田崎 史郎。 安倍総理の御用記者と評判の悪い田崎史郎をメディアが出演させる理由

【とうとう田崎史郎が玉川徹にきれた】テレ朝の玉川徹ってなに様?申し訳ないけど私は嫌い!!!

田崎 史郎

21日の『ひるおび!』で堂々と「記者の気構え」を語った田崎史郎氏 安倍政権が「余人をもって代えがたい」人物だからと違法の定年延長までおこなった黒川弘務・東京高検検事長が、記者との賭けマージャン問題を受けて、きのう21日、辞表を提出。 法務省は訓告処分とした。 これでは退職金も満額支払われる可能性まである。 この処分の甘さには絶句するほかないが、じつはこの黒川氏の賭けマージャン問題では、もうひとつ、絶句するような出来事があった。 黒川氏の問題では、黒川氏と賭けマージャンに興じていたのが新聞記者だったという点にも注目が集まり、「記者はこうして癒着しているのか」「これで国民の知る権利は守られるのか」などと問題視されているが、そんななか、安倍首相と会食を重ねてはテレビに出て露骨な政権擁護を繰り出すために「スシロー」という異名まで持つにいたった、あの田崎史郎氏が、きのう放送の『ひるおび!』(TBS)で堂々と「記者の気構え」を語ったのだ。 まず、番組では、黒川氏が産経の記者2名と、朝日の元検察担当記者と賭けマージャンに興じていたことについて、田崎氏に「記者の立場で今回のニュース、どうご覧になりました?」と質問。 てっきり、権力者と一緒に賭博罪に該当する犯罪行為をおこなっていたという記者としての倫理観を問うのだろう……と思いきや、田崎氏はこんなことを言い出した。 「僕ら政治記者は、『政治家と癒着している』というふうに批判されるんですね。 あれ(「週刊文春」)を見て、社会部記者のほうがよっぽど癒着してるんじゃないかと思いました」 開口一番、言うことが「俺より社会部の記者のほうが癒着してる!」って……。 まさかの主張に、田崎氏の発言中から八代英輝弁護士のものと思しき笑い声が聞こえ、番組MCの恵俊彰も「最初から攻撃的ですね(笑)」と言うしかなかったほど。 しかも、いよいよ記者が権力者とマージャンをしたり飲みに行くことに問題はないのかという話題に移り、元NHK解説副委員長の鎌田靖氏は「権力者に取り込まれてはいけないから、親しくならなくてはいけないけども、ある一線は守らなければいけない」「それをやらないと、たんにお友だちだから、お友だちと会っているというわけではなく我々は仕事で会っているわけですから」とコメント。 対して、恵が田崎氏に「新聞記者の方は取材対象とマージャンしますか?」と問うと、田崎氏は迷うことなく「します」と即答。 そして、こんな熱弁を振るったのだ。 「僕は政治部に配属されて、最初に自分でこうしようと決めたことは、取材対象の政治家から誘われたら断らない、と。 どんなことがあっても」 「マージャンもするし、僕、酒はあまり得意じゃない、飲めないんですけど、酒も飲み、一緒に遊びもする、とにかく付き合う。 付き合って、仲良くなって、いざというときに話が聞ける状況にしておくんですね。 で、聞いて、それをすぐに書けないときもありますよ。 書けないときがあってもそれを溜めておいて、いずれ書くぞ!という気持ちをつねに自分で持ってることが大事だと思うんですよ。 僕はそうやってやってきた」 「いずれ書くぞ!」って、安倍首相と一緒に寿司をつまんで聞いた「書けない」話を、アンタは書いたことがあるのかよ、という話だろう。 実際、田崎氏が言うこと、書くことといったら、安倍首相や安倍官邸が「流してほしい話」「書いてほしい話」だけではないか。

