血便 理由。 血便の原因で考えられる病気一覧【医師が解説】 [胃腸の病気] All About

血便はすぐに病院へ|血便外来なら杉並区ささき医院へ

血便 理由

0 血が混じった便が出たら誰しも驚くはずです。 がんかもしれない? 病院に行った方が良い? と不安になるでしょう。 一回だけ血便が出て放置している、という方も多いかもしれません。 消化器系の外来には毎回初診で 「お尻から血が出る」「血便が続く」という症状で患者さんが多く来られます。 一方で、血便はよくある症状であるだけに間違った知識を持っている人は多くいます。 例えば、 ストレスで血便が起こると思っている方がいますが、 ストレスだけが原因で血便は起こりません。 出血の原因となる病気がない限り、いくら精神的ストレスがあっても便に血は混じりません。 例えば、痔が原因だと思い込んで放置していたら、悪性の病気が隠れていた、ということもあります。 しかし、血便が出た時に、痔(痔核)のせいなのか、痔以外が原因なのかを自宅で正確に見分ける便利な方法はありません。 医師が肛門鏡などを使用して診察しない限り、 痔でないという確証は得られません。 インターネット上には、これらを見分ける方法があるかのように記載し、読者をミスリードする記事もあります。 (もちろん明らかに痔から出血していると自分でわかるケースもありますので、その対処法も解説します) 今回この記事を読んでいただき、正しい知識を整理していただきたいと思います。 では、血便がある場合に確認すべきポイントを順に解説していきます。 便はどんな色か? 便の色をまずしっかり観察して、 本当に血便かどうかを確認しましょう。 血便とは、便に 鮮血( 真っ赤な血)が混じることです。 大腸〜肛門のどこからから出血していることを意味します。 一方、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のように、胃や十二指腸から出血している場合は、便が海苔のつくだ煮のように 真っ黒になります。 腸管内の硫化水素による血液の変化が原因です。 この 黒い便を「血便」と呼ぶのは誤りで、です。 血便と下血は、出血している場所が全く違いますし、疑う病気、行う検査も全て違います。 まず落ち着いて、便を観察しましょう。 女性の場合は、血便だと思っていたら前側から(膣から)の出血であったというケースもあります。 どこから出血しているか、慎重に観察してみましょう。 なお、 便の色や 性状だけで、大腸がんかそれ以外かを見分けることはできません。 「がんが原因なら粘液が付着している、赤黒い色だ」というような情報を見かけますが、 誤解を招く不適切な記載です。 大腸がんでも赤いサラサラの血液が付着することは当然あります。 肛門に近い直腸癌であれば、新鮮血がポタポタと落ちることもあります。 便の見た目だけでがんか否かを見分けることは、専門家である私たちでも不可能です。 出血量はどのくらいか? 血便の量が多いと貧血が進み、 輸血が必要になることがあります。 痔が原因の場合でも、毎日のようにじわじわと出血していると、重度の貧血を起こします。 一度に大量の出血があればすぐに症状が出ることもありますが、毎日少しずつ血が減って貧血になると、 自覚症状はほとんど現れません。 重度の貧血があると緊急入院が必要で、その場合は 痔が原因でも緊急手術が必要となります。 1回の量が両手一杯分なのか、便器全体が真っ赤になるくらいなのか、あるいは便の表面にうっすら付着するだけなのか、きっちり見てみましょう。 そしてそれが 何日間続いているのかを思い出しましょう。 いつからどのくらいの頻度で血便があるのかは、血液がどれくらい減っているのかを知る指標になります。 腹痛はあるか? 腹痛がある場合 腹痛があって血便が出ている場合は、 大腸の炎症を考えます。 代表的な病気は、 感染性腸炎です。 食中毒など、細菌(黄色ブドウ球菌、サルモネラ、カンピロバクターなど)やウイルス(ノロウイルスなど)が原因になります。 感染性腸炎の場合は、 下痢や 吐き気、 嘔吐を伴うのが一般的で、 血便より下痢の方が目立ちます。 症状が血便のみ、という場合は、感染性腸炎の可能性は低くなります。 