死亡フラグ ジョジョ。 「帰ったら、結婚するんだ」という死亡フラグの元ネタは何で...

アブドゥルは強いのに扱いが不遇すぎる!死因と死亡フラグについても

死亡フラグ ジョジョ

死亡フラグという分野の教科書のようなお方。 『帰ったら結婚するんです!! 』+恐慌状態で主人公と反対側に逃走をやり綺麗にフラグ回収したな -- 名無しさん 2013-12-21 18:54:22• 死亡フラグの源流はホラーにあり。 あらゆるホラー映画に精通した荒木先生のフラグ演出は完璧だ! -- 名無しさん 2013-12-21 19:40:32• 「帰ったら結婚するんです」で某動画の画面一面が追悼メッセージで埋め尽くされた -- 名無しさん 2014-02-22 20:37:27• マルクソウル -- 名無しさん 2014-03-03 12:41:18• ワムウとカーズの美しき主従愛が描かれてる横で死にかけのマルクくんの構図は不謹慎だけど笑ってしまった -- 名無しさん 2014-12-29 22:55:17• 悲しいけど、ワムウにとって尊敬する強者以外の人間は踏み潰しても気づかない程度の虫と変わらんのよね -- 名無しさん 2015-01-24 09:14:10• ちなみに7部にもそっくりさんがいる -- 名無しさん 2015-10-05 23:24:30• 結婚予定だった女の子がベルリン在中だった場合、陥落後ソ連軍のry -- 名無しさん 2017-11-29 21:52:44.

次の

マルク(ジョジョの奇妙な冒険)

