ピーター ティール。 ピーター・ティールがいつの間にか結婚してた件

感染監視で強まるプライバシー侵害の懸念──ピーター・ティールの米企業も政府と接触

ピーター ティール

スピーカー• Bitnet Technologies 共同創業者 CEO John McDonnell(ジョン・マクドネル) 氏• 国際弁護士/JADA顧問・監事/中央大学専門職大学院国際会計研究科兼任講師 斎藤創 氏• 日本経済新聞社 論説委員兼編集委員 関口 和一 氏• 楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷浩史 氏• 慶應義塾大学 総合政策学部 教授 竹中平蔵氏 氏• 慶應義塾大学 総合政策学部教授 竹中平蔵 氏• 経済学者/早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問/一橋大学名誉教授 野口悠紀雄 氏• 日本経済新聞社 論説委員兼編集委員 関口和一 氏• Bitnet Technologies 共同創業者兼CEO John McDonnell(ジョン・マクドネル) 氏• 経営学者/早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問/一橋大学名誉教授 野口悠紀雄 氏• PayPal 共同創業者 Peter Thiel(ピーター・ティール) 氏• 楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史 氏 イノベーションの連鎖を生むための条件 関口和一氏(以下、関口):おそらく会場の皆さんから質問していただくのに、良いチャンスかなと思うんですけれども。 もしよろしければ、会場からご質問を募ってみましょうか。 マイクを準備していただけますか? それを用意していただいている間に、もう1つご質問させていただきます。 特にピーターさんにお伺いしたいんですが、これまでのお話もあったようにPayPalはeBayに売却されました。 ベンチャーを売却した人たちは、大きなお金を得たので、スペースXですとかテスラ、リンクトインとかを始めることができました。 PayPalマフィアとも呼ばれていますけれども、イノベーションの連鎖がシリコンバレーで始まったわけですね。 こうした連鎖を日本や他の国で始めるには、どうしたら良いのでしょうか? ピーター・ティール氏(以下、ピーター):非常に大切な質問です。 なぜシリコンバレーにおいてこれが上手くいくのか? いかにしてそれをコピーしようか? ということについて、いろいろなことの組み合わせが考えられます。 おそらくネットワーク効果が必要で、成功の歴史というのも重要だと思います。 例えば誰かが成功した時にはそれが手本となり、他の人たちがその軌跡に続いていく。 長い間何も起こっていなかったところから、いきなり何かを始めるのは難しいものです。 ですから多くの意味で、多くの人たちがいろいろな新しいことにトライして、その中から成功の歴史が生まれてくるのが理想だと思います。 1つの成功が次の成功を生む ピーター:過去40年間、ITの世界においては多くの成功談があります。 半導体からパソコン、インターネット、モバイル、モバイルインターネット、いろいろなことが成功してきました。 だからこそ有能な人たちがベンチャー企業として、この部門に入ってきたのです。 この40年で成功が少なかったテクノロジーもあります。 そうするとどうしても、優秀な人材をその分野に引き付けるのが難しくなります。 成功すれば変わるのです。 2008年にイーロン(・マスク)氏にお話を伺ったことがあります。 「最後に成功したアメリカの自動車会社はどこだろう?」と。 テスラが始まったばかりだったんですけれど、1941年、ジープはまだアメリカでは始まっていなかったとおっしゃっていました。 実は67年間、この業界では何も成功していない。 イーロン氏は非常に楽観的で、「新しい会社を起ち上げるべき時だよね」と言っていました。 次の成功する車が生まれるまでに、今度は67年もかからないと思います。 楽天がビットコインを導入しない理由はない 関口:それでは前の方お願いいたします。 質問者:三木谷さんに質問させていただきたいんですが、ビットコイン関連企業の口座開設を、銀行によっては許さないそうですね? これが本当なのかどうかはわからないんですが。 楽天銀行でも、ビットコイン業界に関しては口座を開きたくないというふうに聞いたことがあります。 これは本当なんでしょうか? もしそうだとしたら、おそらく規制的な障害物があるせいなのかなとは思いますが、銀行あるいはビットコインの業界が協力して、こうした問題を解決する道はあるんでしょうか? 三木谷浩史氏(以下、三木谷):これは日本政府に限られたことではないと思います。 世界中の多くの政府が、非常に慎重です。 