また、大腸の血流障害が炎症の原因になる 虚血性腸炎という病気も、血便を伴います。 腸に向かう血管が細くなることが原因です。 高齢者の方、 高血圧、 糖尿病、 脂質異常症(コレステロールや中性脂肪の値が異常)などで動脈硬化がある方、 透析をしている方などにリスクがあります。 こちらも頻度の高い疾患で、 腹痛と血便が起こります。 そのほか、抗生剤(抗菌薬・抗生物質)などの薬剤が原因となる腸炎も出血の原因となります。 「長い間抗生剤を飲んでいる」「最近新しい薬を始めた」などがないか確認しましょう。 腹痛がある場合は、も確認してみてください。 また、頻度は低いものの、若い方の場合は 炎症性腸疾患( クローン病や 潰瘍性大腸炎)が原因になることもあります。 これは腸の病気というより全身性の病気ですので、発熱や食欲低下、体重減少、倦怠感(体がだるい)なども起こります。 全身的な検査が必要になります。 腹痛がない場合 腹痛はないが血便がある、という場合は、痔のように 肛門からの出血の可能性が最も高くなります。 内痔核は、肛門の内側にできる、イボのように腫れた静脈瘤のことです。 肛門から脱出して目立つ(脱肛)こともありますが、小さい場合は自分でもわかりません。 通常 肛門の痛みはなく、 出血が目立つことが多いでしょう。 一方、 外痔核は肛門の外側にできますが、こちらは 肛門の痛みが目立ちます。 いずれも 「いぼ痔」と呼ばれています。 一方、「裂肛」といって肛門が切れて出血することもあります。 通称 「切れ痔」です。 これらはいずれも、血便の原因になります。 大腸がんの症状についてはこちらにまとめています。 大腸の精密検査をしたことがあるか? 大腸内視鏡検査( 大腸カメラ)を 1年以内に受けたことがあり、そこで 「異常なし」と言われている方の場合は、あわてて精密検査をもう一度受ける必要はありません。 通常、大腸ポリープなどの病変がない方で、がんの特別なリスクもない方は、大腸カメラは 3年に1回で良いとされています(注)。 もちろん、この間に新たにポリープやがんができる可能性はゼロではありませんが、可能性は非常に低いといって良いでしょう。 ただし上述したように、大腸カメラを最近受けたことがあっても、 血便の量が多く、それが持続する場合は必ず受診が必要です。 大腸ポリープについてはこちらでも解説しています。 広告 何科にかかるべきか? 血便があってかかるべき科は、 消化器内科か 消化器外科です。 ただし、原因が痔だと明らかな場合は別です。 痔を以前から診断されていて、手で触れることができる、そこから明らかに出血している、と自分ではっきりわかることもあるでしょう。 その場合は、 「肛門科」を受診してください。 「消化器内科」や「消化器外科」「外科」という標榜だけであれば、 肛門疾患の治療を行っていないことがあります。 一般の方にはあまり知られていませんが、痔核や裂肛、痔ろうなどの肛門疾患はかなり専門的な領域です。 外科手術を盛んに行っている病院でも、肛門手術は行っていない、専門家がいないという病院は多くあります。 もちろんそういう病院を受診されても、肛門科がある病院に紹介してもらえますが、二度手間になるためおすすめはできません。 肛門科と標榜されている、あるいは肛門外来がある病院への受診をおすすめします。 痔についてはこちら! 病院で行う検査 腹痛があって腸炎が原因と思われる場合は、全身を診察したのち、必要であれば 血液検査、 レントゲンなど一般的な検査を行います。 血便のみの症状であればまず 肛門を診察します。 次に、 直腸診(指を挿入)を行い、血液が付着するかどうかを見ます。 直腸癌の一部は肛門から指が届きますので、直腸診である程度診断ができます。 また 肛門鏡を用いてさらに詳しく診察します。 肛門鏡とは細く短い棒のような道具で、肛門に挿入してその場で観察できます。 これらで血便の原因がわからなければ、次に 大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を行います。 大腸カメラは準備が必要ですので、受診した当日に受けることはできません。 後日予約をとることになります。

