教えていただく 類語。 「ご教示」の意味と使い方!例文や類語「ご教授」との違いも解説

「ご教授いただく」の意味と使い方・「ご教示いただく」の違い・類語

教えていただく 類語

「頂く」って何気なくよく使うけど、正しい意味で使えてるのかな…?「いただく」とどう違うんだろう。 「頂く」も「いただく」もビジネスシーンで使い分けることは重要ですが、「どちらを使えばいいんだろう?」と迷ってしまう場合もありますよね。 「頂く」には2通りの意味があり、 1つは「もらう」「食べる」「飲む」といった動詞の敬語表現で、もう1つは「していただく」と他人から動作をしてもらうことです。 ひらがなの「いただく」の場合はどちらの意味でも使いますが、漢字の「頂く」は動詞の敬語表現だけで使われています。 本記事では、「頂く」と「いただく」の違いや、それぞれの使い方と例文、類語について解説します。 この記事を読んでいただければ、ビジネスシーンで「頂く」と「いただく」を適切に使いこなすことができますよ。 ぜひ、最後までご覧ください。 <例文>• お客様からお叱りを 頂戴しました。 お名前を 頂戴してもよろしいですか?• お食事は 頂戴したので、もう。 「頂く」よりもさらに上品な表現や丁寧な表現をしたい場合は「頂戴する」の方を使うようにしましょう。 3-3.「頂く」と「下さる」の違い 「下さる」は「くれる」を丁寧に表現した言葉です。 「物をもらう」という意味で使えるので、その点では「下さる」は「頂く」と共通しています。 また「下さる」には「相手に何かをしてもらう」という意味があるので、その点でも「頂く」と同じです。 ただ「頂く」は「自分が相手に頼んだ結果として、なにかをしてもらう」という意味があります。 対して、 「下さる」は自分が頼んだかどうかに関係なく、単に「相手になにかをしてもらう」という場合に使うのです。 例えば以下のように使われます。 <例文>• 贈り物を 差し上げます。 以前 差し上げたお菓子はいかがでしたか?• 一度食べた物を 戻してしまいました。 気分が悪くなって 戻してしまったようです。 「頂く」の意味によって、反対語が「差し上げる」か「吐く(戻す)」と変わるので、その時の意味によって反対語を必要があります。 まとめ 「頂く」は「もらう」「食べる」「飲む」の丁寧語と謙譲語としての使い方と、「相手に何かをしてもらう」という使い方があります。 「頂く」には、複数の意味や使い方があるため、何を意味しているのかを意識することが大切です。 「頂く」を使うときは、ビジネスシーンで誤解が生じないように、他の似ている言葉と使い分けていきましょう。

