ふるさと納税 わかりやすく。 ふるさと納税とは?仕組みや手続きを日本一わかりやすく解説しました【保存版】

ふるさと納税わかりやすく解説!主婦でも仕組みが簡単に分かる!

ふるさと納税 わかりやすく

ふるさと納税の仕組みとは ふるさと納税とは2008年に新しくスタートし、地方自治体に寄付金を送ることでその地域に貢献できる制度です。 自分が住んでいる地域に限らず、 全国どこの都道府県・市町村でも寄付という形で納税することができるので、自分のふるさとやお世話になった地域の役に立つことになります。 そしてそのお礼品として、野菜やお米、旅行券などのその地域の特産品を受け取り、さらに翌年度の住民税が減税されて安くなるという仕組みです。 納税者の 実質負担が2000円で行うことができ、とても嬉しい制度です。 お得なことばかりに見えますが、損をする条件があります。 損をする場合は 途中退職や所得控除がたくさんあるといった理由で元々の納税額が少ない方や、寄付金控除の上限を超えてしまった場合に該当します。 なので、控除金額と自己負担額について計算する必要があります。 詳しくは総務省をはじめ、さまざまなポータルサイトで簡単に確認できますので、メリットとデメリットを比較してふるさと納税を楽しみましょう。 ふるさと納税 ワンストップ特例の仕組みとは 医療費控除などの確定申告の必要のない給与所得者で、ふるさと納税をする自治体が 1年間で5か所以内である場合、 ワンストップ特例制度が適用になります。 ふるさと納税をした場合、通常は住民税と所得税から控除されますが、ワンストップ特例では住民税からのみ控除されます。 確定申告をする必要がない代わり、ふるさと納税をするたびに専用の申告書を提出することになります。 注意点として、申請後に引っ越した場合は住所変更をその自治体に届ける必要があり、自治体によっては申請書が異なることがあります。 こうした手続きに対応できることが必須になります。 確定申告をせずに翌年度の住民税の減税を受けられるのは大きなメリットですので、適用できるかどうか確認してみましょう。 ふるさと納税で所得税 住民税はどうなるの?その仕組とは ふるさと納税の税金控除には確定申告とワンストップ特例制度の2つの方法があります。 どちらの方法でも基本的な控除額は同じですが、ワンストップ特例制度の場合は住民税の控除のみになります。 なので、住民税と所得税の控除を受けたい方は確定申告することが望ましいでしょう。 仕組みとしては、ふるさと納税の寄付をした後、お礼品と受領書を受け取ります。 そして、ワンストップ特例でなければ確定申告を行い、税務署とお住いの市町村が情報を共有することでその年の所得税の還付や翌年度住民税の減額を受けることができます。 この結果、実質的な負担を2000円でふるさと納税を利用することになります。 ワンストップ特例の場合は、申請書を提出することでふるさと納税先がお住いの市町村に連絡することで翌年度の住民税が控除されるという形です。 納める自治体先が変わるだけでお礼品をもらえるので、とてもお得な仕組みであると言えるでしょう。 ふるさと納税ができるポータルサイトは? 最近話題のふるさと納税ですが、ポータルサイトにそれぞれ特色があります。 基本的にはどのサイトもふるさと納税の仕組みについてわかりやすく説明しており、お礼品についても様々な絞り込み方法があるので調べやすいです。 ですが、扱っている自治体が違い、ポイントやマイルが付くなど特典が異なります。 いくつか人気のあるサイトを比較してみましょう。 総務省のポータルサイト まず、総務省のポータルサイトは、ふるさと納税に関する詳しい内容が記載されています。 