人工 衛星 き ぼう。 JAXA|宇宙航空研究開発機構

NEWS WEB EASY

人工 衛星 き ぼう

GPS衛星の軌道アニメーション 人工衛星(じんこうえいせい)とは、、主にの上に存在し、具体的な目的を持つ。 地球では、ある物体をに載せて(理論上、0 mでは約 7. ただし軌道上を周回し続けていても、目的を持たない使用済みロケットの残骸や人工衛星の破片などはとして区別される。 また、惑星以外の軌道(、)を周回する人工天体はと呼ばれ、一般に区別される。 や、も人工衛星に含まれ、等の人工衛星軌道データに掲載もされるが、これらについて触れる際には人工衛星とは呼ばれないのが一般的である。 人類初の人工衛星は、にが打ち上げたである。 初頭までに、数千もの人工衛星が地球周回軌道に打ち上げられた。 人工衛星の用途は多岐にわたり、一般的なものは、、、、、、、、、などである。 人工衛星は地球を周回する軌道にあるものが大部分であるが、目的でやなどの他の惑星の軌道上にも観測機がいくつか到達しており、各惑星の人工衛星となっている。 これらは惑星の観測を行ったり、などのように他惑星の表面に着陸した宇宙探査機からの各種観測データを地球まで中継送信している。 「」を参照 人工衛星がフィクション内で初めて描かれたのは ()の短編小説、『 ()』である。 この話は にて1869年からシリーズ化された。 この概念が次に登場したのは1879年、の『 ()』である。 これは宇宙船を打ち上げるためのに関する最初の学術論文だった。 また、彼はとの使用を提案した。 1928年、の ()が The Problem of Space Travel — The Rocket Motor(: Das Problem der Befahrung des Weltraums — der Raketen-Motor)を出版し、宇宙旅行と人間の永続的滞在性について述べた。 彼は宇宙ステーションを発想し、ステーションの静止軌道計算を行った。 彼はまた、人工衛星が平和的・軍事的に地上の観測に使用できることを詳細に記述し、宇宙空間の特殊な状態が科学実験に有意であることや、静止衛星を通信などに利用できることについても述べた。 1945年、は雑誌 ()上で、通信衛星を用いたの可能性を詳細に記述した。 また、クラークは人工衛星打ち上げの計画、可能な衛星軌道などについても調査し、3機の静止軌道衛星で地球全体をカバーすることを提案した。 人工衛星の誕生 [ ] スプートニク1号:世界初の人工衛星 中に開発されたのの技術とその技術者たちによって、アメリカとソ連のロケット技術は急速な進歩を成し遂げ、人工衛星が現実のものとなりつつあった。 アメリカ合衆国は、より ()の下、人工衛星の打ち上げを検討してきた。 5月に米空軍のが提出した報告書、「実験周回宇宙船の予備設計」( Preliminary Design of a Experimental World-Circling Spaceship )には「適当な装置を搭載した人工衛星は20世紀の最も強力な科学ツールの一つになりうる」と述べられており 、人工衛星が軍事的重要性を持つとは思っておらず、むしろ科学的、政治的、プロパガンダ的なものと当時見なしていた。 は「私は国内の人工衛星計画を知らない」( I know of no American satellite program)と述べた。 、はの春までに人工衛星を打ち上げると発表した。 これはとして知られるようになる。 同年7月31日、ソ連はの秋までに人工衛星を打ち上げると発表した。 と助手の ()が率いるソ連のが始まり、初の人工衛星「」が打ち上げられた。 スプートニク1号はその軌道変化を分析することによって大気上層の密度の確認に役立ち、電離層の無線信号外乱のデータを提供した。 衛星の機体は加圧された窒素で満たされており、地球に送信された温度データから隕石が機体表面を貫通し、内圧が低下したことがわかった。 これは初のの探知であった。 この突然の成功がにを引き起こし、その後のアメリカとソ連の熾烈なに繋がっていった。 スプートニク1号から3年半が経過した1961年6月、米空軍は ()のリソースを利用し、115の人工衛星の目録を作成した。 宇宙監視網 [ ] 米国宇宙監視ネットワーク SNN は1957年より宇宙天体を追跡しており、2008年現在8,000以上の人工天体を追跡している。 軌道上に存在する人工物は数の人工衛星から5のロケットの部品まで様々である。 これらの7パーセントは運用中の人工衛星であり、それ以外は全てである。 SNNは直径10センチ以上の物体を追跡している。 は主に活動中の衛星に関心を持つが、ミサイルの接近と誤認しないように再突入するであろうスペースデブリも追跡している。 非軍事衛星業務 [ ] 非軍事的な人工衛星の業務は基本的に3種類存在する。 固定衛星サービス [ ] ()は国や大陸をはさんで、特定の地点間の何千億もの音声、動画、データ通信タスクを処理している。 モバイル衛星システム [ ] モバイル衛星システムは辺境にある自動車や船舶、飛行機、人々にナビゲーションシステムとして利用されることだけでなく、世界の違う場所にいる、もしくは他のモバイル・固定通信装置と通信することに使用される。 