死亡フラグ ジョジョ

名前変換はできません! マリア・ジョースターの固定です! ちなみにジョナサンの双子の姉です! ジョースターの死亡フラグを折ろうと画策する話です! それでも見てやんよ!という方だけどうぞ! [newpage] 曇りが多いといわれているイギリスですが、さすがに夏は快晴が多いです。 さて、私の目の前に広がる輝かしい光景。 キラキラ光る水しぶき。 頬を撫でる涼やかな風。 そして、水の冷たさにはしゃぐ初々しい恋人たち。 青春ですね。 リア充爆破しろ。 私の名前はマリア・ジョースター。 ジョナサン・ジョースターの双子の姉。 未来のエリナ・ペンドルトンの義姉になる予定でもある。 そして ・・・・ディオ・ブランドーの義姉です。 おっといけない。 可愛い弟と可愛い義妹に爆破しろだなんて…。 爆破するのはディオだけで十分です。 自分が恋に縁がないからって弟をデスるなんて…マリアったらいけない人! ……むなしくなってきた。 木陰で涼みながら川に足だけつけているマリア・ジョースターです。 え?なんで自分も水遊びをしないのかって? そもそも、わたしはエリナを紹介してほしかっただけで川遊びがしたかったわけじゃない。 そして、ここが重要。 この時代の水着はかわいくない。 いやね。 普段の服は好きなんですよ。 この19世紀イギリスの婦女子の服はドレスっぽくてかわいい。 でも、水着はださい。 しかも着心地が悪い。 21世紀の水着の機能性を求めてはいけないのはわかってるんだけど…。 これだったら、薄着で遊んだ方がまし。 そう思って水着は買わなかったけど…いざとなって気づいた。 あのピチピチ(死語)の十代テンションに精神年齢アラサーのわたしはついていけません。 やばい、なめてた。 あのはしゃぎっぷり。 見てるだけで十分です。 とわけで、夏の日差しが暑いので木陰しかも足だけ行水してるわけです。 でも、水で遊び始めてかれこれ2時間経過。 休憩をはさみますか。 「ふたりともぉ~、おやつにしましょう」 若者のデートにお邪魔させてもらったお礼にチョコプティングをつくってきたお姉ちゃんです。 なぜチョコなのかはみなさんのお察し通り。 もちろん、この暑さの中腐らないように川で冷やしてありましたよ。 お姉ちゃんいい仕事してるでしょ?なので、冷たいプティングをつるんと食べております。 「おいしぃ~」 「お姉さん、これどうやって作ったんですか?」 二人ともいい笑顔で食べてくれてお姉ちゃんとっても嬉しいよ。 エリナにはレシピを教えてあげ、ヨナにはもうひとつチョコプティングをあげた。 たいぶ仲良くなれたんじゃない? これだと街中で偶然会えてもおしゃべりしたり、遊んだりできるかも。 あれ?よく考えたらこの世界に来てはじめてのお友達ってやつじゃない? ……わたしってさびしい奴だったのね。 仕方がないじゃない。 精神年齢は大人なんだから。 一人が寂しい性質でもないし。 だから、友達もいないことに今気づきました。 おいコラ。 ぼっち乙vとか言わない。 帰り、ヨナにエリナを家まで送らせた。 これからは家まで送ること。 それが紳士というものだ。 といい含め、ズキュ~~ン事件のフラグを折る。 でも、これって完全に折れたかはわからないんだよね。 ヨナがずっと隣にいるわけにはいかないし、ディオもエリナが一人の時を狙うだろうから。 折れなくても大事件に発展するわけじゃない。 まぁ、これに怒り奮闘君が泣くまで殴るのをやめない!事件が起きてディオが大人しくなるので積極的には折りに行かない。 でも、乙女に醜聞つきまとうのもなぁ…。 可哀想だよね。 でも大丈夫!最終的にはうちのヨナが責任取るから! 「やぁ、メリー。 ご機嫌だね」 色々考えていると声をかけられた。 しかも「メリー」と。 でも、わたしをメリーと呼ぶのはヨナだけのはず。 そのヨナもエリナを送っているはずなのでこんな所でわたしに声をかけるはずがないのだ。 「でも意外だったのよ。 仔羊はジョジョの奴だと思っていたがまさか君の方だったとはねメリー」 「弟のデートにまでくっついていくとはね。 先生に怒られなかったかい?」とその声が続く。 いや、現実逃避はやめよう。 そう、わたしをメリーと呼んでいる奴は、我が天敵ディオ・ブランドーである。 なぜこいつがここにいるのか…。 まぁ、つけていたんだろうけど。 それにしてもこいつは何を言ってるんだろう? 仔羊?先生に怒られる?……メリー。 ああ、そうか。 こいつはマザー・グースの歌のことを言ってるんだろう。 つまり「メリーさんの羊」の歌のことである。 