マンチェスター ユナイテッド。 マンチェスター・ユナイテッド 補強リストまとめ

マンチェスター・ユナイテッドが狙う12人の選手【20/21移籍情報】

マンチェスター ユナイテッド

概要 [ ] 1967-68シーズン、監督の指揮の下で、のクラブとして初めて(現)のを獲得したクラブであり、その後、1998-99シーズン、2007-08シーズンと通算3回の優勝を経験した。 また近年では、1985-86シーズンから2012-13シーズンまでクラブを率いた監督の下で、13回の優勝と2回の優勝を含む20以上の主要なタイトルを獲得し、長きにわたってイングランドのフットボールをリードしてきた。 現在、イングランドのトップリーグで歴代最多となる20回の優勝を経験している。 2017年にの経済誌『』が発表したクラブのでは、同クラブの資産価値は36億9000万ドルと算定され、世界のサッカークラブの中で5年ぶりに第1位となった。 2015-16シーズンのは6億8900万ユーロと算定されており、12年ぶりに第1位である。 クラブの一般的な略称は複数存在するが、「 ユナイテッド(United)」の他、ではなどチーム名に「ユナイテッド」が含まれる他のクラブと区別するため、マンチェスターをマンと略し「 マン・ユナイテッド(Man United, Man Utd)」などと呼称・表記される。 また、新聞・雑誌のスポーツ報道やのなどでは「 マンユー(マンU ,Man U ,ManU ,MANU )」と呼称される場合もある。 同じ市内にあるとの「」は、、と並ぶリーグの三大のひとつに数えられ、世界でも有名なダービーマッチの一つである。 また、伝統的にライバル関係にあるとされるとの試合は、「(あるいはイングランド・ダービー、ナショナル・ダービー)」と呼ばれ、世界中に数多く存在するの一つに数えられている。 両者の間ではこれまで数多くの白熱した試合が繰り広げられてきた。 伝統的に7は特別な番号として扱われており、「栄光の7番」と言われている。 、、、、、など、人気や実力においてその時代のチームを代表する選手がこの番号を付けてプレーしてきた。 経済的優良クラブの典型とされてきたが、アメリカ・ののオーナーであるによって買収され、物議を醸している。 グレーザーによるクラブ支配に反対するサポーターの一部は、クラブのが3億2,000万に達していることを懸念し、新クラブを結成した。 ホームスタジアムはの(収容人数75,653)。 1974-75シーズンを例外として、1938年からこれまで一貫してのトップリーグに属している。 歴史 [ ] マンチェスター・ユナイテッドは現在でこそを代表する名門として認識され、世界中に多数のサポーターを抱えるクラブとなっているが、その歴史自体は長いイングランドのフットボールの歴史と比較するとさほど古いものではない。 また近年の成功とは対照的に、このクラブは数々の苦難を経験してきた。 創立 [ ] 1892-93シーズンのニュートン・ヒース(Newton Heath FC) 1878年、マンチェスターのが中心となって、ニュートン・ヒース・ランカシャー&ヨークシャー・レイルウェイズFC(Newton Heath LYR FC)として創立された。 初めの数年はほとんど公式試合はせず、チーム内のメンバー同士で試合を行う以外は専ら他ののチームと非公式に対戦していた。 1882年から1883年の間に26試合の親善試合をした記録が残っている。 翌年(1884年)、地元のカップ戦であるランカシャーカップに出場するも、1回戦で昨年の覇者のブラックバーン・オリンピックのリザーブチームに7-2で敗戦した。 1885年にプロサッカークラブへと転向し、1892年にニュートン・ヒース(Newton Heath FC)と名称を変更し運営を行った。 しかし、当時のオーナーの方針で観客から入場料を取らなかったことやグラウンド移転費用が嵩んだことなどの事情が影響し、1902年に一旦している。 その後、地元マンチェスターの主のジョン・ヘンリー・デイヴィスが500をクラブに投資してオーナーに就任し、クラブ再建に着手した。 1902年にチーム名が変更され、 マンチェスター・ユナイテッドとなったが、名称変更前の2日間だけは マンチェスター・セルティック (Manchester Celtic)という名称であった。 2日間だけではあるが、セルティックと名乗ったことでこのクラブが系であると思われることが多いが、ローマ・カトリック教会とは全くの無縁である。 