日銀 オペレーション。 新型コロナウイルス感染症対応金融支援特別オペ : 日本銀行 Bank of Japan

マイナス金利で生じた邦銀と日銀の溝、好評の金融支援策でも埋まらず

日銀 オペレーション

回答 オペレーションは、日本銀行におけるの主な手段です。 オペレーションには、大きく分けて、日本銀行による資金の貸付けや国債の買入れなど、金融市場に資金を供給するオペレーションと、日本銀行が振り出す手形の売出しや日本銀行が保有している国債の買戻条件付売却など、金融市場から資金を吸収するオペレーションがあります。 主な資金供給および資金吸収オペレーション(時限措置として実施されているものなどを除く)の概要は、次のとおりです。 日本銀行の主なオペレーション 資金供給オペレーション 表 資金供給オペレーション 種類 概要 共通担保資金供給オペ 日本銀行が、「適格担保取扱基本要領」に基づき適格と認める金融資産(国債、地方債、政府保証債、財投機関等債、社債、CP等、手形、証書貸付債権など)を担保として資金を供給する。 日本銀行が、利付国債を買い入れることによって資金を供給する。 国庫短期証券買入オペ 日本銀行が、国庫短期証券を買い入れることによって資金を供給する。 CP・社債買入 日本銀行が、CPや社債等を買い入れることによって資金を供給する。 ETF・J-REIT買入 日本銀行が、ETFやJ-REITを買い入れることによって資金を供給する。 国債買現先(かいげんさき)オペ 日本銀行が、利付国債や国庫短期証券を、予め定めた期日に売り戻す条件を付して買い入れることによって資金を供給する。 CP等買現先オペ 日本銀行が、「適格担保取扱基本要領」に基づき適格と認めるCP等を、予め定めた期日に売り戻す条件を付して買い入れることによって資金を供給する。 資金吸収オペレーション 表 資金吸収オペレーション 種類 概要 手形売出オペ 満期が3か月以内に到来する手形であって、日本銀行が振出人、受取人、支払人を兼ねるものを、日本銀行が売却することによって資金を吸収する。 国債売現先(うりげんさき)オペ 日本銀行が、利付国債や国庫短期証券を予め定めた期日に買い戻す条件を付して売却することによって資金を吸収する。 国庫短期証券売却オペ 日本銀行が保有する国庫短期証券を売却することによって資金を吸収する。 関連ページ オペレーションの概要について、詳しくは、「」のページをご覧ください。 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン•

