イラスト 構図 講座。 非デザイナーのためのデザイン講座「構図が と言われるものの正体?」のフリーイラスト画像素材【商用無料】

【漫画・イラスト】魅力ある構図の作り方!実践的な例11パターン

イラスト 構図 講座

本講座は、フォトグラファー・映像クリエイター・イラストレーターの方々のための構図や演出方法講座です。 「写真をとってもイマイチパッとしない、個性が出ない…」 「構図のとり方がわからなくて感覚で行っていた…」 「なんとなく見栄えがしないが、どうしたらいいのかわからない」 そんな方々必見です! 本講座では、漫画やアニメーターに始まり、フォトグラファーの講師が、実際の作品をもとに、構図のとり方、魅せ方を伝授! 日常を描く構図、アクションや迫力を感じる構図、ホラーなど異常さを感じる構図、構図による主観や客観効果など描きたいシーンによって効果的な構図のとり方が学べます。 また、構図による立体的な表現方法や視線誘導などもお伝えします。 2 <ワーク>実際に演出してみよう! 写真や映像系・漫画やイラスト系にわかれて、実際に構図演出をしていただきます。 ・視線誘導が行え、構図演出による効果が理解できます。 ・写真や映画などの映像、イラストなど幅広いメディアの構図について学べるので、それぞれにおける構図演出が理解できるようになります。 ご確認の上、開催3日前までにお手続きをお願い致します。 (クレジットカード決済またはコンビニ決済) お支払いがいただけない場合は、お席の確保は出来かねますので、ご了承ください。 開催人数に達しなかった場合は、開講見合せとなります。 遠方からお越しの場合は、事前にご連絡いただけますと お申し込み状況をお伝えすることは可能です。

次の

イラストが映える黄金比は存在する!覚えておきたい構図の基本3選

イラスト 構図 講座

この記事の目次• 人体や背景の描き方など基本はもちろん、涙の描き方や岩の描き方、パーカーの描き方などかなり細かいところまでフィーチャーして描き方を学べる良サイトです。 本や画像じゃ伝わらなかった筆の動きまでしっかり勉強できるんですね。 でもさすがにこいつは有料。 こちらもさらっと眺めるだけで知識がつきそうな感じですね。 もちろんお金払ってでもしっかり学びたい!って人は有料会員になるといいでしょう!月謝制もあるみたい。 目の描き方や服の描き方、髪の描き方など王道ポイント丁寧に教えてくれます。 さらにそれだけじゃなく、マンガの演出方法や漫画家さんへのインタビュー記事なども掲載されています。 実用的な内容が多く、すぐに試してみたくなるテクニックが学べます。 通称ひとかく。 僕の中ではレジェンドオブお絵かき講座サイトです。 まず歴史が違う!ヒトカクは、少なくとも僕が熱中して見ていた10年くらい前には既に存在していました。 きっと作者さんがとても心優しい方なのでしょう。 文章がとても優しく、教え方も丁寧! ど素人だった僕でも理解しやすかったです。 あと、ちょこちょこお茶休憩を挟んでくる感じも温かい。。 人体の基本は網羅してますのでがっちり学べます。 (サイト自体が古いので少し見づらいかも・・・。 でも内容は上質です) ちなみに本も出てます!kindle版もあるので是非!.

次の

【イラスト上達テクニック】構図でイラストの魅力を伝えよう!

イラスト 構図 講座

STEP2: キャラクターを配置する 次に、キャラクターを配置していきます。 キャラクターを配置する上で注意すべき点は、棒立ちにならないことです。 できるだけキャンバスの縦・横の線に沿っていない動きをつけるようにしましょう。 例1 この絵ではキャンバスが縦長なので、キャラクターをS字にしています。 例2 キャンバスを縦に割った場合、以下のようにキャラクターが垂直になり動きをつけることが難しくなってしまします。 こういった場合には、キャラクターを斜めに配置して動きをつけると良いでしょう。 例3:キャラクターをS字に配置したイラスト このイラストは、例1と同じようにS字にしてあります。 S字にすることによって女性らしさも表現できます。 STEP3: キャラクターを描く 次に、キャラクターを描いていきます。 ここでは、キャンバスから頭をまっすぐに描かないことがポイントです。 まず、頭に角度をつけましょう。 さらに、手や足などを曲げることによって動きをつけていきましょう。 キャラクターを以下のように塗りつぶした際に偏(かたよ)りが出るとバランスが悪いので、体を左に持ってくるなら足を右側に持ってくるなどの工夫をしましょう。 次にスカートを描いていきます。 「ピタっ」としたものを描くのではなく「フワッ」としたスカートを描くと動きが出やすくなります。 こまめにキャンバスを反転させてバランスをチェックしましょう。 STEP4: 小物と背景を描く ここでは、小物などを加えて絵本のような可愛らしさをつけていきます。 空きスペースやスカートの部分に置いていくのがオススメです。 小物はイラスト全体の密度を増すことを意識しつつ描いていきましょう。 また、レイヤーを分けながらやるといいでしょう。 小物はテーマにそったものを入れていきましょう。 今回の場合は蜂蜜の匂いにひかれた蝶々などを描きました。 連想ゲームのようにして考えると楽しいです。 小物を描く時は小物にも角度をつけることがポイントです。 こちらでおおまかなラフの完成です。 STEP5: 二次ラフを描く おおまかなラフから二次ラフを描いていきます。 顔が重要になってくるので描く際は反転などして、バランスをチェックしながら描いていきましょう。 一次ラフではおおまかな服の形のみだったので、二次ラフでは服の設定をきちんと決めていきます。 小物も微調整しながら描いていきましょう。 この時にレイヤーを分けておくと便利です。 一次ラフから二次ラフに描き起こした際に何か物足りないと思ったら、背景にリボンなどを配置して絵本のようにするのもオススメです。 以上で、「イラストの構図の取り方講座」は終了です。 また、動画講座では実際に描いていきながら解説を行っていますので、記事よりも更に理解しやすくなっています。 ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の