ナーシング グラフィカ。 ナーシング・グラフィカ 18 基礎看護技術 基礎看護学 第3版 / 志自岐 康子、松尾 ミヨ子 / メディカ出版 【送料無料】【中古】 / 古本、CD、DVD、ゲーム買取販売【もったいない本舗】日本最大級の在庫数

デジタル看護教科書「デジタルナーシング・グラフィカ」新機能追加

ナーシング グラフィカ

病院における活用• 看護手順の更新・マニュアル整備の 稼働を削減 コンテンツは定期的にアップデートされるため、看護手順更新の稼働を削減します。 コンテンツを編集・追加することが可能なため手順以外のマニュアル類を一元管理できます。 効果的な新人看護師教育を実現 動画で実践イメージを掴み、手順の根拠と共に看護技術を学習できます。 管理者はチェックリストやテスト機能を使って個々のレベルを効率的に管理できます。 時間・場所・場面を選ばず活用可能 スマートフォンやタブレットからもアクセス可能です。 看護補助者教育など院内多職種でご利用いただけ、復職支援、医療安全、感染対策の学習ツールとしてもご利用いただけます。 学校における活用• 看護技術を根拠と視覚で学習可能 根拠や注意点も詳細に記載された手順と動画を用いて、確かな自己学習を実現します。 学内演習・臨床実習を強力にサポート 事前に動画で確認することで、手技のイメージをもって演習や実習に臨むことができます。 実習病院の指導者と手順・チェックリストを共有することで、指導・評価基準を一致させることができます。 時代に合った学習・教育環境を提案 インターネットがつながれば施設外(スマートフォンやタブレットから)でもアクセスできます。 教員は学生の学習状況やテスト結果を簡単に確認・管理ができます。

次の

‎「デジタル ナーシング・グラフィカ」をApp Storeで

ナーシング グラフィカ

商品詳細• 中古品ではございますが、良好なコンディションです。 決済はAmazon Payがご利用可能です。 万が一品質に不備があった場合は、返金対応します。 クリーニング済み• 商品画像に「帯」が付いているものがありますが、中古品のため、実際の商品には付いていない場合がございます。 配送について• 通常24時間以内に出荷可能です。 送料無料。 メール便または宅配便にて出荷いたします。 商品状態の表記について 非常に良い 使用されてはいますが、非常にきれいな状態です。 書き込みや線引きはありません。 良い 比較的きれいな状態の商品です。 ページやカバーに欠品はありません。 文章を読むのに支障はありません。 可 文章が問題なく読める状態の商品です。 マーカーやペンの書込がある場合があります。 商品の痛みがある場合があります。 買取情報• キャンペーン情報• ただいま、しおり・カレンダーをプレゼントしております。 お支払いについて• Amazon Pay: 各種クレジットカードがご利用いただけます。 楽天ペイ(旧:楽天ID決済): 各種クレジットカードがご利用いただけます。 いつもの楽天IDとパスワードを使ってスムーズなお支払いが可能です。 楽天ポイントが貯まる・使える!「簡単」「あんしん」「お得」な楽天ペイをご利用ください。 copyright by もったいない本舗. All rights Researved.

