筒井道隆 独身。 筒井道隆の現在!結婚,嫁,子供,父は?筒井康隆との関係は?

筒井道隆の現在や結婚した嫁や子供の存在とは?父親とは誰?

筒井道隆 独身

この記事の目次• 筒井道隆のプロフィール 出典: 生年月日:1971年3月31日 出身地:東京都調布市 身長:180cm 職業:俳優 1971年3月31日、 キックボクシングの東洋ミドル級チャンピオンだった風間健さんの長男として生まれた筒井道隆さん。 妹さんが1人います。 趣味は自転車、バイクで、関連雑誌インタビューや表紙に抜擢されることもしばしばあります。 ストレートプレイから音楽劇、時代劇と幅広いジャンルで舞台俳優としても活躍しています。 この僧名「道隆」が筒井道隆さんの名前の由来となっています。 ちなみに、筒井道隆さんは2008年放送のNHK『鶴瓶の家族に乾杯』に出演した際、由来の元となった香川県多度津町少林寺拳法本部の近隣にある、四国八十八箇所の道隆寺を訪れています。 父親の風間健さんは、1965年には少林寺拳法名古屋中央動員を設立し、愛知学院大学・中京女子短期大学で少林寺拳法部を設立しています。 1969年にはキックボクシング東洋ミドル級王者となり、1976年にはフルコンタクト空手初代世界ミドル級王者となっています。 1973年には 風間健名義で芸能界入りをしており、アメリカ映画『ドラゴンを消せ!』に出演、この時にブルースリーさんと親交を深めていたそうです。 また高倉健さんとも同期だったことから、息子の芸能界入りを強く要望したのは、過去の俳優の経験からだったようですね。 1970年4月に千葉真一がアクションスターやスタントマンを育成するために創設したジャパンアクションクラブ JAC にも父親は参加しています。 また、2003年にはモンゴル国OTGONTENGER UNIVERSITYの客員教授にも就任しています。 厳しい父の元で育った 出典: 筒井道隆さんは子供の頃、妹と一緒に映画「火垂るの墓」を観て号泣したエピソードがあります。 感受性豊かな子ども時代だったようですね。 中学時代、成績はあまり良くなかったそう。 また、中2の時に両親が離婚。 妹と一緒に父親に引き取られたという過去があり、実は父子家庭です。 父親に言われて、妹が買物と料理、道隆さんが片付けと掃除を担当していたそうで、 父親が厳しかったので反抗期がなかったとも言われています。 2019年の映画『洗骨』のインタビューで、「親父に対する怒りみたいなものも僕はすごく持っているので、自分に近い部分はあまり考えなくても役にのせやすかったですね」と語りました。 また、父親について「厳しかったですよ。 父が運動をしていたので、 朝4時とか5時にたたき起こされて走らされて、そのあと筋トレ。 それから家のなかと庭の掃除をして学校に行くんです」とも明かしています。 また「怒られることはありましたけど、 家のなかで笑う会話とかは全然なかったですし、とにかく厳しかったので」と父親に厳しく躾けられたことを公表しています。 役者デビューするきっかけは、父親に「 役者になるか、自衛隊に入るか、どちらかを選べ」と言われたことで、本人はデパートにでも就職するつもりで芸能界入りをしています。 芸能事務所に入ってほどなく映画出演の仕事が舞い込み、その作品がデビュー作の『 バタアシ金魚』でした。 2016年、東京都内で行われたフジテレビ系「リテイク 時をかける思い」の制作発表に出席した際、18歳の頃の自分の写真を披露した筒井道隆さん。 「特にやりたいことがなく、父の知人がこの仕事をしていたので始めた。 毎日、監督から台本で殴られて、怖い世界に入ったなあと思った」と当時を振り返っています。 人気出演作品は、木村拓哉さんも出演した『 あすなろ白書』、最高視聴率23. アイドル的な人気を誇り、若い女性向け雑誌のインタビューやグラビアなどにもたびたび登場、役柄の影響から「 女性にモテるが優柔不断な男性」のイメージで話題となっていました。 『ボーダー』、『ゴンゾウ』、『警視庁継続捜査班』などのドラマでは、トラウマを持った登場人物の演技が評価されました。 また、映画『KT』では自らのルーツに戸惑う韓国人ボディガード、『俺は、君のためにこそ死ににいく』での望まない戦争に身を投じる特攻兵など、演技力抜群の俳優に成長しています。 そして演技力はしっかり賞として評価されており、第7回高崎映画祭最優秀助演男優賞、キネマ旬報新人男優賞、第14回日本アカデミー新人俳優賞などを受賞しています。 ドラマ初出演はNHK水曜ドラマ「 愛されてますかお父さん」、数多くのドラマ、映画、旅番組、音楽番組、トーク番組、バラエティ、ドキュメンタリーなど露出の多い俳優でした。 筒井道隆が結婚した嫁とは? 出典: 筒井道隆さんは、女優の夏川結衣さんや田畑智子さんが彼女と噂されていた時期があったようですが、あくまで噂にとどまり、熱愛報道も一切ありません。 現在、相当 ロードバイクにのめり込んでいるそうで、俳優と趣味という、 独身貴族を楽しんでいらっしゃるみたいですね。 