バッファロー 中継 器 繋がら ない。 バッファローの無線にwi

どこでも快適のはずが…中継機につながらない!そんな時のトラブル解決方法は?

バッファロー 中継 器 繋がら ない

家では固定ネット回線から無線Wi-Fiルーターを使用し、各端末でネット通信を楽しんでいる方も多いですよね。 Wi-Fiの電波を利用すれば、スマホのデータ量が節約でき、安定してネットに繋ぐことが出来るというメリットがあります。 しかし、家が戸建で広い場合などは、一台のWi-Fiルーターでは、 全ての部屋をカバーできない事もあります。 そんな場合に活躍するのが 無線LAN中継器です。 中継器を使ってネット通信をもっと快適にするために、以下のような事柄でまとめましたので、参考にしてくださいね。 中継器の基本的情報• 実際のおすすめ器種と特徴• 上手な設置方法接続• 接続に問題がある場合の解決方法 この記事の目次• 1中継器でできること Wi-Fiは目に見えない電波を使って、スマホやパソコンなどの 離れた場所にある端末と通信ができてとても便利です。 しかし、家の中には壁や天井など、Wi-Fiを遮る障害物が多くあり、これらの 遮蔽物を隔てるとWi-Fi電波はとたんに弱くなります。 中継器は、弱くなったWi-Fi電波をキャッチし、端末までWi-Fiを届けてくれる役割を持っています。 つまり、 Wi-Fiの届く範囲を広げるのが中継器です。 中継方法には、• 親機のSSIDをそのまま中継する方法• 中継器用のSSIDに端末を接続して使う方法 の2つがあります。 親機のSSIDをそのまま中継する方法だと、 子機の設定をし直さなくても良いメリットがあります。 ただし、親機と中継器のWi-Fiのどちらも届くような所では、 端末がどちらに接続すればいいのか迷ってしまうこともあります。 そのような場合は確実に中継器に繋げるように中継器用のSSIDを端末に設定して繋げます。 引用元: 1. 2中継器のデメリット 親機から出ている5GHzの電波を中継器がキャッチし、同じ周波数帯の5GHzの電波を端末に届けるような方式の場合、 速度が半分になります。 【普通の接続方式】 引用元: 上記の問題は、別々の周波数帯を利用して繋ぐ 「デュアルバンド同時接続 バッファローでの呼び名 」をすれば解決します。 【デュアルバンド同時接続方式】 引用元: 中継器はWi-FiをキャッチしさらにWi-Fiを飛ばすという仕組みなので、どうしても 安定性に欠けるというデメリットがあります。 そのため、可能であれば接続したい端末の近くまでLAN配線工事でWi-Fiルーターをもう一台設置したほうが通信は安定します。 中継器を買ったほうがいい人• おすすめの中継機 をについて解説します。 1購入する際の判断基準は? 中継器の購入を検討する際に最も重要なのは、 家の広さです。 2階建6LDKぐらいの戸建てであれば、中心部に設置すればおおよそWi-Fi親機だけでカバーできます。 しかし、 7LDK以上になると中継器が必要になってくる可能性が高いでしょう。 広さの次に重要なのが、 家の材質です。 家の材質(断熱材にアルミが入っているまたは、鉄筋鉄骨住宅等)によっては、 小さい家でもWi-Fiが届きにくいことがあります。 その際は中継器が有効です。 一般的に家庭用として使う中継器は、ほとんどが1万円以内です。 それほど高価ではありませんが、Wi-Fiの強度を測るアプリなどを使い、 家の中でWi-Fiが届く範囲をきちんと調べてから購入することをおすすめします。 2メーカーごとに器種の差や特徴はあるの? 各メーカーが使っている中継器の技術はほとんど一緒なので、 特にどのメーカーが優れているというものはありません。 そのため、器種ごとの搭載機能やスペックを参考にして選びましょう。 また、親機と中継器のメーカーをそろえる必要はないのですが、相性というものがあり、やはり 同じメーカー同士のほうが繋がりやすい印象です。 メーカー別に選ぶポイントとして、 中継時に通信速度が半減しない方式を選ぶと良いです。 その機能の呼び名ですが、バッファローが「デュアルバンド同時接続方式」、NECが「Wi-Fi高速中継機能」、エレコムが「クロスバンドモード」になっているので、この機能が搭載されたものを購入するのをおススメします。 3実際のおすすめ器種 各メーカーごとのおすすめ機種と特徴を紹介しますので、購入の際の参考にしてくださいね。 