カー セックス 不倫。 不倫でカーセックスばかりする男性心理とは?女性の不倫カーセックスの赤裸々体験談と注意点

車内で浮気男と密会する性欲旺盛な人妻熟女の不倫カーSEXエロ画像

カー セックス 不倫

ほんわかさんはネットで知り合った男性と不倫をしていました。 身を引かなければいけなくなった時はすぐに身を引く、というルールではじまったこの不倫は1年半で終わることに。 しかしその間にカーセックスやテレホンセックスと濃密な思い出が作られたそうで・・! 不倫カーセックスの思い出 彼と知り合ったのはネット上の交流サイトで、何気なく始まったメール交流からでした。 不倫関係に終止符 毎日彼からくるメールが楽しみで頻繁にチェックしてはハラハラドキドキの日々でした。 彼は既婚者当時51歳、私43歳、当然世間では認められない 不倫の関係でした。 しかし1年半後、彼の奥様にばれてしまい、お互いに 「身を引かなければいけない事態が起きたときは素直に身を引きお墓までもっていきましょうね」 と約束の元、 1年半という短い婚外恋愛に終止符をうったのでした。 出会った時の思い出 記憶をさかのぼれば本当に私自身は少女のように心ときめき、今までにない「可愛い私」が居ました。 主人の前ではお化粧っ気のない私でしたが彼とメール交流が始まってからは 常にグロスを塗ってオンナである喜びをかみしめながら疑似恋愛を堪能していました。 早く本物の彼に会いたい・・・そんな想いが日に日に募ってくるようになり、彼も同じように想いを馳せて 実際に会うまではさほど時間を要することなく彼と会うことになり、罪悪感を抱きながらも彼と約束をし、当日目的の場所へ。 いつになくおしゃれをした私は彼の目印である黒い車を意識しながらきょろきょろあたりを見回しました。 まもなく 「君?」 って声をかけてくる男性が・・スーツ姿のとてもスマートな紳士が車中から声をかけてくる。 「え・・この人?」 お互いに写真でどんな人物か確認しあってはいましたが実際お会いするとなるとなかなかメールのようにすっと入っていくことができず一瞬迷いましたが、でもご本人と分かり車の後部座席にいそいそとのり死角のある場所へ・・ドキドキしながら駐車場に停まったらすっと彼が後部座席へ移動・・ 「会いたかったよ」 って私のワンピースのファスナーを下し、体を倒され、 下着からはみ出たあらわなバストを両手で揉みながら乳首を優しく吸ってくれた彼。 「大きくて柔らかくて奇麗だね」 って再度 優しく乳首を甘噛み・・今までにないズンと来る感触が子宮に響きました。 興奮した彼は 「今度は俺のしゃぶりながら俺のほうを上目使いで見てごらん・・」 なすがままに彼の言うように。 石のように固く大きくなったペニスは今までに見たことがないほど甘くて美味しく私は夢中で舌を這わしていました。 初めての対面ですっかり高揚していた私たちでした。 テレフォンセックスの方が多かった しかし、婚外恋愛、決して許されるものではありません。 しかし その スリルと新鮮さがますます愛の渦に巻き込まれることになっていきました。 それからは毎日毎日お互いを確認しあうようにメール更新は途絶えることなく続きました。 実際にあったのは1年半のうち、たった2回でしたのでほぼ「プラトニックラブ」の状態でしたが私たちは幸せでした。 決まった時間にお互いのタイミングを計り、 時間ができたらテレフォンセックスで感じあってました。 逆に言葉で、声で感じるエロのほうが私たちは心地よかったような気がしました。 お互いの合図で始まる自慰行為。 彼の誘導で 「今 どこ触ってるんだい?答えてごらん・・」 「あそこ」 「あそこってどこ?」 「・・・おまんこ」 「可愛いね 今どんな風になってるか受話器当ててごらん」 ・・ くちゅくちゅ・・卑猥な音。 彼の下半身は硬直です。 私もクリトリスさすりながら揉んだりはさんだり、彼の言葉に誘導で高揚です。 「ね・・もう イキタイ」 「駄目だよ もう少し我慢しなさい」 「いやよ」 「じゃ 一緒にイクよ」 私は電動マシンを取り出し、クリトリスにゆっくり当てながら気持ちの良い声を連発・・彼がその声で 「ああ・・!俺 イキそう」 「じゃ 一緒に・・・」 私の声とともに 足先に電流流れる感触が駆け巡り、私はたっぷりの愛液を流しながら果てました・・・。 夫とは冷え切った関係の人妻 そんな日々が1年半続き、お別れすることとなりましたが決して後悔はしてません。 今は夫と平穏な毎日を送っていて刺激とは無関係になりましたがあの時の私は本当に今までにないくらいの女でいれて私自身は本当に幸せでしたし、彼に感謝しております。 今でも・・・。 時々彼を思い出しながら 当時のTELセックスを回想してオナニーしますがやはり蜜の味で最高です。 主人のペニスではなにも感じない悪い妻ですが人の心は自由ですから。 心の中まで誰も邪魔はできないから。 寂しいときはそんな素敵だった彼を想いオナニーするのが私の最高の美容液となっています。 ある意味彼に教えてもらったように感じます。 女の喜びを・・幸せなひと時を与えてくれた彼に今でも感謝で今でも大好きです・・。