仕組みや理念についてはわかりやすいですが、自治体やお礼品の検索がしにくいかもしれません。 ふるさとチョイス ふるさとチョイスは、とにかく自治体数が多いという特色があります。 私の故郷である地方の市町村も掲載されていました。 いろいろなお礼品から選んでみたいという方にオススメです。 さとふる さとふるは、CMでも放送されていて特集が多くて利用してみたくなるサイトです。 無料の会員登録をすれば、配送状況がわかったり、寄付履歴を管理できたり、活用しやすいでしょう。 ANAや楽天 ANAや楽天ふるさと納税は、マイルやポイントが付くので、ポイントを貯めている方は必見です。 今回はほんの一部を紹介しましたが、他にもポータルサイトはたくさんあります。 別の記事でしっかりと比較してみましたのでこちらも御覧ください。 ふるさと納税 仕組み、会社員やサラリーマンが行う方法 ふるさと納税は原則、扶養家族ではなく納税者本人の名義で行います。 したがって一般家庭では会社員が対象になることが多いかもしれません。 年末調整が行われていて確定申告を行わないサラリーマンには、ワンストップ特例制度が便利です。 1年間に5つ以内の自治体であれば利用でき、住民税から減税されます。 方法はそれほど難しくありません。 特定の申請書に記入し、本人確認書類とともに自治体へ送付するだけでできます。 メリットは何より確定申告の必要がないこと、デメリットはふるさと納税をするたびに専用の申請書を書かなければならないことです。 他の控除で確定申告を行う場合や6自治体以上に納税する場合、1月10日の期限を過ぎた場合は、通常の手続きと確定申告が必要になります。 会社員でもネット上で手軽に申し込めるので、一度シミュレーションしてみてくださいね。 ふるさと納税年収によってどれくらい変わる? ふるさと納税には控除の上限額が定められており、家庭の状況によって異なります。 ポータルサイトでは目安となる早見表と、ふるさと納税を行う本人の年収と家族構成だけで簡単に計算できるものと、源泉徴収票や確定申告書をもとに詳細の金額を調べるものがあります。 控除金額の上限を調べたい方はこちらのシュミレーションツールを利用してみるとよいです。 楽天のモデルケースによると、25歳独身で年収300万円の場合は31000円、30代夫婦+小学生1人で年収450万円の場合は46000円、40代夫婦共働き+高校生1人で年収750万円の場合は116000円となります。 家族構成はもちろん、年収によって数万円と大きく変わることが分かります。 早見表によると年収と控除上限額は比例していませんが、場合によっては倍以上の金額となっています。 また、サイトによって金額が少し違い、早見表ともズレがあるのは他の控除の有無が関係しているようです。 正確な金額は各市町村に問い合わせることが良いでしょう。 ふるさと納税の上限 寄付するだけでお得なふるさと納税ですが、寄付金自体の上限はありません。 しかし納税者が得する金額(受けられる寄付金控除)が、収入や他の控除額によって変わります。 年収と家族構成で数万円の差が出ますので、早見表を参考にしてみましょう。 詳しく知りたい方は源泉徴収票を用意し、シミュレーションしてみることをオススメします。 ただし、注意点がいくつかあります。 給与所得者を対象としているので、年金受給者や個人事業主の方には当てはまりません。 また、住宅ローン控除や医療費控除、生命保険や地震保険などの他の控除が加味されていません。 ポータルサイトでの上限金額はあくまでも目安として考え、金額を把握してから納税しましょう。 ふるさと納税を利用した人の声.