モテる要素がたくさんあるのに、何故いまだに独身なのか…これは、いくら調べても出てきませんでした。 また、ご本人はブログもほぼやりませんし、ツイッターもしていないようなので、今の所、結婚していないのは事実のようです。 出典: 以上のことから、筒井道隆さんの嫁については、一切の情報があるはずもないというのが現在の状況です。 職人気質な俳優ということで、 バラエティ出演が殆どないのも、テレビで見かけない要因のようです。 役者の仕事を年の半分にセーブしているにもかかわらず、2016年に久しぶりに連続ドラマ出演後、筒井道隆さんは結構いろんな番組に出演しています。 出典: 2018年には『そろばん侍 風の市兵衛』『ハゲタカ』、2019年ドラマ『集団左遷!! 』『白い巨塔』も出演など、主役ではないものの、かなりちょくちょくテレビに出演しています。 また映画では、2018年『ママレード・ボーイ』、2019年『洗骨』『パラレルワールド・ラブストーリー』などです。 あまり筒井道隆さんを見た記憶が無いという方は、もしかしたら筒井道隆さんの卓越した演技力で別人に見えてしまっているのかもしれませんね。 出典: 俳優業以外では、2019年10月11日には、EX THEATRE ROPPONGIにて、30年目を迎える 朗読劇「ラヴ・レターズ」のイベントにも参加されるようです。 このイベントは2019年10月19日にも、大阪でも開催されます。 また、現在は 声優としての活動も行っているようで、活躍の場が昔より多くなっていることは確かです。 2013年8月には、スイス「オートルート・アルプス」の大会に出場しており、男子完走449選手の内368位で 日本人で初の完走を果たしています。 『名俳優なのになぜ速い? 筒井道隆さんとのふじあざみライン対決』のネット記事では、如何に筒井道隆さんが自転車にのり込んでいるかを詳細に知ることができます。 あまり筒井道隆さんは私生活を明かさない人なので、情報は限られていますが、結構活躍しているようですね。 また、自転車雑誌「 サイクルスポーツ6月号」では表紙を飾ったりしています。 出典: 昔から自転車は好きで、子供の頃にはすでに、東京から名古屋の実家まで1人で百キロ以上走っていたそう。 そんな自転車好きが高じて、 年の後半は殆ど自転車のためにトレーニングをする毎日と言われています。 無類の峠好きらしく、「100km未満は、走った気がしない」、「1ヶ月最低500km、1500kmは乗りたい」と語っています。 その他にも、700kmの道のりを自転車で完走するベトナムのレースに参加するため、 俳優の仕事は年の前半に集中し、後半は自転車レースに集中するといったペース配分になっているそう。 仕事セーブするほど、自転車に熱中しているのがうかがえますよね。 自転車に快楽を感じるようになったのは、 厳格な父親から逃げられる開放感を自転車に乗るたびに感じていたからだそう。 前述の通り、父親とは笑いのある会話などしたことがないと断言するほどの緊張した親子関係だったようですし、元々アウトドアでストレス発散というのが好きみたいですね。 実際、小学生の時に厳しい父から逃れるため、自転車で約350kmも走った経験があるそうです。 「そろそろいい大人なんだから 自分の責任で選択して自分の責任で仕事をこなすべきなんじゃないか」、そう考えたのが30歳半ばくらいだったそうです。 仕事への考え方が変化していき、年の前半に俳優に取り組むようになっているので、消えたとか干されたとか、周囲に思われてしまうのはこの辺りが原因の1つかもしれませんね。 また、 三谷幸喜さんの舞台を見たことで、心に変化が生じたようです。 「僕は映画から入っているので映画がすべてだと思っていて、舞台という選択肢が全然なかったんですよ。 ちょうどドラマ『王様のレストラン』(フジテレビ系)のオファーをいただいたときで、その前に深津絵里さんに『三谷さんの芝居は面白いよ』って言われたんですよ。 それで見に行ってみたらやっぱり面白くて」 と芝居に関しての熱意を語ってます。 趣味を大事にしていることから、仕事は失礼ながら趣味ためのお金稼ぎかと思いきや、俳優としての熱量はまだまだ衰えていないようですね。 今後も演技派の俳優さんとして、様々な作品で筒井道隆さんを見られそうで楽しみです。 まとめ プライベートを明かなさいことで知られている俳優の筒井道隆さんについて、経歴や家族、結婚や嫁情報、現在の活動をまとめてみました。 消えたと噂されることもありますが、かなりコンスタントに映画やドラマ、舞台にと出演されており、むしろ引っ張りだこな印象です。 また、プライベートのロードバイクのために仕事に集中する時はする、セーブして趣味に打ち込む、というオンオフをしっかり切り替えているアスリート俳優であることも分かりました。 今後はもしかしたら、自転車レースで見かけることが多くなるかもしれません。 俳優と自転車、どちらの活躍も期待しましょう。