次の

「教えていただく」の敬語・類語・使い方・言い方・例文|ビジネス

教えていただく 類語

まずは直接口頭で、教えてもらう際に使う言葉についてご紹介します。 教えてもらうの敬語は「教えていただく」となります。 これがシンプルでわかりやすい言い方です。 どんな相手にも使えるので便利で、一つ覚えておくとどんな場面でも困らないでしょう。 相手に教えてもらうよう頼むなら疑問形になり、「教えていただけませんか?」となります。 例:住所を教えてほしい時 では実際に、住所を教えてもらうときにどういった敬語になるか確認してみましょう。 単純に「教えてもらう」だけを直すのでは不十分です。 住所も丁寧な言い方に直して 「ご住所を教えていただけませんか?」 としましょう。 より恭しく表現したいならば、クッション言葉を使うとよいでしょう。 「恐れ入りますが、ご住所を教えていただけませんか?」 が一例です。 この文型は住所の部分を入れ替えることにより、応用することができます。 名前を教えてもらうなら、「お名前を教えていただけませんか?」です。 和らげる表現、クッション言葉を使ってみよう 敬語を使うとき一緒に使いこなせると便利なのが、「クッション言葉」です。 その名のとおり言葉を受け止めて柔らかくしてくれる表現です。 相手にお願いや言いにくいことを伝える時に使えます。 主に敬語表現の文頭につけて使うことがほとんどです。 今回は特に教えてもらうときに使う、依頼についての表現をご紹介します。 お願いは、ともすれば相手の迷惑になりかねない行為ですので、クッション言葉を用いて少しでも角が立たないようにすると良いでしょう。 「恐れ入りますが、お待ちいただいてもよろしいでしょうか」 「大変申し訳ございませんが、一列でお待ちください」 「お手数ですがこちらの書類に目を通していただけますか」 「ご多忙とは存じますがよろしくお願いいたします」 中には何気なく耳にした表現もあるでしょう。 ご自分の口からも自然に出るようにしておくと、いざというときに役立ちますよ。 「いただく」と「くださる」の違い みなさんのなかに、「教えてくださる」も敬語として正しいのではないか、と思われた方もいらっしることでしょう。 「いただく」も「くださる」も似た場面で使う敬語表現です。 しかし、行為の主体が違うため、異なったニュアンスとなります。 「いただく」、「くださる」の基本語は「もらう」、「くれる」です。 「もらう」は与えられる側、「くれる」は与える側にフォーカスが当たっています。 動詞に付属した際には「もらう」はこちらからの依頼や、命令の意味合いが込められ、「くれる」は、相手が自分の意思でやったことへの感謝のニュアンスが含まれます。 教えてもらうはお願いの表現 ですので、「もらう」の敬語、「いただく」はお願いするとき、「くれる」の敬語、「くださる」は感謝するときに使えます。 こちらから教えてもらうよう頼むのならば、「教えていただく」、となります。 とはいえ、現代ではあいまいになっている部分ではありますので、普段はそこまで気にしなくても大丈夫です。 より丁寧にお願いしたいときや、感謝の気持ちを込めたいときに意識してみるとよいでしょう。 メールで「教えてもらう」と依頼をする場合、口頭とは違った気遣いが必要となります。 相手がどのような表情をしているか分かりません。 間違った伝わり方をしてしまったとしても、すぐ訂正することもできません。 顔が見えない分、より丁寧さが必要となってきます。 もちろん「教えていただきたいです」でも構わないのですが、できればかしこまった表現を使えるとメールの場合は役立つことが多いです。 教えていただきたいです、のランクアップした表現はずばり、「お教えいただきたく存じます」、となります。 です、ます、は口頭では良いのですが文面だけで見るとカジュアルに伝わります。 特に目上の方でしたり、ビジネスの相手の場合は避けた方が良い表現です。 存じます、が望ましいでしょう。 