次の

ふるさと納税の仕組みをわかりやすく

ふるさと納税 わかりやすく

もくじ• ふるさと納税は「納税」ではなく「寄付」 ふるさと納税は、「納税」するわけではありません。 自分の好きな自治体に「寄付」をする仕組みです。 寄付は、たとえばNPO団体や社会福祉法人などに行った場合にも控除を受けられる場合があります。 ここでは詳しく書きませんので、ご興味のある方は下記の国税庁のページからご覧ください。 そもそも「控除」ってなに? 辞書で「控除」と調べてみると… 節税など税のことを話す際によく使われる「控除」という言葉とは、もともとどんな意味なのでしょう? 辞書を調べてみるとこのように出てきました。 【控除】(金額・数量などを)引き去ること。 (『岩波国語辞典第七版』岩波書店より) もともとあるところから、何かを引くこと。 これがもともとの「控除」の意味ですね。 たとえば収入を得るとかかるのが所得税ですが、収入の全体にかかるわけではなく、一定の金額を引いた金額に対して計算されます。 この 「全体から引く一定の金額」が控除です。 なので、控除が多いと税額も低くなる、というわけですね。 他の控除とふるさと納税の控除を比べると… 他の控除にどのようなものがあるか、表にしてみました。 このほかの控除には、次のようなものがあります。 スイッチOTC医薬品の合計額が1年で1万2千円を超えると、超えた金額について控除されます。 セルフメディテーションについてはに詳細があります。 控除される上限は生命保険料が4万円、介護医療保険料4万円、個人年金保険料控除4万円の合計12万円です。 控除額は最大5万円です。 詳しくはをご覧ください。 いろいろと紹介してきましたが、その他にも政党などに寄付したときの 「政党等寄附金特別控除制度」や企業共済の掛け金が控除になる 「小規模企業共済等掛金等控除」など他にも種類があります。 ふるさと納税は控除額をめいっぱい使える! ここで注目してほしいのは、 控除を受けるための条件がふるさと納税に比べると厳しいことです。 セルフメディテーション税制については年間1万2千円ですが、医療費控除は年間10万円を超えないと控除になりません。 生命保険料や地震保険について控除されるのは助かりますが、この控除を増やすためには契約そのものを見直さないといけません。 しかし、ふるさと納税は 寄付した金額から実質2,000円の負担金を引いた金額がすべて控除になるのです。 医療費控除の10万円、生命保険や地震保険など他の控除と比べると、控除額をめいっぱいまで使いやすいんですね。 つまり、ふるさと納税は寄付すれば控除を増やせるってこと? そのとおりです。 もちろん、上限額はありますので、それについては次のブロックで説明しますね。 ふるさと納税の「控除」はどう行われるの? ふるさと納税では、所得税と住民税を節税することができます。 順に説明していきますね。 ふるさと納税と所得税 所得税は 累進課税、つまり所得が多ければ多いほど税額が多くなる仕組みです。 ただ、所得のすべてに課税されるわけではありません。 所得金額から、先ほどご紹介した「控除」を引いた額に対して税金がかかるのです。 ふるさと納税で寄付したお金も控除になります。 なので、ふるさと納税で寄付をすると、所得税を軽減することができるのです。 所得税の税率についてはこちらの表をご覧ください。 ふるさんが限度額いっぱいの32,000円までふるさと納税の寄付をすると、 所得税を6,000円分節約できたことになります。 ふるさと納税と住民税 住民税でふるさと納税に関わるのは 「基本分」と「特例分」の2つです。 まず基本分から見ていきましょう。 住民税の基本分 基本分は一律10%。 なので計算式は下記のようになります。 住民税の特例分 特例分で税額控除されるのは、実は「寄付した額から、所得税と住民税基本分で節税できた金額を引いた残り」です。 すると、ふるさんのお宅ではふるさと納税による 住民税特例分の節約額は21,000円になります。 少し難しい計算式に見えますが、 ふるさと納税を利用すると寄付金額から2,000円を引いた額がまるまる控除される、ということなんです。 じゃあ、 寄付すればするだけ控除されて税金が安くなるの? とはならないんですね。 「特例分は住民税の所得割額の2割」が上限と定められています。 住民税の所得割額とは、所得に応じて税金が上がっていく住民税のことで、税率は一律10%です。 つまり、 ふるさと納税はすればするほど税金が控除されるわけではなく上限が決まっているということと、その 上限を超えると自己負担の寄付になってしまう、ということです。 寄付には変わりないので「損する」と表現するのは抵抗がありますが、 節税ができてふるさとに寄付ができる、さらに返礼品ももらえる!というのがふるさと納税の醍醐味だと思うので、やっぱり上限額を知っておくことが大切だと思います。 まとめ 参考文献・参考サイト: 『これから始める人のふるさと納税らくらくガイド』(著者:叶温、発行:あさ出版) 最後に ふるさと納税が節税になる仕組みと「控除」について詳しくお伝えしました。 難しい用語がたくさん出てきましたが、 「ふるさと納税の控除には上限額がある」「ふるさと納税の上限額から実質負担となる2,000円を引いた金額がすべて控除=節税になる」ということをわかってもらえたらうれしいです。 ふるさと納税全体の概要についてはをご参照ください。

