米津 玄 師 ノーサイド ゲーム 歌詞。 「米津玄師」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】

ノーサイドゲーム主題歌の歌詞と発売日

米津 玄 師 ノーサイド ゲーム 歌詞

ドラマ 『ノーサイドゲーム』のエンディング主題歌を 「米津玄師」が担当!楽曲は 「馬と鹿」に決定しました。 大泉洋主演『ノーサイドゲーム』は、池井戸潤の最新小説を実写化されたもの。 主人公の大手自動車メーカーの中堅サラリーマン・君嶋隼人が再起に力を振り絞るストーリー。 上司主導の企業買収に異を唱えた君嶋は、本社から工場へ左遷された上、ラグビーチームのゼネラルマネジャーの兼務も命じられ、昇進の道が途絶えた中、アストロズのチーム力を合わせて奮起する姿を描く。 今回は、ドラマ 『ノーサイドゲーム』の 主題歌に決定した「米津玄師 」の新曲『馬と鹿』の歌詞や発売日情報、ネット上の反応など「米津玄師」さんの過去の音楽についても探っていきます。 馬と鹿の区別がつかない者を「馬鹿者」と呼ばれるという意味になるが、この歌詞では、「これが愛じゃなければなんと呼ぶのか」というフレーズや、「僕は知らなかった」というフレーズは、大泉さんが演じる君島がラグビー初心者だった自分に、アストロズのメンバー達からラグビーの本質に気づかされた意味合いにも捉えられるな。 「呼べよ花の名前をただ一つだけ、行こう花の咲かないうちに、呼べよ畏れるままに花の名前を」と度々「花」と言う言葉が出てくるのだが、チーム一人一人の心境を物語っているのを1つに集約した心の内を語っているような歌詞に思える 主題歌「ノーサイドゲーム」の発売日、配信日はいつ? ドラマ『ノーサイドゲーム』主題歌「馬と鹿」の発売日は2019年9月11日です。 配信日は現在未定です。 分かり次第追記していきます。 ドラマを見るか見ないかを主題歌で決めるのも珍しいな。 1991年生まれ、徳島県出身• シンガーソングライター、イラストレーター、映像作家• 本人名義アルバム『diorama』でソロデビュー(2012年)• 所属事務所:ソニー・ミュージックレコーズ 「米津玄師」さんは、2009年より「ハチ」としてソロ活動を開始させ、ファンタジー性のある物語の深い楽曲をニコニコ動画にアップしては、若い層を中心に一世を風靡した。 メジャーデビュー以前は、ミュージックビデオやジャケットワークに至る外見のモデルまで、自身で行なっていた。 メジャーデビュー以降はバックアップも厚くなりサポートメンバーを入れてバンドサウンドを意識しての楽曲制作に移行し、兼ねてから意識して準備していた「大衆性に富んだJ-POP」の制作がアクティブ化するようになる。 「普遍的なものを作ることを軸に、日本人だからこそ、J-POPとして音楽を作りたい」と公言しており、歌謡曲など先人が確立してきたのをひもといて、歴史に根ざしているものをキャッチし音楽に反映することを念頭に置いて作業に取り組んでいる。 10代から50代の幅広い世代から高い評価を得ているお蔭で「このやり方は間違っていなかったんだ」を語った。 米津玄師ドラマ主題歌・挿入歌・タイアップ曲は?• 『アンナチュラル』主題歌「Lemon」 TBS 2018年• 『ノーサイドゲーム』主題歌「馬と鹿」 TBS 2019年 米津玄師 MV「Lemon」.