次の

血便の原因で考えられる病気一覧【医師が解説】 [胃腸の病気] All About

血便 理由

飼っているトイプードルの便に血が付着していたり、血液のような下痢や嘔吐をしていたら注意が必要です。 トイプードルの血便が軽症な場合と重症な場合で考えられる原因や対処法、また血便の予防法には具体的にどんな方法があるのかを解説していきます。 トイプードルの血便の原因とは? 「血便」は便に血が混じっていることであり、形の良い便に血が付着している、血液の色をした泥状の下痢、真っ黒な便、これら全てが血便です。 見た目がどんな血便であっても、便に血が混じっているなら消化管の粘膜から出血しています。 赤い血液が混じる血便の場合には、出血は肛門に近い大腸からと考えられます。 胃や小腸などの上部消化管、つまり肛門から遠い位置で出血した場合には、便となって肛門から出る前に血液中の赤血球が破壊され代謝されるために色は赤くなく、真っ黒な便となります。 トイプードルの血便の原因とは消化管の粘膜からの出血ですが、この出血の原因には様々なものが考えられます。 日本で感染が確認されている血便を引き起こす寄生虫は、鉤虫(こうちゅう)や鞭虫(べんちゅう)がいます。 鉤虫は口に鋭い歯を持っていて、この歯で腸粘膜に咬みつき吸血します。 この時に腸粘膜から出血するため便に血が付着するのです。 ただし大量に出血しない場合も多いため、血便をしていないから感染していないとは言えず、糞便検査で発見されることもあります。 鉤虫はこの寄生虫を飲み込んでしまう経口感染、母犬の乳汁や胎盤から感染する他、自然界にいる鉤虫が皮膚を食い破って感染する経皮感染も一般的です。 鞭虫は、この寄生虫の卵を口から摂取してしまう経口感染が感染経路です。 この寄生虫に感染した犬がした糞便を舐めたりしてしまうことで感染してしまうようです。 大量寄生でなければ明らかな血便の症状は出ません。 しかし、慢性的に鞭虫が寄生することで少しずつ腸粘膜が傷つき、徐々に貧血が進行することもあります。 どちらの寄生虫も、きちんと診断した上で駆虫薬を飲ませることで治療することが可能です。 このウィルスは野外のどこにでもいて、このウィルスを含んだ便を片付けた場所にも長期間残留します。 そのため感染力が非常に強く、感染すると死ぬこともある強いウィルスです。 パルボウィルスに感染するトイプードルの多くは仔犬です。 ペットショップやブリーダー宅など、仔犬がたくさんいる場所で感染してしまうからです。 通常ではワクチンを打った母犬から免疫をもらっているので感染しても発症せずに済むことが多いのですが、たくさんの仔犬が集まる場所には免疫が弱くパルボウィルスに感染した仔犬も含まれていることがあるのです。 そんな仔犬が感染し発症すると周囲の仔犬にも一気に感染が広まります。 症状は嘔吐から始まり、便がゆるくなり徐々に血が混じるようになります。 始めに症状が出てから1日たらずで仔犬の状態は悪くなっていきます。 そして適切な治療をしなければ数日以内に死亡することもあります。 しかしこのような特別な物を食べてしまわなくても、体質に合わないドッグフードを食べていても実は血便になります。 食物アレルギーを持っているトイプードルでは、症状の一つとして下痢や血便が見られるのです。 人間で食物アレルギーというと、食べてすぐに顔や口が真っ赤に腫れて痒くなったりする症状を思い浮かべるかもしれません。 これはアレルギー反応のうちI型アレルギーと呼ばれる急性反応です。 一方、犬の食物アレルギーにはこのI型アレルギー以外にIV型アレルギーも存在することが解っています。 このIV型アレルギーは遅延型で、体質に合わない食事を一定期間、もしくは一定量摂取することで症状が出るのです。 例えば、ドッグフードの種類を変更してしばらくしてから便に血がつく、といった症状がみられます。 また血便の前に下痢や軟便などになることも多くみられます。 腸の粘膜に発生する腫瘍には良性から悪性まで様々な種類があります。 良性のポリープであっても便が移動するときにポリープをこすってしまうために便に血が付着します。 また悪性腫瘍の場合には表面がもろくなっていることが多いために、便の通過で表面が傷つき出血します。 