ライン 通話履歴 消えた。 LINE通話履歴の確認と通話履歴を削除する方法

LINEで通話履歴の確認方法!履歴を簡単に見る設定や履歴の削除方法も解説します|LINEの使い方まとめ総合ガイド

ライン 通話履歴 消えた

LINEの友達リストやトーク履歴が消えた LINEでよくある、アップデートしたり、機種変更してLINEのデータを引き継いだら友達リストやトーク履歴が消えた! というアクシデント。 また、原因不明のエラーや操作ミスでLINE上の友達やトーク履歴を誤って削除してしまった、という経験がある人もいるかもしれません。 LINEがこれだけ浸透した世の中でLINEぼっちなんて想像するだけで恐ろしいですね。 LINEの消えた友達やトークの履歴を復元する方法についてご紹介いたします。 LINEの友達やトーク履歴が消えた原因は? まずはじめに消えたLINEの友達、トーク履歴は、状況によっては復元することは可能です。 そして、LINEの友達、トーク履歴が消えてしまう原因は概ね以下の4つです。 ・LINEの友達、トーク履歴が消えてしまう原因 1. アップデートなどによる、LINEアプリ自体の不具合 2. 機種変更や端末変更時にLINEのデータをうまく引き継げていない 3. 友達がLINEを退会、アカウントを削除した 4. アップデートなどによる、LINEアプリ自体の不具合の場合 LINE自体のアップデートが原因で、すべてのトーク履歴や友達リストのデータが消えてしまった場合。 また、アップデートではなく、LINE側のトラブルや同期中でも運悪く友達が消えたという話はあります。 この場合は、おとなしくLINE側の対応を待つのが賢明です。 機種変更や端末変更時にLINEのデータをうまく引き継げていない場合 iPhoneに限った話ではありませんが、機種変更、端末変更を行った際にも、LINEのデータをうまく引き継ぐことができずに友達リストやトーク履歴が消えてしまうことがあります。 友達がLINEを退会、アカウントを削除した場合 あなたの気づかないうちに友達がLINEのアカウントを削除したり、退会したりしても、友達リストから友達のデータが消えます。 退会理由は友達に聞かなければ分かりませんが、元のLINEアカウントを復活させない限り、一覧にその友達が戻ることはありません。 アカウントを変更した、機種変更をしたのち、アカウントを新しく取得しなおした場合などがこれに当たります。 この場合は解決方法は相手次第です。 消えたLINEのデータを復元するには「バックアップ」が重要 どの理由でLINEから友達やトーク履歴が消えたとしても、手っ取り早くLINEのデータを復元したければ、常日頃から必ずバックアップをとる癖をつけておきましょう。 LINEのバックアップは面倒だし、時間がとれないとか言い訳を挙げだしたらキリがないのですが、それでも友達リストやトーク履歴が消えてしまった時に、バックアップがあればほとんどの場合復元することができます。 トーク履歴に関してはバックアップがなければ一度消えると復元することができません。 バックアップから友達やトーク履歴を復元する方法 それではバックアップからどうやって友達やトーク履歴を復元すればいいのか、PCとスマホで別で見ていきたいと思います。 PCの場合: iTunesからの復元 注意してほしいのが、iTunesでバックアップをとったときに「iPhoneのバックアップ暗号化」のチェックを入れていない場合はiTunesからラインの履歴を復元することができないので注意して下さい。 ・ LINEのアンインストール 1. アンインストール完了です。 次はApp Storeから再度LINEアプリをインストールします。 再インストールする際の注意点、「新規登録」ではなく、データ復元時は「ログイン」を選択するようにして下さい。 画面の指示に従って、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力し、電話番号を入力して「番号認証」をタップ。 年齢確認に関しては、特に必要ありませんのでどちらでも構いません。 ここまでの作業を行えば、バックアップなしでも無事に友達のデータがLINE上に復元されているはずです。 ただ、現時点ではまだトーク履歴は復元できていませんのでご注意下さい。 トーク履歴の復元はまた別の手順が必要となりますので、次でご説明します。 トーク履歴を復元するためには、バックアップが必須 LINEのトーク履歴の復元には、バックアップが必須です。 また、iOSは最新版にアップデートしてからの復元作業をおすすめします。 トーク履歴のバックアップ時とバージョンが違う場合、上手く復元できないことがありますので注意。 トーク履歴のバックアップについては、以下の記事にまとめていますので、合わせて試してみて下さい。 ・ まとめ LINEの友達が消えてしまう問題、LINEアプリのアップデート時にも頻出する現象ですが、これ、実はLINE側もなかなか改善が難しい状態らしく、一度なってしまったら今回ご紹介したLINEアプリの再インストールで乗り切るのがベターとされています。 トーク履歴に関しても、今回ご紹介したバックアップを取っていない限りは復元することはできませんので、最悪の事態に備えてバックアップは面倒でも必ず定期的にとるようにして下さい。 頻繁にしなくても、1ヶ月に1回などのスパンで定期的にバックアップを行うことで、全データが消失するリスクは最小限に留めることができますよ。 ・ この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