次の

超簡単に節約できる!ふるさと納税のやり方をわかりやすく解説します

ふるさと納税 わかりやすく

ふるさと納税で節税しましょう ふるさと納税とは地方の自治体に寄付することで、地域の特産品や家電などが御礼でもらえる制度のことです。 返礼品は自治体によって様々。 A5松坂牛:三重県紀北町• BALMUDA:大阪府熊取町• 電動アシスト自転車:静岡県磐田市 上記は一例ですが、食べ物から家電製品までたくさんのものがあります。 ふるさと納税の寄付ってどのくらいかかるの? 「寄付って高いのかな? 」「高い返礼品が多そうだし金額面が不安。 」 そんな疑問を抱く人もいるのではないでしょうか。 しかし、 実際に負担する金額は、2,000円だけでいいんです。 2,000円で松坂牛や電動自転車が手に入るなら、かなりお得な制度ですよね。 ふるさと納税の仕組み! 節税になるの? アナタの負担が2,000円のみで、お好きな品を購入できるとすれば、かなりお得な制度に感じますよね。 しかし、気になるのはどういう仕組みになっているのかという点じゃないでしょうか。 実はふるさと納税をすることで、節税も可能なんです。 仕組みを具体的に見てみましょう。 ふるさと納税の仕組み アナタは自分の所得に伴って所得税や住民税を支払っていますよね。 ふるさと納税を利用すれば、次の年の税金から『寄付金額-自己負担分2,000円』が控除される仕組みです。 50,000円のものを選択し、寄付をした場合は2,000円を差し引いた48,000円が控除・還付されます。 要約すると、『本来収めるべき税金をふるさと納税で納めたので、その分の税金は払わなくても良いよ』ということになります。 つまり負担額が2,000円のみで好きな物の購入が可能になるんです。 定価よりも高めの商品が多いのですが、このような仕組みを理解していれば、かなりお得に商品を手に入れ、節税対策ができます。 お得に利用するには限度額を知ろう ふるさと納税を利用するときに、気をつけてほしい点があります。 住民税や所得税などは自分の所得から算出するものです。 つまり、ふるさと納税で寄付できる金額も、自分の所得から算出されます。 仮に限度額が100,000円の場合はこのようになります。 限度額内で収めれば、2,000円の負担のみで完結しますが、限度額を超えてしまえば超過分の支払いが必要となってしまいます。 限度額内で抑えるのがお得に利用するポイントです。 ふるさと納税で節税するまでの流れ 毎月の給与明細の、差し引かれる税金の額を見るとうんざりしてしまいますよね。 しかし、ふるさと納税のメリットはサラリーマンでも簡単に手続きが可能という点です。 どのような流れになっているのかみてみましょう。 まずは限度額を計算 せっかく行う節税対策なのに、実費分が2,000円を超えてしまったら損をしてしまいます。 上記のサイトで簡単に限度額を調べられます。 だいたい年収が300万の人で3万円以下、500万の人で6万以下の額ですね。 年収が高ければ高いほど、払う税金も多くなってくるのでその分限度額も増していきます。 お得に利用するために限度額以下を心がけましょう。 寄付する自治体を選定する 次に行うのは寄付をする自治体を選定することです。 自治体ごとに様々な返礼品があります。 例えば年収が300万円ほどの場合1〜3万円程度の限度額になりますが、1万円でもたくさんの返礼品があります。 ビール24本• お米15kg• 本たらばがに足 1肩 絶対に2,000円では購入できないようなものがたくさんあります。 節税処理をする 次は自分の地域の市役所に、『寄付金を支払ったから減税してください』といった処理が必要となります。 少し面倒くさい作業のように感じますが、普段確定申告をしている人であれば簡単にできます。 『寄付証明書』という書類がふるさと納税を寄付した自治体から郵送されるので、それを申告するだけです。 普段確定申告をしない人は『ワンストップ特例制度』を使うことがオススメ。 ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても寄付金分を控除できる仕組みのことです。 まず寄付する際に、ワンストップ特例制度を利用したい旨を伝えます。 そして自治体から送られてくるワンストップ特例制度の申請書に、個人情報や本人確認できる運転免許証などのコピーを郵送するだけです。 ワンストップ特例制度を利用するためには、寄付をする自治体が5個以内に収める必要があります。 注意しましょう。 まとめ 以上、ふるさと納税がどのような仕組みになっているのかを紹介しました。 ふるさと納税のシステムさえ理解してしまえば、税金対策にはもってこいの制度ですね。 普段購入しないような高級食材や、実用的な家電など様々な種類のものを手に入れるチャンスです。 是非悩んでいる人も一度検討してみてはいかがでしょうか。

次の