お返しギフト。 内祝い|大丸松坂屋オンラインショッピング

【楽天市場】内祝い・お返し│おくりものナビ

お返しギフト

賛否両論あるものの、「」で2位に入る人気を誇っている商品券・ギフトカード。 もらってうれしい人が多いのであれば当然、結婚内祝いとして多く贈られているはずなのですが、アンケート結果を見ると「実際に結婚内祝いに商品券・ギフトカードをもらったことがある」と答えた方はわずか22%。 約8割の方が「結婚内祝いに商品券・ギフトカードをもらったことがない」という結果になりました。 この事実からは、「もらったらうれしいけど、贈るのはちょっと…」という本音が見て取れるのではないでしょうか。 賛成派・反対派のみなさんの意見を見てもわかるように、もらう側には「券面に記載の金額分だけ、自分が好きなものを自由に選んで買うことができる」という大きなメリットがありますが、贈る側にしてみれば、「相手に金額がわかってしまう」という面もあるため、「金額が少ないと思われるかも…」「他の人と比べられるかも…」ということが気になってしまい、他のギフトをチョイスする、という結果になっているようです。 最近では、商品券・ギフトカードも選ぶことができるカタログギフトが発売され、人気となっています。 これは、「」でもNO. 1に選ばれているカタログギフトの新しいスタイル。 そんなギフトなら、返礼の金額がわかってしまうという懸念も上手にオブラートに包むことができます。 結婚内祝いにお悩みの方は、チェックしてみてはいかがでしょう。 調査実施:ギフト総合研究所.

次の

内祝い|大丸松坂屋オンラインショッピング

お返しギフト

葬儀はいつだって急なものですよね。 それにもかかわらず、訃報を聞いて駆けつけて下さる方には遺族として、感謝の思いが伝わるようなお礼をしたいのではないでしょうか。 故人が生前に繋がりのあった方から頂いた香典。 そのお返しとしてお渡しするのが香典返しです。 香典を頂いた分、「故人」と「葬儀に足を運んで下さった方」とのあいだに思い出があります。 故人の人生に関わってくれたことを深謝し、参列してくれた皆様に喜んでもらえるものをお返ししたいですよね。 近頃は多くの方が、香典返しにカタログギフトを選んでいます。 香典返しとしてお渡しするものを、個人との大切な思い出につなげられる。 それが、カタログギフトが選ばれている理由なのです。 例えば食品であれば、 ・お茶 ・海苔 ・砂糖 ・コーヒー 一般的にこのようなものが選ばれています。 慶事に使われる昆布や鰹節など、縁起の良いものは避けるといった注意が必要です。 また、食品なら日持ちするもののほうが良いですね。 日用品であれば、洗剤やタオルなどが定番です。 洗剤やタオルはどんな方に贈っても当たり障りのない品物のようにみえますが、肌に合わないものは使えない、といった方も中にはいらっしゃいます。 日用品を贈る場合は、成分や素材にこだわって品物を選ばれると良いでしょう。 香典返しは、香典を受け取ったその日のうちにお渡しする場合と、日を改めてお渡しする場合があります。 即日渡しの場合、持ち帰りにくいものをお渡しするのは避けたいですよね。 ですから、持ち帰りやすいサイズや軽めのものが選ばれているのです。 香典返しにお茶が選ばれる理由 香典返しといえば、やっぱりお茶は定番ですよね。 「だけど何故お茶なんだろう?」と思われた方も多いかもしれません。 ・形が残らない「消え物」だから ・どんな方にも飲んでいただけるから ということももちろんあるのですが、それ以外にも理由があるのです。 お茶は元々、鎌倉時代に臨済宗の栄西禅師という僧が、中国からお茶の種子、飲み方や栽培法などを持ち帰ったといわれています。 そして、寺院では毎日仏壇にお茶をお供えするようになり、やがて一般にも広がっていきました。 「仏事にはお茶」という習慣はそこからきているんですね。 お茶にはもうひとつ、「境界を区切る」というような意味があります。 昔、お茶の木はよく、土地の境界に植えられる目印となっていました。 このような「区切り」の意味があり、この世とあの世との「境界」を越える故人を送り出すために、お茶を飲んでいただくようになったとされています。 香典返しのお茶には、様々な深い意味があったんですね。 加えて、「好きなものを選べる」という最大の特徴があります。 近頃は多くの方が、香典返しにカタログギフトを選んでいます。 香典返しとしてお渡しするものを、個人との大切な思い出につなげられる。 それが、カタログギフトが選ばれている理由なのです。 香典返しは、頂いた香典の半額程度のものをお渡しするのが一般的です。 例えば、一万円の香典を頂いた方には五千円程度のお返しが目安となります。 参考として、たき新のカタログギフトを送られる場合なら、 こちらが目安の価格帯のものとなります。 多くの方がカタログギフトを選ぶ時代になっています 香典返しといえば、食品や日用品にするのが無難…そんなイメージをお持ちの方は 「香典返しをカタログギフトにするのは失礼にあたらないかしら?」と戸惑われているのではないでしょうか。 食品・日用品以外のものや、カタログギフトを選んでもマナーに反することはありませんので、どうぞご安心下さいね。 葬儀のあと、参列者はきっとカタログギフトを見ながら故人のことを考えてくれるでしょう。 たくさんあるページのなかから、故人が好きだといっていたものや故人と繋がりのある品物を見つけて、 「ああ、そういえばこれが好きだったなぁ…」 「あの人がよく身につけていたものだ」 そんな風に想いを巡らせてもらえたら、故人も喜んでくれるのではないでしょうか。 故人を偲ぶ想いで選ばれた品物は、つながりのある方々の生活の一部となります。 日々の生活のなか、カタログギフトの品物がきっかけで生前の姿が思い出される瞬間が訪れることでしょう。 別れを惜しんでくれた方々に感謝を込めて、それぞれの心に残るものを贈ってみませんか? 香典返しのマナー 記事一覧•

次の

香典返しの品選び、人気はカタログギフト

お返しギフト

賛否両論あるものの、「」で2位に入る人気を誇っている商品券・ギフトカード。 もらってうれしい人が多いのであれば当然、結婚内祝いとして多く贈られているはずなのですが、アンケート結果を見ると「実際に結婚内祝いに商品券・ギフトカードをもらったことがある」と答えた方はわずか22%。 約8割の方が「結婚内祝いに商品券・ギフトカードをもらったことがない」という結果になりました。 この事実からは、「もらったらうれしいけど、贈るのはちょっと…」という本音が見て取れるのではないでしょうか。 賛成派・反対派のみなさんの意見を見てもわかるように、もらう側には「券面に記載の金額分だけ、自分が好きなものを自由に選んで買うことができる」という大きなメリットがありますが、贈る側にしてみれば、「相手に金額がわかってしまう」という面もあるため、「金額が少ないと思われるかも…」「他の人と比べられるかも…」ということが気になってしまい、他のギフトをチョイスする、という結果になっているようです。 最近では、商品券・ギフトカードも選ぶことができるカタログギフトが発売され、人気となっています。 これは、「」でもNO. 1に選ばれているカタログギフトの新しいスタイル。 そんなギフトなら、返礼の金額がわかってしまうという懸念も上手にオブラートに包むことができます。 結婚内祝いにお悩みの方は、チェックしてみてはいかがでしょう。 調査実施:ギフト総合研究所.

次の