究竟是不是汽车质量问题引起的?消费者难以判断。 河南的张先生于2012年10月购买了一辆奔驰E200L轿车,使用2年零5个月,行驶47000公里后,发现车辆变速箱渗油,经4S店检测情况属实。 客服维修人员从车身底部变速箱的干净程度,以及有划痕的拆装螺丝判断出张先生这辆车的变速箱进行过修理。 同时售后认为该车已超过了2年保修期,即便还在保修期内,变速箱配件更换过程中需重新添加变速箱油,这部分费用需由张先生自行承担,4S店只承担变速箱配件更换费用。 但张先生向奔驰官方核实,通过观察变速箱箱底是否有灰尘,和拆装螺丝是否有划痕来确定变速箱是否维修过的说法并不成立。 并且奔驰官方的说法是该款车的保修政策为3年不限公里数,保修期最低为3年5万公里。 而变速箱油的费用是否应该由张先生承担的问题客服方面也一直未给出回复。 购车发票—— 汽车销售合同—— 汽车注册登记本—— 三、车辆无法上牌照 在众多的汽车投诉中,因没有车辆合格证导致无法上牌的问题呈多发态势,涉及黑龙江、吉林、湖南、河南、辽宁等地的众多消费者。 2015年9月,齐齐哈尔市的徐先生在圣凯陆达和宏远天成汽车销售有限公司购买了一辆东风标致3008轿车,可是至今仍未拿到该车的合格证,无法上牌。 与徐先生有相同遭遇的,还有另外60多位车主。 拿不到合格证的原因往往不是车辆质量问题引起的,而是一些汽车销售公司将这些车辆合格证用于质押或抵押借款。 因无合格证而无法上牌照的车—— 像这样因合格证的问题无法上牌照的现象在全国各地均有发生,涉及的车辆品牌众多。 车主维权—— 四、汽车售后问题 河南的王先生于2013年1月购得华晨宝马5系轿车,并按要求在该公司定期进行保养。 至2014年10月汽车行驶5万多公里更换火花塞时,发现发动机气门室垫漏油情况严重。 此时汽车尚在保修期,4S店免费更换了发动机气门室垫油封。 然而2016年1月,刚过保修期的汽车又出现漏油的情况。 此时,4S店要求王先生花钱修理。 车主王先生认为,4S店在保修期内没有将汽车维修好,让故障拖过保修期,赚取维修费用。

次の

315系の詳細判明、全車ロングシート採用! | akkiの鉄道旅行記

315 系

【画像】中央線が大きく変わる? 313系と211系 2020-1-24 23時掲載開始 の前回記事から翌日、更に色々とネット情報の報道から判明しました。 【画像】交通新聞から まず、上記の記事で 「8両23編成、4両42編成」と詳細な内訳がありました。 8両編成の登場は、前記事でも予想しましたが、やはりのようです。 しかし、23編成と多いですね。 JR東海在来線では、編成最大は、383系の6両編成を最初に、313系6両と、6両編成でしたが、8両編成の登場は、JR民営化後初となります。 過去には、381系時代の9両もありましたが、それは除きます。 8両固定編成の登場が明確となり、JR東海としても、コスト減を徹底した感じとなってます。 をおさらいします。 組成や両数、そして、ラッシュ時は関西線や武豊線、午後以降で中央線など この逆も で差異がありますが、ざっと 都合22運用となります。 8両23編成がすべて神領配置の場合、22運用23編成予備1となり、既に、賄える計算となります。 まず、 「神領持ちの武豊線運用をどうするか」という点でしょう。 当方としては、そのままではないかとみられますが、運用は変わるものとみられます。 朝の中津川併合は、前2両南木曽・坂下、後8両中津川併合空車出区も含め 上述22運用で、13運用は10両運用となります。 残る11運用は、4両3両などで3編成併合した10両となります。 まずは、B401-B408編成、そして、武豊運用B500代3編成、上記2編成、8両固定化で余剰の2両B500代5編成、計18編成となります。 これらは、運用変更で対応出来る範囲と言えます。 次に 「関西線3両運用と、ホームライナーをどうするか」ですが、 上記8両23編成は神領配置のみとした場合、神領313系3両にも余剰となります。 184両の新製配置となるため、139両の211系置き換え対象以上、45両も増となります。 313系3両は、B100代、B150代、B200代16編成、48両となりますから、これらの車両の処遇面です。 関西線5両運用は、都合2運用存在しますが、下り3列車、上り4列車となり、意外にも朝ラッシュ時は上り1列車のみです。 しかも、5両共転換クロスシートです。 これを、 神領315系4両配置のロングシート化により、詰め込みで対応かという点です。 これらを、 315系4両5編成のロングシート化となれば、関西線の両数は2両か4両に統一となるメリットもあります。 これ以上5両編成の増も、輸送力増強としては大きいですが、ロングシート化で、乗客の詰め込みを優先でしょうか。 4両は42編成とありますので、静岡配置を32編成程度として想定しても、10編成前後は神領配置、これを、関西線名目でも投入ではないかとという点です。 ということで、神領車は 315系8両23編成 184 --中央線名古屋-中津川間のみ 315系4両10編成程度 40 --主に関西線、中央線で愛環が絡む運用 313系2両8編成 B400、16 --2,4,8両編成で、4,6,10両併合増結用 313系2両24編成 B500、48 --木曽・関西・武豊ワンマン基本に4,6,10両併合増結用 都合、 神領車は65編成288両 全体で13両増、 編成は9 3から65となり28編成減 で、最終的に、ではないだろうかとみられます。 そして、 「ホームライナー」ですが、夜間にB200代旧セントラルライナー車充当のライナーが存在します。 ここも注目点ですね。 名古屋圏は神領315系集中投入、313系は2両のみとなり、28編成減も併せて、スッキリしますね。 即ち 313系4両6編成 24 313系3両10編成 B100,B150、30 313系3両6編成 B200、18 22編成72両の313系は、 そのまま大垣転属ではないか、という点です。 311,213系廃止による形式統一ですと、メンテナンス面でもコスト減、効率化でしょうか。 神領B1-B6と、大垣313系Y,J運用を変更で対応でしょう。 このため、現在大垣に貸出のB6編成【左画像】は、返却をせずに、そのまま大垣所属の可能性があります。 次に、3両16編成ですが、既に大垣配置の2両Y編成と併せ、飯田線213系置き換え用が濃厚になりました。 特に、B151-B153編成は、現状でも飯田線運用です。 213系はワンマン車ではないため、そのまま3両編成も可能ですが、2両編成Y31-Y46編成も、6両固定のY101-Y117編成8両増結用として、ある程度は必要です。 213系は朝夕以降のみの運用が現状でも大半ですが、しかし飯田線3両編成も過剰です。 この当たりと、旧セントラルライナー車との処遇が気になりますね。 3両編成を4,2両と組替は費用が掛かりますが、しかし、3両編成の存在に注目です。 また現状大垣車で、浜松-豊橋間の運用が存在しますね。 合間の運用も存在しますが、4両8運用前後となります。 あり得るとしたら、この運用の持ち替えで、3両化や併合6両化でしょうか? これらは、大垣にロングシートがあり得ないというのが前提です。 対名鉄対抗面で、やはり転入車でも転換クロスシート、でしたらこうなりますかね、でしょうか。 これで、315系4両32編成程度は、静岡配置となりそうです。 313系2両で非ワンマンのW編成も、身延線で車掌乗務の2両が存在するようです。 少なくとも、中間 サンドイッチ に入る併合運用は、なくすかもしれません。 こちらも置き換え111両で先頭車が多いため、大幅な運用変更、分割併合の減少でしょうか。 東海道線熱海-豊橋間ですと、30運用以上はあるでしょうが、運用パターンはバラバラです。 ただ、その大半を東海道線での運行は確実でしょう。 この調整弁は静岡運用との持ち替えで変更でしょうか。 上記は当方の予想ですので、前後することがあります。