次の

車内で浮気男と密会する性欲旺盛な人妻熟女の不倫カーSEXエロ画像

カー セックス 不倫

下記、抜粋です。 目についたゴシップニュース ふむふむ。 原田龍二が複数ファンとカーセ不倫ね。 え?50代かと思ってたー。 まだ48なの。 まだ若いのに渋いなんて ますます素敵っ 目がハート。 年取った途端に激渋スイートハンサムになった原田龍二だよ。 しかもいい感じのマッチョ。 雲の上のヨダレもんやん。 あの顔を拝みながら裸を触りまくれて、なんなら舐めずりまわせて しかも束の間とは言え気持ち良くもさせてくれるんだよ。 あの顔と体目当てで誘い誘われの駆け引きを楽しんで、そしてまんまとヤれたんだから大成功じゃん。 むしろラッキー ご馳走様だよ。 「はぁ~ ありがたや~ありがたや~ 美味しゅうございました~」 優しそうなイメージとは裏腹に雑に扱われたからって、 そんじょそこらのチンじゃないんだよ。 そこいらの不倫みたいに 「ラブホをリクエスト」だとか 「大切にしてる風を装うためにはお金使ってよ」だとか 「優しくしてくれないならヤらせてあげない!」だとか そんなお人じゃないんだよ。 奥さん居るし子煩悩なんだし、そこ解っててパンツ脱いだんだし。 完全なまでに潔く遊び扱いしてくれたからこそ、淡い期待を1㎜も抱かず済んだんだし、一流 顔が イケメンに もてあそばれて「もしかして私、本命!? 」なんて誤解しちゃった後の方が淋しいよ。 この私を完全に遊びのヨゴレ女扱いしたわね!ってぶちギレ感情なんて 持っててもしゃーないプライドってのを傷つけただけのこと。 自分で自分を大切に。 とか思うよ、そりゃ。 でもね。 それと一緒。