草創期に2度のリーグ優勝後、1910年代から1950年頃までは低迷。 時には空襲でが被災し、戦後も資金不足から修復できず、の当時の本拠地を拝借するといった有様だった。 マット・バスビー時代の二度の栄光 [ ] マット・バスビー 1950年代に入り、を監督としてチームの大改革が行われ、クラブは見事に復活を遂げたように見えた。 しかし、その矢先にで主力の多数を失う。 これにより(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)のクラブチームとして初のヨーロッパでの栄光はのに譲ることになってしまった。 1960年代後半は、、、らを擁して栄光を勝ち獲ってきたが、1970年代に入ると世代交代に失敗。 1974年には(1シーズンだけではあるが)2部落ちの憂き目にも遭っている。 ちなみに、は当時からチームの愛称となっていたレッド・デビルスという名をクラブの商標や、エンブレムに使用した先駆者でもある。 アレックス・ファーガソン時代の栄光 [ ] アレックス・ファーガソン 長い低迷期を終わらせたのは、スコットランド人監督である。 1986年に就任した彼は若手の育成と、暴れ馬と呼ばれた選手たちの融合に見事成功し、常勝軍団の系譜をスタートさせた。 の優勝回数は13回と最多であり、旧フットボールリーグ・ファーストディビジョン時代を通じても、優勝20回は歴代1位である。 その他にで11回、で2回、で3回、で1回のタイトルを勝ち取っている。 中でも1998-99シーズンはクラブにとって特筆すべきシーズンである。 ファーガソン監督の下、ユース時代から育て上げられた、、及びら、いわゆる「ファーギーズ・フレッジリングス(ファーガソンの雛鳥)」と呼ばれた選手達を中心に、決勝でを劇的な逆転で下し、ヨーロッパ覇者となった()。 さらにこのシーズンは、リーグ優勝とFAカップ優勝を合わせたトレブル(3冠)を達成。 ヨーロッパのサッカーシーンに「赤い悪魔」の名を轟かせた。 このカンプ・ノウの奇跡の試合と、FAカップでライアン・ギクスが見せたハーフライン付近からドリブルしてのゴールは今でもサポーターの中で語り継がれている。 ヨーロッパのフットボール史において、他に(旧)、国内リーグ、国内カップを制し、3冠を成し遂げたのは、1966-67シーズンの、1971-72シーズンの、1987-88シーズンの、2008-09シーズンと2014-2015シーズンの、2009-2010シーズンの、2012-2013シーズンののみである。 1995年には戦でリーグレコードの9-0の大差で勝利。 また、1999-2000シーズン、2000-2001シーズン共にリーグ優勝し、1998-1999シーズンを含めてクラブ初のリーグ3連覇を達成した。 このようにプレミアシップ発足後も高い実力と人気を兼ね備え、1990年代のユナイテッドはとともに2強と呼ばれた。 2002-03シーズン以降は(2003-04シーズンに無敗優勝)、(2004-05、2005-06シーズンに2連覇)からの王座奪還を目標とした。 2005年10月29日、戦でがマンチェスター・ユナイテッドとしてのイングランド・プレミアリーグの通算1,000ゴール目を記録。 これはプレミア最速記録でもある。 クラブは2006-07シーズンにこれまでリーグ2連覇をしていたとの激闘を制し、2002-03シーズン以来4年ぶりとなるリーグ優勝を果たした。 翌2007-08シーズンにはで同じくチェルシーとのサドンデスPK戦を制し、9年ぶり3回目の優勝を成し遂げた。 2007-2008シーズン、2008-2009シーズン共にリーグ優勝し、クラブ2度目となるリーグ3連覇を達成。 その後もコンスタントにタイトルを獲得し続けたアレックス・ファーガソンは、最後の指揮となる2012-2013シーズン、自ら獲得したやを巧みに用いて、クラブ20回目となる自身最後のリーグ優勝を置き土産に、27年間監督を務めたマンチェスターユナイテッドを勇退した。 ファーガソンの最終年、2012-2013シーズンの基本フォーメーション ファーガソン退任による迷走期への突入 [ ] 2013年5月、ファーガソンの後任にを11年にわたり率いたファーガソンの同胞、が就任すると発表された。 夏の移籍市場でモイーズはエヴァートン時代の教え子であるを獲得し、冬の移籍市場ではからを獲得した。 