念珠 浄土真宗。 宗派別二輪数珠 (念珠)

浄土真宗の念珠

念珠 浄土真宗

数珠・念珠の簡単知識 宗派による違い 現在日本には、同じ仏教でありながら多くの寺院、教義が存在し、その中にそれぞれの宗派の違いがあります。 最澄が日本で最初に『日本天台宗』を開いてからその後、平安時代から鎌倉時代にかけて、次々と新しい宗派が打ち立てられました。 などなど・・・ これらの宗派が時とともに分裂し、現在数多くの宗派が存在します。 宗派は『家の宗教』ともいわれ、数珠・念珠の仕立や持ち方にも多少の違いが出ました。 各宗派の珠数の持ち方については、それぞれ違いますので、以下に記し説明しております。 他にも、宗派用の長い珠数を持つ際の簡略な持ち方として、親珠から21顆 四天 を過ぎた所を左右の手で持ち、捻り、 二輪にして左手に掛ける持ち方もあります。 これは無難な持ち方ですので、覚えておくと良いでしょう。 【 天台宗 】 中国の天台大師を高祖とし、日本の伝教大師最澄を宗祖とする、「法華経」の教え、人はもちろん草や木でさえも成仏出来る、「一切皆成(いっさいかいじょう)」を宗とする宗派。 宗祖 : 最澄 経典 : 法華経 本尊 : お釈迦様 薬師如来様 一尊一仏の教えではなく、本尊はどの仏像でもよいとされます 天台宗系の宗派 ・・・ 天台寺門宗、天台寺門宗、和宗、など [ 数珠・念珠の基本的な持ち方 ] 房を下に垂らすように2連にしてかけ、そのまま右手を合わせます。 [ 数珠・念珠の特徴 ] 一般的に天台宗のお念珠は、扁平な平玉 ミカンのような形 が特徴です。 主玉:108個、親玉:1個、四天玉:4個で構成され、親玉から連なる房には、 20の平玉と10の丸玉が付いています。 本式念珠 男性用 女性用 【 浄土宗 】 法然を宗祖とする。 法然が草庵を結んだ地に、法然の弟子である源智が、『大谷寺』を創建したのが浄土宗のはじまり。 修行による成仏を認めず、阿弥陀仏の名を唱える 念仏をすることで 専修念仏 、極楽往生できると説く。 宗祖 : 法然 経典 : 浄土三部経 特に「観無量寿経」 本尊 : 阿弥陀様 浄土宗系の宗派 ・・・ 西山深草派、西山浄土宗、西山禅林派、など [ 数珠・念珠の基本的な持ち方 ] 輪ちがいの念珠を房を下に垂らすように左手に掛け、そのまま右手を合わせます。 [ 数珠・念珠の特徴 ] 浄土宗の数珠は、2つの輪を一つに繋いだような形状が特長です。 僧侶が儀式の際に使う数珠は、荘厳数珠と呼ばれ、 これは水晶のみの108珠の数珠です。 一般在家信徒が使う数珠は日課数珠と呼びます。 本式念珠 男性用 女性用 弘法大師、空海を宗祖とする。 万物は大日如来を根本母体とし、人もその例外ではない。 法神仏である 大日如来とともに修行を積むことにより、生身のままで仏となれる 即身成仏 と説く。 宗祖 : 空海 経典 : 大日経 金剛頂経 本尊 : 大日如来様 ですが、本尊はどの仏像でもよいとされます 真言宗系の宗派 ・・・ 高野山真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、真言宗醍醐派、 東寺真言宗、真言宗泉湧寺派、真言宗御室派、真言宗山階派、真言宗大覚寺派、 真言宗善通寺派、など [ 数珠・念珠の基本的な持ち方 ] 両方の手の中指にお念珠をかけ、そのまま手を合わせます。 房は上から自然に垂らします。 [ 数珠・念珠の特徴 ] 真言宗では特にお念珠を大事にするといわれます。 在家用には主玉:108個、親玉:2個、四天玉:4個に、菊房のついたものが一般的です。 親玉から7顆目、21顆目に四天があります。 長い一連の珠数を二重にして用い、 その形状から振分(ふりわけ)珠数とも呼ばれます。 密教では、珠数を擦り鳴らして音を立てる特徴があり、 修法の終わりを知らせる合図としていました。 珠数を擦ることは、百八の煩悩をすり砕く意味があります。 本式念珠 男性用 女性用 【 浄土真宗 】 本願寺派 大谷派 親鸞を宗祖とする。 全ては阿弥陀入来のご加護の力であり、 信じること、念仏を唱えることで極楽往生できるとし、『他力本願』を説く。 浄土真宗には本願寺派(お西)と大谷派(お東)があり、基本的な念珠の持ち方が若干違います。 [ 数珠・念珠の特徴 ] 浄土真宗の数珠は数取りができないように、房が「蓮如結び」になっています。 煩脳具足そのままで救われる教えなので、数珠を繰ることによって 煩脳の火を消す必要がないからです。 したがって形や数にこだわりませんが数珠を大切にすることには変わりありません。 浄土真宗では、長い一連の珠数を二重にして用います。 一般的には、主玉:108個、親玉:2個、四天玉:4個で構成され、 片方の房が蓮如結びと呼ばれる結ばれ方をしているのに特徴があります。 また、本願寺派 お西 では頭付撚房が、大谷派 お東 では切房が主に用いられます。 本式念珠 男性用 女性用 【 日蓮宗 】 日蓮を宗祖とする。 経典とする法華経の中で、 『上行菩薩』は日蓮自身とし、法華経と人の生き方との一体化を目指す。 「南無妙法蓮華経」 題目 を唱えることで、全ての人々は成仏できると説く。 宗祖 : 日蓮 経典 : 法華経 本尊 : お釈迦様 大曼荼羅 日蓮宗系の宗派 ・・・ 日蓮正宗、法華宗、不受布施派、本門佛立宗、など [ 数珠・念珠の基本的な持ち方 ] まず八の字型にねじり、両手の中指に掛ける。 その際右側に房が2本、左側3本房がくるように持つ。 [ 数珠・念珠の特徴 ] 日蓮宗には珠数の玉一つ一つに意味を与えた珠数曼陀羅があり、 祈祷用にも多くの種りますが、長い一連の珠数に四十一個の 下がり玉の付いた菊房というのが一般的です。 日蓮宗では祈祷する際に、木剣と珠数を組み合わせたものを打ち鳴らします。 したがって、本来は黒檀や紫檀など、堅くて丈夫な材質のものが主流でしたが、昨今は様々な素材のものもあります。 本式念珠 男性用 女性用 『人の心』『仏の心』は一つ(仏性)とする。 自分自身の本質を追及し、悟りを求める宗派。 始祖は栄西で『臨済宗』の禅を伝え、後に道元が『曹洞宗』の禅を伝えた。 《 臨済宗 》 宗祖 : 栄西 経典 : 特になし 本尊 : 釈迦如来様 始祖は栄西。 教えを与えられるのではなく、人の持ち合わせた仏性を 禅問答、座禅により見出し、 自分自身の仏の心に立ち返ることで、悟りに至るとする。 《 曹洞宗 》 宗祖 : 道元 経典 : 正法眼蔵 本尊 : 釈迦如来様 始祖は道元。 座禅による実証、『只菅打座』(シカンタンザ)を本旨とし、 座禅することにより真実の自己・仏性に目覚め、悟りの境地へと至るとする。 臨済宗系の宗派 ・・・ 妙心寺派、建仁寺派、南禅寺派、東福寺派、など [ 数珠・念珠の基本的な持ち方(臨済宗、曹洞宗) ] 房を下に垂らすように2連にしてかけ、そのまま右手を合わせます。 [ 数珠・念珠の特徴 ] 禅宗ではお念仏やお題目を唱えず、座禅を重んじます。 他の宗派のような作法や規定は存在しません。 一般的には、主珠:108個の長い一連の珠数が用いられます。 曹洞宗用のものには、金属の輪が付けられています。 本式念珠 男性用 女性用 【 諸宗派 】.