デジタル通貨の扱いに関して、恐れているとは言いませんが、慎重だと思います。 ビットコインも含めてそうです。 私自身は、実際に政府から圧力を受けているのかどうかなんていう話は知りませんけれども。 しかし一般的に見て、銀行はおそらく慎重な態度を取っているのではないでしょうか? 「楽天バンク」というものはありますけれども、楽天そのものは銀行ではありませんから、そういう意味ではビットコインの使用を実験してみたいと思います。 私たちの決済システムの一部として使ってみたいなという気はしています。 DellやExpedia、PayPalもそうですし、成功するのかどうかわかりませんけれども、やらない理由はないかなとは思っています。 そうした企業も、いろいろとやることを決めたようですから。 金融業界への参入障壁の高さはその価値に比例する 関口:ちょっとわかりやすく手を挙げていただけますか? 真ん中の方。 質問者:ピーターさんに質問があります。 金融業界における起業、ベンチャー精神というのは、他の分野におけるよりも難しそうだと言われています。 ハードルが高いなど、いろいろと理由が挙げられています。 ですので日本の起業家には、この金融部門において大きなハードルが存在しているように思います。 おっしゃったように、日本はコーディネーションが得意であると。 金融サービスの現役企業が、非常に保守的な状況下において、日本の金融分野における起業家が前に進むには、どうしたらよいのでしょうか? ピーター:確かに、おっしゃったことはもっともだなと思います。 ご質問というよりは前提条件のように思いますけれども、確かに金融に関しては、参入障壁が高いということはありますから、開始するのが難しいでしょう。 それは日本ばかりではなく、アメリカでもそうですし、世界各国においてやはり金融業界は規制されています。 2008年以降は、ヨーロッパにおいても規制が強化されてきているので、そういう意味では課題が大きくなってきています。 ただ、この金融テクノロジーに関して非常におもしろいのは、ポテンシャルとして改善すべきところがたくさん存在している。 これはとても価値が高いことなのです。 金融業界参入の壁は、必要資本額の高さ ピーター:ですから現実問題として参入障壁となるのは、おそらく資本。 何かを始めるために必要な資本が多過ぎるということだと思います。 例えば新しいテレビゲームなら、10万ドルもあれば始められるかもしれませんけれども、金融テクノロジーであれば、もっとたくさんの資本が必要だと思います。 そこも障害になるかもしれません。 ITヘルスケアの会社でオスカーというところがあるんですが、新しいヘルスケアのソフトウェアを展開するために、保険会社とリンクアップしなくてはいけなかったので、保険会社まで始めました。 そしてITソフトを使うことによって、例えば遠隔医療であるとか、安い保険料であるとか、非常におもしろい新しい保険商品を出し始めたんです。 正しいやり方でできた例だと思います。 例えばニューヨーク州においては、4,000万~5,000万ぐらい資本がなければ、新しい保険会社を作らせてくれません。 それは非常に高い障壁になりますから、資本が必要だという辺りに、それが1つあると思います。 起業家にしてもベンチャーにしても、金融業界においてはおそらく、資本を投資家あるいは大手の企業から集めることができなければ、始められないと思います。 でも一旦それができれば、大きな価値が生まれるのです。 テスラにしても「新しい自動車メーカーが67年も生まれてなかったね」という時に、新しい自動車会社が生まれました。 これはとても良いことです。 誰もそんなことは思ってもいませんでしたし、既存のメーカーは動きが遅い。 要するにそんなことから、「コップに水が半分入っていたか、半分空だったか」っていう問題が生まれたように思います。 才能と成功にギャップを抱えた日本 質問者:ピーターさんありがとうございました。 それから三木谷さん、今日は主催ありがとうございました。 私も起業家で、カリフォルニアから来ております。 日本・韓国でこの4年間仕事をしてきました。 GoogleやFacebookが生まれたあたりにカリフォルニアで育ったんですけれども、起業家になりたいというのが夢でした。 アジアで国境を越えたメッセージング・エンタープライズ・プラットフォームを作ろうとしているんですが、韓国や日本には、そういったポテンシャルがないという声もあります。 こういった文化的なパラダイムシフトのためには、何が必要だと思いますか? ピーター:そうですね。 第三者の私にとって、これを判断するのは難しいんです。 というのは、日本でそれほど時間を費やしていないので、おそらくそういった意味では適任ではないと思います。 私はドイツで生まれまして、1歳ぐらいの時にアメリカへ行きました。 例えばドイツとカリフォルニアというのは、かなり違うと感じます。 