次の

ノーサイドゲーム主題歌/馬と鹿の歌詞やPV情報!米津玄師新曲リリースは?|ドラマチェキ★

米津 玄 師 ノーサイド ゲーム 歌詞

歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 身体の奥底で響く 生き足りないと強く ああ 始まるさ 噛み終えたガムの味 噛み切れないままの心で 一つ一つ無くした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただ一つだけ張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい Wow wow… 何に喩えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 枯葉を揺れば まだ続く 行こう花の咲かないうちに Wow wow… これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ恐れるままに花の名前を 君じゃなきゃ駄目だと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない世界が消えない 馬と鹿が主題歌のノーサイドゲームってどんなドラマ? 米津玄師の馬と鹿が主題歌のノーサイドゲームとはどんなドラマなのでしょうか?Wikipediaにあらすじがありましたので、楽曲を詳しく理解するためにも前提知識として引用します。 トキワ自動車経営戦略室次長の君嶋隼人は、滝川桂一郎が出したカザマ商事買収案件に反対する意見書で、滝川と対峙していた。 この案件は、結局取締役会で見送られたが、それからおよそ3か月後、君嶋は横浜工場総務部長に左遷させられる。 横浜工場総務部長は、トキワ自動車のラグビー部・アストロズのゼネラルマネージャー兼務と決まっていて、君嶋はラグビーについてまったくの素人ながら、着任早々監督選びに悪戦苦闘することになる。 アナリストの佐倉多英やキャプテンの岸和田徹の助言を受けながら、新監督は柴門琢磨に決まり、いよいよ新生アストロズが始動し、快進撃を続ける。 そして、君嶋は元上司・脇坂賢治から、見送られたはずのカザマ商事買収案件が復活したことを聞く。 引用: どうやらノーサイドゲームというドラマは企業エンターテイメントドラマのようですね!様々な 困難や逆境に立ち向かっていく様が描かれているのでしょう。 この逆境という言葉。 歌詞の意味を理解する上でかなり重要になりそうです。 なぜなら、米津玄師さんが以下のようなツイートをしているから。 逆境に立ち向かっていくヒーロー的なキャラを音楽で描くのはかなり難しいですが、一体どんな楽曲に仕上がっているのでしょうか。 歌詞の意味をしっかりみていきましょう。 「馬と鹿」とは動物の名前ですが、どういう意味で曲名として使われているのでしょうか? 馬と鹿。 この文字を見ただけで「馬鹿(バカ)」という言葉が頭によぎりますが、なぜ米津玄師は馬鹿を馬と鹿と表現したのでしょう。 考えていてもわからないので、まずは「馬と鹿」を分けて考えてみましょう。 まず、馬という動物から。 馬は昔から 高貴で縁起がいい動物であるとされています。 また、 綺麗 清潔か否かではないほう)というイメージがある動物ですよね。 現代でも競馬など賭け事や牧場の愛されつ動物の一つとして活躍している動物です。 次に鹿という動物。 鹿は、「古事記」に鹿の神「アメノカク(天迦久)」が登場したり、 神の使いとして鹿が使われたりするなど、古くから鹿は 神格化されている動物です。 また、鹿島神宮や春日大社では鹿が神の使いとして丁重に保護されているようです。 また、日本では勝利の象徴として、鹿が用いられていたそうです。 参考:) これらを包括すると、馬と鹿には「 高貴なもの」というイメージがあるわけです。 馬鹿という言葉とは全く真逆なイメージですよね。 つまり、米津玄師さんがあえて「馬と鹿」と曲名にしているということは馬鹿という意味で曲名にしたのではなく、 「高貴」や「大切にされるもの」という意味を込めるために「馬と鹿」という曲名をつけたのでしょう。 解釈 色々なものに傷つけられる春。 そんな痛みがあるにもかかわらず麻酔のようなものはあえて打たない。 自分の心の奥底から「もっと強く生きろ」と声が聞こえる。 噛み終えたガムのように味がないけれど、決してガムが切れないように強い心で前に進む。 一つ一つ着実に無くしてった果てにようやく残ったものが今だから。 米津玄師さんが言っていた通り、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をストレートに表現した歌詞ですね。 歪んで傷だらけという歌詞は、単純に外傷だけではなく、 心の傷も含まれるのだと思います。 この曲の主人公は「今」の環境以外に残っているものはないのかもしれませんね。 だから、たとえ傷だらけでも痛みを感じないように麻酔を打って、痛みを感じないようにしようなんて甘えずに、 今の環境を維持しようとなんとか しがみつきながら前に進んでいるのかもしれません。 これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただ一つだけ 張り裂けるぐらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 解釈 この感情が愛ではないなら他になんと呼んだらいいのだろうか。 ただ一つだけの大切な人に想いを伝えろよ。 張り裂けるくらい。 ああ、鼻先が触れて、唇が触れて、呼吸が止まる... 痛みは消えないままでいい。 「呼べよ花の名前」という歌詞。 ここは、主人公が感じている「愛」の対象の女性のことを言っているのだと思います。 また、呼吸が止まるという表現。 これは、主人公が想いの女性に告白して、付き合った後 キスをするシーンを表現しているのでしょう。 つまり、後に続く「痛みは消えないままでいい。 」という歌詞の痛みは、 キスの最中に感じているということになります。 では、この「痛み」という歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか。 おそらくですが、先ほど歌われていた傷の痛みではなく、 張り裂けるぐらい好きだったのに想いを伝えられなっかった過去の自分の痛みのことを指しているのだと思います。 過去の無力な自分は消さずに、好きな人とキスという人生で一番幸せな時間を過ごすなんて、きっと主人公は自分を 決して否定しない人物なのでしょうね。 何にたとえよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を癒えば まだ続く 行こう花の咲かないうちに Wow….. 解釈 君と僕は何に例えられるかな。 踵に残る傷が似ている僕が馬で君が鹿だろうか。 雷雲が避けて晴れ間が出るように、君と出会えたことは美しいものだ。 まだ、僕たちの物語は始まったばかりだ。 急いで行こう。 この天気で花が咲く前に。 踵とは「かかと」という意味ですが、馬にも蹄の踵と書いて 蹄踵(ていしょう)と呼ぶ部分があります。 わかりやすい画像がありましたので、引用させていただきます。 この蹄踵(ていしょう)という部分。 馬の第二の心臓と呼ばれるほど大切なものらしいです。 なんでも、蹄踵(ていしょう)が原因で 命を落とす馬がいるほどとか。 曲の冒頭の歌詞で、主人公は心も傷を負っていると解釈しましたが、 その心の傷は死にたくなるほど辛いものだったということを「踵に残る似た傷」という歌詞で表現しているのだと思います。 そんな死にそうな主人公も、大切な「君」と出会うことで、雷雲が避けて晴れ間出るように、心が晴れて言ったのかもしれませんね。 これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ恐れるままに 花の名前を 君じゃなきゃ駄目だと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない世界が綺麗だ 馬鹿臭い.