次の

数珠・念珠の意味

念珠 浄土真宗

仏様にお参りする時に、念珠を手にかけてお参りします。 それは仏様にとても失礼なことですよね。 珠数の一連をも持つ人なし。 さるほどに仏をば手把にこそせられたり。 (蓮如上人『御文章』) 念珠は、もともとは称えた念仏を数える仏具でした。 浄土真宗では「信心」を表します。 念珠の珠は、煩悩を表します。 「煩悩」とは、私を煩わせ悩ませるもので、各人に108つあり、中でも代表的なのが、欲・怒り・愚痴の三毒の煩悩です。 それらの珠をまとめている糸が、信心を表しています。 珠はそのままではバラバラで収拾がつきませんが、糸が通るときれいにまとまります。 108つの煩悩も、他力信心の糸が貫いて初めて、苦悩が喜びに転じ変わります。 私たちを煩わせ悩ませる煩悩がそのまま、喜びのタネとなります。 まことの信心を獲ると、煩悩即菩提の世界に救われるのです。 念珠は、畳や床の上に直接置くなど粗末に扱わないようにしましょう。

次の

浄土真宗で用いられる念珠について

念珠 浄土真宗

仏様にお参りする時に、念珠を手にかけてお参りします。 それは仏様にとても失礼なことですよね。 珠数の一連をも持つ人なし。 さるほどに仏をば手把にこそせられたり。 (蓮如上人『御文章』) 念珠は、もともとは称えた念仏を数える仏具でした。 浄土真宗では「信心」を表します。 念珠の珠は、煩悩を表します。 「煩悩」とは、私を煩わせ悩ませるもので、各人に108つあり、中でも代表的なのが、欲・怒り・愚痴の三毒の煩悩です。 それらの珠をまとめている糸が、信心を表しています。 珠はそのままではバラバラで収拾がつきませんが、糸が通るときれいにまとまります。 108つの煩悩も、他力信心の糸が貫いて初めて、苦悩が喜びに転じ変わります。 私たちを煩わせ悩ませる煩悩がそのまま、喜びのタネとなります。 まことの信心を獲ると、煩悩即菩提の世界に救われるのです。 念珠は、畳や床の上に直接置くなど粗末に扱わないようにしましょう。

次の