科学観測衛星(営利・非営利) [ ] :通信衛星 目的による分類 [ ]• - 軍事目的の衛星。 今までに最も多く打ち上げられた衛星。 粒子ビーム兵器、エネルギー兵器、、、または通常などを用いて破壊する。 運営者である政府が情報を秘匿するため、これらの完全な性能が知られることはほとんど無い。 はここに分類される。 - を目的とする衛星。 21世紀初頭の通信衛星は一般的に、、を利用する。 - 地上の放送局から発信された電波を各家庭のアンテナまで中継する衛星。 - 地球、惑星、太陽などの天体や宇宙線、電離層といった宇宙空間の科学観測を目的とする衛星。 - やなどを周回する衛星。 人工衛星と呼ばれることは稀である。 - 環境モニタリングや、といった非軍事的な地球上の観測を目的とした人工衛星。 や、はここに分類される。 を参照。 - 的目的で生物をのせた衛星。 科学衛星には分類されない。 - 地上の携帯型受信機が現在の正確な場所を判明できるように無線報時信号を送信する衛星。 リアルタイムで誤差数メートルのを可能とした。。 それ以外の分類 [ ]• - 小型・軽量の人工衛星。 、、などはほとんどがここに分類される。 新しい分類法ではミニ衛星(500-100kg)、マイクロ衛星(100-10kg)、ナノ衛星(10kg以下)とさらに分けられる。 - 宇宙空間に人間が生存できるよう設計された構造物。 推進・着陸装置が無いという点で他のとは区別される。 - を動力源とする衛星。 宇宙開発初期に、米ソによって複数打ち上げられたが、現在は打ち上げられていない。 ソ連のはカナダに落下した。 - テザーと呼ばれる細いケーブルで他の衛星と繋がれた衛星。 構想 [ ]• - 軌道上でを行い電力をなどで地上に送る衛星。 を参照。 - デブリを除去する目的の衛星。 2020年度を目途にJAXAが開発に乗り出した。 デブリに導電性のテザー(紐)を取り付けて軌道を下げというアイディアが提唱されている(も参照)。 テザーの開発はメーカーのが協力している。 名称は暫定的なものである。 軌道の種類 [ ] 世界初の人工衛星はに打ち上げられた。 現在、この種類のが最も一般的なので、軌道名に地球を省略することが多い。 地球周回軌道はさらに、高度、軌道傾斜角、軌道離心率によって分類される。 中心による分類 [ ]• - の中心を周回する軌道。 地球の太陽はのを周回しているので、この軌道に分類される。 - 太陽の周りを周回する軌道。 太陽系では全ての惑星、準惑星、彗星、小惑星はこの軌道に属する。 人工衛星がこの軌道に入るととも呼ばれる。 - 月のように地球の周りを周回する軌道。 時点で、およそ2465機の人工衛星がこの軌道に存在する。 - 地球の自然衛星である月を周回する軌道。 を参照。 月(平均高度384,403 km、-)を回りながら地球も回る。 - のように火星の回りを周回する軌道。 高度による分類 [ ]• LEO - 高度2,000km以下の地球周回軌道。 国際宇宙ステーションなどはこの軌道に存在する。 MEO - 高度2,000kmから(35,786km)までの地球周回軌道。 HEO - 地球同期軌道より外の地球周回軌道。 軌道傾斜角による分類 [ ]• - 衛星のが惑星の赤道に対して傾いている軌道。 - 惑星の、または極近傍の上空を通過する軌道。 極 - 極軌道に近く、を常に同じ現地時間で通過する軌道。 が常に同じ場所にできるので画像の撮影に便利である。 惑星の自転と同方向に周回する。 惑星の自転方向とは逆向きに周回する。 太陽同期軌道は別にして、燃料の問題で逆行軌道に投入される衛星はほとんど無い。 なぜなら、地球からロケットを打ち上げる際、飛翔体はすでに射場の緯度と同じ自転速度分を得ているからである。 離心率による分類 [ ] 静止トランスファ軌道と静止軌道• - が0で、円の形をした軌道。 - 軌道離心率が0より大きく1より小さい軌道。 楕円を描く。 - 近地点が低軌道上で、遠地点が静止軌道上にある楕円軌道。 - 軌道傾斜角が63. - 軌道傾斜角が63. - 1以上の離心率を持つ。 以上の速度を持ち、天体の引力を振り切る。 - 離心率が1である。 宇宙速度と同じ速度を持ち、地球の引力を振り切る。 速度が増加すれば双曲線軌道になる。 () EO - 物体が宇宙速度で地球から離れていく放物線軌道。 () - 物体が宇宙速度で地球に近づいていく放物線軌道。 周期性による分類 [ ] 静止軌道• - 1日のうちに惑星を何度か周回し、1日後の同じ時刻に元の地表面上空に戻る軌道。 惑星の自転周期が衛星の公転周期の整数倍になっている。 SO - 惑星の自転周期と衛星のが等しい軌道。 地上観測者から見ると衛星は上を動く。 GEO - 地球を周回する同期軌道。 高度約 35,786 km。 地上の観測者からは衛星が空に固定されているように見える。 に因んで クラーク軌道とも呼ばれる。 QZO - 軌道傾斜角とを調節して、赤道から離れた特定地域の上空に長時間留まるようにした同期軌道。 