ジャグラー 設定1。 ジャグラー機械割ランキング 甘い機種は何なのか?

ゴーゴージャグラー 設定1

ジャグラー 設定1

にあるとおり。 現実的には、ジャグラーに高設定を使う店なんて、(ほぼ)なく、どのパチンコ屋も低設定の据え置き放置の状態です。 地域にもよりますが・・。 そんな中、ジャグラーで遊んだり、勝つには、低設定でも{これから爆発しそうな台}を打つしかありませんよね。 というわけで、久し振りに設定1と思われるジャグラーを打ってきたパチスロ実践記です。 地域のパチンコ屋は、どの店にも、設定6以上の確率でバーが当たっている台が、ほとんどないことから、ジャグラーに関しては低設定の据え置き放置だと思われるので、どの店に行っても同じ・・ということで、近くのパチンコ屋での実践です。 店内に入ると「やっぱり、設定1のジャグラーに金を突っ込むとか、お金の無駄だよな」と迷いが生じ、ジャグラーの島を徘徊して帰ろうとかと思っていると・・ ビック確率は450分の1、バー確率は250分の1のジャグラー空き台を見つけてしまいました。 総ゲーム数は2500ゲームほどです。 バー確率は設定6以上だし、前日のバー確率も設定6以上でした。 「もしかしたら、中間設定くらいは使っているのかも」と淡い期待が生じてしまい、打ち始めてしまいました。 結局、いつもの{ジャグラーのゴーゴーランプが光るところを見たい人}になってしまったわけですが、頭の中では「バーが先行しているし、600ゲームもハマっているし、ビック確率が悪すぎるから、ここから確率の収束が起きて、ビックが連チャンしそう」なんて考えてしまいます。 ギャンブラー特有の、都合のいい妄想ですね。 確率の収束は、そんな短いゲーム数では起きないことは頭では理解しつつも、つい、期待してしまいます。 っと、3000円でゴーゴーランプが光って、ビックがきました。 ここから、ビックが連チャンして、悪すぎたビック確率が、設定1程度まで収束したら、辞めようかな~なんて考えていると、99ゲーム目に、またビックがきました。 「ジャグラーの設定1で勝つ方法は、バー先行台のビック確率が悪すぎるハマり台っていうイメージは、確かにあるよな」と思いつつ、打っていると、次は17ゲーム目で、また光って今度はバーです。 「しかし実際は、600ゲームから打ち始めて、900ゲームでバーで、その後、また300までハマってバーなんてことも、ありえるから、あくまでオカルトであり、設定1のジャグラーで月間収支をプラスにするのは無理だよね」なんて思っていると、案の定、ハマっていきました。 350ゲームを超えて、コインがなくなりそうになっていた頃、380ゲームほどで、やっと光ってビックです。 打ち始めた頃よりも、バー確率は悪くなり、バー確率が300分の1ほどになってしまいました。 ビック確率も、バー確率も、設定1以下の{打つ価値のない台}となってしまったし、打つのにも飽きてきたので、クレジット分だけ打って、勝ち逃げすることにしました。 35ゲームほどで辞めたので、すぐに他の誰かが{100ゲームまではチャンスなのに!}なんてオカルト理論で打ちそうですね。 こうやって、設定1のジャグラーは、稼働をのばしていくのでしょう。 換金すると7500円でした。 投資額は3000円なので4500円のプラスです。 数日前に、5円スロットで1000円だけジャグラーを打ったので、その分を差し引くと3500円のプラスですね。 バーが先行しており、ビック確率が悪すぎる台は、たとえ設定1でも、どこかでビックが連チャンして(その時だけ見れば爆発台)・・その連チャンする時に打つことが出来れば、設定1のジャグラーでも勝てそうな気がしますよね。 ただ、ジャグラーの高設定狙いを続けていた時期の経験上、「ジャグラー低設定の不発台が、いつ、爆発し始めるか?」なんて、わからない!と思っています。 「これでもか!?」というくらい、不発台が、1日中、光らないこともあるし(3000枚以上(6万円以上)の回収)・・ 絶対設定1の放置店のジャグラーでも、1日中、光って5000枚以上出たりしますものね。 バーが先行しており、これから爆発しそうなジャグラーを狙う立ち回りは、理論的なように思えて、実は実践では使えない立ち回り方法だと感じています。 さてさて、冬になると、スロットを打ちたくなるのは、どうしてなのでしょうね。 次回のパチスロ実践は、いつになることやら・・またスロットを打つ機会があったら記事にしたいと思います。