しかしに史上初めてホームで敗戦を喫したり、プレミアリーグ以前も含めて史上初となるの2強(エヴァートンとリヴァプール)に揃って連敗するといった記録的な敗戦も含めて成績が低迷し、1994-95シーズン以来となるUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃した。 結果として2014年4月22日、1年も持たずにモイーズの同シーズン限りでの解任が発表され 、同シーズンの残り試合については(兼任コーチ)が暫定監督に就任すると発表された。 チームは7位で終了。 25年ぶりにヨーロッパのカップ戦を逃すこととなった。 2014年5月18日、当時を率いていたが後に新監督に就任することが決定した。 暫定監督を務めたギグスは選手を引退し、アシスタントコーチへの就任が決定。 クラブは夏の移籍市場において、選手の補強費用に約260億円もの大金を投じた。 ワールドカップブラジル大会で準優勝に輝いたアルゼンチン代表のや、ファン・ハールのオランダ代表監督時代の教え子であるほか、から、から、移籍期限ギリギリにからを獲得した。 リーグでは即戦力として期待されていたファルカオとディ・マリアが不調に陥ったものの、ルーニーやデ・ヘア、マタといった既存の戦力が機能し4位で終え、無冠ながら来季のUEFAチャンピオンズリーグプレーオフの出場権を獲得した。 2015-16シーズンはからでの3位入りに貢献したファン・ハールの教え子でもあるを始めとし、から、から、から、から、からを獲得するなど、前年に続いての大型補強を行った。 しかしチャンピオンズリーグにおいては、、、と同席になったグループリーグで3位に終わりグループステージ敗退となったほか、その後進んだヨーロッパリーグでもプレミアリーグの長年のライバルであるに2戦合計1-3で敗れ、ベスト16で姿を消した。 2016年5月21日の決勝でを延長戦で破って12大会ぶり12度目のFAカップ優勝を飾ったものの、その3日後に来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃すなどの成績不振により、契約を1年残してファン・ハールの2年のみでの監督解任が発表された。 2016-17シーズンよりが新監督に就任。 これまで2度の監督を努め、3度のプレミアリーグ制覇を成し遂げた名将に名門マンチェスター・ユナイテッドの復活が期待された。 夏の移籍市場では、、や下部組織出身のを獲得するなどの相変わらずの大型補強を実施し、の決勝でを下してモウリーニョ体制で初のタイトルを獲得した。 リーグでは失点数がリーグ2位の29と堅守を披露し、クラブレコードとなるリーグ戦25試合連続無敗を記録したが、そのうち12試合で引き分けるなど勝ちきれない試合が続いて勝ち点が伸びず、最終的にヨーロッパのカップ戦出場圏外の6位に終わってしまう。 しかしでは決勝まで勝ち進み、決勝でに2-0で勝利して同大会初優勝をあげ、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 クラブは、UEFAヨーロッパリーグの優勝によって、、、に次いでUEFA主催の主要3大会を制覇した5番目のクラブとなった。 モウリーニョ体制2年目である2017-18シーズン、センターフォワードにから、ボランチにから、センターバックにからと、昨シーズン問題のあったポジションに即戦力を獲得する補強を展開。 これが功を奏したのか、前半戦終了時点で14勝3分2敗の勝ち点45と歴代優勝クラブに匹敵する好成績を叩き出すが、それを上回るペースで勝ち点を積んだ宿敵の後塵を拝し2位で折り返す。 冬の移籍市場でムヒタリアンとのトレードでを獲得し追撃態勢を整えるが、シティの独走は止まらず、4月7日のに3-2で逆転勝利し目の前での優勝決定を阻止するのがやっとであり、結局25勝6分7敗で例年なら優勝もあり得た勝ち点81 で、シティに歴代最多勝ち点差での優勝を許す2位に終わった。 UEFAチャンピオンズリーグもベスト16で相手に2戦合計1-2で不覚を取ってしまい、満足のいかないシーズンとなった。 は当シーズンをもって引退した。 モウリーニョ体制3年目である2018-19シーズン、アカデミー生のGKやファン・ハールの教え子ブリントらを放出した一方で、サイドバックにから、ミッドフィールダーにから、控えGKにを獲得。 ところが前半戦すべてを消化しない17試合の時点で昨季の28失点を上回り、特にリヴァプール、マンチェスター・シティ、トッテナム、チェルシー、アーセナルといった欧州カップ圏を争うBIG6間では3敗2分6得点13失点と後塵を喫することとなり、これを決定付けた12月16日のリヴァプール戦後をもってモウリーニョは解任となった。 