次の

秋元優里が竹林で不倫カーセックス&調教されてたギシアン場所特定!?不倫相手のフジテレビプロデューサーA氏って誰!?【文春・画像】

カー セックス 不倫

ほんわかさんはネットで知り合った男性と不倫をしていました。 身を引かなければいけなくなった時はすぐに身を引く、というルールではじまったこの不倫は1年半で終わることに。 しかしその間にカーセックスやテレホンセックスと濃密な思い出が作られたそうで・・! 不倫カーセックスの思い出 彼と知り合ったのはネット上の交流サイトで、何気なく始まったメール交流からでした。 不倫関係に終止符 毎日彼からくるメールが楽しみで頻繁にチェックしてはハラハラドキドキの日々でした。 彼は既婚者当時51歳、私43歳、当然世間では認められない 不倫の関係でした。 しかし1年半後、彼の奥様にばれてしまい、お互いに 「身を引かなければいけない事態が起きたときは素直に身を引きお墓までもっていきましょうね」 と約束の元、 1年半という短い婚外恋愛に終止符をうったのでした。 出会った時の思い出 記憶をさかのぼれば本当に私自身は少女のように心ときめき、今までにない「可愛い私」が居ました。 主人の前ではお化粧っ気のない私でしたが彼とメール交流が始まってからは 常にグロスを塗ってオンナである喜びをかみしめながら疑似恋愛を堪能していました。 早く本物の彼に会いたい・・・そんな想いが日に日に募ってくるようになり、彼も同じように想いを馳せて 実際に会うまではさほど時間を要することなく彼と会うことになり、罪悪感を抱きながらも彼と約束をし、当日目的の場所へ。 いつになくおしゃれをした私は彼の目印である黒い車を意識しながらきょろきょろあたりを見回しました。 まもなく 「君?」 って声をかけてくる男性が・・スーツ姿のとてもスマートな紳士が車中から声をかけてくる。 「え・・この人?」 お互いに写真でどんな人物か確認しあってはいましたが実際お会いするとなるとなかなかメールのようにすっと入っていくことができず一瞬迷いましたが、でもご本人と分かり車の後部座席にいそいそとのり死角のある場所へ・・ドキドキしながら駐車場に停まったらすっと彼が後部座席へ移動・・ 「会いたかったよ」 って私のワンピースのファスナーを下し、体を倒され、 下着からはみ出たあらわなバストを両手で揉みながら乳首を優しく吸ってくれた彼。 「大きくて柔らかくて奇麗だね」 って再度 優しく乳首を甘噛み・・今までにないズンと来る感触が子宮に響きました。 興奮した彼は 「今度は俺のしゃぶりながら俺のほうを上目使いで見てごらん・・」 なすがままに彼の言うように。 石のように固く大きくなったペニスは今までに見たことがないほど甘くて美味しく私は夢中で舌を這わしていました。 初めての対面ですっかり高揚していた私たちでした。 テレフォンセックスの方が多かった しかし、婚外恋愛、決して許されるものではありません。 しかし その スリルと新鮮さがますます愛の渦に巻き込まれることになっていきました。 それからは毎日毎日お互いを確認しあうようにメール更新は途絶えることなく続きました。 実際にあったのは1年半のうち、たった2回でしたのでほぼ「プラトニックラブ」の状態でしたが私たちは幸せでした。 決まった時間にお互いのタイミングを計り、 時間ができたらテレフォンセックスで感じあってました。 逆に言葉で、声で感じるエロのほうが私たちは心地よかったような気がしました。 お互いの合図で始まる自慰行為。 彼の誘導で 「今 どこ触ってるんだい?答えてごらん・・」 「あそこ」 「あそこってどこ?」 「・・・おまんこ」 「可愛いね 今どんな風になってるか受話器当ててごらん」 ・・ くちゅくちゅ・・卑猥な音。 彼の下半身は硬直です。 私もクリトリスさすりながら揉んだりはさんだり、彼の言葉に誘導で高揚です。 「ね・・もう イキタイ」 「駄目だよ もう少し我慢しなさい」 「いやよ」 「じゃ 一緒にイクよ」 私は電動マシンを取り出し、クリトリスにゆっくり当てながら気持ちの良い声を連発・・彼がその声で 「ああ・・!俺 イキそう」 「じゃ 一緒に・・・」 私の声とともに 足先に電流流れる感触が駆け巡り、私はたっぷりの愛液を流しながら果てました・・・。 夫とは冷え切った関係の人妻 そんな日々が1年半続き、お別れすることとなりましたが決して後悔はしてません。 今は夫と平穏な毎日を送っていて刺激とは無関係になりましたがあの時の私は本当に今までにないくらいの女でいれて私自身は本当に幸せでしたし、彼に感謝しております。 今でも・・・。 時々彼を思い出しながら 当時のTELセックスを回想してオナニーしますがやはり蜜の味で最高です。 主人のペニスではなにも感じない悪い妻ですが人の心は自由ですから。 心の中まで誰も邪魔はできないから。 寂しいときはそんな素敵だった彼を想いオナニーするのが私の最高の美容液となっています。 ある意味彼に教えてもらったように感じます。 女の喜びを・・幸せなひと時を与えてくれた彼に今でも感謝で今でも大好きです・・。

次の