次の

Androidスマホの着信・通話履歴を復元する方法

ライン 通話履歴 消えた

ここ数年、無料SNSアプリのLINEは色んな人の日常生活に不可欠な社交ツールと呼ばれてきました。 もしある日突然、そんな大事なアプリが不具合に遭って消えてしまったら使用者が大変困るのでしょう。 だからここで、LINEのアプリが消えた非常時の対応策を皆さんに紹介したいと思います。 おすすめ記事: 目次 また、LINEアプリが消えたせいでデータが失った場合、PCソフト「」でデータを復活する方法をおすすめしています。 ソフトは下記ダウンロードボタンからPCに保存できます。 LINEアプリ自体が消えた時の復元方法 LINEアプリ自体が勝手に消えるのは滅多にないことですが、不運にそんな事に遭っても焦る必要はありません。 まず最初からアプリが消える原因を特定してから、それぞれのシチュエーションによって適な対応策を取れば問題がないと思います。 ・最初に確認すべきこと LINEのアプリが消えたら、最初にはアプリのインストール状態を確認すべきです。 確認手段も簡単です。 Android系のデバイスならばGoogle Play、iPhoneならばApp Storeをアクセスしたらいいです。 それからアプリ検索機能で「LINE」を入力して、アプリ情報ページまでたどり着いたらインストール状態の確認ができます。 簡単に言うと、インストール済み状態のLINEアプリがデバイスに存在すると、「開く」というボタンがアプリストアに備えています。 それをタップして、LINEアプリを開けるかどうかを確認してください。 ・LINEアプリが消える原因と対策 アプリストアのインストールページでLINEのインストール状況確認したら、場合によってアプりが消えた原因を考えられます。 もしインストールされていない場合ならば、再インストールしてLINEのアプリを復元すれば問題を解決できると思うが、インストール済みなのにアプリが消えた場合は以下の原因が考えられます。 なぜLINEのアプリが消えるのかを分かってから、その対策を試してみましょう。 ランチャーの不具合 普通、ランチャーには携帯メーカーから用意された標準ランチャーとサードパーティー製ランチャーの区別があります。 前者の使い勝手がよくないと思ってから後者に移したが、元のアプリをトレイからデスクトップ画面にもう一度設定しないと、メイン画面で探したいアプリが見つけられないかもしれません。 この場合では、トレイ領域からLINEアプリを見つけて、もう一度メイン画面へ追加すれば問題を解決できます。 LINEがアップデート中 アプリの自動更新を設定した方ならば、偶には自動更新によってLINEアプリが不可用になって、更に消えてしまうことがあります。 そういうことに遭わない為、予め設定の 「アプリの自動更新」を 「自動更新しない」に設定する方がおすすめです。 誤操作によってショートカットアイコンが削除された サードパーティー製のランチャーを使わなくても、うっかりしてメイン画面からLINEのショートカットを削除することもないとは言えません。 極めて少ない状況ですが、ここは一応原因のリストに入ろうと思います。 もし本当にそんなことだったら、簡単にアプリ一覧画面、即ちトレイからアプリを改めてメイン画面へ追加すればいいです。 一番目の手順と同じ、簡単に対応できる状況だと思います。 LINEのアプリの中のデータが消えた時の復元方法 LINEのアプリ本体ではなく、トーク履歴等のデータのみが消えた時には、アプリのバックアップ復元からデータを取り戻すことが可能です。 バックアップのない場合では、サードパーティー製復元ソフトによって直接にデバイス本体からデータを復旧してみましょう。 iPhoneのユーザならば、本記事で紹介された「」を使って、LINEの消えたデータを復元することを試してください。 ダウンロードボタンから、「FonePaw iPhoneデータ復元」の最新バーションを入手できます。 ソフトを起動して、 LINEのトーク履歴が消えたiPhoneをパソコンと繋がってください。 iPhoneのデータを処理する権限を得る為に、iPhone側出た「このパソコンを信頼しますか?」のポップアップで 「信頼」のボタンをタップしてください。 次には「iOSデバイスから復元」機能タブの 「スキャン開始」を押して進みましょう。 データの量によって、スキャンにかかる時間も異なっています。 ここでは気長くお待ちください。 スキャン完了後、例示の画像のようにデバイスに残っているLINEのトーク履歴を直にプレビューことができます。 注意すべきのはデバイスの状況によって、データが上書きされたからスキャンしても必ずや検出できるとは言えません。 故にLINEのデータが失ったらすぐにiPhoneの使用を止めて、ソフトでデータをスキャンする方が一番成功率高くておすすめです。 トーク履歴だけではなく、LINEの画像データが紛失された時も「FonePaw iPhoneデータ復元」を使って失った画像を検出して復元することが可能です。 もし特定なファイル名でとある画像ファイルを検出したいならば、右上の検索ボックスを使ってみてください。 復元したいLINEデータ(トーク履歴や画像ファイルを含め)を選んで、 「復元」ボタンを押せば、保存先を決めるウインドウが出てきます。 そこでストレージの残量が多いドライブを選んでからLINEのデータをパソコンに復元してください。 以上では、LINEのバックアップなしで直にデバイスから消えたデータを復元する手順の紹介でした。 「FonePaw iPhoneデータ復元」の「iTunesバックアップファイルから復元」と「iCloudバックアップファイルから復元」機能を使ってみてください。 もし事前にトーク履歴のバックアップが行ったことがあるならば、同一アカウントでLINEにサインインするとデータを引き継くことが可能です。 関連記事でを参考してください。

