ショップ ジャパン ターボプロ。 ターボプロの評判や口コミをチェック!その結果、分かったこと

ターボ プロの口コミ|ショップジャパン公式 通販|掃除用品

ショップ ジャパン ターボプロ

ターボスクラブを使って風呂掃除 ターボスクラブには、いくつかの種類のブラシがついているためブラシを変えて掃除することが可能です。 以前から風呂の溝部分が気になっていたので、とんがったブラシがその部分の掃除に適しているだろうと思って洗ってみた。 ちょうどこの溝にフィットしたので、溝の中までしっかりと洗うことができました。 そして、お風呂のドアの溝もこのブラシで洗うのにぴったり。 「ターボスクラブ」と「ターボプロ」の違いは? 「ターボスクラブ」と 「ターボプロ」見た目は同じ、まったくどこが変わったのかわかりません。 長さも、太さも同じ。 充電部分は棒の一番後ろの部分 ココも全く同じ。 見た目に変わったってわかるのは、充電器だった。 充電器を見るまでは全く変わったことに気づかないくらい。 大きな違いは、ブラシをワンタッチで取り外しが可能になったという点らしい。 「ターボスクラブ」はボタンなどなくそのままはめ込む仕様になっている。 着脱が楽になったのは嬉しいですね。 「ターボスクラブ」は回転数が300回以上だったのが、 「ターボプロ」は 回転数が335回と若干多くなったみたい。 そして、受電式は変わらないけれど防水仕様になっているので水回りを掃除するから安心して使えます。 感想 「ターボスクラブ」を使っていたのですが、水が入ってしまって充電ができなくなりました。 だから今回 「ターボプロ」で 防水仕様になっていたのは嬉しい。 そして、 「ターボスクラブ」で使っていたブラシは、 「ターボプロ」でも使えます。 ただ、着脱式ボタンはないのでブラシを取り付けるのはちょっと硬くなって苦労します。 そして、少し傾いているこの角度が微妙に洗いにくかったりしました。 洗うためには傾いているのはいいのだと思うのですが洗う部分によると、その部分が洗いにくいことがありました。 寒い時にブラシを手にもって洗わずに済むので、この商品は便利です。

次の

【楽天市場】ショップジャパン ターボプロ デラックス ホワイト リニューアル お掃除ガイド付き お風呂 掃除 道具 コードレス バスウォッシャー 防水 玄関 車 ベランダ【正規品】:ショップジャパン 楽天市場店

ショップ ジャパン ターボプロ

コメント: 【状態】動作確認済。 取説はございません。 電池のいるモノは液漏れを防ぐため、予備電池は入っておりません。 ご安心ください。 神経質な方や新品同様の状態を求められる方は購入をお控え下さい。 傷や経年劣化等によるクレームは一切お受け致しかねます。 又同理由による低評価も削除の対象となりますのでおやめください。 延長ポール装着時:長さ約106cm(ブラシ除く)• 重量:約770g(延長ポール装着時、ブラシ除く)• 保証期間:1年 中国製• 回転電動ブラシで、かがまず腰ラクお風呂掃除ができ、パワフル電動ブラシなので力がいらない!• 一回の充電時間は約2時間で、連続使用時間は約1時間。 ハンドルの充電カバー内にランプがあり、充電中はランプが赤く点滅し、充電が完了すると赤く点灯します。 ハンディ形状で手元はもちろん、延長ポールを使えば長さ約1mになるので手の届きにくい低い場所や溝にたまっている 汚れや高くてあきらめかけていたところも片手で簡単にお掃除ができるから、腰をかがめず毎日のお掃除がラクに! 汚れたところにブラシをあてるだけで、力をいれずに毎日の入浴による浴槽の湯垢・水垢も簡単にピカピカに。 もう手でごしごし洗う必要はありません。 コードレスだから、キッチンや洗面台にも使えるので効率よくお掃除ができます。 必ず目立たない場所で試してからご使用ください。 もう手でごしごし洗う必要はありません。 コードレスだから、キッチンや洗面台にも使えるので効率よくお掃除ができます。 必ず目立たない場所で試してからご使用ください。

次の

ターボ プロ|ショップジャパン公式 通販

ショップ ジャパン ターボプロ

ターボスクラブを使って風呂掃除 ターボスクラブには、いくつかの種類のブラシがついているためブラシを変えて掃除することが可能です。 以前から風呂の溝部分が気になっていたので、とんがったブラシがその部分の掃除に適しているだろうと思って洗ってみた。 ちょうどこの溝にフィットしたので、溝の中までしっかりと洗うことができました。 そして、お風呂のドアの溝もこのブラシで洗うのにぴったり。 「ターボスクラブ」と「ターボプロ」の違いは? 「ターボスクラブ」と 「ターボプロ」見た目は同じ、まったくどこが変わったのかわかりません。 長さも、太さも同じ。 充電部分は棒の一番後ろの部分 ココも全く同じ。 見た目に変わったってわかるのは、充電器だった。 充電器を見るまでは全く変わったことに気づかないくらい。 大きな違いは、ブラシをワンタッチで取り外しが可能になったという点らしい。 「ターボスクラブ」はボタンなどなくそのままはめ込む仕様になっている。 着脱が楽になったのは嬉しいですね。 「ターボスクラブ」は回転数が300回以上だったのが、 「ターボプロ」は 回転数が335回と若干多くなったみたい。 そして、受電式は変わらないけれど防水仕様になっているので水回りを掃除するから安心して使えます。 感想 「ターボスクラブ」を使っていたのですが、水が入ってしまって充電ができなくなりました。 だから今回 「ターボプロ」で 防水仕様になっていたのは嬉しい。 そして、 「ターボスクラブ」で使っていたブラシは、 「ターボプロ」でも使えます。 ただ、着脱式ボタンはないのでブラシを取り付けるのはちょっと硬くなって苦労します。 そして、少し傾いているこの角度が微妙に洗いにくかったりしました。 洗うためには傾いているのはいいのだと思うのですが洗う部分によると、その部分が洗いにくいことがありました。 寒い時にブラシを手にもって洗わずに済むので、この商品は便利です。

次の