笑っ て ごまかす。 「笑ってごまかす」「予防線をはる」/若手ビジネスマンの処世術

笑ってごまかすとき、笑顔の裏にある本当の思いとは。

笑っ て ごまかす

「何でも笑ってごまかすな!!」と怒りの声を挙げる人は多く、何でも笑ってその場をやり過ごすことは、相手をイラっとさせる行為です。 他にも、「笑ってごまかすことが心底嫌いだ!」と主張する人もいるほど、笑ってごまかすことが日常化している人が世の中にはいて、こうした人の心理には笑えないある秘密が隠されています。 最初にはっきりと申し上げておきますが、【笑ってごまかす人の胸糞悪い心理】を知ることで、相手をさらに嫌いになる可能性があることを、承知しておいてください。 具体的にどういう目的があるのか?までの、細かな部分も全て暴露していくことで、笑ってごまかすの人の狙いから本心までを全て伝えていく記事となっています。 タップできる目次• なぜ人は笑ってごまかすのか? なぜ人は笑ってごまかすのか?をまず考えてみると、人が笑ってごまかす場面とは、以下のような場面に限られた時であることが分かります。 自分に都合が悪い時• 本心を伝えたい時• その場をやり過ごす時 主に上記の3つの場面で、人は笑ってごまかそうとする心理が働きやすいわけですが、これは実際にあなたの人生を当てはめてみると、おそらく同じような場面で笑ってごまかした過去が、あなたにもあることでしょう。 また、普段から笑ってごまかす癖がついている可能性も考えられますが、こちらの心理は非常に簡単なものとなることから、理由を説明すると多くの人が「なるほど」と納得するはずです。 次の項目では実際にそうした人の心理を細かく紹介していくので、笑ってごまかす人の本心と狙いについて知っていきましょう。 笑ってごまかす人の特徴 自己愛が強い人 自己愛が強い人は自分が大好きな人であるわけですが、こうした人は「恥に耐えれない」特徴が見られ、子供の頃から恥の感情に対して親から多くを学ばなかった子供は、大人になると恥への対処が分からずに、笑ってごまかす選択を取ることになります。 自己愛が強い人ほどわがままで自己中心的なんて言いますが、大好きな自分が特別な存在であると思い込みたい自己愛が強い人は、失敗に対しての恥を紛らわすことで自分の名誉を保ち、有能であることをアピールするのです。 また、基本的に相手を見下すことで自分を保つ自己愛が強い人は、自分が有能であることをアピールすることで言い訳を並べ、失敗をしたのはあなたのせいだと言わんばかりの発言もしばし見られるため、笑ってごまかした後の言い訳にイラっとすることも多くなることでしょう。 自尊心を守り通したい気持ちが強いことから、相手の欠点を指摘して自分の評価を上げようとする行為は、職場では厄介者として扱われる確率も非常に高くなってしまいます。 気疲れが絶えない人 気疲れが絶えない人と笑ってごまかすことの関係性は、「とにかく愛想よく振る舞おう」とする気持ちであって、相手に嫌われないためにも、普段からニコニコと笑顔を見せるこのタイプは、精神的に疲れ切ってしまうことが多い性格です。 人は精神的に疲れ切ってしまえば、適切な行動が瞬時に取れなくなってしまったり、または内心パニックとなってしまうことで、笑ってごまかす選択を取ることになります。 こちらの場合は悪気があると言うよりは、普段の気苦労が溜まっていったことによって、適切な対処ができない精神状態となってしまうことが原因なので、じっくりと心を休める時間が必要です。 笑ってごまかすことは許せないと思う行為であるものの、人間関係の疲れが適切な判断を鈍らせてしまう事実を知った人の中には、少し優しい気持ちになれた人もいるのではないでしょうか。 責任感がない人 責任感がないからこそ笑ってごまかすとの考えは、最も単純で多くの人が真っ先に考えそうな思考でありますが、この考えも間違った指摘ではなくて、むしろクズ人間に見られる最悪の特徴です。 責任感がない人が笑っている本音を読み解くと、「自分にはどうでもいいことだし」との本音が読み取れ、相手にとっては重大なことであっても、自分にとっては知らない程度の責任感しか持てないことが、相手にとってナメているとも思える態度に繋がります。 普段からヘラヘラしていて、自分のミスで周りに迷惑をかけている事実を認めれない人は、恋愛や人間関係、仕事の3つ全てで無責任な行動が見られ、時には相手を裏切る行動を見せる人物です。 故に、このタイプに怒りの感情を覚えているあなたは、このようなクズ人間は真面目に関わることを避けて、できるだけ関わらないように毎日を過ごすことが、あなたにとっての幸せにも繋がってきます。 笑ってごかまされやすい人の特徴.