次の

筒井道隆の現在や結婚した嫁や子供の存在とは?父親とは誰?

筒井道隆 独身

提供 柴門ふみさん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・掛祥葉子) あの「東京ラブストーリー」から29年。 今回のゲストは恋愛漫画の名手、柴門ふみさんです。 最近、令和版のリバイバルドラマが配信され、若い人からも注目を浴びています。 マリコさんとは40年来のお付き合いで、互いの歴史を見守り合う仲。 60歳を過ぎたら好きなことだけしようと思っていたという柴門さんの今に、作家の林真理子さんが迫ります。 柴門:と言われてるけれども、恋愛に対する憧れというか、アンテナは張ってると思う。 だから例の「テラスハウス」みたいな、他人の恋愛をのぞき見する番組はすごく興味を持って見てると思う。 私、犬の散歩で井の頭公園を朝晩2回散歩するんだけど、コロナのときでもイチャイチャしながら歩いてるカップルがけっこういるから、恋愛してる人はしてるという感じじゃないですかね。 林:昔は、彼の家の前で待ってたり、しつこく電話かけたり、みんなやってたような気がするけど、今それをやると「ストーカー」って言われるし、会社の中で上司とか先輩が「可愛いね」とか言うと、「セクハラだ」って言われるし……。 柴門:すごく面倒くさいと思いますよ。 だから社内恋愛がすごく減ってるって。 みんなコミュニティーができてるので、LINEグループの友達同士が告白してフラれたとなると、一気に広がっちゃってそのグループにいづらくなる。 だから告白するのにすごく慎重みたい。 林:それでマッチングアプリに行っちゃうのかな。 話が変わるけど、柴門さんに初めて会ったの、30年ぐらい前? 柴門:林さんと初めて会ったのは、娘が生まれる前だから40年前よ。 林:40年か。 今日、私が美容院に行って「柴門さんとは昔ながらの仲なんだ」と言ったら、そこの美容師さんが「昔の仲間ってどんどんいなくなっちゃうでしょう」って言うから、確かにそうだなと思った。 でも、あのころの人で消えちゃった人って、思い出せないけど誰がいる? 柴門:私たちの同世代では、亡くなられた方も多いわね。 中島梓さんとか如月小春さんとか。 つかこうへいさんも亡くなっちゃったし、最近だと安西水丸さんとか可愛がってくれた方々も……。 運強いね、私たち(笑)。 健康なのね。 林:すごい健康だと思う。 柴門:私はきっと規則正しい生活してるからだと思う。 林:私はそうでもないけど(笑)。 よく飲んで食べ、よく眠る。 柴門:やせちゃダメよ。 林:私がデビューしたころ、もう柴門さんは売れてましたよね。 柴門さんが初めてじゃないですか、男性誌に描いた女性漫画家って。 柴門:初めてじゃないです。 牧美也子先生と里中満智子先生が「ビッグコミック」に描いてたと思う。 林:高橋留美子さんはそのあとですよね。 柴門:高橋留美子さんとほとんど同時期で、高橋留美子さんが「少年サンデー」でデビューした1年後ぐらいに私が「ヤングマガジン」で描いて、当時ヤング誌というのがいっぱい創刊されたんです。 「ヤングジャンプ」「ヤングマガジン」「ビッグコミックスピリッツ」……。 林:そうなんだ。 柴門:「ビッグコミック」系のおじさんの作家はいるし、「少年マガジン」も少年漫画を描く作家はいるけど、大学生とか若いサラリーマン向けの話を描く作家がいなかったんですよ。 だからヤング誌は、読者に近い年齢の作家に作品を描いてもらおうということで、漫研の学生みたいなのに声をかけたんです。 私もバブル採用で採用されて、「ヤングマガジン」で描いたんです。 林:バブル採用って言うけど、才能ない人が採用されるわけないんだからさ。 柴門さんの絵はどこがいいって言われたの? 柴門:絵はぜんぜん下手だったんですよ。 「画力より勢いがあるのがいい」って言われました。 私は浪人生の男の子と年上の女の子のラブコメを描いたんです。 『P.S.元気です、俊平』っていうんですけど、当時ラブコメがわりとブームだったんですよ。 柳沢きみお先生の『翔んだカップル』とか、コメディータッチのラブコメが人気あって、その路線なら私も描けるという感じで、それが運良く当たったんです。 林:「マーガレット」とか、女の子系の漫画誌に描こうとは思わなかったんですか。 柴門:あのころの少女漫画って、10代のうちにデビューしないとダメと言われてたんですよ。 アイドルと一緒で、読者と同じぐらいの年齢で、読者と同じ気持ちになって恋愛を描かなきゃいけないって。 里中満智子先生とか美内すずえ先生とか、16歳ぐらいでデビューしてると思うんですよ。 私が大学の漫研時代に出版社の人に会ったら、「キミは年とってるから少女漫画は無理だね」ってはっきり言われた。 