カリフォルニアというのは文化的に、とても楽観的です。 しかしちょっと必死になっているところもあります。 ドイツは悲観的です。 ただ、とても快適です。 とても自信を持っているんです。 日本も、もちろんドイツとは違うと思いますけれども、ひょっとすると、ちょっと共通点というのがあるのかもしれません。 2万人がロサンゼルスに行き映画スターになろうとして、20人ぐらいしか成功しないんですけれども、そういった意味ではクレイジーです。 カリフォルニアっていうのは、そういうふうに楽観的であり、ちょっと必死でもある。 ドイツっていうのは悲観的でありつつ、とても快適であるという文化があると思います。 ドイツに関して当てはまることというのは、ひょっとすると日本にも当てはまるのかもしれません。 ドイツは世界中で最も、人の才能とそれが実現されるギャップが大きいと言われています。 ひょっとすると日本では、そういったギャップがより大きいのかもしれません。 つまり教育水準も高い。 そして会話をしても、多くの情報を持っている。 いろいろな分野の、いろいろなこと知っている。 しかしなぜか、日本にもっとできることがあるはずなのに、そうでもないと。 それならそういった、楽観主義になるためのコミュニティを作るべきなんでしょうか? コミュニティというのは、やはり「ニワトリが先か卵が先か」ということで、どっちが先かということになると思いますが、一度大きな大成功が何かあったとすると、1つのパターンというのが壊れると思うんです。 ですから楽天やソフトバンクは、そういったサイクルを一部壊したのだと思います。 それを再現していけばいいわけです。 ですからゼロから成功ではないと思います。 何も成功しなかったということではないので。 ですから、何もこれまでなかった。 ゼロであれば、もっと大変だと思いますけれども。 インターネットの可能性は新たなステージへ 関口:上手いですね。 チェスはお得意ですか? いつか対戦させていただけますか? それでは、ありがとうございました。 ディスカッションを続けたいんですが、残念なことに時間がきてしまいました。 インターネット技術というのは、世界中で20年前から使われてきたと思います。 一般の人が使ってきた第1段階というのは、メディアとかeコマース、またはエンターテイメントでしたけれども、今では新しい段階に入ってきていると思います。 インターネットというのが、産業向けに使われる。 例えば、Internet of Things (IoT)。 いろいろな技術というのが、金融セクターでも使われるようになる。 また宇宙の技術とか、クリーンテックとか、いろいろな分野でこれが出てきています。 ということで、今日はいろいろと勉強になったと思います。 2人の方からいろいろな見通しを得ることができました。 ということで、お2人に拍手をお願いします。

次の

24の名言とエピソードで知る ピーター・ティール[英語と和訳]

ピーター ティール

バラク・オバマ(2008年に会議に出席、2009年に大統領に)• ビル・クリントン(1991年に会議に出席、1993年に大統領に) そしてトランプ大統領なんですけど、この「ビルダーバーグ会議」に呼ばれていないんですよね。 でも、これには裏があるということで「やり過ぎ都市伝説」で紹介がありました。 スポンサーリンク トランプ大統領をピーター・ティールが操作? 「ビルダーバーグ会議」に出席している ピーター・ティールがトランプ大統領を支持し、当選をサポートしたことから、トランプ大統領は ピーター・ティールに実は操られている…そんな話を関さんが語っていました。 なるほど、トランプ大統領はビルダーバーグ会議には出ていないけど、裏で操っている ピーター・ティールが出席していたということですね。 ということはアメリカの実質の大統領は ピーター・ティールということになるのでしょうか。 ピーター・ティールは様々なIT企業に投資を行っており、ビッグデータの「パランティアテクノロジーズ」という会社に力を入れています。 この会社はなんと「CIA」「FBI」も顧客に持っていて、イギリス政府とも関係があるのだとか…。 関さんは「 ピーター・ティール」だけでなくビルダーバーグ会議は今イギリス政府と関係があると説明していました。 裏で全て繋がっていると…。 確かに上手い具合に全てが繋がっていて怖いですね。 スポンサーリンク トランプをピーター・ティールが操作?アメリカ大統領とビルダーバーグ会議の関係!まとめ 【トランプ大統領を ピーター・ティールが操作?アメリカ大統領とビルダーバーグ会議の関係】ということでまとめました。 オバマ大統領、クリントン大統領、そしてトランプ大統領…そして裏で操っているという ピーター・ティールはイギリス政府やCIA、FBIと関係が…ゾクッとしました。 信じるか、信じないかは、あなた次第です。 スポンサーリンク.