4GHz] 300Mbps LANポート 1つ 1000BASE-T 機能 デュアルバンド同時接続 ビームフォーミングなど 価格 Amazon 5,137円• 端末を識別し集中的にWi-Fiを飛ばすビームフォーミング機能搭載• 中継時にスピードが半減しないデュアルバンド同時接続方式• 4GHz] 300Mbps LANポート なし 機能 クロスバンドモードなど 価格 Amazon 5,680円• 最大1300Mbpsという超高速通信ができる• デュアルバンド同時ブーストモード搭載で、中継時の通信速度は半減しない• 本体に付いている3つのアンテナは可動式なので調整も可能• 1Gbpsの有線LANポートもあるのでパソコンを1台有線接続で使うことも可能• また、主な接続手順も紹介します。 1設置場所の正しい選び方 中継器の設置場所は、 親機のWi-Fiがちょうど弱まってくるあたりに設置します。 親機に中継器が 遠すぎても近すぎても意味がありません。 【遠すぎてNGの例】 引用元: 親機と中継器が離れすぎているため、親機のWi-Fiを拾えず 中継器の役割が果たせていません。 【近すぎてNGの例】 引用元: 親機と中継器が近いため、多少Wi-Fiの範囲を広げているものの、 家全体をカバーできていません。 【ちょうどいい設置例】 引用元: 親機のWi-Fi範囲ギリギリに中継器を置くことによって、中継器がうまくWi-Fiを中継し、 家全体をカバーしています。 2中継器の設定・接続手順 中継器の設定は「AOSSやWPS」を使った方法で行うと、親機のSSIDをそのまま引き継ぐため、端末での Wi-Fi設定を変更する必要がなく簡単に出来ます。 メーカーごとに設定方法が微妙に違いますが、おおよそ以下のような手順で行います。 また、機種によっては手動で設定しないといけない場合もあるのですが、メーカーや機種ごとに方法が違うのでメーカーサイトを参照してください。 1全く繋がらない場合 中継器がWi-Fi電波を拾っていないのかもしれませんので、 もう少しWi-Fi親機に近づけてみるなどしましょう。 また、いくら設定してもうまくいかない場合は、 中継器を一度初期化してから再度設定をしてみましょう。 2特定の周波数帯だけ繋がらない場合 Wi-Fiの周波数(2. 4GHzは 電波干渉に弱く、5GHzは 障害物に弱いという特徴があります。 5GHzが繋がらない場合:壁や床の遮蔽物にWi-Fiが遮られている可能性がある• 4GHzが繋がらない場合:電子レンジ、Bluetoothなどで電波干渉を受けている可能性がある 4. 3通信が安定しない場合 通信が安定しない原因として、• 中継器や子機のファームウェアが最新でない• 電波干渉を受けている• 壁や天井などの遮蔽物にWi-Fiが遮られている などが考えられます。 中継器が1台でダメでも2台あれば、1台目をより親機に近づけることができ、親機のWi-Fiをキャッチしやすくなるので、 通信が安定する可能性があります。 また、SSIDを統一してしまうと、中継器より遠い親機のほうに接続してしまうこともあるので、通信が不安定になります。 中継機ごとに専用のSSIDを設定したほうが安定します。 2野外で使う方法はある? 野外用の中継器というものもあります。 たとえば、事務所と工場を繋ぐために、事務所の外壁に送信側無線LANアクセスポイントを設置し、工場の外壁にWi-Fiを受信する中継器を設置します。 ただし、普通の中継器やWi-Fiルーターは野外で使うと 電波法違反になる可能性があるので辞めましょう。 野外用の中継器は電波法違反にならないような周波数帯ですが、普通のWi-Fiルーターや中継器が発する 5GHz帯は野外では使ってはいけないことになっています。 3有線と無線の同時利用はできる? 有線と無線の 同時利用は可能です。 中継器でLANポートがあるタイプであれば、LANケーブルを差し込み有線接続するパソコンと、中継器からのWi-Fiに繋がって通信をするスマホというような使い方ができます。 親機のWi-Fiが届く ギリギリのところに中継器を置くのが上手な利用法です。 中継器にもメーカーごとにいろいろな物があります。 通信速度• デュアルバンド同時接続方式 2. 4GHzと5GHzを同時に使える• LANポートの有無 必要な方 などを基準に選ぶと良いでしょう。 また、Wi-Fiの電波が弱いのには、もともとの光回線に問題があるかもしれません。 その場合は 回線の乗換えが有効です。 簡単な質問に答えるだけですぐに判定をしてくれる便利な診断ツールを用意しました。 ぜひこちらも活用してくださいね。

