河北 麻友子 つかこうへい。 河北麻友子と桐谷美玲の違いとは?舞台「新・幕末純情伝」で過激なセリフや殺陣など熱気

『新・幕末純情伝』つかこうへい、という名の病。 | つかこうへい - レビュー - レポ&インタビュー - 最善席

河北 麻友子 つかこうへい

つかこうへいの芝居を2本連続で上演する企画「つかこうへいダブルス」が、11年ぶりにお目見えする。 今回上演されるのは、『新・幕末純情伝』と『広島に原爆を落とす日』。 そして、この過酷な連続上演のヒロインに挑むのは、これが初舞台となる河北麻友子である。 今やつか作品の顔となり、今回は『広島~』に出演する馬場徹とともに、話を聞いた。 初舞台にして、その難関に、それも2本同時に挑戦することになった河北はまずこう語る。 「つかさんの作品を含め、舞台は好きでずっと観ていました。 エネルギーが直に伝わるあの感動を私も与えることができるのかなと、今からワクワクしています。 それに私、体力もメンタルもすごく強いんです。 だから、こういう難題には向いていると思うんですよ(笑)」。 まさにつか作品のヒロインに重なるたくましさだ。 僕らも毎回大変ですし、その大変さをみんなで一緒に乗り越えていけば、必ず楽しくなるので」と応える。 一方、『広島に原爆を落とす日』では、白系ロシアの混血であるがゆえに参謀から外されたディープ山崎と、彼が愛した女性・夏枝の、原子爆弾投下をめぐる切ない心模様が描かれる。 いずれも日本の歴史を元としたこの2作を、16歳までアメリカで育った河北がどう捉えるのかも、今回の見どころだ。 「沖田総司は名前も知らなかったですし、原爆のことも、日本に来てから初めて被害の実態を知りました。 だから、日本とアメリカの中立の立場でものごとを見られると思いますし、そんな私だからこそ、誰にも演じられないような舞台になるんじゃないかなと思っています」と河北自身も期待を募らせる。 また、『広島~』には2度目の挑戦となる馬場。 「ふざける場面があったり、膨大な台詞をしゃべったりしていますが、頭で受け止めるのではなく、感覚で受け止めてもらえれば、きっと何か感じてもらえるはず」と作品の奥深さを語る。 最後に「私と同世代の若い人にぜひ観てほしい」と呼びかけた河北。 日本の歴史を見つめた「ダブルス」は、つかを知らない世代にこそ響くのではないだろうか。 「つかこうへいダブルス 2014」は8月29 金 から9月14日 日 まで東京・シアタートラムにて。 チケット発売中。 取材・文:大内弓子.

次の

河北麻友子、つか作品で初舞台!2本立て 沖田総司&美人スパイ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

河北 麻友子 つかこうへい

(C)まいじつ 12月14日放送の『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(フジテレビ系)に、「ダメよ〜、ダメダメ」でブレークしたお笑いコンビ『』が出演。 を痛烈にディスったネタが話題となった。 【関連】ほか 『』や『』の2人、さらにゲストの川口春奈と吉沢亮の前で、芸人たちが〝細か過ぎるモノマネ〟を披露していった同番組。 「日本エレキテル連合」の2人は、〝「どこのド素人を起用したんだ?」と思ったら、河北麻友子だったつかこうへい演出の舞台のゲネプロ〟というモノマネを披露。 既にタイトルからしてかなり河北をディスっているが、本ネタでも河北に扮した橋本小雪が、飛び切りの棒演技と、なよなよとした殺陣をしていく。 ネタが終わると、川口春奈と吉沢亮は苦笑い。 石橋貴明は「あの子(河北)は英語が入っているから、しゃべりがたどたどしくなっちゃう」と、帰国子女である河北の演技力のなさをフォローしていた。 同業者が笑うのをためらう 番組内では普通に笑いを取ったこのネタだが、ネット上では、 《エレキテル連合の河北麻友子のものまねが悪意の塊で笑う》 《河北麻友子を完全にバカにしてるw》 《河北麻友子悪意がすげえww》 《ちょっと人をバカにし過ぎてるものまねは笑えないな。 河北麻友子とか》 など、悪意が凄まじいと話題に。 また、 《河北麻友子の演技のヘタクソさいじるネタ見せられて困る吉沢亮と川口春奈さん》 《河北麻友子のネタでガッツリ笑うの遠慮した川口春奈》 など、同業者が笑うのをためらうほどだったという指摘も上がっていた。 「以前この番組では、女性お笑い芸人のキンタロー。 が、〝ウソをついているときは目を見開く小島瑠璃子〟というモノマネを披露。 ネット上で大きな話題となりましたが、小島がツイッターで『ほんと風評被害』『まぁ、名誉なことかぁ。 モノマネしてもらえるって。 でもちがーう!』と複雑な心境を明かしていました」(芸能記者) ウマ過ぎるモノマネは、〝元ネタ〟に大きなダメージを与えてしまうのかもしれない。

次の

河北麻友子 プロフィール|be amie オスカープロモーション

河北 麻友子 つかこうへい

(C)まいじつ 12月14日放送の『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(フジテレビ系)に、「ダメよ~、ダメダメ」でブレークしたお笑いコンビ『日本エレキテル連合』が出演。 河北麻友子を痛烈にディスったネタが話題となった。 『とんねるず』石橋貴明や『バナナマン』の2人、さらにゲストの川口春奈と吉沢亮の前で、芸人たちが〝細か過ぎるモノマネ〟を披露していった同番組。 「日本エレキテル連合」の2人は、〝「どこのド素人を起用したんだ?」と思ったら、河北麻友子だったつかこうへい演出の舞台のゲネプロ〟というモノマネを披露。 既にタイトルからしてかなり河北をディスっているが、本ネタでも河北に扮した橋本小雪が、飛び切りの棒演技と、なよなよとした殺陣をしていく。 ネタが終わると、川口春奈と吉沢亮は苦笑い。 石橋貴明は「あの子(河北)は英語が入っているから、しゃべりがたどたどしくなっちゃう」と、帰国子女である河北の演技力のなさをフォローしていた。 同業者が笑うのをためらう 番組内では普通に笑いを取ったこのネタだが、ネット上では、 《エレキテル連合の河北麻友子のものまねが悪意の塊で笑う》 《河北麻友子を完全にバカにしてるw》 《河北麻友子悪意がすげえww》 《ちょっと人をバカにし過ぎてるものまねは笑えないな。 河北麻友子とか》 など、悪意が凄まじいと話題に。 また、 《河北麻友子の演技のヘタクソさいじるネタ見せられて困る吉沢亮と川口春奈さん》 《河北麻友子のネタでガッツリ笑うの遠慮した川口春奈》 など、同業者が笑うのをためらうほどだったという指摘も上がっていた。 「以前この番組では、女性お笑い芸人のキンタロー。 が、〝ウソをついているときは目を見開く小島瑠璃子〟というモノマネを披露。 ネット上で大きな話題となりましたが、小島がツイッターで『ほんと風評被害』『まぁ、名誉なことかぁ。 モノマネしてもらえるって。 でもちがーう!』と複雑な心境を明かしていました」(芸能記者) ウマ過ぎるモノマネは、〝元ネタ〟に大きなダメージを与えてしまうのかもしれない。

次の