パラボラ ヒゲ ダン 歌詞。 Official髭男dism パラボラ 歌詞&動画視聴

Official髭男dism(ヒゲダン)人気曲ランキング!おすすめ1位の曲は?

パラボラ ヒゲ ダン 歌詞

新生活に対する期待と不安。 誰しもが経験したことのある、もしくはこれから経験していく感情ですね。 楽曲の輪郭が見えてきたところで本題の楽曲考察に移っていきましょう。 楽曲名「パラボラ」とは 「パラボラ」とはパラボラアンテナ 上の写真 の略であり、 放物線という意味を持ちます。 一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? ただ疑問になってくるのが なぜ本楽曲においてパラボラというタイトル名が起用されているのかですが、ここに関して理数系出身の筆者は一発でピンときました。 さらに言うと、二次関数をグラフにした上のカーブを放物線と呼び、パラボラ parabola も同様に放物線の意味があります。 そして勘の良い方は「お?」と気付いているかも知れませんが、本楽曲には 「まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も追い越すような軌跡を描いてみせるよ」という歌詞があります。 軌跡とはその人やある物事のたどってきたあとのことで、 新生活がスタートした主人公の成長する足跡といったところでしょう。 とはいえ文章だけだとこんがらがるかも知れないので、私の頭の中の解釈を下図に表してみました。 簡易的ですがこんな感じです。 つまり本楽曲における パラボラ 放物線 は、成長曲線のことなのではないかと。 理想像も追い越すような軌跡です。 これは 将来の大きく成長する意志を表しているのではないかと考えています。 スポンサーリンク 歌詞 段ボールだらけから幕開けた日々は 想像よりも少しだけ忙しく過ぎていってる 片づくことを知らない この部屋はなんだか 他の誰かの暮らしから 借りてきたみたいだ まっさらなノートの上 一文字目を書き出すようにして 期待感と不安感が混ざった インクに浸した心で 互い違いに歩き出した僕の両足は どんな未来のアスファルト 踏みしめていくんだろう 靴底を擦り減らしてドアの向こう側 まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も 追い越すような軌跡を描いてみせるよ いつかきっと いつかきっと 思い違いだらけのメチャクチャな過去を 振り返るたび未熟さにむず痒くなるけど 定規で書いたような 将来の雛形を知らぬ強さに 何故だか僕らは 不可思議に救われたりする 暗い部屋に鳴り響いた誰かの鼻歌 声ですぐにわかったよ ずっとここにいたんだろ 君が僕に歌い継いだいつかのララルラ 胸ポケットで密かに 呼吸をしている夢ならば 必ず僕がちゃんと叶えておくよ 固い誓いを いまたてよう 互い違いに歩き出した僕の両足は どんな未来のアスファルト 踏みしめていくんだろう 靴底を擦り減らしてドアの向こう側 まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も 追い越すような軌跡を描いていけるよ そして遥か先をゆく どっかの僕が迷わないように 眩い光放ってみせるよ いつかきっと いつかきっと 作詞:藤原聡 歌詞の意味・解釈 1番 段ボールだらけから幕開けた日々は 想像よりも少しだけ忙しく過ぎていってる 片づくことを知らない この部屋はなんだか 他の誰かの暮らしから 借りてきたみたいだ まず歌い出しで描かれているのは 新生活のスタートに困惑する情景 といったところです。 新居地にやってきた主人公は過ぎ去っていく時間に気おくれを感じつつも、未だ環境の変化についていけないでいます。 馴染んでない様子を表す 「他の誰かの暮らしから借りてきたみたいだ」という歌詞がとても秀逸的。 私も一人暮らしを始めたばかりのときは、いつもと違う環境にソワソワしていました。 共感深い。 まっさらなノートの上 一文字目を書き出すようにして 期待感と不安感が混ざった インクに浸した心で ここもまた歌詞の秀逸さが光る部分で、新生活に対する期待と不安が 一文字目の緊張感に込められています。 まっさらなノートというのが、その緊張感を引き立てる役割を果たしていますね。 また インクという言葉選びも注目したいポイントで、 インクを出しすぎれば滲んじゃう、逆にインクを出せないとかすれちゃう。 そんなコントロールの難しさは、 慣れていない新生活と同調しているのでしょう。 サビ1 互い違いに歩き出した僕の両足は どんな未来のアスファルト 踏みしめていくんだろう 靴底を擦り減らしてドアの向こう側 まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も 追い越すような軌跡を描いてみせるよ いつかきっと いつかきっと サビで描かれているのは 未来の不安と期待、その末の希望 といったところです。 「アスファルトを踏みしめていく」さまは、軌跡を描いていくさま、つまり 放物線 パラボラ を描いているさまを表しています。 楽曲タイトル名の欄で詳しくお話ししましたので深堀りはしませんが、 理想像 目標地点 まで未来の成長曲線という放物線に乗って、辿り着こうとしているのです。

次の

パラボラ / Official髭男dism の歌詞|≪音楽ダウンロードならsam.leonardjoel.com.au≫最新の音楽配信中!