次の

『ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望』ピーター・ティールがシリコンバレーを離れる日

ピーター ティール

概要 [ ] のフランクフルトに生まれる。 1歳のときに家族とともにアメリカに移住。 少年時代はで過ごしていたこともある。 でを学び、のを取得。 その後に進学し、にの学位を取得する。 にティール・キャピタル・マネジメントを設立。 にはコンフィニティ(後のPayPal)を共同設立し、に15億ドルでに売却するまでを務めた。 eBayがPayPalを買収した後、のクラリウム・キャピタル()を設立。 、データ分析企業パランティア() を立ち上げ、現在までその会長を務める。 同年、初の外部投資家になった。 に保有する株式の大半を売却したものの、現在でも同社の取締役として名を連ねている。 複数のも立ち上げており、にはPayPalの創業メンバーだったケン・ハウェリー、ルーク・ノゼックとファウンダーズ・ファンド()を、にはバラー・ベンチャーズ()を、2012年にはミスリル・キャピタル() を共同設立している。 バラー・ベンチャーズでは会長を務め、ミスリル・キャピタルでは投資委員会委員長を務めている。 また、からのパートナーとして勤務している。 慈善活動や政治的活動にも携わっている。 ティール財団()を通じてブレイクアウト・ラボ()とティール・()を運営し、エリーザー・ユドコウスキーが創設したMIRI(Machine Intelligence Research Institute)、寿命の延長や老化防止を目的とするメトセラ財団やSENS研究財団、海上国家建設を構想するシーステディング研究所、およびその他の投機的な研究をサポートしている。 政治的にはリバタリアンとして知られ、スタンフォード大学時代にを主張する学生新聞『スタンフォード・レビュー( )』を創刊したこともある。 『』によるのゴシップ記事を巡る裁判では、ホーガンに資金援助を行った。 11月には、の政権移行チームのメンバーとなった。 経歴 [ ] 生い立ち [ ] 1967年10月11日に西ドイツので父クラウスと母スザンヌとの間に生まれる。 1歳の時に家族とともにアメリカのに移住。 クラウスは最初その地で化学技術者として働いた。 その後クラウスは複数の鉱山会社で働き、それに伴い転勤を繰り返したため、ピーターは7度にわたる小学校の転校を余儀なくされる。 ピーターとその家族はやそのである南西アフリカ(現)で暮らした後、にに定住する。 少年時代、ティールはに熱中する。 6歳でプレーを始め、には13歳未満のアメリカ人チェス選手の7位にランクインした。 ゲームでは他にも「」をプレイした。 また、を愛読する。 好きな作家はとだった。 作品のファンでもあり、『』は10回以上読んだという。 教育 [ ] 中学時代、ティールはに秀でており、カリフォルニア州全域の数学テストで1位を獲得したこともある。 高校でも優秀な成績を収め、卒業式ではを務めた。 政治的傾向はすでに保守的で、当時の政権の楽観主義とを支持していた。 高校卒業後、スタンフォード大学で哲学を学ぶ。 中でもの理論はティールに大きな影響を与えた。 ジラールによると、人間の欲望は他者の欲望を(ミメーシス)するという性格を持っており、こうした模倣は無意味な競争を引き起こす。 また、競争はいったんそれ自体が目的となると進歩を抑制してしまうとジラールは主張した。 このようなジラールの考えをティールは自身のビジネスと私生活に応用している。 競争すること自体に気を取られてしまう結果、我々は世界で重要な、超越的な、あるいは本当に意味のあるものを見失ってしまうとティールは述べている。 ティール在学時のスタンフォードではとに関する議論が活発だった。 「西洋文化」プログラムは、過度に的であるとの批判を受けて、多様性とを押し進める「文化・思想・価値」コースに取って代えられた。 この取り組みはキャンパスでの論争を引き起こし、の作品を愛読する など保守的でリバタリアン的な思想を強めていたティールが保守系の学生新聞『スタンフォード・レビュー』をに創刊するきっかけとなった。 ティールはに号を取得してスタンフォード大学を卒業する。 その後スタンフォード・ロー・スクールに進学し、1992年に法務博士号を取得した。 初期の職歴 [ ] スタンフォード・ロー・スクールを卒業した後、ティールは合衆国控訴裁判所第11巡回区で裁判官ジェームス・ラリー・エドモンソンのもとの法務事務官として働く。 1年間務めた後、の法務事務官となるためにとの面接を受けたが、採用とはならなかった。 その傍ら、元教育長官ウィリアム・ベネットのスピーチ・ライターを務めた。 1996年にに戻ったティールは、とが目覚しい勢いで発展し、経済を変化させていることに気付く。 