次の

笑ってごまかす時の心理について見てみよう!

笑っ て ごまかす

泣きながら話すことは自分のプライドを傷つける、と思っているのでしょう。 「人前で泣く」ということに抵抗感がある人は、泣く代わりに笑おうとします。 本当は泣きたい気持ちを、笑うことで抑え込んでいるのです。 この場合は、表情をよく見ればわかります。 口元は笑っていますが、目じりや眉は下がっています。 「悲しい」という気持ちは、目や眉に表れやすいのです。 本当は泣きたいのですが、それは卑怯だと思って笑ってしまうのです。 これは先ほどの、「泣きながら話したくない」という心理と似ています。 怒りを爆発させてしまうと、相手を傷つけることになります。 また、自分にとってもマイナスになってしまいます。 その為、わざと笑っているのです。 この場合も、先ほどご紹介した「泣きながら話したくない」と同じで、目元に気持ちが表れます。 口元は笑っていますが、目はまったく笑っていません。 怒りの感情は目に表れますから、目が笑っていない場合は、怒りを抑え込んでいるのです。 怒られることが怖いのです。 他人の怒りの感情に大変敏感なタイプの人と言えるでしょう。 少しきつい言い方をされると委縮してしまうような人は、笑いながら話したり、笑ってごまかすことが多くなります。 笑顔を作ることで、相手の怒りの感情を抑えようとしているのです。 「私は笑顔を向けていますから、あなたも怒りを鎮めて笑顔を向けてください」という思いを、笑顔という表情で相手に伝えています。 本当は謝罪の気持ちがあります。 ですが、その謝罪の気持ちをどんなふうに表現すれば良いのかわからないのでしょう。 謝りたい気持ちはあるけれど、どんな風に謝れば許してもらえるのかわからず、笑ってしまうのです。 笑うことで、相手に助けてもらおうと考えているのです。 このタイプの人は、素直に自分から「助けて欲しい」とは言えません。 それを言ってしまうと、相手の迷惑になると考えているからです。 ですが、助けて欲しい気持ちはあります。 笑いながら話すことで相手の警戒心を解き、相手から「手伝ってあげよう」と言ってくれるのを待っています。 相手が自分から言い出してくれたら、自分は良心の呵責にさいなまれなくて済みます。 ストレスなく助けてもらうことができる為、笑うのです。 内心ではかなり焦っている、ということです。 「どうしよう」や「とんでもないことをしてしまった」などのような、かなり強い焦りを感じています。 ただ、焦っているという心理状態を相手に知られたくない、という気持ちもあります。 このタイプの人は、自分を大きく見せたがります。 どんな時でも笑顔で余裕を見せることで、自分を大きく見せたいのです。 相手に笑顔を見せていれば、自分の焦りの気持ちがばれることはない、と思っています。 ある意味、プライドの高い人と言えるでしょう。 周囲の人たちの顔色を窺うことが多い人は、笑うことそのものが癖になります。 自分が怒りの感情を露わにしてしまうと、周囲の人たちの気持ちを損なうからです。 笑顔で周囲の人たちのご機嫌を取ることが、この人の癖になっています。 その為、本人は気付いていないことが多くあります。 誰かに指摘されて初めて、笑いながら話すことや、笑ってごまかしていることが癖になっていることに気付くでしょう。 そういう意味では癖になっている人は、気苦労が絶えない人という見方もできます。 責任を負いたくないという気持ちから、笑ってごまかそうという気持ちが湧き上がってきます。 笑ってごまかして相手に許してもらい、後のことは相手にすべて丸投げしよう、という気持ちがあるのです。 仕事で責任感ややる気がない人にはその原因があります。 特徴や改善方法についてもお知りになりたい方は、こちらも参考にしてみてください。 いじめられた経験がある人は、周囲の人たちから嫌われることを怖がります。 相手に嫌われたくなくて、笑顔を作っているのです。 笑顔でいると周囲の人たちは自分を受け入れてくれるだろう、と考えているのです。 以前に自分のミスを、大勢の前で怒られた経験があるのでしょう。 その時のショックがトラウマになってしまっているのです。 「もうあんな思いはしたくない」という思いから、笑ってごまかしてしまうのです。 