次の

公開市場操作(こうかいしじょうそうさ)とは

日銀 オペレーション

25%前後で推移するよう促す」(公定歩合0. 1%) 2008年11月 補完当座預金制度 超過準備預金に付利0. 5兆円、国庫短期証券2兆円、CP0. 5兆円、社債0. 5兆円、指数連動型上場投資信託(ETF)0. 45兆円、不動産投資信託(J-REIT)0. 05兆円など多様な金融資産の買入れと、固定金利方式の共通担保資金供給オペ30兆円を行うため、臨時の措置として、バランスシート上に35兆円の基金を創設する) 2011年3月 〔東日本大震災発生〕 2011年3月 日銀、東日本大地震の発生を受けて、総額15兆円 9:02、10:30、12:50 の即日緊急資金供給オペを実施。 1% を撤廃する。 社債の買入れについても同様とする。 2012年10月 日銀、成長分野の企業への投融資を支援する「成長基盤強化支援の資金供給」で、初のドル建て融資を実施。 初回融資は当初9月6日予定であったが、LIBOR不操作問題を受けて延期していた。 初回の総額は7億1,100万ドル 約560億円。 5兆円程度、買入頻度は原則として月6回程度) 2013年4月 日銀、市場参加者との意見交換等を踏まえ、「当面の長期国債買入れの運営について」 4月4日公表 を見直し、国債購入の回数を従来の月6回から8回に増やすと発表 2013年4月 日銀、マネタリーベース統計について、これまでの月中平均残高に加え月末残高を公表すると発表 2013年7月 全銀協、TIBOR不正算出防止で外部監査や行動規範導入 2013年8月 日銀、毎営業日ベースでのマネタリーベースの残高公表を開始 2013年10月 日銀を含む6か国中央銀行、2014年2月期限の通貨交換枠組み「スワップ取り決め」を常設化すると発表 2013年12月 金融庁、TIBORを規制対象にする方針を固める 2013年12月 全銀協、「全銀協TIBORの運営見直しに関する報告書」を公表 2014年1月 新日銀ネット第1段階開発分の稼動開始 2014年1月 日銀、欧州中央銀行、イングランド銀行、スイス国立銀行の各中央銀行は、米ドル資金供給オペレーションを5月から段階的に縮小し、7月末で終了すると発表(7月末以降も1週間物は当面継続) 2014年2月 日銀、貸出増加支援資金供給等の延長・拡充 「貸出増加を支援するための資金供給」と「成長基盤強化を支援するための資金供給」について、規模を2倍とした上で、1年間延長することを決定。 また、被災地金融機関を支援するための資金供給オペレーションおよび被災地企業等にかかる担保用件の緩和措置について、1年間延長することを決定。 半年に一回程度の頻度で開催する予定。 2014年8月 積み最終日前に残り要積立額がゼロとなる(当座預金増減要因と金融調節より) 2014年9月 日銀、2012年7月の下限金利撤廃後初めて、市場から短期国債をマイナス金利で買入 2014年9月 日銀、対政府取引における一部の預金と貸出の利率に対し、ゼロ%の下限を設定 2014年10月 財務省、国債入札の1社あたりの応札額の上限設定と義務率引き上げを検討(応札額の上限設定は2015年度から実施) 2014年10月 国庫短期証券(3か月物)の入札結果で、最高落札利回りがマイナス0. 参加者は19先。 初回掲載は、2016年1月6日14時を予定。 2016年1月 社債等買入オペで、全取レートがマイナス0. 030%となり、初めてのマイナスレート。 2016年1月 日銀、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入を決定。 1%のマイナス金利を適用する。 今後、必要な場合、さらに金利を引き下げる。 具体的には、日本銀行当座預金を3段階の階層構造に分割し、それぞれの階層に応じてプラス金利、ゼロ金利、マイナス金利を適用する。 貸出支援基金、被災地金融機関支援オペおよび共通担保資金供給は、ゼロ金利で実施する。 マネタリーベースが、年間約80兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う。 ただし、イールドカーブ全体の金利低下を促す観点から、 金融市場の状況に応じて柔軟に運営する。 買入れの平均残存期間は、7年~12年程度とする。 2兆円、約3. 2兆円の残高を維持する。 2016年2月 日銀、共通担保資金供給 固定金利 オペの応札が、2009年制度開始移行で初めてゼロ。 2016年2月 10年国債利回りが初のマイナス金利を付けた。 5% 」) 2016年2月 日銀、マイナス金利政策をスタート。 無担保コール翌日物は0. 001%中心に取引され、一部はゼロ%を付けた。 2016年2月 無担保コール翌日物で2006年2月以来、約10年ぶりにマイナス金利で取引が成立。 2016年2月 日本証券業協会、日本の社債流通市場でマイナス利回りによる売買が初めて成立。 2016年3月 日銀、現行の金融政策方針を維持することを賛成多数で決定。 また、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を円滑に実施する観点から、以下の実務的な対応を決定。 2016年3月 短資協会、短資取引約定確認システムのマイナス金利対応が完了し、予定通り3月22日より運用開始を公表。 2016年3月 金融市場の決済機能を担う証券保管振替機構(ほふり)で、企業の短期資金調達手段であるコマーシャルペーパー(CP)のマイナス金利発行が3月22日より可能に。 2016年4月 日銀、現行の金融政策方針を維持することを賛成多数で決定。 また、熊本地震の被災地の金融機関を対象に、復旧・復興に向けた資金需要への対応を支援するため、被災地金融機関支援オペ(貸付総額3,000億円、無利息で実施、残高の2倍の金額をゼロ%の金利を適用する「マクロ加算残高」に加算)等の措置を導入することを決定した(全員一致)。 2016年7月 日銀、金融緩和の強化として、以下の措置を決定。 (1)ETF買入れ額の増額 賛成7反対2 ETFについて、保有残高が年間約6兆円に相当するペースで増加するよう買入れを行う 現行の約3. 3兆円からほぼ倍増。 5兆円 に拡大する 現行の120億ドルから倍増。 また、金融市場調節方針、ETF以外の資産買入れ方針、政策金利については、現行の方針を維持することを賛成多数で決定。 