また、ここでもクッション言葉を使うと相手への気遣いを感じ取ることができます。 例えば「ご面倒をおかけし申し訳ございませんが」といった言葉になります。 そこに感謝の言葉を付け加えるのが一番簡単なやり方です。 例えば、「教えていただきありがとうございます」となります。 先輩相手に、もう少し丁寧に敬意を示したい場合は「ご指導いただきありがとうございます」となります。 さらに目上の方に対したときは、「ご助言を賜り誠にありがとうございます」とすればよいでしょう。 教える、という言葉をご助言という、相手のアドバイスを高めた言い方になっています。 「賜る」は「いただく」のより上の言葉となります。 この敬語表現ならば、目上の方に対しては間違いがないでしょう。 しかし、敬語も大切ではありますが、お礼を言う際に重要となるのは感謝の気持ちを心を込めて伝えることです。 感謝の気持ちはどうしたら伝わる? 感謝を伝える際まずはタイミングが大切となります。 お世話になった際、そのすぐ後に感謝の気持ちを伝えることが重要です。 時間がたてばたつほど伝わる印象は薄れてしまいます。 次に必要となるのが具体性です。 教わった点を細かく上げることで、きちんと耳を傾け、受け止めた、と伝えることができます。 繰り返し自分から述べることで、内容確認にもなりますので便利です。 ご助言を賜り誠にありがとうございます」とすると相手を立てる言い方となります。 こうしてきちんとした敬語でもって謝意を伝えることができれば、次の機会も快く教えてもらうことができるでしょう。 「教えてもらう」の敬語の使い方ービジネス編ー 最後に、人生の大半を占めるビジネスシーンでの「教えてもらう」の敬語の使い方をご紹介します。 社内の日々の業務について教えてもらうことに関しては「教えていただく」でも十分です。 ミスをしてしまった時のように、相手への改まった敬意を伝えたいときは「ご指導いただく」がよいでしょう。 さらにその上、となった場合はご助言のように、かしこまった敬語表現があります。 それが「ご教示いただく」です。 教示という漢字を重ねた熟語を使うと固い表現となり、改まったシーンでも通用します。 クッション言葉をつけて敬語にすると、「ご多忙なところ恐縮ですが、ご教示いただけないでしょうか?」となります。 混同しやすい「ご教授」と「ご教示」の使い分け方 教示という言葉とよく混同されるものに、教授があります。 どちらも教えの表現ではありますが、その教えるものの対象が異なる表現となります。 教示の読み下し文は「教えて示す」です。 示す、という言葉は指を差して示す、という意味が含まれます。 目で見て教えてもらうものはわかりやすいです。 ですので、「ご教示」は単純にわかりやすく教えるという意味合いになります。 教授の読み下し文は「教えて授ける」です。 授けるには目上の者が、目下の者へ、利益となる物事を移動させる、という意味が含まれます。 目で見て教える教示よりも、より詳細に伝達をするイメージが強くなります。 ですので、「ご教授」は専門的な知識を必要とする物事を長期間に渡って伝える際にふさわしい表現といえます。 ビジネスには「ご教示」が向いている ビジネスにおいては「ご教示」が向いているといえます。 しかし、大半は物事の手順や方法がわからず教えてもらうことがほとんどでしょう。 その場合は「ご教示」を使うことで教えてもらう相手への敬意を示すことができます。 「ご教授」使うシーンとしては、専門職で、特定の分野について長期間に渡って教わるシチュエーションが考えられます。 専門職でなくても使うときがあるとすれば、異動になった時です。 長い間世話になった相手に敬意と感謝の念を伝える時に、これほどふさわしい敬語はありません。 「ご教授くださり、本当にありがとうございました」と、最後に伝えることができれば、お互いに晴れやかな気持ちで旅立つことができるでしょう。 「教えてもらう」の敬語を使いこなして、成長しよう.

