日本 対 南アフリカ。 ラグビーW杯:壮行試合 日本 vs 南アフリカ

日本と南アフリカの関係

日本 対 南アフリカ

歴史 [ ] 江戸時代(1603年~1868年) [ ] 17世紀中ごろに入植者にはオランダ人によって、長崎の出島から連れてこられたハポンと呼ばれる日本人家族が含まれていたという説がある。 1663年から1666年にかけて、長崎のを務めたことがあるが、ケープ植民地の総督を務めた。 なお、江戸時代の長崎には、オランダ人によって、世界の珍しい動植物がもたらされたが、当時、オランダの支配下にあったケープ植民地からはがもたらされた。 公式記録として残る最初の南アフリカに訪れた日本人は、がに派遣したら6人のたちである。 引率の山内と、留学生の、緒方城次郎、大築彦五郎、田中次郎、小沢清次郎の6人はから、、を経て2年()1月にに到着し、5日間滞在した。 明治維新から第二次大戦まで(1868年~1945年) [ ] 、は「ミカド商会」をに開き、南アフリカで最初に店を開いた日本人となった。 なお、この店は1942年に南アフリカ政府の日本人財産没収によって閉店するまで続いた。 また、1904年には岩崎貫三がに小さな商店を開店している。 1918年に、ケープタウンに日本領事館が置かれた。 1937年には、プレトリアに公使館が設置された。 しかし1942年、第二次大戦により両国の外交関係は途絶した。 第二次大戦終結後(1945年~) [ ] 日本の国際社会復帰後、まず両国の間で領事関係が再開されて、1952年に在プレトリア総領事館が、1964年には在ケープタウン出張駐在官事務所が設置された。 1960年代になると、により南アフリカ連邦には国際的に制裁がかけられていたが、日本はこのころから積極的に天然資源を輸入し始めた。 を有する者は、から、経済上の都合から「 名誉白人」扱いとされていた。 こうした経緯から、南アフリカの白人優位の政治に対する日本の立場には特にアフリカ諸国から非難が相次いだ。 例えば、1983年には在日タンザニア大使の ()が日本の観光客から出る利益が南アフリカのアパルトヘイト政策を強めていると指摘している。 1992年1月、半世紀ぶりに両国の正式な外交関係が再開され、同年2月に、在南アフリカ共和国大使館が開設された。 南アフリカ共和国大使館 [ ] 駐日南アフリカ大使館 [ ]• 住所:東京都千代田区麹町一丁目4 半蔵門ファーストビル4階• アクセス:3b番出口•