ファーガソンの教え子の帰還 [ ] 2018年12月19日、モウリーニョ解任後の暫定監督にOBのが就任した。 しかし就任後のサポーターからの好感、そして好成績もあって2019年3月28日に3年契約で正式に監督就任を果たした。 ところが奇跡と言われたの戦 から後の公式戦でわずか2勝しかできず、最終節を待たずして出場権を逃すことになってしまった。 もちろん全世界のファンが黙っているはずもなく、上に「 UnfollowManUnited」というハッシュタグが登場した。 オーナーであるグレイザー一族やCEOであるに対する抗議の意であるが、思惑通りTwitter公式アカウントのフォロワーが減るのと比例してニューヨーク証券取引所においても株価が下落している。 2019-20シーズン夏の移籍市場では、で昨季ブレークしたに5000万ポンド、さらにのにDF史上最高額となる8000万ポンドを費やし、長年懸案だった守備陣の強化に成功したものの、MFは退団した、FWはに移籍したの後釜の獲得に失敗し、費やした移籍金の高さも相まってウッドワードCEOは再び非難を浴びることになった。 サポーター [ ] 世界屈指の人気・規模を誇るクラブであり、2012年に大手市場調査会社である社により、ファンの数がのおよそ11人に1人にあたる6億5,900万人との推定が発表された。 フットボールに限らずすべてのスポーツクラブの中で 世界一ファンの多いクラブである。 著名人のファンとして挙げられるのは、地元出身のロックバンドのメンバーで、熱狂的なファンで知られる彼らの楽曲「This Is The One」は入場曲として長らく使用されている。 また、の引退試合では、ボーカルのが同曲をアカペラで合唱した。 ユニフォーム [ ] 1878年の創立時のユニフォームは白いシャツに青いパンツであり、その後は創立時のニュートン・ヒースLYRのチームカラーである緑色と黄色を基調としたものであった。 1902年に名称が変更されてから赤が基調となった。 また、発足当初のユニフォームに付けられたエンブレムはマンチェスター市に由来する紋章であり、帆船が中心に描かれている。 帆船は現在まで描かれているが、愛称の「赤い悪魔」に由来する悪魔が描かれるのは1970年代に入ってからである。 2001-2002シーズンは「マンチェスター・ユナイテッド」という名称になってから100周年ということで、アウェイでは白色と金色で構成されたユニフォームを着用した。 2018-2019シーズンのサードユニフォームは、アディダスとコラボレーションした、海洋プラスチックでできたユニフォームを発表した。 歴代ユニフォーム [ ] 1960—1963 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• 1907-08, 1910-11, 1951-52, 1955-56, 1956-57, 1964-65, 1966-67, , , , , , , , , , , , ,• :12回• 1908-09, 1947-48, 1962-63, 1976-77, 1982-83, 1984-85, 1989-90, 1993-94, 1995-96, 1998-99, 2003-04, 2015-16• :5回• 1991-92, 2005-06, 2008-09, 2009-10, 2016-17• :21回 17回単独, 4回同時• :1回• 2008• トヨタカップを含む :1回• 1999• 旧UEFAチャンピオンズカップを含む :3回• 1967-68, 1998-99, 2007-08• :1回• 1990-91• : 1回• 2016-17• :1回• 1991 親善大会(非公式大会) [ ]• :1回• 2006• :1回• 現所属メンバー [ ] 2019-20シーズン 開幕戦フォーメーション 詳細は「」を参照 No. Pos. Pos. ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 25 out No. Pos. 選手名 7 12 16 34 35 40 No. Pos. 