林:昔から思ってるけど、柴門さんって女の作家グループの中にも入らないし、男の人たちの中に一人立って、それがべつに気負ってる感じもなく、サラッとしてて、しかも大ヒットしてて、すごくいい立ち位置ですよね。 柴門:男向けの雑誌に描いてても、男の漫画家たちの仲間に入ってるわけでもないし、漫画家との付き合いはほとんどないですね。 林:いかにもお茶の水女子大出のインテリの女の子がデビューしたという感じで、ストーリー運びが知的だし、心理描写も新しいと思った。 男の子のフワッとした感じなんかも、今の青春小説に通じるみたいな、まだ自分が何者でもない浮遊感みたいなものが当時から出ていて、すごく新しかったような気がする。 柴門:私は青春小説とか児童文学がすごく好きで、そこに描かれている登場人物の男の子に憧れてたから、それを自分の漫画のキャラクターで動かしてたような気がする。 林:柴門さんの好きな男の子って中性的な感じで、筒井道隆が好きだったんですよね。 柴門:ドラマの「あすなろ白書」のころのね。 今でも究極の好みです。 林:あと、藤井フミヤも好きだったのよね。 柴門:秋元(康)さんと対談したときに「藤井フミヤに絶対会ったほうがいいよ。 女を引きつけるフェロモンを出してるから」って言われて、そのとき初めて「フェロモン」という言葉を秋元さんと私との対談で世の中に出したんです。 林:へぇ~、そうなんだ。 柴門:それまではゴキブリのオスがメスをおびき寄せる匂いとしてしか使われてなかった。 林:私、覚えてるけど、フミヤが「車でデート行こう」って言ったら、柴門さんがつっかけみたいな靴をはいてたから……。 柴門:「せっかくのデートなんだから、はきかえておいでよ」って言ったの。 バブリーなエピソードですよね(笑)。 林:いいなあと思った。 フミヤとデートしてるのかと思って。 柴門:いやいや、「あすなろ白書」の主題歌を歌っていただいたので、仕事上のお付き合いです。 林:柴門さんはあのとき時代の先端のいちばんいいところにいたのに、それに浮かれることなく。 柴門:大変だったんです。 子ども2人育ててたから。 林:あれが若いときだったら、フミヤと浮名を流しつつ、筒井道隆のマンションから出てきたり、楽しいこといっぱいあっただろうに(笑)。 柴門:アハハハ。 林:あのとき独身の売れっ子漫画家でイケイケだったら、こんなに長く女性の支持を得られなかったかもしれない。 早く結婚しててよかったよね(笑)。 柴門:よかった。 40代のころは子育てで時間とエネルギーを取られちゃって、ほかのことほとんどできなくて、息子は喘息持ちで体が弱くて、交通事故にあったりして、けっこう手がかかって、高校卒業するまでいろいろ大変だった。 でも、とりあえず結婚したし、よかったなと思って。 娘も結婚して。 林:お孫さんもできて、ついにおばあちゃんになっちゃって、仕事ではまた何度目かのブームが来て、素晴らしいです。 柴門:60歳過ぎたら好きなことだけしようと思ってたんです。 でも、漫画描くこと以外にやりたいことがなくて。 だからいま幸せですね。 やりたいことやってるから楽しいです。 林:『恋する母たち』の連載が終わったら、来年からまた何かやろうと思ってる? 柴門:まだ何も。 この連載を始めたとき、たぶんこれが最後の連載だろうなと思ったの。 年齢的にも体力的にも気力的にも。 林:私も毎回そう思いながらもやっちゃいますよ。 「週刊誌の連載キツい。 これが最後だ」と思いながら。 柴門:60過ぎて女性で週刊誌連載やってるの、高橋留美子さんと私ぐらいじゃないかな。 でも、私より上はバリバリ世代がけっこういて、庄司陽子先生もレディースで連載してるし、里中先生も現役だし。 なんと、わたなべまさこ先生が90歳で新連載始められたって。 林:それはすごいな。 柴門:私たちより年上で活躍されてる方って憧れます。 萩尾望都先生もまだバリバリ現役だし。 林:萩尾望都先生は去年ここに出てくださいました。 ロンドンで展覧会をしたっておっしゃってましたよ。 すごいです。 柴門:私も「できるだけ長く漫画が描ける人生をください」と神さまにお願いしてます。 だって、ほかにないんですもん、やりたいことが。 来年ほんとは海外に行くつもりだったんだけど、コロナの影響で行けるかどうか。 林:どこに行くつもりだったの? 柴門:ヨーロッパに行って美術館めぐりしたいの。 誰か募って。 林さん行きましょうよ。 林:行こう行こう。 気の合う人を誘って行こう。 柴門:『恋する母たち』の連載がほんと大変で、これが終わらないと何もできない。 あと、コロナワクチン開発かな。 林:そうですね。 早く旅行に行ける日が来ますように。