次の

バッファローの中継機の設定方法、つながらない対策(キホンの基本)

バッファロー 中継 器 繋がら ない

バッファローの中継機 WEX-733Dの設定方法、つながらない対策を説明。 WEX-733DとWEX-733DHPとWEX-1166DHPとのセキュリティの違いも説明。 以下の方法で設定できる(親機が古いとダメな場合がある)。 注意)設定開始前に、必ず中継機「WEX-733D」を RESETすること。 RESETの方法 WEX-733Dには、セットアップ用の無線SSIDが出ている(仕様は非公開)のでスマホでも設定可能• セットアップ用SSIDが出ているので、スマホでも設定可能• セットアップ用SSIDの名前は、Buffalo-G-yyyy と Buffalo-A-yyyy• ( yyyy は、MACアドレスの末尾4桁)• WEX-733Dだけが、他の中継機とは異なる名前体系のSSID• (参考: WEX-1166DHPやWEX-733DHPのセットアップ用SSIDは、! Setup-G-xxxx や! Setup-A-xxxx )• 暗号化キーは無しで open(パスワードなしで自由に接続可能)• 中継機として設定されても、Extenderは出ない。 WEX-733Dの注意すべき仕様(TKIPをサポートしてない)• 親機と中継機とは、同一の暗号化方式で接続する必要がある。 従って、親機が古いルーターの場合には、暗号化方式が一致しないため、WEX-733Dでは中継機設定ができない場合がある。 その対策は以下を参照。 親機が古いルーターで、WEX-733Dを中継機設定する場合の対策• 親機が古いルーターだった場合には、(例:WHR-HP-G300Nなど)• 親機とWEX-733Dとが、ともにサポートしている暗号化方式で接続する。 手順は• 1 親機の無線の暗号化方式をWPA2-PSK(AES)に変更し、• 2 親機のAOSSを削除し、• そのあとで、WEX-733Dの中継機設定(手動)を行なうこと。 つまり、暗号化方式を同じWPA2-PSK(AES)にしてから、中継機の手動設定(自動でなく、手動で)を実施すること。 WEX-733D(LANポートあり)が動作するセキュリティ(暗号化方式)は• WPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(TKIP)• WEX-733DHPS(LANポートあり)、WEX-733DHP(LANポートなし)が動作するセキュリティ(暗号化方式)は• WEX-1166DHPがおすすめ!• WEX-733DHPには、LANポートがないことに注意。 (WEX-733DはLANポート付き) 参考) お疲れさまです。 中継機について初歩的なことで申し訳ないのですが、お聞きしたいです。 ルーター使用で、2FのPCまで電波が弱い。 1Fでも動画の再生が途中で途切れる、速度が遅い、前回FW更新してもあまり改善なかった。 場所の移動できない。 2Fに届けるのに、1Fと2Fの間におけない(コンセントがないので2Fにしか置けない)。 電波の弱い2Fに中継機を置いてもあまり意味がないし、チャンネル変更か。 こういう場合、栗田さんならどうされますか? それと、私自身、中継機についてあまりよくわかっていないので、 中継機をおいて本当に改善されるのかわからないのです。 中継機はそもそもどういうものなのでしょうか? 中継機を置く場所は、どういう所においたらいいですか? それから、 AOSSで設定しても手動で設定してもできない。 設定PCを親機に繋いでいたことがわかり、中継機に繋ぎ直しました。 PC再起動しても設定画面に入れなくて 色々しても設定画面に入れなかったり 設定ができない場合はどうしていらっしゃいますか? >2Fに届けるのに、1Fと2Fの間におけない(コンセントがないので2Fにしか置けない)。 >電波の弱い2Fに中継機を置いてもあまり意味がないし、チャンネル変更か。 >こういう場合、栗田さんならどうされますか? ・親機自体を、買い換える事も選択肢の1つだと思います。 親機の電波が2Fに届いて、中継機が不要になる可能性があります。 ・親機を2Fに続く階段のそばへ移動する。 または 親機にアンテナがあれば、2Fに届くように調整する。 2Fの中継機に電波が届くようになるかもしれません。 ・他の方法はなかなか難しいです。 中継機(WEX)を2台使用しても届くかどうかわかりません。 >中継機はそもそもどういうものなのでしょうか? >中継機を置く場所は、どういう所においたらいいですか? まず、「中継機の設定方法、つながらない対策(キホンの基本)」に追記しました。 それをご覧になってください。 ・中継機をRESETして、PCのIPアドレスを中継機と同じセグメントに固定します。 ・PCのセキュリティソフトを一時的に停止してもらったり、ブラウザのキャッシュを削除してもらうこともあります。 ・別のPCで設定してもらう。 ・PCで入れなければ、別の端末(スマホやタブレットなど)で試してもらいます。 ・iPhoneでダメなら、Androidでとか。 ・StationRadarをダウンロードしてもらうことで、設定画面を表示することもあります。 お役に立てるかどうか不安ですが、よろしくお願いいたします。 サイト内を [検索] 検索: 人気の投稿とページ• カテゴリー・目次• 172• 4 キーワード 機種名.