次の

看護教科書アプリ「デジタル ナーシング・グラフィカ」500校以上で導入

ナーシング グラフィカ

詳細情報 タイトル ナーシング・グラフィカ 著者標目 著者標目 著者標目 出版地(国名コード) JP 出版地 吹田 出版社 メディカ出版 出版年月日等 2009. ナーシング・グラフィカ. 看護学概論contents• はじめに iii• 本書の特徴 v• 1 看護実践の基礎• 1 1-1 看護への導入• 1 1-1 1 専門職としての看護師 2• 1 1-1 1 1 看護とその責務 2• 1 1-1 1 2 看護学教育 3• 1 1-1 1 3 看護の広がり 3• 1 1-1 2 看護のねらい 4• 1 1-1 2 1 看護とは 4• 1 1-1 2 2 看護の役割 6• 1 1-1 3 実践科学としての看護 9• 1 1-1 3 1 看護過程 9• 1 1-1 3 2 理論,研究,実践 10• 1 1-1 3 3 看護技術の科学的検証 11• 1 1-1 3 4 エビデンスに基づく看護 12• 1 1-1 4 看護実践のための教育の準備 13• 1 1-1 4 1 看護教育制度 13• 1 1-1 4 2 教育の形態 15• 1 1-1 5 専門職としての看護組織 16• 1 1-1 5 1 日本看護協会 16• 1 1-1 5 2 日本看護系大学協議会 17• 1 1-1 5 3 国際的組織:国際看護師協会 17• 1 1-1 6 看護実践のための基準 18• 1 1-1 6 1 免許と看護業務 19• 1 1-1 6 2 看護業務基準 19• 1 1-1 6 3 看護者の倫理綱領 19• 1 1-1 6 4 指針・ガイドライン 21• 1 1-1 6 5 米国における看護の基準 22• 1 1-1 7 看護サービスに対する評価 23• 1 1-1 7 1 看護サービスの評価の方法 23• 1 1-1 7 2 診療報酬による評価 24• 1 1-1 7 3 医療機関の第三者評価 29• 1 1-1 8 看護の変遷と21世紀に求められる看護 30• 1 1-1 8 1 看護の変遷 30• 1 1-1 8 2 21世紀における看護のあり方 42• 1 1-1 9 国際看護 52• 1 1-1 9 1 国際保健・看護とは何か 52• 1 1-1 9 2 開発途上国の健康問題 54• 1 1-1 9 3 国際機関の動き 56• 1 1-1 9 4 わが国の実施する国際協力活動 59• 1 1-1 9 5 国際協力を行う看護職に求められるもの 60• 1 1-1 10 災害看護の基礎 61• 1 1-1 10 1 災害看護の必要性 61• 1 1-1 10 2 災害の定義 61• 1 1-1 10 3 災害の分類 62• 1 1-1 10 4 災害医療と災害拠点病院 62• 1 1-1 10 5 災害看護とは 63• 1 1-1 10 6 災害サイクルと必要とされる看護 63• 1 1-1 10 7 災害看護に必要な知識と技術 65• 1 1-1 10 8 災害と法律 67• 1 1-2 健康と病気におけるウエルネス 安寧 の促進• 1 1-2 1 健康,病気,ウエルネス 安寧 の定義 74• 1 1-2 1 1 健康 74• 1 1-2 1 2 安定性としての健康-環境との相互作用 76• 1 1-2 1 3 実現性としての健康-人間の可能性の実現 77• 1 1-2 1 4 実現性と安定性としての健康 77• 1 1-2 2 健康と病気 78• 1 1-2 2 1 健康と病気のモデル 78• 1 1-2 2 2 健康と病気の統合 79• 1 1-2 2 3 健康と病気に影響する要因 80• 1 1-2 2 4 健康の増進と病気の予防 82• 1 1-3 保健,医療,福祉システム• 1 1-3 1 保健,医療,福祉の概念 86• 1 1-3 1 1 保健の概念 87• 1 1-3 1 2 医療の概念 87• 1 1-3 1 3 福祉の概念 88• 1 1-3 2 保健・医療・福祉サービス提供の場のタイプ 89• 1 1-3 2 1 保健サービスの場 90• 1 1-3 2 2 医療サービスの場 95• 1 1-3 2 3 福祉サービスの場 96• 1 1-3 3 