そして友人や家族から100万ドルの資金を調達し、ティール・キャピタル・マネジメントを設立。 ベンチャーキャピタリストとしてのキャリアをスタートさせた。 発足当初に友人ルーク・ノゼックのプロジェクトに10万ドルの投資をしたが失敗。 挫折を経験する。 しかし1998年、そのノゼックの友人であると共にコンフィニティ()を創業したことがティールのキャリアを好転させるきっかけとなる。 PayPal [ ] 、コンフィニティが電子決済サービスPayPalを立ち上げる。 その後、PayPalはの金融サービス会社であるX. comとの合併やモバイル商取引を専門とするPixoとの合併を通じて成長を続けた。 までに、PayPalは650万人以上の顧客にサービスを提供し、そのサービスを26か国の消費者と企業に拡大した。 2002年2月に新規(IPO)したPayPalは、その年の10月に15億ドルでeBayに売却された。 ティールが保有していた3. 7%の株式は買収時に5500万ドルの価値となった。 Clarium Capital [ ] ティールは収益の1000万ドルを使用して、通貨、金利、商品、株式の方向性と流動性のある商品に焦点を当てたグローバルマクロであるクラリウムキャピタルマネジメントを作成した。 ティールは「クラリウムで私たちが持っていた大きなマクロ経済的アイデアは、石油資源が世界的になくなるつつり簡単な代替案はないというのがピークオイル理論の定着観念である」 と述べた。 2003年、ティールはが下落するという予想に賭け成果を上げた。 ティールは2004年に、が事実上金融セクターの成長するバブルに移行し、とが脆弱であると特定したと語った。 2005年、ティールはドルが回復すると予測し、クラリウムは57. 1%の収益を上げた。 しかし、クラリウムは2006年に7. 8%の損失で足踏み。 この間、同社は石油ドル分析から、石油供給の差し迫った減少と持続不可能な米国の住宅市場バブルの成長を予測し、長期的に利益を得ようとした。 クラリウムのは2007年に40. 3%の収益を達成した後、2008年までに70億ドルを超えるまで増加したが、金融市場が2009年の初めに崩壊したため減少した。 Palantir [ ] 2003年5月、ティールは、 にちなんで名付けられた分析会社であるPalantir Technologiesを創立。 2020年現在も会長を務めている。 ティールは、同社のアイデアは「PayPalが詐欺と戦うために使用していたアプローチは、テロとの闘いのような他の状況にも適応できる」という認識に基づいていると述べた。 彼はまた、911、米国での議論は「プライバシーを減らしてセキュリティを強化するか、プライバシーを増やしてセキュリティを低下させるか」と述べた。 Palantir社で彼は、政府の諜報機関に、追跡可能でありながら干渉度の最も低いサービスを提供することを目標とした。 Palantir社の最初の支援者はのアームであるIn-Q-Telだったが、同社は着実に成長し、2015年には200億ドルと評価された。 ティールは同社の筆頭株主だった。 Facebook [ ] 詳細は「」を参照 2004年8月、ティールはFacebookに50万ドルの初期投資として10. 2%を出資し、の取締役員となった。 これはFacebookへの最初の外部投資であり、会社の評価額は490万ドルだった。 取締役員としてティールはFacebookの運営に積極的に関与しなかった。 彼はさまざまな資金調達のタイミングを計るのを手伝い、ザッカーバーグは2008年のの前に終了したFacebookの2007シリーズDのタイミングを計るのことに貢献したとティールの功績を認めた。 デイビッド・カークパトリックは彼の著書『Facebook Effect』で、ティールがどのようにしてこの投資を行ったのかを概説している。 当時Facebookの「取締役」とされていた、の創設者の一人であるは投資を求めていた。 ビジネスベースのソーシャルネットワークのCEOであるにアプローチ。 ホフマンはFacebookが好きだったが、利益相反の可能性があるため、リード投資家になることを拒否。 ホフマンは、パーカーを時代から交流のあるティールに紹介した。 ティールはパーカーとフェイスブックの創設者と会見した。 ティールとザッカーバーグの相性は良く、ティールはFacebookのシードラウンド投資を50万ドルで会社の10. 2%で行うことに同意した。 投資は当初、の形で行われ、2004年末までにFacebookが150万人のユーザーに達した場合に株式に変換されるというものだった。 Facebookは目標をわずかに下回ったが、いずれにせよティールは社債を株式に変換することを許可した。 ティールはこの投資について次のように述べている。 私は、彼らがオリジナルのビジョンを追求することに満足していました。 