次の

消えたLINEのトーク履歴を復元する方法

ライン 通話履歴 消えた

昨今の現代社会において、ラインは誰にとっても、もはや不可欠のツールと言えます。 ところが、スマホの相次ぐ新機種に私たちは機種変更を次々と行い、そのたびにラインのトークが消えてしまうことでとても残念な思いをしてきました。 それが最近になって、そのトーク履歴を簡単に引き継いで、新しいスマホで利用できるように、移行したり復元することができるようになったのです。 これまでは、諦めてまたそこから新しいトークを始める、ということが当たり前だったのですが、今は完全復元する方法がいくつかあります。 パソコンへ一括バックアップし、そこから復元するという方法と、もう一つは、市販のデータ復元ソフトを使用して、バックアップがなくても復元できる方法です。 どちらも、古い端末と新しい端末に操作が必要となりますが、ごく簡単に解決できるので知識として頭に入れておきましょう。 スポンサーリンク 目次• iPhoneの場合 iPhoneを使用している人がラインのトーク履歴を復元する方法は、大きく分けて二つあります。 それは、バックアップ機能を用いて復元する方法と、バックアップをせずにラインのトーク履歴を復元する方法に分かれます。 バックアップを使う場合は、iPhoneのiTunesを使用する方法と、「dr,fone-LINE」のソフトを使用する方法があります。 また、通常考えると、バックアップしていないものを復元するのは不可能だと思われがちですが、「PhoneRescue — iOSデータ復元」というiphone向けのデータ復元ソフトを使うことで可能となります。 公式な方法がない 1phoneの機種変更やラインアプリを新しい端末にインストールする場合、トーク履歴を復元したい人がほとんどでしょう。 しかし、iphoneではその復元方法を公式にサポートしている方法がありません。 そこで、ユーザーは自己責任で何らかの方法でラインのトークの復元を試みなければならないのです。 現在、iphoneのライントークの復元方法にはいくつかの方法が話題となっていますが、いずれも非公式なものであるため、失敗する可能性も考えて、他の大切なデータをどこかにバックアップしておく必要があることを覚えておきましょう。 iTunesを用いて復元する まず、iTunesを使用して復元する方法について紹介します。 1、まずバックアップをします。 iTunesが入っているパソコンにiphoneをusbケーブルを使ってつなぎます。 2、iphoneが認識されたら、「自動的にバックアップする」の項目の中から「このコンピュータ」を選びます。 「iphoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れましょう。 3、バックアップを復元する際に使用するパスワードを設定し、バックアップが実行されます。 iphoneのデータを全てパソコンに転送するので、長ければ1時間くらいかかる場合もあります。 4、バックアップが正常に終わったら、実際にデータを復元してみましょう。 5、端末の操作メニューの「主導でバックアップ/復元」から「バックアップを復元」を選び、先ほど設定したパスワードを入力すれば復元が可能となります。 「dr. fone-LINEバックアップ&復元」を利用 では、次にdr. fone-LINEを使った復元方法についての紹介です。 1、初めに「dr. fone for iOS(Win)」を公式サイトからダウンロードしましょう。 「無料体験」ボタンからダウンロードできます。 2、画面の「LINEバックアップ&復元」機能を選んだら、iphoneをパソコンにつなぎます。 3、表示されている画面の「バックアップ」ボタンをクリックします。 4、OSデバイスにあるLINEのトーク履歴と写真などの添付ファイルデータのバックアップが始まります。 5、画面上の「確認」ボタンを押すと、バックアップされたデータの詳細を確認することができます。 6、LINEの全てのバックアップファイルが表示されるので、復元したいファイルを選び、iphoneデバイスに復元するかパソコンに復元するかを選択することができます。 「PhoneRescue — iOSデータ復元」を利用 では、バックアップを取っていなかった場合のライントーク履歴を復元する方法です。 これは、「PhoneRescue」と呼ばれるデータ復元のためのソフトを使います。 Androidでインターネットを... 404,428件のビュー• Android端末を利用している... 377,548件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,434件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 288,210件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 238,166件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 228,887件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 226,575件のビュー• Windowsを利用していると「... 219,912件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 210,141件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 192,964件のビュー.

次の