保健・医療・福祉チーム 97• 1 1-3 3 1 保健医療福祉チームの必要性 97• 1 1-3 3 2 チームの中における看護者の役割 97• 1 1-3 3 3 多職種で取り組む保健・医療・福祉 100• 1 1-3 4 保健・医療・福祉におけるケア提供の経済 105• 1 1-3 5 保健・医療・福祉におけるケア提供の動向と課題 107• 1 1-3 5 1 自己ケア 107• 1 1-3 5 2 コンシューマ・ムーブメント 107• 1 1-3 5 3 クリニカルパス 108• 1 1-3 5 4 日帰り手術 108• 1 1-4 看護における法的側面• 1 1-4 1 法の概念 112• 1 1-4 1 1 看護と法 112• 1 1-4 1 2 法と規範 114• 1 1-4 1 3 法と道徳 114• 1 1-4 1 4 法の形からの分類 115• 1 1-4 1 5 法の役割による分類 119• 1 1-4 2 看護実践の職業的および法的規則 120• 1 1-4 2 1 保健師助産師看護師法 120• 1 1-4 2 2 主な関連法規 123• 1 1-4 3 医療事故における法的責任 124• 1 1-4 3 1 法的責任 124• 1 1-4 3 2 看護記録の位置づけ 128• 1 1-4 3 3 看護職の賠償責任保険 128• 1 1-4 3 4 安全管理に関する厚生労働省の取り組み 128• 1 1-4 4 看護実践に影響を及ぼす法律 131• 1 1-4 4 1 患者を守る医療現場の安全・健康 131• 1 1-4 4 2 看護師が働く場としての安全・健康 131• 1 1-4 4 3 環境への影響を配慮した医療の安全・健康 132• 1 1-4 4 4 報告義務 132• 1 1-4 4 5 物品の管理 133• 1 1-5 看護における倫理と価値• 1 1-5 1 看護における倫理の必要性 138• 1 1-5 1 1 法的責任と倫理 138• 1 1-5 1 2 看護実践における倫理 140• 1 1-5 2 価値 140• 1 1-5 2 1 個人の価値 141• 1 1-5 2 2 専門職の価値 141• 1 1-5 3 看護倫理とは 142• 1 1-5 4 道徳的ジレンマと倫理的課題 143• 1 1-5 4 1 日常のケア場面における倫理的課題 143• 1 1-5 4 2 先端技術医療における倫理的課題 143• 1 1-5 5 倫理的課題への対応 144• 1 1-5 5 1 倫理的意思決定能力と行動力 144• 1 1-5 5 2 倫理的判断に必要な基本的知識 看護倫理で活用する判断基準 145• 1 1-5 5 3 倫理的看護実践のための枠組み モデル 151• 1 1-5 5 4 症例にみる倫理的意思決定の例 152• 1 1-5 6 倫理的看護実践を行うために必要なこと 156• 1 1-5 6 1 倫理的意思決定能力の向上 156• 1 1-5 6 2 倫理的看護実践を支援する組織のシステム 157• 1 1-6 看護実践のための理論的根拠• 1 1-6 1 はじめに 160• 1 1-6 1 1 理論に先立つ看護の実践 160• 1 1-6 1 2 看護理論とは 160• 1 1-6 2 看護理論の分類 161• 1 1-6 2 1 大理論 広範囲理論,看護モデル,概念モデル 162• 1 1-6 2 2 中範囲理論 162• 1 1-6 2 3 小理論 162• 1 1-6 3 看護理論の変遷 163• 1 1-6 3 1 ニード理論 163• 1 1-6 3 2 相互作用理論 人間関係論 163• 1 1-6 3 3 システム理論から全体性理論へ 164• 1 1-6 3 4 ケアリングの理論 165• 1 1-6 4 さまざまな看護理論 理論家別 165• 1 1-6 4 1 ナイチンゲール 165• 1 1-6 4 2 ヘンダーソン 167• 1 1-6 4 3 オレム 168• 1 1-6 4 4 ウィーデンパック 170• 1 1-6 4 5 トラベルビー 172• 1 1-6 4 6 ロイ 174• 1 1-6 4 7 M.