パラボラ ヒゲ ダン 歌詞

2020年「カルピスウォーター」CMソング「 パラボラ」。 冒頭の「ダンボールだらけから…」。 余計な言い回しをしなくても新生活が想像できていて、つかみの時点で気になってしまいます。 新しいことを始めるタイミングは期待感と同時に、不安もあるもの。 ジャケット画像にもあるパラボラアンテナで、全てを受け止めてあげる優しさを感じます。 大人の男性だからこその、思いであり、お手本じゃないでしょうか。 受け止めてくれる人がいると知っていれば、思い切って前に進めちゃいますね。 たった1文字の違いでも君との特別な歌だと分かりますし、多くのメロディが思い浮かびます。 思いは一定で直線ではないからと考えると、より興味をそそられてしまいます。 いろいろ想像ができるのもいいですね。 「いつかきっと」がリアルであり、一緒にねという優しさがあります。 新規に撮られた映像ではなく、アーカイブを元に作成されたMVが歌詞の世界にぴったり! 過去があるからこそ、新しいことが始められるんですよね。 曲はもちろんいいのですが、映像がより深みを加えています。 あとがき 「パラボラ」公開に合わせて、新アーティスト写真が公開されました。 深い青の寒色が基本になっていて、クールなカッコよさがあります。 イメージもありますが、冷たさではなく優しく見えてしまうのも興味深い。 歌詞にある「眩い光放ってみせるよ」。 特別な言葉は使っていないのに、歌詞がやっぱりいいですね。 その上で包み込んでくれるような歌声が、心に響いてきます。

次の

Official髭男dism パラボラ 歌詞&動画視聴

パラボラ ヒゲ ダン 歌詞

新生活に対する期待と不安。 誰しもが経験したことのある、もしくはこれから経験していく感情ですね。 楽曲の輪郭が見えてきたところで本題の楽曲考察に移っていきましょう。 楽曲名「パラボラ」とは 「パラボラ」とはパラボラアンテナ 上の写真 の略であり、 放物線という意味を持ちます。 一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? ただ疑問になってくるのが なぜ本楽曲においてパラボラというタイトル名が起用されているのかですが、ここに関して理数系出身の筆者は一発でピンときました。 さらに言うと、二次関数をグラフにした上のカーブを放物線と呼び、パラボラ parabola も同様に放物線の意味があります。 そして勘の良い方は「お?」と気付いているかも知れませんが、本楽曲には 「まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も追い越すような軌跡を描いてみせるよ」という歌詞があります。 軌跡とはその人やある物事のたどってきたあとのことで、 新生活がスタートした主人公の成長する足跡といったところでしょう。 とはいえ文章だけだとこんがらがるかも知れないので、私の頭の中の解釈を下図に表してみました。 簡易的ですがこんな感じです。 つまり本楽曲における パラボラ 放物線 は、成長曲線のことなのではないかと。 理想像も追い越すような軌跡です。 これは 将来の大きく成長する意志を表しているのではないかと考えています。 スポンサーリンク 歌詞 段ボールだらけから幕開けた日々は 想像よりも少しだけ忙しく過ぎていってる 片づくことを知らない この部屋はなんだか 他の誰かの暮らしから 借りてきたみたいだ まっさらなノートの上 一文字目を書き出すようにして 期待感と不安感が混ざった インクに浸した心で 互い違いに歩き出した僕の両足は どんな未来のアスファルト 踏みしめていくんだろう 靴底を擦り減らしてドアの向こう側 まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も 追い越すような軌跡を描いてみせるよ いつかきっと いつかきっと 思い違いだらけのメチャクチャな過去を 振り返るたび未熟さにむず痒くなるけど 定規で書いたような 将来の雛形を知らぬ強さに 何故だか僕らは 不可思議に救われたりする 暗い部屋に鳴り響いた誰かの鼻歌 声ですぐにわかったよ ずっとここにいたんだろ 君が僕に歌い継いだいつかのララルラ 胸ポケットで密かに 呼吸をしている夢ならば 必ず僕がちゃんと叶えておくよ 固い誓いを いまたてよう 互い違いに歩き出した僕の両足は どんな未来のアスファルト 踏みしめていくんだろう 靴底を擦り減らしてドアの向こう側 まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も 追い越すような軌跡を描いていけるよ そして遥か先をゆく どっかの僕が迷わないように 眩い光放ってみせるよ いつかきっと いつかきっと 作詞:藤原聡 歌詞の意味・解釈 1番 段ボールだらけから幕開けた日々は 想像よりも少しだけ忙しく過ぎていってる 片づくことを知らない この部屋はなんだか 他の誰かの暮らしから 借りてきたみたいだ まず歌い出しで描かれているのは 新生活のスタートに困惑する情景 といったところです。 新居地にやってきた主人公は過ぎ去っていく時間に気おくれを感じつつも、未だ環境の変化についていけないでいます。 馴染んでない様子を表す 「他の誰かの暮らしから借りてきたみたいだ」という歌詞がとても秀逸的。 私も一人暮らしを始めたばかりのときは、いつもと違う環境にソワソワしていました。 共感深い。 まっさらなノートの上 一文字目を書き出すようにして 期待感と不安感が混ざった インクに浸した心で ここもまた歌詞の秀逸さが光る部分で、新生活に対する期待と不安が 一文字目の緊張感に込められています。 まっさらなノートというのが、その緊張感を引き立てる役割を果たしていますね。 また インクという言葉選びも注目したいポイントで、 インクを出しすぎれば滲んじゃう、逆にインクを出せないとかすれちゃう。 そんなコントロールの難しさは、 慣れていない新生活と同調しているのでしょう。 サビ1 互い違いに歩き出した僕の両足は どんな未来のアスファルト 踏みしめていくんだろう 靴底を擦り減らしてドアの向こう側 まだ遠くて不確かでぼやけてる理想像も 追い越すような軌跡を描いてみせるよ いつかきっと いつかきっと サビで描かれているのは 未来の不安と期待、その末の希望 といったところです。 「アスファルトを踏みしめていく」さまは、軌跡を描いていくさま、つまり 放物線 パラボラ を描いているさまを表しています。 楽曲タイトル名の欄で詳しくお話ししましたので深堀りはしませんが、 理想像 目標地点 まで未来の成長曲線という放物線に乗って、辿り着こうとしているのです。

次の