2016年9月 日銀、金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入することを決定。 1%のマイナス金利を適用する。 長期金利:10年物国債金利が概ね現状程度 ゼロ%程度 で推移するよう、長期国債の買入れを行う。 買入れ額については、概ね現状程度の買入れペース 保有残高の増加額年間約80兆円 をめどとしつつ、金利操作方針を実現するよう運営する。 買入対象については、引き続き幅広い銘柄とし、平均残存期間の定めは廃止する。 2兆円、約3. 2兆円の残高を維持する。 3 オーバーシュート型コミットメント 日本銀行は、2%の「物価安定の目標」の実現を目指し、これを安定的に持続するために必要な時点まで、「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を継続する。 2016年9月 日銀は金融政策決定会合において、ETFの銘柄別の買入れ限度について10月から変更すると発表。 従来は3指数 TOPIX、日経225、JPX日経400 に連動するETFを対象に、銘柄毎に概ね比例するように設定。 今後は年間買入額5. 7兆円のうち、3兆円については、従来どおり、3指数に連動するETFを対象に、銘柄毎に時価総額に概ね比例するように買入れ、残りの2. 7兆円については、TOPIXに連動するETFを対象に、銘柄毎の時価総額に概ね比例するように買入れる。 2016年11月 日銀、「指値オペ」を初オファー。 日銀金融市場局は「このところの中短期ゾーンの急激な金利上昇に対応し、短期マイナス0. 1%、10年ゼロ%程度との調節方針と整合的なイールドカーブ形成の為実施した」としている。 応札は無かった。 2016年12月 銀行券発行残高が12月20日時点で100兆4,661億円と初めて100兆円を突破。 2017年1月 総務省統計局、消費者物価指数 全国 2017年1月分 3月3日公表 から、新指数「生鮮食品及びエネルギーを除く総合」指数の公表を開始するとともに、公表資料の掲載内容の見直しを公表。 2017年2月 日銀、急激な金利上昇を止めるため、特定の年限の国債買い入れを増やす「指値オペ」を実施した。 指値オペの実施は「長短金利操作 イールドカーブ・コントロール 」を開始した2016年9月以来、2度目。 2017年2月 日銀、総務省が消費者物価指数・生鮮食品及びエネルギーを除く総合の公表を開始することに伴い、分析データ「基調的なインフレ率を捕捉するための指標」の公表系列・公表日程を変更。 2017年1月分以降は、全国消費者物価指数の公表日の2営業日後の14時に公表。 2017年3月 日銀、3月末におけるレポ市場の国債需給タイト化への対応についてを公表。 国債供給のための国債売現先オペの実施。 国債補完供給の応募銘柄数の一時的に上限引き上げ。 3月中の国庫短期証券の買入れの取りやめ。 2017年3月 日銀、9時半に国債売現先オペを1兆円オファー。 2008年11月28日以来8年ぶり。 応札が2兆601億円、落札1兆2億円。 2017年3月 短資協会、3短資同時に「インターバンク市場取引(コール・手形)の取引開始時刻について」を公表。 2017年4月 日銀、日銀ネット端末の国外設置 グローバル・アクセス を認める方針であることを公表。 2017年5月 財務省、3月22日の国債市場特別参加会合で提案したPD制度見直しについて、正式発表。 6月27日予定の2年債入札から適用する。 2017年6月 日銀、短期社債等平均発行レートの2016年3月25日発行分~同年9月9日発行分までの遡及データを公表。 2017年6月 東京金融取引所、無担保コールオーバーナイト金利先物の取引を2017年7月21日の日中取引時間帯終了時以降、当面の間、停止すると公表。 2017年6月 財務省、新発国債の入札から発行までの「決済期間」について、2018年5月から入札の翌営業日にそろえる案を提示。 これまで10日以上かかる月があった決済期間を短くして投資家が抱えていた急激な金利上昇(価格は下落)などのリスクを抑える。 2017年6月 財務省、大量償還月の利付債(5~30年債)及び毎月の2年債の発行に係る決済期間短縮化についてを公表。 2017年7月 日銀、長期金利の上昇抑制のため、2月3日以来、5ヶ月ぶりに指値オペを実施。 2017年7月 日銀、海外中銀向けの当座預金口座の一部に対して6月からマイナス金利を適用。 2017年11月 日銀、日銀ネット端末の国外設置 グローバル・アクセス の受付開始について公表。 2018年1月 日銀、「当座預金残高見込み」および「準備預金残高見込み」の公表停止等について公表。 2018年2月 日銀、2017年7月7日以来、7ヶ月ぶりに5~10年の国債を対象に指値オペを実施。 5月1日以降の実施分から適用する。 2018年4月 黒田東彦日銀総裁が再任 2018年4月 日銀、日銀ネット国債系と香港ドル即時グロス決済システムとの間のクロスボーダーDVPリンクの構築に向けた対応の開始についてを公表。 2018年4月 日銀、金融政策決定会合で金融緩和策の現状維持を決定。 また、同時に発表された経済・物価情勢の展望では、「19年度頃」としていた2%の物価目標の達成時期についての文言を削除。 2018年7月 日銀、「日本円金利指標に関する検討委員会」の設立について発表。 2018年7月 日銀、朝方から長期金利が急速に上昇したことから、10年債を対象とした固定利回りの指値オペを実施。 2018年7月 日銀、金利上昇圧力が強い状態が続いたことから、10年債を対象とした指値オペを実施。 100%の固定利回りで940億円の応札があった。 2018年7月 日銀、「日本銀行の当座預金取引または貸出取引の相手方に関する選定基準」の一部改正について発表。 2018年7月 日銀、金利上昇圧力が強い状態が続いたことから、指値オペを実施。 今月3回目。 2018年7月 日銀、金融政策決定会合で現状維持を決定。 黒田日銀総裁は0%程度に誘導する長期金利の上限を0. 2%程度まで容認する考えを表明。 2018年11月 日銀、被災地支援機関を支援するための資金供給オペレーションについて、貸付実施の通知日から貸付日までの日数をこれまでの原則4営業日から原則2営業日とすることを公表。