腸内の腫瘍は外から調べる検査では見つけることができません。 血便をする頻度が多かったり、出血の量が多い場合には必ず1週間以内を目安に動物病院を受診しましょう。 一般的な検査を受け、腸内の腫瘍が疑われる場合には麻酔をかけて全身のCT検査や内視鏡検査といった詳しい検査が必要になることがあります。 早めの検査によって悪性腫瘍の早期発見にもつながります。 中高齢のトイプードルが血便を繰り返していたら、ぜひ動物病院を受診してください。 トイプードルが血便をしたら?まずは慌てず元気や食欲を確認! トイプードルが血便をしたら、もちろん血が出ているのでほとんどの人が驚きます。 しかし、血が出たからといって全てのトイプードルがすぐに動物病院を受診しなければ命に関わる、というわけではありません。 トイプードルが血便をしたら、食欲、元気、血便の回数や状態、原因として思いつく出来事、の4つを確認しましょう。 食欲はあるか? トイプードルの性格にもよりますが、いつもきちんとご飯を食べてくれる犬が、血便をしていて食欲が落ちていたら少し心配した方が良いでしょう。 しかし食欲がきちんとあり、血便をしているけれどもご飯をきちんと完食してくれるようであれば、大急ぎで動物病院を受診はしなくても良いでしょう。 元気はあるか? 血便をしても、動き回ったり遊んだりといった活動性がいつもと変わりない場合は、急を要する状態ではないでしょう。 血便をして、ぐったりまではいかないけれど何となく元気がない場合、お腹が痛い可能性があります。 トイプードルはお腹が痛いと、あまり動かなくなり、震えるといった症状が出ます。 症状が数日続く場合には動物病院を受診しましょう。 血便をして、ぐったりして動かないような場合には警戒が必要です。 この場合はなるべく早くに動物病院を受診し、検査や治療を受けた方が良いでしょう。 血便の回数や状態 血便の回数も重要な情報です。 短時間で何度も血便をする場合には、腸内で強い炎症が起きている可能性が高いため、重症化しやすいと言えます。 一方で、1回だけ血便をしその後に出た便が普通だった場合には数日間は様子をみても問題ないでしょう。 血便の状態も確認してみましょう。 便自体は良い状態なのに血がついているのか、下痢なのか、少し柔らかいだけなのか、これらの状態も重要です。 形の良い便に血が付いているだけの場合は、急を要する状態ではないでしょう。 しかし下痢で血便の場合には、原因に限らずその後に状態が急速に悪化する可能性があるため、食欲や元気などの他の症状も合わせて評価が必要です。 もし下痢の血便を何度もしていたら、そして元気が無くなっていたら、その場合にはなるべく早く動物病院を受診しましょう。 夜間などで徐々に状態が悪くなってきたと感じたら、夜間救急の対応をしている動物病院に連絡をしましょう。 思い当たる出来事などがあるか 例えば、初めて人間の食べ物を与えてみた、新しいおやつをあげた、などの出来事がなかったかを思い出してみてください。 トイプードルは人間のように様々な食べ物ではなくドッグフードのみを主食としていることがほとんどです。 そのため腸内環境は常に一定で、いつもと違う食べ物が入ってくると変化に対処できず軟便や血便をする場合があるのです。 全てのトイプードルでそのようになるわけではありませんが、ちょっとした変化でも血便が出てしまうことがあるのだと理解しておきましょう。 トイプードルの血便は重症のことも?下痢や嘔吐をしたら要注意! トイプードルの血便は、原因にかかわらず血便のせいで重症になる場合と、血便の原因自体が重症な場合があります。 血便で病状が重症化する場合 原因に関わらず、血便をしていて、さらにそれが下痢であった場合には重症化しやすいと言えます。 下痢は80%以上が水分であり、下痢が続くと余計な水分が失われることになります。 さらにそこに血液が混じる(出血する)と急速に体内の水分が失われていきます。 つまり脱水に陥ってしまうのです。 脱水も軽ければ水を飲むことで回避することはできますが、失う水分量が多ければ飲水だけでは不十分です。 下痢、血便(腸からの出血)があり、さらに嘔吐の症状が見られる場合には、重症化する可能性が非常に高いために注意が必要です。 