そしてそれは非常に合理的な評価でした。 私は、この投資がかなり安全なものになるだろうと思っていました。 2010年9月、ティールは消費者インターネットセクターの成長の可能性について懐疑的な見方を示しながら、他のインターネット企業と比較して、Facebook(流通市場の評価額が300億ドル)は比較的過小評価されていると主張。 Facebookのは2012年5月で、時価総額はほぼ1000億ドル(1株あたり38ドル)。 その時点でティールは1680万株を6億3800万ドルで売却した。 2012年8月、初期の投資家ロックアウト期間が終了するとすぐに、ティールは残りの株式のほぼすべてを1株あたり19. 27ドルから20. 69ドル、つまり3億9,580万ドルで売却し、総額は10億ドルを超えた。 彼は理事会の議席を維持した。 2016年に彼は100万弱の株を約1億ドルで売却。 2017年11月、彼はさらに160,805株を2,900万ドルで売却し、彼の保有株をFacebookの59,913クラスA株にした。 2020年4月の時点で、彼はFacebookで1万株未満の株を所有していた。 Founders Fund [ ] 2005年、ティールはサンフランシスコを拠点とするファンドであるファウンダーズファンドを設立。 基金のパートナーには、、ケン・ハウリー、ルーク・ノセックなどがいる。 ティールはFacebookに加え、, Slide. com, , , RapLeaf, Geni. com, , , , Powerset, Practice Fusion, MetaMed, Vator, , Palantir Technologies, IronPort, Votizen, Asana, Big Think, CapLinked, , Nanotronics Imaging, Salesforce Work. com Rypple, , , Block. one, , AltSchool. など、多数の新興企業(個人またはファウンダーズファンドを通じて)に初期段階の投資をおこなった。 2017年、ファウンダーズファンドは約1500〜2000万ドル相当のを購入。 2018年1月、同社は投資家に対し、暗号通貨の急増により、保有額は数億ドルに相当すると語った。 また、ティールは、テクノロジーの世界とメディアで武器化のリスクについて懸念の発端となった顔認識テクノロジーのスタートアップであるClearview AIの最初の外部投資家の1人だった。 Valar Ventures [ ] ティールは、Andrew McCormackおよびJames Fitzgeraldと共同設立した国際的なベンチャー企業であるValar Venturesを通じて 、ニュージーランドに本社を置くソフトウェア会社Xeroの初期投資家となった。 Valar Venturesは、ニュージーランドを本拠とする企業であるPacific FiberとBooktrackにも投資した。 Mithril Capital [ ] 2012年6月、『』のにちなんで名付けられたMithril Capital Managementを、ジム・オニールとアジャイ・ロヤンとともに立ち上げた。 クラリウムキャピタルとは異なり、ローンチ時に4億200万ドルのファンドであるMithril Capitalは、スタートアップステージを完了しスケールアップの準備ができている企業をターゲットとしている。 Y Combinator [ ] 2015年3月、ティールは10名のパートタイムパートナーの1人としてに加わった。 2017年11月、Y CombinatorがThielとの関係を断絶したことが報告された。 ビジネスに焦点を合わせた出版物であるQuartz次のように述べている。 「ティールとYコンビネーターの分裂の詳細は不明なままであり、公表されていない変化も意見の相違を浮き彫りにしている。 ティール氏はシリコンバレーで最も率直なトランプ支持者であり、... YCの首脳陣であるサム・アルトマン大統領などのが、トランプによってもたらされた脅威を呼び起こすことを強調したと見られる。 」 フィランソロピー [ ] ティールは彼の慈善活動のほとんどをティール基金を通じて行っている。 研究 [ ] 人工知能 [ ] 2006年、ティールは、Singularity Challengeを支援するためにの開発を推進する非営利組織であるSingularity Institute for Artificial Intelligence(現在はMachine Intelligence Research Institute)に10万ドルのマッチングファンドを提供した。 彼は2007年の寄付活動に40万ドルのマッチングファンドの半分を提供し、2013年の時点でティール基金は100万ドル以上を研究所に寄付した。 