パチンコ ボーダー。 パチンコボーダーとは?計算方法とパチンコボーダーラインを解説!

CR天龍∞ パチンコ スペック・ボーダー狙い目【パチンコ】

パチンコ ボーダー

前の「1円パチンコとは? 」のコンテンツで1円パチンコの性質というのは ある程度、御理解いただけたと思います。 ここでは、1円パチンコのボーダーラインについてお話します。 では1円パチンコだったらどうでしょう。 多くの1パチのホールが釘は意外と渋くガチガチに閉めているという感じではないでしょうか。 全国どこでも、あまり釘は変わらないようです。 一般に換金率にもよりますが1円パチンコのボーダーラインは 1000円辺り70〜80回といった感じのようです。 1000円で1000発ですから少しばかり回転数が少ないような気がしますが 釘が渋い中では1000円辺り80回もまわればいい方だと思います。 それではなぜ1円パチンコは釘が必要以上に渋いのでしょうか? 流通単価は変わらないからです。 その為、必要以上どころか当たり前にですら、出玉が多くなるとホールサイドは困るのです。 なのでギリギリの条件下で遊戯させようと言うことになってしまいます。 その中でも特に多いのが「寄り釘」「天釘」「道釘」「Vゾーン周辺」の釘を絞って遊戯させるホールです。 正直2008年現在ではこのタイプのホールが一番多いです。 その為、まず「まわらない」ということに始まり当たってもサブデジタル スタートチャッカー が開く 「GOゾーン」には入らないので確変中、どんどん玉が減っていく と言うことになり、最終的に当たってもVゾーンに入ってくれず横に玉はそれて削られていき 1回の大当たりで1500個出る台でも1350個くらいしかでないという状況になります。 その為、持ち玉での遊戯時間が少し短くなり追い銭をしなければならない状況が生まれやすいのです。 そして1円パチンコでは回らないため確率抽選でもハズレ判定が多くハマルと言う結果になるのです。 1箱の持ち玉で100回まわるのと、70回しかまわらないのとでは結果が変わってきます。 仮に10箱まわすとすると1000回と700回、その差300回も回転が変わってくるのです。 なので1円パチンコの場合、ある程度、連荘したら サッと逃げるという立ち回りが有効になります。 ボーダーラインと言うのと少し話しがそれましたが1000円辺り80回まわるのが平均だとしたら あと10回、1000円辺り90回を目指しストロークを駆使してください!! 上の「BACK TO THE MAIN PAGE」を クリックするとトップページへ戻れます。

次の

Pリング 呪いの7日間2 天井・スペック・ボーダー狙い目【パチンコ】

パチンコ ボーダー

そもそも、ボーダーとは? ボーダーラインの解説 ボーダーラインとは、超ざっくり言うと 1000円辺り何回転あれば、収支がプラマイ0になるか?を表す数字です。 例えば、こんな台があるとします。 そしてあるお店にはこの台が3台設置されていたとします。 Cは10,000円で大当たり確率の分母分回るので、長期的に見たら10000円でほぼ必ず当たることになり、1回辺りの大当たり収支は-6000円になります。 この場合、Aを打つのが一番良いのは当然なのですが、Bを打っても(少なくとも)負けることはないのです。 Cは打てば打つほど負けます。 パチンコのボーダーラインとは、上記のBのことです。 ボーダーラインの計算方法 これは計算方法に興味がある方だけチェックして貰えれば良いです。 02011… 計算しやすいように小数点を切り捨てますが、「約0. 02回」が「1円辺りのボーダー」となります。 ボーダーは僕のサイト含め、どのサイトでも通常は「1000円辺り」の表記になるので、 0. 現在都内を始め、いくつかの地域で等価廃止になっています。 当然、換金する際は金額的なギャップが生まれるため、等価交換時のボーダーで台を選んでしまうとギャップ分損をしてしまいます。 なので今回はギャップ分を考慮したボーダー論の考え方を説明してまいります。 例えば4円パチンコの換金率が3. 5 円 = 28. 1428 つまり3. 5円交換の等価比は「114. 同じように3円交換の場合は「133. ちなみにボーダーの実数値は、例えば3. 1428 114. 856 回 となり、「約22. 86回」が3. 5円交換時のボーダーラインとなります。 5円交換でここまでボーダーが上がることを考えると、2. 5円とかは正直打てないレベルですね笑 もちろん、交換率が低い店の方がより回りやすいとかはあるかと思いますが、時間効率の面や現実的にそんな良心的な店があるのかと考えると、より交換率が高い店でお宝台を探す方が効率的なのでは?と僕は思ってしまいます。 まとめ パチンコのボーダーラインは、パチンコで勝つためには必須な知識です。 スロットと違い、現状はパチンコに設定はないので、パチンコの収支を左右するのは釘の調整次第ということになります。 ですが実はそんなに難しく考える必要はなく、 ・1000円でどれだけ回ったのか? ・それはボーダーを超えているのか? この2つだけ把握していればある程度簡単に勝てるパチンコ台を見つけることはできます。 ボーダーを出す計算はめんどくさいですが、当サイトの機種ページにもその台ごとのボーダーラインを記載しておりますので、自分で全部計算する必要は無いので安心してください。 記載されているボーダーよりプラスの台を打ち続ければ、長期的に見て必ず勝てるというのが、パチンコのボーダーライン理論の素晴らしいところなので、ぜひ今度からはボーダーについても考えながら台選びやヤメ時を考えて見てください。

次の

2020年パチンコ新基準P機ミドルタイプ・ボーダー甘い機種ランキング

パチンコ ボーダー

基本的には電サポ12回転+残保留4回転の計16回転で、約9. 9分の1である小当り確率を狙って連チャンを目指す、この連チャン率は約82%もあり、図柄揃い後はボタンプッシュ等でラウンド数をジャッジ。 MAX表示で10R獲得となり、ラウンド中の昇格も確認済み。 また、初当り時の40%は電サポ100回転+残保留となるため、この場合は実質次回連チャンも濃厚となる。 RUSH中はバトル演出がメインとなるが、いきなり大当りするパターンも搭載。 大当り後はフラッド現象の行方に注目! 当該保留はCHANCE文字部分が発光し、ココが赤や黄色に変化すれば大チャンス! また、回転開始時に勝鬨レバーを操作するパターンも期待大だ。 色別信頼度 青 約2. 0% 緑 約14. 2% 紫 約23. 5% 赤 約59. 6% 黄 約96. 第一段階止まりなら「クライマックスリーチ」へ、第二段階到達なら本機最強期待度を誇る「ストーリーリーチ」への発展が濃厚となる。

次の