嘔吐によって失う水分もあり、そして水を飲んでも吐いてしまうために脱水が急速に進みます。 脱水が急速に進むと、最初に問題であった腸以外の臓器が障害を受けます。 脱水によって血液がドロドロになり、また体内の水分が減るために血圧が下がってしまいます。 こうなると、腸以外の腎臓、肝臓などの臓器や脳もダメージを負ってしまいます。 脱水症状は、軽い場合には元気の低下などですが、重症化すると発作などの神経症状に発展することもあるため警戒しなければいけません。 血便の症状に嘔吐や下痢が加わっている場合には、様子を見るだけではなく可能な限り早く動物病院を受診しましょう。 もし夜間で診療を受けられる動物病院がない場合には、吐いてしまったとしても水を積極的に飲ませるようにしましょう。 飲んでくれなくても口の中を湿らすだけでも良いので、水分を与えてください。 血便の原因が重症な場合 血便の原因がパルボウィルス感染症や悪性腫瘍などの病気だった場合、適切な治療をしなければ徐々に病状は悪化し、最悪の場合には命を落とすことになります。 そのためには早期発見が非常に重要です。 仔犬が血便をしたら、パルボウィルス感染症が疑われます。 この場合は血便だけでなく食欲や元気の低下といった他の症状が一緒に出ているはずです。 元気食欲があれば1回は様子を見ても大丈夫かもしれませんが、怖い感染症の可能性があることを忘れずに経過を見ましょう。 成犬が1回だけで再発のない血便をした場合、あまり心配ではありません。 この時点で様々な検査をしても何も見つからない可能性が高いです。 しかし、血便が間欠的に繰り返される場合には注意が必要です。 血便がいつから(何歳から)、どんな頻度で繰り返されるのか、そして痩せてきていないかにも注意しましょう。 腸に腫瘍がある場合には栄養の吸収がうまくいかずに痩せてきてしまうことが多いからです。 腸の中に腫瘍があっても最初は症状は軽いことがほとんどで、元気食欲があるから血便していても大丈夫、とは思わないでください。 しかし繰り返される血便には必ず原因があります。 重くとらえずに放置してしまうと発見が遅れてしまいます。 血便を繰り返す、痩せてきた、などの症状が見られたら動物病院で検査を受けるようにしましょう。 トイプードルの血便の予防法とは? 血便を予防するためには、寄生虫の感染を予防すること、日々の食生活に気を配ること、によって腸内環境を良い状態に整えて維持することが大切です。 寄生虫の感染を予防するのは意外と簡単です。 感染源となる寄生虫の卵を摂取しないように散歩に行かない、という方法もありますが、それはトイプードルにとって楽しくありません。 そこで、駆虫薬を定期的に飲むという方法がお勧めです。 日本のトイプードルは、蚊が媒介し血管に寄生するフィラリア症を予防するために毎月お薬を飲んでいます。 このフィラリア症を予防する薬はフィラリアの幼虫だけでなく、腸の寄生虫のほとんども駆虫することができるのです。 毎月きちんとフィラリア症の予防をすることで、腸の寄生虫についても感染を予防できるため、寄生虫による血便を予防することができます。 パルボウィルスに関してはワクチン接種で重症化することを予防できます。 残念ながら感染自体を予防することはできませんが、いざ感染してしまった時に症状が重くならずに済みます。 これは日本では年に1回接種することが推奨されているので、成犬になっても動物病院で年1回接種してもらいましょう。 寄生虫以外に、血便の原因となる食事に関しても飼い主さんの気遣いによって予防することができます。 トイプードルの体質によって、合うドッグフードはそれぞれ違うため、自分の家のトイプードルについてよく観察してみましょう。 ドッグフード自体の品質に問題がある場合や原材料が体質に合わない場合のどちらでも血便が出ることがあります。 この場合、フードを変更することで症状が改善します。 ドッグフードを変更してから血便が出たと思ったら、まずはドッグフードを元に戻してみてください。 それでも治らない場合には動物病院で相談してみてください。 そしてドッグフードの品質は常に良いものを選び、あまりに安いドッグフードや原材料などが不明な製品は避けることで、食事による血便を予防することができるでしょう。