笑ってごまかしても許してもらえる環境だった、ということです。 「しょうがないなぁ」などのように、いつも誰かに助けてもらったり、許してもらえたのでしょう。 それが当たり前になってしまっているのです。 癖には、必ず何らかの原因があります。 笑ってしまう癖や、笑ってごまかす癖にも、あなたなりの原因があるはずです。 まずはその原因を突き止めましょう。 原因を突き止めて根本から解決しなければ、癖というものは改善されません。 自分で考えても原因がはっきりしない場合は、誰かに相談してください。 家族でも良いでしょう。 または、友人に相談してみるのも一つの方法です。 また、カウンセリングを受けるという方法もあります。 カウンセラーなら、あなたが気付いていない心理も解きほぐし、解決の糸口を素早く見つけてくれるでしょう。 人間は緊張してしまうと、その緊張をほぐそうとして笑顔になります。 笑うという行為は、肉体面と精神面の両方の緊張をほぐす効果があるからです。 極度に緊張していると、意識しなくても表情が笑顔になります。 コップ一杯の水を飲んだり、または深呼吸を数回したりしましょう。 意図的に緊張をほぐそうとすれば、表情が笑顔になることはなくなっていきます。 緊張をほぐす方法としては、軽くストレッチをするということも効果的です。 人間は責任感を持つようになると、表情が引き締まります。 「しっかりしなければ」という気持ちが湧き上がってくるからです。 その気持ちは、必ず表情になって表れます。 責任感をしっかり持つことで、笑ってごまかすことは改善されます。 自分にできることとできないことを明確にしましょう。 そして、できることに全力を尽くしましょう。 背伸びをする必要はありません。 背伸びをしても、なにも良いことはありません。 自分の身の丈に合った努力を続けることで、責任感も湧き上がってきます。 心理で「焦りの気持ちを隠したい」をご紹介しました。 早口になるというのも、気持ちが焦っているからです。 「相手に早く伝えたい」という焦りの気持ちが、早口にしています。 それと同時に、表情も笑顔になってしまいます。 「焦りの気持ちを隠したい」という気持ちがあるからです。 ゆっくり話すようにしましょう。 ゆっくり話すように意識すると、焦りの気持ちは抑えられます。 すると、「焦りの気持ちを隠したい」という心理も湧き上がって来なくなりますから、笑うということもなくなっていきます。 癖というものは、自分ではなかなかわかりにくいものです。 癖は無意識に出てしまうものですから、どんな時に笑ってしまう癖や笑ってごまかす癖が出るのかがわかりません。 そういう時は、周囲の人たちに協力してもらいましょう。 話す時に笑ってごまかす人の多くは自覚がない 話す時に笑ってごまかす人の多くは、自覚がありません。 本人は笑っているつもりはないのです。 その為、改善するには自覚することが必要です。 親しい間柄なら、相手の為にも指摘してあげると良いでしょう。

次の

「笑ってごまかす」「予防線をはる」/若手ビジネスマンの処世術

笑っ て ごまかす

Risakoさんへ 以前のご質問への回答となり恐縮ですが 少しでも参考として頂けますと幸いです。 既に先の回答者様がアドバイスされておられますので 別表現を紹介致します。 今回は「ごまかす」という箇所が難しかったかもしれませんね。 We often just laugh は、「私達(日本人)は、よく、単に笑うだけである」 and don't face it. 「そして、それに向き合おうとしない」 という感じで、今回お尋ねの「ごまかす=真剣に受け止めない」という ニュアンスを伝える事ができます。 この face は、「顔」という意味の名詞だけでなく・・・ ex. We should face the problem. 「我々は、その問題と向き合うべきだ」 ex. The hotel faces the ocean. 「そのホテルは海に面している」 などと、動詞としても使われます。 (ご興味があれば、辞書等で face を掘り下げて お調べください) ・・・少しでも参考として頂けますと幸いです。 Risakoさんの英語学習の成功を願っております。 LLD外語学院 学院長 前川 未知雄.

次の