日本でも誰もが知ってる有名な歌の一つだ。 この歌は、メリーが可愛がっていた仔羊が学校までくっついてきた。 という歌なのだ。 わたしの愛称とひっかけてこいつはからかっているのだ。 わたしが飼い主でなくペットの仔羊でヨナにくっついていったとね。 ばかばかしい。 しかし、不快でもある。 さすがディオ。 とにかく。 「わたしのことはメリーではなくマリアと呼んでと言ったはずよ」 ここ大事です。 「やっぱりね。 君は気軽に名前で呼べと言ったわけじゃなくメリーと言われたくなかったんだ」 「・・・・・・・・」 こいつ……。 わたしは警戒した。 警戒レベル10である。 MAXだ。 「なぁ、小さな城の女王様。 僕は君に嫌われるようなことをしたかな?」 「………わたしに嫌われるようなことはしてないわね」 ディオは猫をかぶってわたしに接してきているのでわたしは嫌う要素はない。 表向きには。 ただ、わたしはこいつの本性を知っている。 本音を知っている。 野望を知っている。 なのでわたしはディオが嫌いなのだ。 漫画を読んでまるっとお見通しよ!とは言えないけどね。 「もしかして、ジョジョから何か言われたのかい?」 「ヨナは人の悪口を言う子じゃないわ」 「じゃあ、なんで君は僕を嫌うのかな姉さん」 おい、鳥肌が立ったじゃないか!姉さん言うな! わたしはお前の姉さんじゃあないよ!アンタだって姉さんだなんて思ってないくせに! でもまだディオは猫をかぶっている。 わたしの出方を窺っているのだ。 ふんっ!その手に乗るか。 「わたし、アナタを嫌いなんて言ったことないわ。 なぜわたしに嫌われているなんて思うの?アナタはわたしに嫌われるようなことをしたの?」 畳み掛けてやった。 「……そうだね。 君は僕を嫌いとはいったことがない。 僕は嫌われるようなことはしていない」 「なら何でそんな疑問を思うの?愛称の話なら前に説明したと思うけど…納得がいかない?」 「ジョジョと僕への君の態度があからさまに違うからかな?」 確かに違う。 というか、一緒にできるか。 「あらそれは仕方ないじゃない。 ヨナは生まれる前からずっと一緒だけど、アナタはこの前知り合ったばかりじゃない。 同じ態度のはずがないわ」 「なるほど、僕と君はこれからってことかな?」 「家族の絆はお互いに努力してつくるものよ」 飲んだっくれで暴力をふるう父親を毒殺したディオ。 それはアナタがよくしっているはずでしょう。 ちなみに絆をつくる努力をお互いにしないからアナタとは一生家族にはならないけどね! 「ジョジョとはお互いに努力して家族になったということかい?」 「そうね。 ヨナのことは信頼しているし愛してる。 それとヨナとは切っても切れない血の繋がりがある」 「……血のつながり。 それは家族の絆とは別物と言っているように聞こえるけど」 「別物よ。 家族には血の繋がりがなくても絆で家族になれるけど、血の繋がりは血が繋がっていないとなれないの」 「一途に想い続ける誇り高きジョースターの血よ」 ディオがこの言葉の意味を本当の意味で思い知るのは100年後。 ジョジョのからだを奪ってもジョースターの血を啜っても黄金の精神はディオに宿らない。 でも、いま13歳のディオには理解できないことだ。 わたしは前に立ち塞がっているディオのわきを通り抜け足を進める。 「マリア」 またディオが呼び止める。 いい加減に素直に私を通してほしい。 しかし、はっきり名前で呼び止められたので無視するわけにいかずわたしはゆっくり振り返った。 ディオの顔が少し歪んでいる。 おい、仮面がとれかかっているぞ。 しっかり被っておけよ。 恐いから。 「どこへいくんだ」 「どこへって家に帰るのよ」 というか、わたしがどこへ行こうがわたしの勝手でしょ? アンタの許可はいらん。 なぜかディオは悔しそうな顔をしている。 なぜ? どの言葉がディオに効いたのかはわからなかったけど、いい気味である。 この前、散々と脅かしてくれた礼である。 バスケットを左手に持ち替え、右手をディオに差し出す。 わたしはディオをからかってやった。 「お手手つないで一緒に帰りましょうか?」 ディオの仮面が壊れた。 思いっきりわたしを睨み付けてきた。 怖い怖い。 これ以上突いたらディオが仮面を被ってくれなくなる。 わたしはにこりと笑った後、ディオには何も言わずに家路についた。 反省コメント 大胆なのか小心者なのかよくわからない性格になってきた主人公ですが、何も考えてないだけです。 ここまで、妄想できてたけど…ここからはおおざっぱにしか妄想してないんですよね。 どうしようっかなぁ。