次の

血便と下痢が同時に起こるのは危険?考えられる病気は?

血便 理由

初めて「おしりからの出血」に気付いた際、他に痛みなどの症状がなければ「自分は大腸がんになってしまったのか?」と思われるかもしれません。 若い方は別として40代以上の年齢の方なら少しは頭をよぎるでしょう。 痔から出血しているのと大腸から出血しているのでは大きな違いです。 ちなみに大腸がんはがんの死因別では、「男性第3位、女性第1位」の疾患です。 男性は罹患率では第1位です。 つまり、一番身近な「がん」なわけです。 痔に比べ、大腸からの出血の場合、真っ赤なさらさらした血というよりかは、「少し赤黒い」「どろっとしている」「便に混ざっている」と表現されます。 大腸からの出血が疑われる方は、大腸内視鏡検査によって確認するしかありません。 いぼ痔かどうか? 大腸からの出血ではなさそうなら、いぼ痔(内痔核)から出血しているかどうか?についてはどこで見極めればいいのか?出血と同時に脱出をともなっていればほぼ間違いないでしょう。 ただ出血だけの症状の場合はどうでしょう?一般的にいぼ痔の出血は、「紙に付着<ポタポタ」、「どす黒い血<真っ赤な血」です。 おしりは普段閉まっているので、排便後まで滲んでいれば直腸下部に溜まります。 この血が次の排便時に、息んだとたん赤黒っぽくでることがあるので、注意してください。 また特徴的な出血に「シャーっ」という出方があり、診断の参考になります。 *例外もあります。 潰瘍性大腸炎からの出血だったり、直腸がんでも肛門に近くなればなるほど、いぼ痔からの出血と似てくるので判断が難しくなります。 またいぼ痔から出血している場合でも、同時に大腸がん、直腸がんからの出血が起こっている方もいます。 つまり、いぼ痔から出血している場合、結局大腸からの出血を否定しないといけないのです。 この場合も大腸内視鏡検査によって確認するしかありません。 プロはどう診断しているのか? プロ 肛門科専門医 はどのように診察し出血の原因を判断しているか解説します。 まず診察の手順として、肛門周囲に出血の原因となる病気がないか確認します。 「視診」になります。 ここで皮膚炎や外痔核からの出血、痔ろうがないかなど見ています。 次に肛門内に指をいれます。 「肛門指診」になります。 ここで肛門と肛門縁から約7㎝程度までの直腸内を触れています。 この段階で直腸がんが触れ、確定診断がつく場合もあります。 肛門疾患では、いぼ痔、切れ痔、肛門ポリープを触れたり、おしりの拡がり具合や膿のたまりなどを指からの情報として得ています。 指を抜いた際には、血液の付着を確認します。 最後に「肛門鏡診察」です。 肛門鏡を挿入して、直接目で確認します。 まず血液の溜まりがないか?あればどんな色か?奥からか手前からか?出血の原因がいぼ痔でいいのか?切れ痔なのか?それとも他の病気なのか?などを判断します。 いぼ痔があれば、出血していないか?出血した痕がないか?刺激して出血しないか?など確認しています。 潰瘍性大腸炎の場合、この時点で直腸に特徴的な粘膜が観察されます。 7 ここでは大腸がんと直腸がんを分けて記載しました。 大腸がん 盲腸、上行・横行・下行・S状結腸にできたがんのことです。 盲腸、上行結腸あたりのがんだと、まだ便が固まっていない段階で血が混ざるため、便そのものの色が赤黒くなります。 それより肛門側にできたがんだと、部分的に便の中まで血が混ざっていたり、少し赤黒い色の血液になります。 S状結腸くらいにできた場合では、出血量が多いと鮮血に近い色になります。 便のまわりに付着する場合もあります。 大腸カメラで診断をつけます。 直腸がん 肛門に近いため、鮮血ででることが多いです。 そのため、いぼ痔からの出血との区別が難しい場合があります。 排便のたびにポタポタたれます。 すでに進行がんまで進んでいることも多く、便が細い、下痢と便秘を繰り返すなど、他の症状を併発していることもよくあります。 前述のように、肛門指診を行った際に硬い腫瘤として触れ、診断がつくこともあります。

次の