次の

Wi

バッファロー 中継 器 繋がら ない

Buffaloの無線LANルータは、MANUALとWBにスライドスイッチを設定すると中継器となる。 詳しくはマニュアルを見よう。 中継器利用のポイント4:中継器の独自SSIDを利用するかどうか 中継器を利用してスマホでSSIDを表示すると、SSIDが利用電波帯ごとに2つ表示されることがある。 4GHz帯と5GHz帯があれば、合計4つのSSIDが表示される場合がある。 Wi-Fi中継器全般の基本仕様は、元のSSIDを中継するのが基本だ。 つまり、独自のSSIDは、確実に中継機からの電波とわかるよう用意されているオプションのようなものだ。 ここで紹介しているWEX-1166DHP2は、初期値で独自のSSID(Extender-~)が表示される。 一見複雑そうだが、一旦接続すればあとは自動で切り替わる(ローミングという)ので特段意識する必要はない。 また、オプションを変更すれば独自のSSIDは表示されず、元のSSIDだけが表示される。 この場合でも、自動で無線LANルータに繋がったり、中継器に繋がったりする。 中継器にLANポートがあれば機器を有線でも接続できる。 筆者の場合、2階の中継器に無線LAN機能のないブルーレイレコーダーを有線で接続し、1階のTVで、そのブルーレイレコーダーに録画した番組をネットーワーク経由で視聴している。 おすすめのWi-Fi中継器3種 ここで、筆者のお勧め中継器を紹介しよう。 ・ Buffalo WEX-1166DHP2 5GHz帯866Mbps+2. 4GHz帯300Mbpsに対応した中継器だ。 有線LANのポート 1Gbps も備えている。 机や床に置くこともできるが、コンセント直付けにも対応している。 また、アンテナの向きを変更することで感度を高めることができる。 1つ前の製品WEX-1166DHPでも、性能的には、ほぼ変わらない。 在庫次第といったところだろう。

次の