次の

【速報】JR東海、315系を2020年度中に開発開始…国鉄型を全て置き換えへ

315 系

图片来源:海洛创意 作为一名带货王子,李佳琪的话题曾几度刷至微博热搜榜。 这不,前段时间就因为月收入能突破七位数刷屏的李佳琪,如今又因为大手笔购置豪宅被粉丝和路人一路送上热搜。 事件的起源是这样的。 3个亿买了上海云锦东方二期的豪宅,顶楼复式。 是的,没错,就是我们平时乘坐所搭乘的中国东方航空有限公司。 而云锦东方就是上海东航置业旗下的项目。 事实上,航空公司布局房地产已久。 此次被谈到的豪宅云锦东方,就是上海东航置业2004年拿下的地块,距离现在已经有16年的时间了,而拿地8年后,项目才开始启动入市,着实坐收最大化的土地溢价。 值得注意的是,2010年3月18日国资委公开表示,中央企业下属控股或参股的房地产公司,要在完成阶段性任务后有序退出。 据资料显示,项目位于徐汇滨江文化地标核心位置,紧邻46万方梦中心,项目总建筑面积高达50万平米,其中住宅约33万平米,商业17万平米。 界面楼市查阅网上房地产数据获悉,云锦东方锦园住宅套数429套,其中可售住宅套数98套,还有少数剩余住宅可供销售。 项目主推建面约468㎡奢装大平层,其中包括少量顶层复式,均价10. 得益于周边区位和配套,2019年11月18日摇号开盘当天,云锦东方二期除了顶复基本全部售罄。 豪宅也不曾错过的维权风波 豪宅项目陷入也会陷入维权风波? 答案是肯定的。 当时,开发商和业主双方都通过各自委托的律师互发律师函。 事实上,这也并非东航置业第一次出现维权事件。 界面楼市查阅中国裁判文书网发现,与上海东航置业有关的民事判决书一共三份,其中两份就与住宅项目有关。 而两份住宅维权事件中,有一份民事纠纷走的是线下调解的路线。 一审法院审理后,判决书显示,上海东航置业有限公司需要于判决生效之日起十五日内对上海市徐汇区龙兰路XXX弄XXX号B座1501室房屋室内装饰装修质量瑕疵实施修复工作。 除此之外,还要按照判决,赔付给葛女士相应损失。 项目爆红对房企而言,确实是一件好事,但也正因为如此,项目的一些瑕疵也难以遮掩。 在房屋维权事件频发的当下,房企不应该只是项目的建设者,更应该是住宅质量的守护者。

次の