ニューマン 176• 2 看護の対象• 2 1 統合体としての人間 186• 2 1 1 人間の生物学的基盤 186• 2 1 2 人間 生物体 の発達の特性 188• 2 1 3 動機づけられる存在 ニーズをもつ存在 189• 2 1 4 成長・発達する存在 190• 2 2 個人,家族,コミュニティ,地域社会 190• 2 3 健康障害をもつ対象の理解 192• 2 3 1 対象理解と看護アセスメントの枠組み 視点 192• 2 3 2 健康障害とその影響 192• 2 4 ストレスと適応 195• 2 4 1 ホメオスタシス 195• 2 4 2 ストレスと適応の基本概念 196• 2 4 3 ストレス・コーピング 198• 2 4 4 ストレス軽減を促進させる看護活動 200• 3 ライフサイクルと健康• 3 1 成長・発達の概念 210• 3 1 1 人間の成長・発達の特質 210• 3 1 2 発達理論の概観 210• 3 2 小児期から成人期の概念 214• 3 2 1 小児期 乳幼児~学童期 214• 3 2 2 思春期・青年期 216• 3 2 3 成人期 217• 3 3 老年期の概念 219• 3 3 1 老年期 219• 3 3 2 喪失,悲嘆と死 220• 4 看護過程 nursing process• 4 1 看護過程とは 224• 4 1 1 看護過程と専門職としての看護 224• 4 1 2 看護過程発展の歴史 224• 4 1 3 看護過程:五つのステップの順序と定義 225• 4 1 4 看護過程の役割と意義 226• 4 2 看護実践における看護過程の展開 227• 4 2 1 看護過程の五つの要素を正確に理解する 227• 4 2 2 優先順位のつけ方 229• 4 2 3 記録の書き方 229• 5 看護ケア 看護援助 の基本的役割• 5 1 コミュニケーターとしての役割 232• 5 1 1 患者と看護師のコミュニケーション 232• 5 1 2 コミュニケーション過程の構成要素 233• 5 1 3 コミュニケーション過程に必要な看護師の能力 235• 5 1 4 コミュニケーションのタイプ 236• 5 1 5 看護理論家たちにみるコミュニケーション 237• 5 2 教育者およびカウンセラーとしての役割 238• 5 2 1 看護ケアの教育的側面 238• 5 2 2 教育者としての役割 239• 5 2 3 カウンセラーとしての役割 240• 5 2 4 支援者,代弁者としての役割 241• 5 3 研究的取り組み 242• 5 3 1 EBM,根拠に基づいてケアを行う 242• 5 4 看護診断を行う責任 246• 6 看護における基本的援助技術• 6 1 看護行為に共通する援助技術 250• 6 2 健康的な日常生活行動を促進する援助技術 252• 6 3 生命活動を支える技術 253• 6 4 治療・処置に伴う援助技術 253• 6 5 特殊な状況下における援助技術 254• 7 看護ケアのマネジメント• 7 1 看護のマネジメント 258• 7 1 1 看護のマネジメントとは 258• 7 1 2 マネジメントの対象となる資源 258• 7 1 3 看護のマネジメント・プロセス 260• 7 2 質の高い看護ケアを行うために 263• 7 2 1 医療サービスの質が問われるようになった経緯 263• 7 2 2 医療サービスを向上させる経営手法 263• 7 2 3 看護サービスの質保証の考え方 264• 7 2 4 クリニカルパス 265• 7 3 医療安全への取り組み 266• 7 3 1 人は間違いを避けられない 266• 7 3 2 医療事故発生への危機感 267• 7 3 3 ヒヤリ・ハットレポートの重要性 268• 7 3 4 事故防止に役立つチェックシステム 268• 7 4 病院組織とリーダーシップ 270• 7 4 1 病院組織の成り立ち 270• 7 4 2 組織における専門職の協働 270• 7 4 3 リーダーシップとは何か 271• 7 4 4 リーダーシップのスタイル 271• 7 4 5 組織文化とマグネット・ホスピタル 272• 7 5 統合していく力 273• 看護師国家試験出題基準 平成15年版 対照表 276• 索引 278.

次の