非対称8の字軌道、縦の軌道とも呼ばれる。 - 地球同期軌道の数百km上の軌道。 衛星は任務終了時にここに移動する。 () - 静止軌道・地球同期軌道のすぐ下にあるドリフト軌道。 衛星は東にドリフトする。 () - 火星を周回する同期軌道。 公転周期は火星の(24. 6229時間)と等しい。 () ASO - 火星の赤道上、高度1700kmの火星同期軌道。 地球の静止軌道に相当する。 () - 太陽を周回する同期軌道。 軌道半径は0. 1628で、水星の軌道半径の半分より少し小さい。 SSO - 公転周期が惑星の自転周期の2分の1に等しい軌道。 - 1日のうちに地球を何度か周回し、その日のうちには戻らないが、定数日後に元の地表面上空に戻る軌道。 - 人工衛星の軌道面と太陽光線との角度が常に一定の角度であるような軌道。 太陽光が常に利用でき、地表に対して常に太陽光線の角度が一定なので、に用いられている。 ホーマン遷移軌道(図中2)。 図中1で示される軌道から3の軌道へ、またはその逆に移動する。 擬似軌道 [ ]• - 地上の観測者から見ると、観測者のいる惑星の周りを周回しているように見えるが、実際には観測物体は惑星と ()となっている軌道。 やを参照。 - に到達する予定であったが、速度不足のため落下する軌道。 の類義語。 LTO - を二回使用して円軌道から他の円軌道に移る軌道。 に因んで命名された。 人工衛星の構成 [ ] 人工衛星のシステムは「 衛星系」と「 地上支援系」により構成され 、この二つの間でとが行われる。 衛星系は、その衛星特有のミッションを遂行するための「 ミッション機器」と、、などの基本的な機能に必要な「 」から構成される。 また、地上支援系は人工衛星を追跡し、データを取得して運用・管制を行うための機器からなる。 衛星バス部 [ ] 詳細は「」を参照 TTC系 [ ] TTCとはテレメトリ(衛星の動作状況を地上に送信)・トラッキング(軌道測定用信号の送受信)・コマンド(機器の電源のオンオフ、モード切替などの動作指令)機能のことである。 しかし近年はコマンドは搭載された計算機により自動送信される場合が増えており、TTC系をC&DH系(コマンド・データハンドリング系)と呼ぶようになっている。 電源系 [ ]• 、、、電力制御機からなる。 太陽電池は機体の表面、または太陽電池パドルに装着される。 かつては小型が人工衛星にも使われたことがあるが、現在はほぼが使用される。 また太陽電池を装備せず、のみの衛星も存在する。 宇宙探査機では太陽電池が使えない事があるが、その場合はなど代替の電源を用意する。 姿勢制御系 [ ] 詳細は「」を参照• 計画した軌道に衛星を投入しても、放置しておくと地球のや、による擾乱のために、徐々に軌道が変わっていく。 そのため、を稼働させ、軌道制御を行う。 の場合、偵察のために必要な軌道変更を行うためにも使われる。 の場合、からに軌道変更するためのを搭載するが、それも推進系を構成する。 静止衛星が寿命を全うし、残骸が貴重な静止軌道を占有することがないよう、最後に軌道高度を上昇させるためにも使用する。 周回衛星が、地球に落下するとき、安全な突入軌道にするためにも使用できる。 構体系 [ ] 衛星は打上げ時、分離時に大きな荷重・振動・衝撃を受ける。 よって搭載機器への負担を軽減するように機体を設計する必要がある。 中央円筒型、パネル支持型、トラス型などの構造があり、これらの複合により構成されることもある。 材料としては強度が必要な箇所には、などが使用される。 熱制御系 [ ] 衛星は宇宙空間にて高温から低温の過酷な環境に晒される。 また、真空である宇宙空間ではによるしかない。 そのため、搭載した機器が良好に動作するためには、動作温度に収まるよう上手く設計する必要がある。 実際のとしては、次のような手段を駆使して実現する。 - 断熱材のこと。 熱の出入りを抑える。 - 熱源からの過剰な放熱をラジエータまで伝達する。 - 熱放射器のこと。 - 過剰に冷却されないよう機器を暖める。 静止衛星では、、、、の条件下で、太陽光の当たり具合や、地球からのを考慮しながら、有限要素化した衛星の構造モデルを用いて設計解析する。 ミッション部 [ ] 観測機器 [ ] ミッションを実現するための観測機器。 詳細はそれぞれの人工衛星の項目を参照。 トランスポンダ [ ] は通信・放送衛星の場合搭載される機器。 地上から発射された電波を受信し、周波数変換し、大電力増幅して再び地上に送出するための送受信機。 アンテナ系 [ ] は電波の出入り口で、放送・通信ミッションやレーダー観測衛星で重要な役割を果たす。 地上管制系 [ ] 「」、「」、および「」を参照 人工衛星の任務が終了に近づくと、衛星を現在の軌道から離脱するのか、そのままにしておくのか、墓場軌道まで動かすのかという選択肢がある。 初期の人工衛星は予算的な都合によって軌道変更のための機能を持つことはほとんど無かった。 たとえば、に打ち上げられたは4番目に軌道に投入された衛星であるが、現在も軌道上に存在し、最も長く軌道上に存在する衛星となっている。 