次の

#5 【夢小説】死亡フラグをへし折れ5【ジョジョ】

死亡フラグ ジョジョ

映画やドラマ、演劇には、物語を盛り上げるための様々な演出がありますね。 そのうちの一つに、登場人物の散り際を、ドラマチックにするための 『死亡フラグ』とも呼ばれる演出があります。 もちろんマンガにもありますよね。 例えば、登場人物たちが、このようなセリフを言い出すとかです。 「故郷に帰りたい」• 「今まで言ってなかったけど、お前のことが好きだった」• 「これが終わったら結婚しよう」 これ以外にも、死亡を匂わせるセリフや演出には、様々なものがあります。 もちろん、ジョジョの奇妙な冒険もそうです。 物語では、登場キャラクターが死亡する際に、悲しみや憤りなどの感情を盛り上げるために、例えば次のような演出をすることが多い。 故郷を懐かしむセリフを言う• 将来の夢を語る• 自分勝手だったのに、急に献身的に振舞う• 仲が悪かったのに急に和解する• 自信満々で自分勝手に行動する そのため、逆にこのような演出があると、見ている側は、そのキャラクターの死が迫っていることを感じ取ってしまうことがある。 ジョジョの奇妙な冒険でも、色んなキャラクターたちが死んでいきます。 そして、多くの場合、ちゃんと死亡フラグが立ってます。 というわけで、第一部のファントムブラッドから順番に見ていきます。 ウィル・A・ツェペリ ジョジョの奇妙な冒険の主要キャラクターの中で、最初に死亡したのは、ウィル・A・ツェペリです。 ここを読んだ時は、泣いたなぁ…。 「愛してその人を得るのは最上である…。 愛してその人を失うのはその次によい。 」 本当にその通りだと思う言葉です。 ツェペリは、苦戦するジョナサンを助けるために、タルカスに挑み敗れてしまいました。 タルカスに挑む直前に、自分の師であるトンペティから言われた、 自分の死に様の予言を思い出し、今がその時であることを悟ります。 90~91 死亡フラグというよりは、これから死亡することを自ら予告してる感じですね。 ここを読んだ時には、死亡確定といった感じで、ショックだったのを覚えてます。 結局ディオはジョナサンの体を乗っ取ることに成功して、生き残るわけですが では、どこが死亡フラグかということですが、ジョナサンの場合は、 エリナとの幸せいっぱいの新婚旅行のシーンでしょう。 242 幸せの絶頂を表現したこのシーンは、まさに死亡フラグの典型ですよね。 とは言え、この時点では、かなりの不幸が起きそうな予感はしても、まだ死ぬとまでは思わないかもしれません。 シーザー・A・ツェペリ 第二部の戦闘潮流に登場する、シーザー・A・ツェペリは、ウィル・A・ツェペリの孫です。 ジョセフに祖父のことをけなされ、意地になったシーザーは、単独でカーズたちが待つ館に乗り込みます。 そこで、ワムウと戦い『神砂嵐』を喰らって、敗れてしまいます。 祖父と同様に、最期は仲間のジョセフに、解毒剤入りのピアスを託して絶命しました。 個人的には、やっぱり、ここも涙腺崩壊のシーンです。 そんなシーザーの死亡フラグは、リサリサが語る 彼の生い立ちのエピソードです。 200 ほとんどの人はこのエピソードを読んでも、シーザーが死ぬとは感じないでしょう。 しかし、ジョジョではシリーズを通して、生い立ちを紹介するシーンが挿入されたキャラクターは、その後高確率で死亡する傾向が高いんです。 89 意見が衝突することが多いアブドゥルとポルナレフが団結して 仲が悪いのに急に和解 、 戦いが終わったら飯を奢れなんて言ってます。 将来のことを語る さらには仲間を助けず、自分の身を最優先に守れなんて言って、 暗に自分が仲間を助けて犠牲になることを匂わせています。 イギー 同じくスターダストクルセイダースに登場する、ボストンテリアのイギーにも死亡フラグが存在します。 ヴァニラ・アイスに蹴りを入れられ瀕死の重傷を負った、イギーでしたが、ポルナレフを助けようとします。 その時にポルナレフがイギーに言った 「おめーはおれを助けるな」というセリフが、死亡フラグです。 197 そんなこと言ったら、イギーが無理して、ポルナレフを助ける事確定ですよね…。 しかし、この時には既にイギーはかなりの重傷です。 絶体絶命の状態なので、ある程度、死は予想できる状態なので、死亡フラグとしては少々弱めです。 花京院典明 スターダストクルセイダースの死亡フラグとして、最も分かりやすいのが、花京院典明です。 ディオのスタンド能力の秘密を暴く方法を思い付いた花京院は、ディオに立ち向かいます。 その直前の彼の回想シーンがそれです。 49 花京院典明は「法皇の緑」を見て考える! こいつを昔のように誰にも気づかせなくしてやる。 そう!DIOの正体をあばき、倒すため完璧に気配を消してやろう。 花京院の名ゼリフとして、誰もが知ってますよね。 でも、花京院の決意と覚悟が現れ過ぎていて、死の予感が出まくりです。 岸辺露伴 第四部のダイヤモンドは砕けないの主要キャラクターで、唯一死亡フラグを感じさせるのは岸部露伴です。 と言っても、最終的には死んでないですけど… 吉良吉影を追う岸部露伴は、川尻早人を発見し、ヘブンズ・ドアーの能力を使って、彼の記憶を読み始めます。 その際の 「【警告】この先を読んではいけない」が、死亡フラグです。 159 死亡を予感させるという意味では、直球ストレートな描写なので、死亡フラグとするかは微妙かもしれません。 レオーネ・アバッキオ 第五部のレオーネ・アバッキオは少し特殊なパターンです。 死亡フラグとしては、ジョジョの奇妙な冒険の場合の典型的なパターンである、若い頃や生い立ちの回想シーンによるものです。 