次の

「指導を仰ぐ」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

教えていただく 類語

自分が普段の生活でご教授いただくという言葉を使う場合の主な意味は、教授や専門的な知識を持つ人から学問や知識を教わる際に使う言葉で「ご教授いただく」という言葉自体は謙譲語の一般的な形になります。 他にもご教示という言葉もありますが、ご教授とは違い結婚式の場やビジネスで使うことが多いでしょう。 ご教授いただくという言葉を使う際は学問や専門的な知識を目上の人に教わる際に使うことが多いです。 ビジネスの場合 ビジネスで使う場合はご教示という言葉を使いましょう。 例えば仕事を進める上でわからない点が出てきたり、相手に確認を求める場合はご教示という言葉を使い不明な点を明確にします。 ビジネスでは一度教わったことは二度と教わることができないと考えて教わったことに責任を持ち覚えるようにしましょう。 ご教示という言葉も頻繁に使う言葉ではなく、時と場面を考えて使います。 信頼されるビジネスマンになるにはそれなりの一般常識を身につけておきましょう。 メールの場合 本人がメールを送る場合は相手が誰なのかで、ご教授いただくという言葉になるかご教示いただくになるかが決まります。 ビジネスマンにメールを送る際はご教示いただくになり、専門的な知識を持つ人や学問に関するメールならばご教授いただくという言葉を使いましょう。 どのような相手にメッセージを送るのかを考えて、ご教授いただくという言葉を使います。 もし教えてもらった場合はお礼の言葉を送るようにしましょう。 大学の教授に教えを乞う場合 自分と仲の良い大学の教授でも教えを乞う場合は、「ご教授をくださいますようお願いいたします。 」と使うようにしましょう。 メールでも実際に会話をする際も教えを乞う場合はご教授いただくという言葉を使うようにします。 大学を卒業してから、医学や学問の分野に就職することがあればご教授いただくという言葉を使い、ビジネスではご教示という言葉を使い分けるようにしましょう。 相手に失礼のないように言葉の使い方を間違わないようにします。 ご教授いただくとご教示いただくの言葉の違いとは 自分がご教授いただくという言葉とご教示いただくという言葉を使う場合は、意味自体は変わりませんが、専門的なことや学問的なことなのかビジネス的なことなのかでどちらを使うのか変わります。 ご教示いただく場合もご教授いただく場合も教えてもらうことには変わりがないので、ビジネスならはご教示と使い、専門的なことや学問的なことならばご教授という言葉を使うようにしましょう。 どちらの言葉を使うにも相手にわかりやすい言葉で簡潔に述べることを心がけます。 ご享受という意味はどんな意味なのか? 本人がご享受という言葉を使う場合は、与えられたものを自分のものとして楽しむという意味があるのでビジネスや専門的な知識や学問の場でにはふさわしくないです。 どちらかというと宗教的な意味合いも持つので使う場面も限られてくるでしょう。 ビジネスでも学問や専門的な教えを乞う場合はご教授いただくやご教示いただくという言葉を使い、ご享受という言葉は使わないようにします。 本人がご教授いただくという類語を使う場合は、「ご指南いただく」「ご指導いただく」「ご教示いただく」という言葉を使いましょう。 「ご指導いただく」は目上の人に向けた言葉で「ご指南いただく」はよりかしこまった場で使う言葉です。 また「ご教示いただく」はビジネスシーンなどで使うようにしましょう。 どのような言葉にも類語があるので、その場面に合わせた類語を選ぶ必要があります。 的確な類語を選ぼう どのような言葉にも類語があるので、的確な類語を選んで失礼がないようにしましょう。 自分が相手に教えをこう場合の言葉は相手の機嫌を損ねることや、関係を悪化させることは避けるべきです。 的確な類語を使うことで相手との関係を良好にすることも不仲にさせることも可能になるので、言葉が持つ言霊の力を侮らないようにして類語を選ぶようにしましょう。 ご教授いただくという言葉を使う場合は、他の言葉よりも的確な類語を選ぶ必要があります。 ご教授いただくの敬語って何? 本人が他人に教えを乞う場合、ご教授いただくという言葉を使えばそのまま敬語での表現となります。 そのままご教授いただくとは使わずに「ご教授いただきますようお願いいたします。 」と使いましょう。 ご教授いただくの敬語だけでなく、ご教示いただく場合も「ご教示賜りたく存じます。 」と使います。 より多くの仕事をこなしたり、他人の会話を聞いて敬語を覚えることも考えておきましょう。 物事を教えてもらったらお礼の言葉を伝えよう ご教授いただくという言葉を使う場合は、相手に何かを教えてもらうために使います。 ご教授だけでなく、ご教示でもご指導でも相手に何かを教えて頂いたらお礼の言葉を述べるようにしましょう。 自分が他人に何かを教えていただいて、助かったと感じたらその気持ちを大袈裟にならないように伝えるようにします。 「この度はご教授いただき大変感謝しております。 」と伝えて相手の期待に応えるように努力をしていきましょう。 多くの言葉よりも行動で感謝の気持ちを伝えられるようにします。 相手に教えてもらうことのありがたさを知ろう 本人が「ご教授いただく」という言葉を使う場合は専門的な知識を学ぶことが多いので、教えていただいたことのありがたさを知りながら、その気持ちを伝えることは忘れないようにしましょう。 立場上、仕事の上で教えてもらうことになっても教えてもらう際に誠意のある態度で接することや相手に教えてもらう際の労力などを考慮するようにします。 ご教授いただく場合はそれだけ重要な知識が多いので、自分の知識にした場合ありがたい気持ちを持ちましょう。 自分がご教授いただきたいと言われる立場になればそれだけ多くの地位や名誉を得たことになります。 多くのことを自分の知識にして後輩や年下の人を導けるような存在になり、世の中のことを考えられるような人間になりましょう。 自分の知識を高めることで家族の幸せを得ることや、また病気などに苦しむ人を減らすことにも繋がるのでご教授いただきたいと言われる人物になることが大切です。 学問を極めて孤高の存在になる ノーベル賞や学問で偉大な成果を残せばそれだけ世の中の人のためになります。 自分が後の世代の人たちが暮らしやすいように尽力することや学問の環境を整えるためにも高い学力というものは大きな意味を持つでしょう。 本人が学問を極めることは人の幸せやより多くの人の将来を決めることにも繋がります。 「ご教授いただきたい」と言われる立場になるためには学問を極める必要があるでしょう。 学問や専門的な知識を教わるときに使おう! 「ご教授いただく」について述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。 ご教授いただくとは学問や専門的な知識を教えていただく際に用いる言葉となります。 またご教示という言葉を使う場合はビジネスなどで使うようにしましょう。 自分が学問や専門的な知識を教えていただきたい場合は、「ご教授いただく」という言葉を相手に伝えるようにして、もし相手から知識を得たらそのお礼の言葉を述べるようにします。 メールでも会話でも教授願えたらお礼の言葉を述べましょう。 相手を不快にさせない言葉を使い類語を使う際も適切な言葉を選ぶようにします。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の