次の

ノーサイドゲームの主題歌・米津玄師の『馬と鹿』動画と歌詞をお届け!

米津 玄 師 ノーサイド ゲーム 歌詞

米津玄師さんは「Lemon」をはじめとする数々の名曲を世に残しています。 元はハチというボカロPとして活動していましたが、その後本名の「米津玄師」として活動するようになります。 今回紹介するのは米津玄師さんの「馬と鹿」という曲です。 このタイトルに込められた意味と歌詞の意味、またMVにはどういった意味があるのかを考察していきます。 米津玄師「馬と鹿」ってどんな曲?? 本気の勝負に、手に汗握り、胸熱くなりました!! — REISSUE RECORDS reissuerecords 「馬と鹿」は米津玄師さんが2019年9月11日に発表した楽曲です。 タイトルの意味は動物の馬と鹿の文字を組み合わせると「馬鹿」という言葉になります。 馬鹿には「 愚かなこと、利口でない、社会の常識に欠けている」という意味があります。 そしてそれぞれの文字にも注目してみます。 「馬」は昔移動の手段であり、馬は高貴な人たちが使っていました。 「鹿」は仏教の中で「ハーモニー、幸福、平和」という意味があります。 TBS日曜劇場「ノーサイドゲーム」の主題歌を担当させて頂きました。 「馬と鹿」という曲です。 大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。 素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。 どうかよろしくお願いします。 君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することに。 意に染まない異動だが、これもサラリーマンの宿命。 やるせない思いで赴任先の工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。 かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。 こうして知識も経験もない君嶋にチーム再建という重荷が課せられた。 低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが始まる。 となっています。 タイトルの説明でもしましたが、「馬」の出世コースまっしぐらの時期もありましたが、左遷されてからは出世コースから外れてしまい、無理難題を突きつけられてしまいます。 出世をするためには周りを蹴落とさないといけないのですが、弱小ラグビーチームを強くするためには周りとの意思の疎通など様々な協調が必要になってきます。 チームが一丸となることから「鹿」の幸福や安寧の大切さを知っていくこととなります。 ドラマ「ノーサイドゲーム」の最終回では米津玄師さんの「馬と鹿」のジャケットイラストが登場したことでも話題となりました。 米津玄師「馬と鹿」のMVは何を意味するのか?? このMVで印象に残ったのは創作ダンスと振り子のように揺れる炎です。 創作ダンスは内に秘めたる感情をダンスとして表すものですが、この曲の中では一人一人が寄り添っていくことの大事さと、それぞれが何かと戦って傷つきながらも立ち上がる力強さを感じました。 儀式的な感じもする聖杯や振り子のように揺れる炎は、自分は他の誰でもない自分自身ということや、誰かに依存してしまっている人間の2面性を表現しているのかもしれません。 そして、その中心にいる米津玄師さんは「苦悩や葛藤にもがきながらも歩き進んでいく」という周りの人たちから解き放たれた唯一無二の象徴なのでしょう。 米津玄師「馬と鹿」の歌詞の意味は?? それでは米津玄師さんの「馬と鹿」の歌詞の意味を、 ドラマ「ノーサイドゲーム」視点で意味を考察していきたいと思います。 歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 体の奥底で響く 生き足りないと強く 春といえば出会いの季節でもあり、何かが始まる季節ですが、この物語の主人公にとってはそうじゃないようです。 心に傷を負っていて逆境の中にいることがわかります。 麻酔とは本来痛みを和らげるものとして使われますが、あえて使わないことでその痛みに対して逃げないということを表現しているのだと受け取りました。 痛みを感じることで体のそこからもっと生きていたいと感じるためなのかもしれません。 