さらに、彼は研究所の諮問委員会に参加し、 複数のシンギュラリティー・サミットで講演した。 2009年のシンギュラリティー・サミットで、彼の最大の懸念は、技術的特異点にすぐに到達できないことであると述べた。 2015年12月、の安全な開発を目的とした非営利企業のはティールが財政支援者の1人であることを発表した。 Thielは、2014年初頭に4億ポンドでGoogleに買収された英国の新興企業、にも支援を行った。 抗老化医学 [ ] 2006年9月、ティエル氏は非営利のメトセラ財団を通じて研究を促進するために350万ドルを寄付すると発表しました。 彼は誓約の理由として次のように述べています。 「今世紀の発見の宝庫である生物科学の急速な進歩は、すべての人々の健康と寿命の劇的な改善を含みます。 私は博士を支持しています。 老化研究への彼の革新的なアプローチはこのプロセスを加速し、今日生きている多くの人々が自分自身と彼らの愛する人のために革新的にに長く健康的な生活を楽しむことを可能にします。 」 2017年2月の時点で、彼は財団に700万ドル以上を寄付しました。 「まだ達成していない最も重要な成果は何ですか?」と言うベンチャーアルファウェスト2014カンファレンスのディスカッションパネルのモデレーターの質問に対し、ティール氏はアンチエイジング研究を進歩させたいと述べました。 ティエルはまた、彼が法的に死亡した場合に低温保存の対象となるに登録しており、将来の医療技術によって蘇生されることを期待し、に入会しています。 Seasteading [ ] 2008年4月15日、ティエル氏は、「多様な社会的、政治的、法的システムでの実験と革新を可能にする永続的で自律的な海洋コミュニティを確立すること」を使命とする Patri Friedmanにより新設された非営利団体であるSeasteading Institute に50万ドルを誓約しました。 研究所の会議の1つで、彼はSeasteadingを「人間の自由のための新しい空間を作ると約束されている数少ない技術的フロンティアの1つである」と述べています。 2011年、ティエルはSeasteading Instituteに125万ドルを寄付 しましたが、同じ年に理事会を辞任しました。 ティール氏は、2017年のニューヨークタイムズ紙のインタビューで、海面は「エンジニアリングの観点からは実現不可能」であり、「まだまだ遠い」と語った。 この節のが望まれています。 政治的見解・活動 [ ] ティールは、として知られている。 2016年5月に、彼はアメリカ大統領候補ドナルド・トランプを支持する代議員リストに名前が登載されていることが明らかになった。 ティールは元々はトランプと対立していた(ティー・パーティやキリスト教原理主義者が支持)候補を支持していたが、トランプの娘婿で側近のと知己を得てからはトランプ支持に変わったとされる。 その当時トランプ支持を公言する業界の業界の大物は他に皆無だったが、ティールは批判も恐れず支援した。 その甲斐あって11月には政権移行チームのメンバーに選任された。 科学技術分野の他、財務省、商務省、国防省の人事に一定の影響力を及ぼすものとマス・メディアからは見られた。 トランプ支持の動機としては、これまでのオバマ政権の機能不全と、イラク戦争、シリアへの攻撃など間違った戦争を支持したには大統領の資格がないということを挙げていた。 経済的には、同じ土俵で競争しないという良い意味での「独占」を目指すべきだと主張している。 また、分権化をもたらす的なに対しての技術は的なをもたらすと評している。 を「1940年代の者よりも真実を隠している」と批判し、人工知能の技術をめぐってと協力するは国家への反逆者と主張したことを受けてトランプ大統領はにグーグルへの捜査を求めた。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• Christine Mai-Duc, , Los Angeles Times July 22, 2016• O'Brien, Jeffrey M. 2007年11月13日. 2016年12月11日閲覧。 トールキン作品に登場する水晶に由来する。 トールキン作品に登場する金属に由来する。 Jordan Novet, , VentureBeat March 10, 2015• 5, edited by R. Daniel Wadhwani. German Historical Institute. Last modified July 24, 2015. NNDB. 2016年12月9日閲覧。 Fortune. 2016年12月9日閲覧。 2016年12月9日閲覧。 Bustillos, Maria 2016年5月27日. 2016年12月11日閲覧。 