次の

指し値オペとは|金融経済用語集

日銀 オペレーション

オペレーション等の対象先公募・選定• 共通担保オペ(全店貸付) 対象先選定細目 公募・選定について• (2019年7月16日)• (2019年6月3日現在) 選定結果 1.対象先の一覧• 2.上記以降の選定結果• 共通担保オペ(本店貸付) 対象先選定細目 公募・選定について• (2019年7月16日) 選定結果 対象先の一覧• 国債売買 対象先選定細目 公募・選定について• (2019年7月16日)• (2019年6月3日現在) 選定結果 1.対象先の一覧• 2.上記以降の選定結果• 国庫短期証券売買オペ・国債現先オペ 対象先選定細目 公募・選定について• (2019年7月16日)• (2019年6月3日現在) 選定結果 1.対象先の一覧• 2.上記以降の選定結果• 国債補完供給 対象先選定細目 公募・選定について• (2019年7月16日)• (2019年6月3日現在) 選定結果 1.対象先の一覧• 2.上記以降の選定結果• CP等買現先オペ 対象先選定細目 公募・選定について• (2019年7月16日) 選定結果 対象先の一覧• 手形売出オペ 対象先選定細目 公募・選定について• (2019年7月16日) 選定結果 対象先の一覧• CP・社債等買入れ 対象先選定細目 公募・選定について• 選定結果 1.対象先の一覧• 2.上記以降の選定結果• ETF貸付け 対象先選定細目 公募・選定について• 選定結果 対象先の一覧• 米ドル資金供給オペ 対象先選定細目 公募・選定について• 選定結果 1.対象先の一覧• 2.上記以降の選定結果• 貸出支援基金の運営として行う成長基盤強化を支援するための資金供給 対象先選定細目 公募・選定について• 選定結果 1.対象先の一覧• 2.上記以降の選定結果• 貸出支援基金の運営として行う貸出増加を支援するための資金供給 対象先選定細目 公募・選定について• 選定結果 1.対象先の一覧• 2.上記以降の選定結果• 被災地金融機関を支援するための資金供給オペ 対象先選定細目 公募・選定について 現在、公募期間が終了しております。 選定結果 対象先の一覧• 平成二十八年熊本地震にかかる被災地金融機関を支援するための資金供給オペ 対象先選定細目 公募・選定について 現在、公募期間が終了しております。 選定結果 対象先の一覧• 新型コロナウイルス感染症対応金融支援特別オペ 対象先選定細目 公募・選定について• 選定結果 対象先の一覧• 国債売買等における決済代行者公募・承認 選定細目• 公募・承認について• (2019年7月16日)• (2019年6月3日現在) CP・社債等買入れにおける決済代行者公募・承認 選定細目• 公募・承認について• 補完貸付制度の貸付先 承認細目• 貸付先承認等について• (2019年7月16日)• ・ (2019年7月16日) 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン• 開閉ボタン•

次の