ドラマがラグビーの内容ということで選手のことで当てはめてみると、「逆境の中にいても自分たちの努力が報われる」ということで勝利に対して強い執念を感じます。 また味わうさ 噛み終えたガムの味 冷めきれないままの心で ひとつひとつなくした果てに ようやく残ったもの 味がないガムは普通の人であれば吐き出してしまいますよね。 噛み終えたガムは挫折のことの比喩表現であり、主人公にとって大事なものでもあります。 挫折を乗り越えた先に待っているのは自分が今までした努力の証です。 諦めきれない=冷めきれないままの心 ドラマの中ではラグビーが選手一人一人にとって大事なものであり、大泉洋さん演じる監督にとっては今までの人生とは一転、左遷されてしまったことで一から作り上げていくといったもののこと。 そこから生まれた絆というのが何度も挫折した後に残った大事なものではないでしょうか。 これが愛じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 花の名前をただ一つだけ 張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい ドラマではラグビーチームのアストロズの再建を目的としています。 選手や監督一人一人が何かしらの犠牲を払ってまでやり続けたいと思った気持ちは『愛』そのものです。 花の名前はただ一つだけという言葉から、誰一人同じ人はいない。 それぞれに良さがあって他に代わりはいないという表現。 『鼻先が触れる 呼吸が止まる』は選手たちがスクラムを組んでいる状態です。 ラグビー日本代表のシンボルとなる桜の花もこの部分の歌詞とかけているのかもしれません。 日本を背負って勝利を掴み取るという強い意思も感じ取ることができます。 疲れたその目で何を言う 傷跡隠して歩いた そのくせ影をばら撒いた 気づいて欲しかった 満身創痍の主人公は誰にも自分の気持ちを伝えることができませんでした。 自分と同じような気持ちを知ってほしいということを「影をばらまいた」という表現で表していますが、決して前向きな気持ちではなく、やらなければいけないという使命感にかられた精神状態が伺えます。 周りからの後押しを待っているのかもしれません。 まだ歩けるか 噛み締めた砂の味 夜露で濡れた芝生の上 はやる胸に 尋ねる言葉 終わるにはまだ早いだろう 倒れ挫折を味わったとしても同じような気持ちの仲間と出会うことで、 「まだやれる!倒れるにはまだ早い!」と自分自身を鼓舞しています。 自分一人であれば限界を迎えてやめてしまっているかもしれませんが、仲間同士で支え合うことで限界を越えることができているのかもしれません。 誰も悲しまぬように微笑むことが 上手くできなかった 一つ ただ一つでいい 守れるだけで それでよかったのに あまりにくだらない 願いが消えない 誰にも奪えない魂 みんなが幸せならそれが一番いいですよね。 周りに合わせれば自分が嫌だと思っていても丸く収まることは多々あります。 今までは自分にとって大事な気持ちを守れればそれで良かったのに、 今では 自分を押し殺してまでその気持ちにはなれなくて、 お互いに高めあいたいという気持ちが強くなってしまった。 このみんなで勝利を勝ち取りたいという執念の願いを果たしたいという誰にも負けない気持ちが、 「誰にも奪えない魂」として出てきているのでしょう。 何に例えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を結えばまだ続く 行こう花も咲かないうちに ここで出てくる「君」とはラグビーのことでもありチームメイトのことでもあると思います。 練習で同じ傷を作ってきたかけがえのない仲間と共に、 未来のことがわからなくてもチームメイトと一緒に大好きなラグビーをやりたいと心からの願いだと思います。 米津玄師「馬と鹿」の歌詞の意味は??ドラマ「ノーサイド・ゲーム」のタイアップ曲 まとめ いかがだったでしょうか?? 米津玄師さんの「馬と鹿」の歌詞の意味とドラマ「ノーサイドゲーム」などについてお伝えしていきました。 米津玄師さんの逆境と戦う意思の強さが歌詞にもあらわれていました。 いつも米津玄師さんの世界観には驚かされます。 もし自分にも同じように逆境に立ち向かわないといけない時はこの歌詞をみて勇気付けられることがあるかもしれませんね。

次の