現在、気象衛星をふくめ、静止軌道上の衛星は姿勢・軌道制御を行うためにスラスターを搭載している。 スラスターの燃料が切れると衛星は静止軌道を保てなくなるため、寿命末期には静止軌道からさらに高度の軌道()に上昇させ、・廃棄する。 しかし、中には何らかの理由により軌道離脱ができず、と化す衛星もある。 などは、移動ができない古い人工衛星を捉えて落下させるサービスを検討している。 地上にコントロールしがら落下させる際には、南太平洋上にある()に向けて落下させる。 オーストラリアは、アメリカから寄贈されたとアメリカのサポートチームによりを打ち上げた。 イタリアはの訓練を受けたイタリア人チームとともにアメリカのからを使用して打ち上げた。 計画中 [ ]• は2017年6月までに人工衛星バンガバンドを打ち上げる意向。 は通信衛星の製造と打ち上げを中国に発注。 衛星への攻撃 [ ]• 北大リサーチ&ビジネスパーク• マーシャル宇宙飛行センター. 2008年11月21日閲覧。 Everett Franklin Bleiler; Richard Bleiler 1991. Science-fiction, the Early Years. 325. Richard Rhodes 2000. Visions of Technology. 160. 2008年3月6日閲覧。 Alfred Rosenthal 1968. Venture Into Space: Early Years of Goddard Space Flight Center. , , 2008年10月12日閲覧。 David S. Portree; Joseph P. Loftus, Jr 1999年. 2000年9月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年11月21日閲覧。 2008年4月8日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年3月6日閲覧。 Grant, A. ; Meadows, J. 2004. Communication Technology Update ninth edition ed. Focal Press. 284. United Nations. 6 2008年. 2008年3月6日閲覧。 2010年3月15日閲覧。 日刊工業新聞. 2010年3月17日閲覧。 - JAXA• - 日東製網株式会社• James Oberg 1984年7月. Omni Magazine. 42—44. 2008年3月6日閲覧。 鈴木弘一『はじめての宇宙工学』森北出版株式会社、2007年。 SpaceRef. com. 2010年3月17日閲覧。 2010年3月17日閲覧。 AFP 2018年12月1日. 2018年12月1日閲覧。 AFP 2018年4月2日. 2018年4月7日閲覧。 Space. com. 2008年10月2日閲覧。 The Satellite Encyclopedia. 2008年3月6日閲覧。 2013年1月17日 2011年12月2日 時点。 celestrak. com. 2011年12月3日閲覧。 In a difference of first full Bulgarian Intercosmos Bulgaria 1300 satellite, Poland's near first satellite, Intercosmos Copernicus 500 in 1973, were constructed and owned in cooperation with Soviet Union under the same Interkosmos program. 2012年12月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年12月12日閲覧。 Daphne Burleson 2005. Space Programs Outside the United States. Mike Gruntman 2004. Blazing the Trail. American Institute of Aeronautics and Astronautics. 426. Brian Harvey 2003. Europe's Space Programme. 114. 2010年3月17日閲覧。 Dan Morrill. ITtoolbox. 2008年3月25日閲覧。 Press Trust of India. 2008年3月25日閲覧。 Broad; David E. Sanger 2007年. 2008年3月25日閲覧。 Popular Mechanics 2008年. 2008年3月25日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - -• () 外部リンク [ ]• - 現在活動中の人工衛星の軌道を3D表示するサイト NASA• - リアルタイム衛星地上追跡• - 現在活動中の人工衛星。 更新が早い。 - 打ち上げのカレンダー。