次の

筒井道隆の現在や結婚した嫁や子供の存在とは?父親とは誰?

筒井道隆 独身

筒井道隆の現在や結婚した嫁や子供の存在とは?父親とは誰? 筒井道隆の父親や芸能界デビューのきっかけとは? 筒井道隆さんは俳優として活躍を している方です。 1971年3月31日生まれなので 2018年には47歳になります。 東京都調布市出身で 父親は武道家と俳優のさんです。 「堀越高等学校」を卒業しています。 高校卒業後はすぐに芸能事務所に 入ってその後すぐに映画出演の仕事が 舞い込みました。 デビュー作の映画は 「バタアシ金魚」です。 芸能界に入ったきっかけは父親に 役者になるか自衛隊になるかどちらかを 選べといわれたことがきっかけだったようです。 結果オーライなんでしょうが・・・ 子供の人生を自分の考えた2択にする とはなんともといったところで しょうか。 「あすなろ白書」では主演を演じて 脚光を浴び人気が急上昇して知名度を あげました。 その時代にはトレンディ俳優として 名を馳せていましたが・・・ 三谷幸喜脚本の作品に起用されたこと で頼りないが憎めないお人好しという 役柄も定着しました。 筒井道隆の現在や結婚した嫁や子供の存在とは? 筒井道隆さんはあすなろ白書で主演を 勤めて一気に脚光を浴びた俳優さんです。 あすなろ白書では木村拓哉さんも 出演していましたが・・・ 当時は木村拓哉さんのほうが脇役 でした。 現在・・・筒井道隆さんをあまり テレビで見ることがないような気がする という人が多いようですね。 しかし・・・・ 現在もしっかりと俳優の仕事をこなして 現役で頑張っているようです。 「ボーダー」「ゴンゾウ」 「警視庁継続捜査班」などなど警察 もののドラマに多く出演をしていますし 映画や舞台やナレーションなどでも 活躍をしています。 しっかりとした仕事をこなして俳優と しての地位を確立していますね。 ところで筒井道隆さんの結婚について なんですが・・・・ どうやら現在もまだ独身を貫いている ようですね。 たしかに・・トレンディ俳優といわれて いた阿部寛さんなども結婚が遅かった イメージがありますし・・・・ なかなか理想の女性と出会っていない のかもしれませんね。 筒井道隆さん自身がかなりストイックな 性格ということもあるようなので ついていける女性がいないのかな? 筒井道隆の趣味の自転車がすごい! 筒井道隆さんは自転車が趣味のようで オートルートアルプスのTEAMと〜げ のメンバーとして完走をしています。 オートルートアルプスとは 「世界で最も登り最も過酷な自転車レース といわれていて走行距離は866kmで エベレスト2. 5会行くレベル」 さすが!武道家を父に持つ筒井道隆さん ですね。 なんと筒井道隆さんが日本人初の完走を 成し遂げたそうなんです! スポンサードリンク.

次の