54~55 しかし、この回想シーンの直前に、 ディアボロに致命傷を負わされています。 アバッキオの安否が気になる所に、この回想シーンの挿入なので、死亡濃厚な演出となっています。 ナランチャ・ギルガ ジョジョの奇妙な冒険の中でも、最も有名な死亡フラグの一つが、ナランチャ・ギルガでしょう。 ブチャラティの生存と矢の入手を確認したナランチャは 故郷に帰って、マルガリータピザを食べたり、学校に行くなどと語り始めます。 251 そんなこと言っちゃったら、死亡確定ですね…。 ブローノ・ブチャラティ ブローノ・ブチャラティの死亡フラグは、少し複雑です。 まず、ディアボロとの初遭遇時に、お約束の 生い立ちの回想シーンが入ります。 5 しかし、その後の先頭では致命傷を負うものの、ジョルノの能力により、一命をとりとめます。 それでも、最終決戦時に死を覚悟して、シルバー・チャリオッツ・レクイエムを破壊したことで、戻る体が無いブチャラティの魂は、昇天してしまいます。 ところが、これで終わらず、第五部のエピローグで、チームにジョルノが加入する直前の ローリング・ストーンズとの騒動のエピソードが描かれています。 このエピソードは最終的に、ブチャラティ、アバッキオ、ナランチャの死亡を示唆して終わっています。 316 これを死亡フラグと呼ぶのかは微妙ですが、異例の後付けの死亡フラグとなっています。 フー・ファイターズ F・F フー・ファイターズの死亡フラグも、ジョジョの定番である、 回想シーンです。 249 ところが、実際に死亡するまでは、二転三転します。 直後のバトルでは、ホワイトスネイク水を熱湯にしてしまう能力を無理やり持たされてしまい、絶体絶命のピンチになります。 しかし、この時はウェザーリポートのお陰で復活します。 しかし、最終的にはウェザーリポートに変装したプッチ神父によって、致命傷を負わされてしまい絶命します。 一旦は、助かったと思わせておいて、やっぱり死んでしまうという、特殊なタイプです。 ウェザーリポート ウェザーリポート 本名、ウェス・ブルーマリン の死亡フラグも、やはり 幼少時代から、青年時代にかけての回想シーンです。 この後の、兄弟による直接対決で、不運な形で敗れて死んでしまいます。 230 ただし、この回想シーンは3話に渡って長々と続きます。 ウェザーリポートだけでなく、エンリコ・プッチの青年時代の紹介にもなっています。 そのため、ウェザーの死亡フラグと思わない人も多いかもしれません。 ナルシソ・アナスイ ナルシソ・アナスイの死亡フラグは、プロポーズです。 メイド・イン・ヘブンとのバトル中という、緊迫した状況のなかで、承太郎に突然、 徐倫との結婚の許可を願います。 125 通常、プロポーズするというのは、死亡フラグとしては典型的で、かなりの死亡確定度です。 ところが、それに対して承太郎は 「今…なんて言った?」「言ってる事がわからない」「イカれてるのか?」とまともに取り合ってくれません。 承太郎も普通の親父なんだなと思わせるだけのシーンです。 ジャイロ・ツェペリ スティール・ボール・ランのもう一人の主人公、ジャイロ・ツェペリの死亡フラグは 「LESSON5だ」というジョニィへの言葉です。 ところが、ジャイロが放った鉄球には、次元を破る無限の回転の力は存在せず、あえなく敗れてしまいます。 一瞬、勝利への宣言のように感じて、まさか負けてしまうとは思えませんよね…。 ファニー・ヴァレンタイン スティール・ボール・ランのボスキャラ、ファニー・ヴァレンタインの死亡フラグも、ジョジョのお約束、 回想シーンです。 ただし、この時点で、既にタスクACT4の攻撃を受けているため、 明らかに死亡確定の状態です。 それを踏まえると、死亡フラグと呼ぶのは微妙かもしれませんね。 番外編 さて、ここまでは主要キャラクターの死亡フラグを見てきました。 しかし、ちょい役で登場のキャラクターにも、いかにもな死亡フラグが存在します。 全部、紹介するとキリが無いので、代表的なものをいくつか紹介しますね。 ウィルソン・フィリップ上院議員 スターダストクルセイダースの最終バトル時に、ジョセフと花京院を追いかけるディオに車を運転させられたキャラクターです。 ディオに関わってるというだけで、最高確定度の死亡フラグです。 7 歯を折られ、最後は力任せにジョセフたちの車に投げつけられるという、壮絶な最期を遂げました…。 犬のフンを片付けないオヤジ ダイヤモンドは砕けないの序盤での、アクアネックレス戦に登場した、犬の散歩中に通りがかったオヤジです。 仗助の母親の 「犬にウンコさせてかたづけないヤツがいるのよ。 」のセリフから、アンジェロの前に登場してしまうことで、あ、殺されちゃうな…といった感じです。 80 常習犯とはいえ、犬のフンを片付けないだけで、殺されてしまった不運なオヤジです。 下着ドロボー ダイヤモンドは砕けないの仗助と吉良吉影のバトル時に登場した、下着ドロボーも登場、即死亡確定なキャラクターです。 仗助との戦闘中の 吉良の前に現れ、吉良を不法侵入者扱いします。 ジャン・ピエール・ポルナレフ 最後は、黄金の風で登場したジャン・ピエール・ポルナレフです。 実際には死んでないのですが、ディアボロに致命傷を受けた際に、アブドゥルやジョセフ、イギーなどのかつての仲間や、敵であるジャッジメントのスタンドなどが、 走馬灯のように彼の頭をよぎります。 175 いかにも死んでしまいそうな描写ですが、実際には死なずに、亀に憑依して生き永らえます。

次の