次の

人工衛星の位置

人工 衛星 き ぼう

スポンサーリンク 国際宇宙ステーションはサッカー場くらいの大きさ 国際宇宙ステーションはの周りを周回する人工衛星の一種ですが、初めて聞く人にとっては「えっ、人工衛星って肉眼で見えるの?」と驚かれますが、 夕方や明け方の夜空を横切る姿が観られるのです。 しかも通常の人工衛星の明るさは3等級くらいに対して、国際宇宙ステーションは 1等級といった明るさなんですよ。 1等級といったら市街地のような明るいところでも確認できるんです。 国際宇宙ステーションが何故明るいのかというと、他の人工衛星より大きいからです。 それに比べて国際宇宙ステーションは、大きさが 約108. 8mとサッカー場よりも大きな施設となっています。 国際宇宙ステーションはサッカー場よりも大きんだって 国際宇宙ステーションがいかに大きいかお分かりでしょう。 これだけ大きいのであれば明るく光るのは判りますよね。 この機会に明るく輝く国際宇宙ステーションを自分の目で見てみましょう。 そこで国際宇宙ステーションを確認するためにどうしたらいいのか解説しますね。 動画で分かりやすく解説: 人工衛星はいつ頃見えるの? 現在地球を周回している人工衛星は、肉眼で見られるとされる 3等級より明るいもので400個もあるとされていて、上空を見上げていれば1時間に数個の人工衛星を見ることができます。 それくらい簡単に見ることができるんですよ。 天体望遠鏡や双眼鏡なんていらないんです。 人工衛星は何時ころに見えるのかというと、 夕方か朝方に見えることが多いのですが、これは太陽の光と人工衛星の高度によって変わってきます。 その理由は、人工衛星は自ら光ることはほとんどなく、太陽の光を反射して光っているので、地球の影に入れば見ることはでき無いからです。 したがって、真夜中となるとほとんどの人工衛星は地球の陰に入り込んでしまい見ることができないのです。 もちろん昼間のような明るい時には、たとえ太陽光線が人工衛星に当たっていても見ることはできません。 通常は星が見え始める 日没後40分後~2時間(日の出前40分後~2時間)ぐらいが見ごろといわれています。 スポンサーリンク 人工衛星はこんな感じに見える よく夜空を飛行機が点滅しながら移動しているのを見たことがあると思いますが、時には点滅しないこともあり、人工衛星と見間違えることもあります。 しかし人工衛星はその見えかたに特徴があり、注意して見ていれば人工衛星と判断できるでしょう。 それでは人工衛星はどのように見えるのでしょうか 1. 人工衛星はスーと消えたり現れたりする。 人工衛星は地球の陰に隠れたり、影から出てきたりするのでUFOと間違われることもあるようです。 飛行機に比べて動きが遅く、しかも光が点滅することがある 飛行機の高度にもよりますが、人工衛星はほとんどが飛行機より遅く見えます。 また、人工衛星は立方体のものから平べったいものまで形がまちまちで、しかも回転しているものが多く、太陽の光の当たり具合で変わってくるんです。 なので不規則に点滅することが多いです。 燃えているような人工衛星 人工衛星も老朽化するとだんだん高度を下げて、最後には大気圏に突入して燃え尽きます。 ばらばらに分解して燃える様はまるでたくさんの火の玉が降ってくるように見えるそうです。 スポンサーリンク 国際宇宙ステーションは意外と頻繁に観られる では国際宇宙ステーションの「目視予想情報」を流していて、何時どの方向に見えるのか判るようになっています。 