次の

ゴーゴージャグラー低設定の挙動とスランプグラフ(波)の特徴

ジャグラー 設定1

ジャグラー高設定の爆発 前半爆発台 上図は前半に出玉が爆発したグラフです。 朝一から早い当たりのジャグ連を繰り返して、一気に2000枚出たような状況です。 このように、朝一からグラフが急激に上がるような台は、 必ずと言っていいほど、横ばいまたは下落します。 なぜならば、確率は収束するからです。 あなたも朝一から上図のような台を打ったことがあると思います。 その時の状況を思い出してみてください。 ほとんどの当たりが早い段階の当たり、もっと言えば 50G以内のボーナスが多かったと思います。 このように、 早いG数でジャグ連するほどグラフは急激な傾きで上がっていきます。 さて、そのような状態がいつまでも続くでしょうか? もちろんほとんどが続きません。 稀にそのまま一撃で3000〜4000枚出ることもありますが、本当に稀なのでここでは考えません。 上の図で具体的に説明します。 3です。 この時点で設定6の確率をゆうに超えていますので、 1500〜2000枚出たところでボーナスは必ず重くなります。 理由は先ほども述べましたが、 確率は収束するからです。 こんな台を打てた、あるいは見つけた際はぜひ実行してみてくださいね! ジャグラー高設定の爆発 後半爆発台 最後に、上図は後半に出玉が爆発したグラフです。 朝一から打ち続けて、夕方ぐらいに出玉が爆発するような台です。 このように、4000〜5000G打ち込んでから爆発する台は、 高設定なほど、一気に出玉が見込めます。 なぜならば、確率は収束するからです。 前半爆発台の考え方と同じですね。 上図で説明します。 仮にこのような状況の設定4や5だと、一撃で出る枚数は設定6よりも減ってくるのが一般的です。 出玉に関しては、後半爆発台の場合、各設定で一撃で出る枚数は以下の枚数が目安になるかと思いますのでご参考ください。