次の

田崎史郎氏、生放送で頑なに安倍政権擁護し嘲笑の的に…「専門家会議議事録、数週間かかる」

田崎 史郎

田崎史郎の経歴と職業 田崎史郎さんは、 1950年6月22日、福井県の出身で、2020年4月現在の年齢は、69歳となっています。 1973年に時事通信社に入社して、報道関係者としての人生をスタートさせた、田崎史郎さん。 ところが、 1975年、みずからへの人事をめぐって、労働組合が原因の左遷だとして訴訟を起こし、和解にもちこんで、政治部に配属されることとなりました。 その後は、大平正芳首相の番記者、自民党田中派の担当など、正統派のコースを歩んでいくことに。 時事通信社では、整理部長、解説委員を歴任し、 2006年には解説委員長に就任して、政治評論家としての活躍が目立つようになっていきます。 そんな田崎史郎さんは、 2010年には、異例のことながら、特別解説委員に就任しました。 2018年、特別解説委員を退いたのちは、政治評論家として独立。 その後、 2019年には、駿河台大学客員教授に就任しています。 これまでに出演してきたテレビ番組は、『直撃 LIVE グッディ! 』、『みんなのニュース』、『ひるおび! 』、『ウェークアップ! ぷらす』、『とくダネ』など。 ふつう、ジャーナリスト、政治評論家の場合、早々に独立してフリーランスで活動するケースが多いですが、田崎史郎さんは、長年、時事通信社に所属していたこと、特別解説委員に就任したことなどで、何かと話題になっています。 また、田崎史郎さんといえば、安倍晋三首相との関係のほうも、なにかと注目されていますが、これについては、後ほどあらためて見ていきましょう。 田崎史郎の年収と評判に自宅の場所 これまで取り上げてきましたように、ジャーナリスト、政治評論家として活動実績が顕著だった、田崎史郎さん。 それでは、その年収はどれくらいだったのでしょうか? こちらは、本人が明かしていませんので、ハッキリしておりません。 でも、あれだけ多数のテレビ番組に出演している以上、ギャラも高いでしょうし、数千万円くらいはざらに行っているのではないでしょうか。 そんな田崎史郎さんは、評判も気になりますが、こちらは次で取り上げてまいります。 なお、キー局の著名な番組に出演しまくっている以上、田崎史郎さんの自宅は、東京 23区内にあるのかと思いきや、意外にも郊外でした。 埼玉県坂戸市だというのですね。 どうして都心じゃなかったのか、いずれ明らかになればいいですね。 田崎史郎が安倍の犬と言われる理由 さて、田崎史郎さんといえば、ネット上では、「安倍の犬」などという評判が跡を絶たなかったとか。 こんなことを言われていた理由とは、いったい、何だったのでしょうか? これは、安倍晋三首相と懇意で、発言が安倍晋三首相寄りであることが原因だったそう。 実は、田崎史郎さんは、先述のとおり、自民党と関係が深かったため、安倍晋三首相とは、寿司屋で会食をするほどの関係だったのです。 田崎史郎さんも、極力、中立性は意識していることと思いますが、たしかにこれでは、自民党や安倍晋三首相を批判するようなことは言いにくいでしょうね。 が、こうしたことが逆に災いして、田崎史郎さんは、「田崎スシロー」と呼ばれるようになってしまったとのこと。 ジャーナリスト、政治評論家も大変ですよね。 テレビ番組で顔を観ないことはないといってもいい、田崎史郎さん。 もっとも、何かと話題性もある人物だったのですね。 時事通信社から独立したこともあって、今後がさらに期待されますが、政権側との関係も考慮したうえでの、ますますの活躍を見守っていきたいと思います。

次の

田崎史郎 絶句の理由がヤバイ!大人気のモーニングショーの映像は?

田崎 史郎

しかし、テレビ朝日社員でモーニングショー・コメンテーターの 玉川徹 氏の印象操作があまりにひどい。 しかも今日は日本人を馬鹿にするような発言も。 今日は、「自民堅調」との世論調査に … www. excite. テレ朝「羽鳥慎一モーニングショ-」(月~金、8:00~)が好調です。 9月第3週には、多くの番組がしのぎを削る朝の時間帯で、民放の視聴率トップに躍り出ました。 youtube. youtube. youtube. youtube. v … netgeek. naver. blog. html 7 日前 — 玉川徹氏『国会のヤジは正当だろうから安倍総理の街頭演説へのヤジも正当』 との趣旨の発言 国会のヤジは国会法116条違反 議場秩序を乱す行為 街頭演説のヤジは公職選挙法225条違反 演説妨害 玉川氏は番組内で訂正すべきだ! いやーでるわでるわ! 相当評判わるいですね 中には良い評価をしてるのものありました。 きっと波長が合うんでしょうね。 私は嫌いだから載せません 笑 横柄な態度や上からの目線は仕方ないとして、この人ヘリクツばっかりなんですよね そして主張を押し付けすぎ今の若者の言葉で言うととにかくウザイ! 私が思うに基本メディアはこの手の問題には公平であるべきだと思う。 コメンテイターなどフリーの人はいいとしても、社員は公平でないといけないと思うのですがいかがでしょうか? 玉川徹へのSNSの投稿.

次の