また、一般の方からの写真も募集していて、送られてきた写真も掲載されているので参考にして見ると良いでしょう。 写真の撮り方も詳しく書かれているので一度挑戦してみては。 マメにチェックしておけば必ず観られるチャンスは訪れます。 天気さえよければ見ることができますからを参考にして探してみてください。 「宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター」から引用 して日付をクリックすると実際に国際宇宙ステーションが見えるイラストが掲示されます。 尚、目視できない場合はイラストは表示されないので注意してください。 合わせて読みたい: 人工衛星って何故落ちてこないの? 人工衛星は飛行機のようにジェットエンジンを積んでおらず、ほとんど推進力は持っていないのに何年も地球を回り続けることができます。 なぜそのようなことが可能なんでしょうか? それは遠心力と重力のバランスがとれているからです。 つまり地球が人工衛星を引っ張る力(重力)と、人工衛星が地球から逃げ出そうとする力(遠心力)がちょうど釣り合っているからです。 そのような理由から人工衛星の地球を周回する速度は、地上からの高度によって変わってきます。 人工衛星の高度とスピードは以下のように計算されます。 つまりひまわりは地球と同じ角度で回転していることになるのです。 現在構想中のがこの位置になります。 合わせて読みたい記事: このように人工衛星は高度と速度でバランスをとっているのでしばらくは地上に落ちてこないのです。

次の

国際宇宙ステーション きぼう って、肉眼ではどう見えますか?

人工 衛星 き ぼう

半月のそんなに遠くない辺り(西寄りの高い位置。 角度としては地面から70度位といったところでしょうか)に赤と白っぽい光が交互に点滅する物が現れ、3~4分くらいかけて南の方向に流れて行きました。 方向や時間がほぼ合ってるので、きぼう を見た気になっているのですが、赤と白の点滅まではっきり見えるものでしょうか? もしかして飛行機だったのではと自信をなくしています。 いままで、人工衛星を肉眼で見たことはありません。 肉眼で見えたその物体の大きさは、その時見えた明るい星と同じ位に思えました。 人工衛星や国際宇宙ステーションの見え方に詳しい方、よろしければお教え下さい。 よろしくお願いいたします。 人工衛星などが見える場合、人の目にとどくのは基本的に太陽の反射光です。 ISSにライトがついていたとしても、それが見えているわけではありません。 したがって、点滅しているという時点でたぶん違う。 あと、色も、太陽の反射光なので白っぽい色だけのはずで、赤がはっきり見えたとなると、飛行機の可能性が高い。 『-1等星ぐらいの光の点が飛行機のようにすーっと移動していくイメージで見えます。 事前に東西南北方向を確認しておき、どのあたりを通るのかイメージをつかんでおくとよいでしょう。 (飛行機の場合は点滅したり、赤や青のランプを持ちますので区別は付くと思います。 )』 あ、ただし、くるくる自転している人工衛星の軌跡を撮った写真を見たことがありますが、 くるくる回っているために、反射率の高いところと低いところが見えて、写真の上では点線みたいになっていました。 つまり、 その場合、点滅しているように見えるのかも。 だから、人工衛星は絶対点滅しないというと言い過ぎかもしれませんが すくなくともISSはくるくる回ってるわけではないので、点滅しないはず。

次の