次の

【最新】5号機&6号機ジャグラーシリーズ 機種別まとめ|スペック 攻略 機械割 設定別時給

ジャグラー 設定1

0 「ジャグラーは初心者向けで簡単だよ」なんて聞いたことありませんか? これ実は 全くの嘘 そんな方にまずお伝えしておきたいこととして、 ジャグラーの勝ち方は難易度 激高で初心者にはまったくおすすめできない ということです。 簡単な機種なのになんで?と意外に思う人もいるかもしれませんが、『 勝ち』にこだわるとプロでも難しいのがジャグラーなんです。 マイジャグラーでもアイムジャグラーでもどのジャグラーでも同じです。 ぶっちゃけ 負けたくなきゃ一生打たないほうがいいくらいに思ってますが、僕が 年間数千万円稼ぐプロ組織に潜入して得たデータ取りや立ち回りのコツを紹介しますので、ジャグラーでなかなか勝てないとお悩みの人はぜひ読んでほしいと思います! この記事では• なぜジャグラーで勝つのは難しいのか?• ジャグラーで勝つためにどうすればいいか? 初心者の方にも分かりやすく解説します!• ハマっている台を、「もうそろそろ当たりだな」と思って打つ• 100G以内だから連チャンするかもしれないと思って打つ• そろそろいい波が来そうと思って打つ のようなことをやってしまう人もいますが、上記のことに一切の期待値はありません。 勝ちたければ上記のような迷信やオカルトと言われる事をすべて排除する必要があります。 ジャグラーで勝つ=高設定を打つ 以外に選択肢はないので、「 お店の状況」「設定の入り具合」が重要で勝つことが難しくなっています。 それとは違い AT・ART機には当たりやすいゲーム数や天井が存在するため、設定の入り具合にかかわらず勝つことができる場合があります。 繰り返しになりますが、 ジャグラーには当たりやすいゲーム数や天井はないということは肝に銘じましょう! ほとんどのお店に高設定は存在しない ジャグラーで勝つには高設定の台を打てばいいということは分かったと思いますが、そこで大きな問題があります。 そしてこれが最大の問題と言っていいかもしれません。 ジャグラーの高設定などお店には存在しない ということ。 お店にある台はまず間違いなくほとんどが低設定の台です。 その理由は簡単です。 お店が儲からなかったら潰れちゃうからです。 イベント日でさえ 極少数の高設定台と 大多数の低設定台、下手したら全台低設定 という状況なので、ジャグラーで勝つためには 『高設定が入るお店のデータを集めて高設定台が入る場所を特定する』 というプロでも難しい技術が必要になってきます。 ( データから高設定が入るお店と場所を特定する方法は後ほど解説します) もしかしたら、「俺のよくいく店には毎日REGがいい確率で当たってる高設定台が結構あるよ」って方もいるかもしれません。 確かにREGや大当たり確率がいい台は高設定に見えます。 でもほとんどの場合勘違いなことが多いんですよね。 でもその勘違いがジャグラーの難易度を高くしている要因なので次で解説します。 設定判別が難しすぎる ジャグラーの設定判別は どんだけスロットが上手な人でも不可能と言えるレベルで難しいです。 その理由を説明します。 設定差が少ない 例えば以下のアイムジャグラーのボーナス確率をみてください。 2 96. 5 97. 0 99. 6 102. 4 104. 3 106. つまりあなたの行っているお店のアイムジャグラーが 全台設定1だったとしても、 4000G回ってても25台に1台は設定6のように見える可能性があるということです。 実はこの表の数字には次の問題も隠されているので解説します。 中間設定が多いというお店の状況の問題 ジャグラーの設定の使われ方には中間設定が多いということが挙げられます。 中間設定を使うことでお店はしっかり利益を上げられてお客さんも来てくれるのでジャグラーの中間設定はそこらへんのお店にごろごろ存在すると思ってください。 しっかりと データを取り、根拠のある状態で攻めることにより収支をあげることが可能です。 設定6があるお店のデータをとる まずは6を使っているお店を探し出す必要があります。 先ほど説明した注意点にあるように、 設定6に見える中間設定や低設定ではなく 本物の設定6を使っているお店を見つけなくてはいけません! 基本的にデータ取りの段階ではお店に直接足を運ばなくても平気です。 お店のデータが見られるサイトやアプリを利用して、 設定6をはるかに凌駕するデータを見つける作業をします。 お店のデータを見るためにはというサイトがオススメです。 具体的には、 画像はの画像ですが、上記のような台を見つけるのにかなり役に立ちます。 使ってみたい方は公式サイトを確認してみて下さい。 まずは本物の6を使っているお店を見つける作業をしてください。 それが終わったら次に行きます。 どの日どの台に設定6が入るか見抜く 設定6を使っているお店がわかったら、次はいつどの台に高設定が入るのかを見抜く作業をします。 どの日に入るか? 毎日、3の付く日、7の付く日、ゾロ目の日、火曜日、土曜日、連休前、月末、月初、etc. ホールによって違いますが、特定の日に入れているかどうかを見抜きます。 データをしっかり取ってして見抜きましょう。 簡単に設定が入る日を見抜く方法としてオススメなのがサイトセブンを使った方法なので紹介しておきます。 上の画像はのアクセス解析という機能で出てくる画像なんですが、ご覧のように、 1の付く日にアクセスが多く集まっている= 1の付く日が設定が入っている日 ということがわかります。 サイトセブンは月額500円で使えます。 僕はヘビーユーザーなので毎月利用料を払っていますが、1ヶ月で退会しちゃっても平気なので自分がよく行くホールのデータだけ取ったら退会してしまえばかなり安くデータを抜くことができます。 設定を入れる日がわかったら、次はどの台に入るのかを絞っていきます。 この作業は経験もかなり重要になってきてとても難しいですが、うまい人になると7割〜9割のレベルで入る場所を予想できるようになります。 これができるようになることでジャグラーでも大きく稼ぐことが可能になります。 例えばサイトセブンで上記の1のつく日がイベント日のお店のジャグラーのデータを見てみたのですが、 ご覧のように末尾1番台に多くの設定6らしき台が使われていることがわかりました。 このお店では1のつく日に末尾1番台のジャグラーに座ることで勝率を劇的にアップすることができるということです。 サイトセブンを使ってみたいという方は公式サイトから登録して下さい。 サイトセブン公式サイト: まとめ この記事に書いたことについてまとめると• ジャグラーで勝つのはプロでも難しい• ジャグラーの設定判別は難しい• ジャグラーは低設定でも高設定に見える場合がある• ジャグラーで勝つためにはデータ取りと分析が必須 ということをお伝えしました。 ジャグラーで勝つのは簡単ではないですがしっかりとデータ取りと分析をすれば、結果は出せるようになります。 みなさんもしっかりとデータ取りをして高設定ツモっちゃってください! 最後まで読んでくださってありがとうございました。

次の