次の

ラグビーW杯準々決勝「日本×南アフリカ」20日19時15分開始。NHKとJ SPORTS生中継

日本 対 南アフリカ

:115-62(前半58-35、後半57-27)、トライ数 13-7(6-4、7-3) :185-36(前半98-23、後半87-13)、トライ数 27-3(14-2、13-1) 南アは185点(試合平均46. 25点)と予選プールで。 トライも27(平均6. 75)と最多で、13の日本の倍以上。 攻撃力の差は歴然としている。 一方、日本はペナルティキックでの得点が多く、。 南アの3を大きく上回る。 日本が粘り強い攻守で相手の反則を誘い、そこで得たチャンスを着実に積み重ね、勝利に結びつけてきた様子が垣間見れる。 着実に点を取りに行く姿勢は、トライ後のコンバージョンキックに表れている。 前半後半で見ると、日本は得点がほぼ一緒で、南アは得点が離れて手を緩めた可能性もあるが、後半はやや落ちている。 日本が一試合を通してパフォーマンスを保っていると見ることもできる一方、スタートダッシュに欠けるとも言えるかもしれない。 尻上がりの日本、 スタートダッシュの南ア 次に、試合を20分ごとに4つの時間帯に分け、日本と南アフリカの得点や失点傾向を比較する。 【 前半開始20分】 日本はロシア、アイルランド、スコットランド戦で、いずれもトライで先制点を奪われている。 特にロシア戦は前半5分、スコットランド戦は前半7分に早々の失点。 予選の総失点の約4割に当たる25点が、前半開始20分の間に固まっている。 21得点とオフェンスである程度はカバーしているが、立ち上がりの弱さが課題と言えそうだ。 一方で、予選で最多トライを奪っている南アは、スタートから全開モード。 圧倒的な攻撃力で、格上のニュージーランドも含めて全試合で先制点を挙げている。 8トライ量産で58得点、失点もイタリアにペナルティを許したたった3点。 攻守ともにこの時間帯が最もパフォーマンスが高く、付け入る隙を与えない。 立ち上がりが重い日本は、畳み掛けるトライで一気に勝負を決めにくる南アの猛攻をどれだけ防げるかが、鍵を握ることになる。 【前半残り20分】 前半20分以降は、日本は立ち上がりの悪さを取り戻すかのように集中し始める。 失点は試合全体を通じて最も低く、10点に抑えている。 得点も計37点とトップで、この時間帯は全ての試合で得点を取っている。 コンバージョンとペナルティ合わせて7本のキックを蹴り、ミスはゼロ。 身体が馴染んできたのか、攻守ともに高いパフォーマンスを発揮している。 南アは真逆だ。 序盤のスタートダッシュにほころびが見える。 ニュージーランドに許した連続失点が中心ではあるが、特に前半20分台に集中している。 尻上がりに調子を上げ、この時間帯に最もオフェンス力を発揮する日本にとっては得点チャンスで、試合を左右する山場となると予想される。 元U20日本代表監督で、現在日本ラグビーフットボール協会理事の中竹竜二さんは、日本と南アの特徴を次のように説明する。 「日本チームは立ち上がりは悪いが徐々に相手のペースを掴めると自 分たちの持ち味を発揮するチームです。 過去のワールドカップ大会と比べても、 今年のチームは非常にディフェンスが良くなっただけでなく、攻撃で100点を超えたのは日本ラグビーの中では初。 ディフェンスの特徴は、 低く鋭いタックルと素早く何度も起き上がる粘り強さで、 相手の勢いを食い止めています。 後半になってもその精度が落ちないほど持久力を強化しています。 攻撃は、福岡、 松島といったスピードのある選手を起点に前進し、 テンポよくボールをつなぎ、 パスの技術やステップの巧みさを武器に、 相手を突き放してトライを取ることが特徴となっています」 「南アは、 個々人の体格がよく世界一パワーを有するといわれるほど、 腕力や脚力といった筋力が持ち味。 正攻法でキックを蹴り、敵陣に攻め込み、 力技のモールや体当たりで、トライを量産するチーム。 また、 ディフェンスでは、 一人ひとりのタックルとジャッカルの力強さを武器に一枚岩となっ て圧力をかけ、 相手をパニックに追いやるほど世界的におそられています」 予選プール4試合の得点・失点シーンの一覧は、次の通り。

次の

ラグビーW杯:壮行試合 日本 vs 南アフリカ

日本 対 南アフリカ

歴史 [ ] 江戸時代(1603年~1868年) [ ] 17世紀中ごろに入植者にはオランダ人によって、長崎の出島から連れてこられたハポンと呼ばれる日本人家族が含まれていたという説がある。 1663年から1666年にかけて、長崎のを務めたことがあるが、ケープ植民地の総督を務めた。 なお、江戸時代の長崎には、オランダ人によって、世界の珍しい動植物がもたらされたが、当時、オランダの支配下にあったケープ植民地からはがもたらされた。 公式記録として残る最初の南アフリカに訪れた日本人は、がに派遣したら6人のたちである。 引率の山内と、留学生の、緒方城次郎、大築彦五郎、田中次郎、小沢清次郎の6人はから、、を経て2年()1月にに到着し、5日間滞在した。 明治維新から第二次大戦まで(1868年~1945年) [ ] 、は「ミカド商会」をに開き、南アフリカで最初に店を開いた日本人となった。 なお、この店は1942年に南アフリカ政府の日本人財産没収によって閉店するまで続いた。 また、1904年には岩崎貫三がに小さな商店を開店している。 1918年に、ケープタウンに日本領事館が置かれた。 1937年には、プレトリアに公使館が設置された。 しかし1942年、第二次大戦により両国の外交関係は途絶した。 第二次大戦終結後(1945年~) [ ] 日本の国際社会復帰後、まず両国の間で領事関係が再開されて、1952年に在プレトリア総領事館が、1964年には在ケープタウン出張駐在官事務所が設置された。 1960年代になると、により南アフリカ連邦には国際的に制裁がかけられていたが、日本はこのころから積極的に天然資源を輸入し始めた。 を有する者は、から、経済上の都合から「 名誉白人」扱いとされていた。 こうした経緯から、南アフリカの白人優位の政治に対する日本の立場には特にアフリカ諸国から非難が相次いだ。 例えば、1983年には在日タンザニア大使の ()が日本の観光客から出る利益が南アフリカのアパルトヘイト政策を強めていると指摘している。 1992年1月、半世紀ぶりに両国の正式な外交関係が再開され、同年2月に、在南アフリカ共和国大使館が開設された。 南アフリカ共和国大使館 [ ] 駐日南アフリカ大使館 [ ]• 住所:東京都千代田区麹町一丁目4 半蔵門ファーストビル4階• アクセス:3b番出口•

次の