Feloni, Richard 2014年11月10日. Business Insider. 2016年12月11日閲覧。 Baer, Drake 2015年2月4日. Business Insider. 2016年12月11日閲覧。 Charlton, Alistair 2016年11月11日. International Business Times. 2016年12月22日閲覧。 Encyclopedia Britannica. 2020年3月19日閲覧。 Fortune. 2014年9月4日閲覧。 Business Insider. 2018年8月17日閲覧。 Savitz, Eric J. 2006年2月13日. Wall Street Journal. 2018年8月17日閲覧。 Wexner, David. Quartz. 2020年3月19日閲覧。 Bloomberg. com. 2019年5月24日. 2020年3月19日閲覧。 Andy Greenberg. Forbes. 2015年6月7日閲覧。 Mac, Ryan 2014年12月11日. Forbes. 2014年12月21日閲覧。 Buhr, Sarah 2015年12月23日. 2016年12月14日閲覧。 the Guardian 2010年8月25日. 2020年6月10日閲覧。 Caulfield, Brian; Perlroth, Nicole 2011年2月14日. 2011年11月29日閲覧。 Kirkpatrick, David 2010-06-08. The Facebook Effect p. 246. Kindle Edition. Kirkpatrick, David 2010. The Facebook Effect. 2020年6月12日閲覧。 Tiku, Nitasha. 2013-01-19. Betabeat. Retrieved on 2013-10-23. Alexei Oreskovic 2012年8月19日. Reuters. 2012年8月19日閲覧。 Julia Boorstin 2012年8月20日. CNBC. 2012年8月20日閲覧。 Reuters Staff 2017年11月22日. Reuters. Shinal, John 2017年11月22日. CNBC. 2020年4月14日閲覧。 ReadWrite• The New York Times• Bloomberg. com. 2019年5月22日. 2020年3月19日閲覧。 Forbes• Gobry, Pascal-Emmanuel 2011年1月14日. Business Insider. 2014年8月21日閲覧。 Xero. Xero. 2014年8月21日閲覧。 TechCrunch• Hsu, Tiffany 2012年6月20日. Cutler, Kim-Mai 2012年6月19日. 2012年12月14日閲覧。 Y Combinator Posthaven. 2015年6月7日閲覧。 Coren, Michael J. 2017年11月17日. Quartz. 2020年6月20日閲覧。 June20,2020閲覧。 Inside Philanthropy. 2018年4月26日閲覧。 Huffington Post• VICE• Wired• Business Insider. June 22,2020閲覧。 Priestly, Theo December 11, 2015. 2015年12月11日閲覧。. Business Insider. June22,2020閲覧。 2008年1月24日閲覧。 Davidson, Keay 2006年9月18日. SFGate. 2020年6月26日閲覧。 Time• Reilly, Richard Byrne 2014年10月8日. Venture Beat. 2014年10月22日閲覧。 2008年4月16日閲覧。 Hodgkinson, Tom 2016年10月6日. BBC News. The New York Times• Bloomberg• Chicago• Inverse• Business Insider• The New York Times• Business Insider• 坂和敏 2017年3月1日. gqjapan. 2017年3月1日閲覧。 MITテクノロジーレビュー 2018年2月15日. 2019年2月4日閲覧。 2019年7月16日. 2019年7月17日閲覧。 2019年7月17日. 2019年7月17日閲覧。 外部リンク [ ]• thielfellowship -• foundersfund - この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の