アリオン カスタム。 【楽天市場】ブランドで探す > TOYOTA

アリオン T260系 カスタムまとめ

アリオン カスタム

トヨタ「オーリス(AURIS)」は、1760mmのワイドな5ドアハッチバックモデル。 今回、マイナーチェンジを行った。 ラインアップは、6速マニュアルトランスミッションを搭載した「RS」、1. 8L搭載の「180S」、1. 5L搭載の「150X」、さらに「150X Cパッケージ」と、フォグランプや16インチアルミホイールを装着した「150X Sパッケージ」の2つのパッケージを用意。 また、トヨタ自動車初の1. 2L直噴ターボエンジン(8NR-FTS)を搭載した「120T」を新たに設定。 エクステリアでは、ヘッドランプを強調するメッキモールを配したアッパーグリルやバンパーコーナー部まで開口を広げたフロントロアグリル、水平基調のリヤバンパーなどにより存在感を強調したほか、全長を55mm拡大。 「RS」は専用デザインとし、ハニカムタイプのフロントグリルや、スポイラー(フロント・リヤバンパー)、サイドロッカーモールなどエアロパーツを採用。 インテリアでは、ピアノブラックとサテンクロームメッキ加飾によりコントラストを強調したセンタークラスターと、各グレードの個性にあわせた4種類の加飾を施したインストルメントパネルを立体的に配置することで、上質かつ先進的なイメージを演出。 メッキリング加飾を立体化した2眼コンビネーションメーターは、4. 2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせた。 「120T」は、シリンダーヘッドと一体化したエキゾーストマニホールド、可変角を拡大したVVT-iW(吸気側)、先進の燃料噴射システムD-4T、アイドリングストップ機能(Stop&Start System)などの燃費向上技術も採用。 滑らかな風合いのウルトラスエードと本革・合成皮革を組み合わせた専用シート表皮や、専用の木目調インストルメントパネル加飾を採用し、シートヒーター(運転席・助手席)、自動防眩インナーミラー、クルーズコントロールなどを標準装備。 レーザーレーダーとカメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能にした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を設定(1. 2Lターボ車、1. 8L車に標準装備、1. 5L車にオプション設定)。 出典:.

次の

プレミオ・アリオンのカスタム

アリオン カスタム

セダンとしては車体サイズは少し小さめかな。 前車のカリーナと比べると全長は30mm、前高は60mm高くなっています。 アリオンはその車体サイズがゆえに運転がしやすい車です。 小回りもききますし、機械式駐車場も使えます。 排気量も1200cc~2000ccですし燃費もいいので経済性にも優れた車です。 アリオンの燃費についても知りたい! というかたははこちらでまとめています。 よくライバル車として名前が上がるカローラアクシオとほとんどサイズは変わりませんが、 アリオンのほうが19cm大きいです。 セダンタイプの中でも5ナンバーに収まるようなコンパクトなサイズですが、サイズ感が日本の道路とあっていて走りやすいです。 たとえば 田舎の細い道で対向車が来てしまっても、難なくすれ違うことができるサイズです。 アリオンの室内サイズ• 室内長 2055mm• 室内幅 1450mm• 室内高 1205mm 車体長のところでカローラアクシオよりも19cm長いということをお伝えしましたが、 後席がセダン系の中では群を抜いて広いです。 前後席間距離は9. 5cmもあります。 文庫本の短辺くらいの長さですね。 そうして広がった結果、アリオンはセダンの中でも小さめタイプですが、 車内は意外と広いと好評になりました。 5ナンバーでセダンが欲しい方にはおすすめです。 外見は少し小さく見えるけど居住性トランクは広く使い勝手の良い車です• 全体的に広々していて、後席の足下も広い• 下手なコンパクトカーより小回りも効いて、燃費も良く、室内も広々し、多少の高級感を味わえます。 いい車です。 引用: 先ほども出てきたカローラアクシオと比べると• 室内長 11cm• 室内幅 2cm• 室内高 5mm 大きいです。 全長もアリオンのほうが長いぶん、室内長もアリオンのほうが長いですね。 室内長が長いということはそのまま広さに影響しますから、アリオンは居住性がいいという口コミにも納得できます。 スポンサードリンク まとめ• アリオンはシートアレンジを行うことで荷室スペースを広げることができる• シートアレンジをした時の荷室サイズは、片側シートを倒した状態で920mm~2035mm、両側シートを倒した状態で1700mm~2035mm• アリオンは室内スペースが広いと評価が高い車 いかがでしたでしょうか? まさかシートアレンジができるセダンが出てくるなんて思いもよりませんでしたが、とても便利そうですね。 載せることができる量が増えるということは、出かけられる幅が広がるということです。 遠出の旅行に出かけるもよしコストコで大量に買いだめするもよしです。 アリオンとともに出かける週末が楽しそうですね。 最後までお読みいただきありがとうございました。 お得に車を買い換えたい方は試す価値あり 買取額60万UP 車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり 販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、 かなり損してます。 言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。 私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で 差額約60万でした。 業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。 無料で1分でその場で スマホ できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

次の

アリオン内装をカスタム改造パーツでドレスアップ

アリオン カスタム

トヨタ「オーリス(AURIS)」は、1760mmのワイドな5ドアハッチバックモデル。 今回、マイナーチェンジを行った。 ラインアップは、6速マニュアルトランスミッションを搭載した「RS」、1. 8L搭載の「180S」、1. 5L搭載の「150X」、さらに「150X Cパッケージ」と、フォグランプや16インチアルミホイールを装着した「150X Sパッケージ」の2つのパッケージを用意。 また、トヨタ自動車初の1. 2L直噴ターボエンジン(8NR-FTS)を搭載した「120T」を新たに設定。 エクステリアでは、ヘッドランプを強調するメッキモールを配したアッパーグリルやバンパーコーナー部まで開口を広げたフロントロアグリル、水平基調のリヤバンパーなどにより存在感を強調したほか、全長を55mm拡大。 「RS」は専用デザインとし、ハニカムタイプのフロントグリルや、スポイラー(フロント・リヤバンパー)、サイドロッカーモールなどエアロパーツを採用。 インテリアでは、ピアノブラックとサテンクロームメッキ加飾によりコントラストを強調したセンタークラスターと、各グレードの個性にあわせた4種類の加飾を施したインストルメントパネルを立体的に配置することで、上質かつ先進的なイメージを演出。 メッキリング加飾を立体化した2眼コンビネーションメーターは、4. 2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせた。 「120T」は、シリンダーヘッドと一体化したエキゾーストマニホールド、可変角を拡大したVVT-iW(吸気側)、先進の燃料噴射システムD-4T、アイドリングストップ機能(Stop&Start System)などの燃費向上技術も採用。 滑らかな風合いのウルトラスエードと本革・合成皮革を組み合わせた専用シート表皮や、専用の木目調インストルメントパネル加飾を採用し、シートヒーター(運転席・助手席)、自動防眩インナーミラー、クルーズコントロールなどを標準装備。 レーザーレーダーとカメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能にした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を設定(1. 2Lターボ車、1. 8L車に標準装備、1. 5L車にオプション設定)。 出典:.

次の