選手名 42 48 -- -- -- リザーブ・アカデミー [ ] 詳細は「」を参照 歴代監督 [ ] 氏名 国籍 期間 備考 アルフレッド・ハロルド・カサヤ 1892 - 1900 ジェームス・ウエスト 1900 - 1903 ジェームス・アーネスト・マングノール 1903 - 1912 ジョン・ベントレー 1912 - 1914 ジョン・ロブソン 1914 - 1921 ジョン・チャップマン 1921 - 1926 ラル・ヒルディッチ 1926 - 1927 ハーバート・バムレット 1927 - 1931 ウォルター・クリックマー 1931 - 1932 スコット・ダンカン 1932 - 1937 ウォルター・クリックマー 1937 - 1945 1945 - 1969 ウィルフレッド・マクギネス 1969 - 1970 1970 - 1971 フランク・オファレル 1971 - 1972 トミー・ドハーティー 1972 - 1977 デーブ・セクストン 1977 - 1981 1981 - 1986 1986 - 2013 2013 - 2014 2014 暫定プレイングマネジャー 2014 - 2016 2016 - 2018 2018- 2019年3月28日まで暫定監督 歴代在籍選手 [ ] 詳細は「」を参照 出場試合数記録 [ ] 順位 選手名 所属期間 試合数 1 1991-2014 963 2 1956-1973 758 3 1994-2011, 2012-2013 718 4 1952-1970 688 5 1992-2011 602 6 2004-2017 559 7 1966-1978 539 8 トニー・ダン 1960-1973 535 9 1990—2002 529 10 ジョー・スペンス 1919—1933 510 総得点数記録 [ ] 順位 選手名 所属期間 得点数 1 2004-2017 253 2 1956-1973 249 3 1962-1973 237 4 1937—1955 211 5 1952—1962 179 1963—1974 7 ジョー・スペンス 1919—1933 168 1991-2014 9 1983—1986, 1988—1995 163 10 1994-2011, 2012-2013 155 練習場 [ ] ()。 2000年に ()から当地に移転。 現在は、スポンサー名を冠しAon Training Complexが正式名称。 また、単に施設所在地の地名からキャリントンとも呼ばれている。 コナミ スポンサー [ ] 年度 メーカー 胸 スポンサー 袖 スポンサー 1945—1975 ー ー 1975—1980 1980—1982 1982—1992 1992—2000 2000—2002 2002—2006 2006—2010 2010—2014 2014—2015 2015-2018 2018- Kohler 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本経済新聞. Nikkei Publishing Inc. 2019年1月24日. 2019年1月24日閲覧。 2位はの18回である(1月現在)• Forbes 2017年6月現在。 Deloitte 2017年2月現在• 2012年9月3日. 2017年8月5日閲覧。 2013年8月2日. 2017年8月5日閲覧。 山中忍 2016年6月4日. 2017年8月27日閲覧。 Tony Barrett 2011年10月31日. 2017年8月24日閲覧。 18 August, BBC On This Day. 2017年8月5日閲覧。 Rob Hughes 2012年10月28日. 2017年8月24日閲覧。 2017年5月25日. 2017年8月27日閲覧。 1999年12月5日. 2017年8月1日閲覧。 Rob Harris 2017年2月26日. 2017年8月27日閲覧。 Marc Roche 2010年3月4日. フランス語. 2017年8月24日閲覧。 Xavier Condamine 2017年7月6日. フランス語. 2017年8月24日閲覧。 スペイン語. 2017年8月24日閲覧。 ポルトガル語. 2009年2月15日. 2017年8月27日閲覧。 ドイツ語. 2018年12月19日. の2019年1月13日時点におけるアーカイブ。 2019年1月13日閲覧。 Marcel Reich 2017年7月27日. ドイツ語. 2017年8月24日閲覧。 イタリア語. 2014年2月21日. 2017年8月24日閲覧。 ": "、、2017年8月5日閲覧。 (uefa. com日本語版)• uefa. com• www. manutd. com. 2018年12月31日閲覧。 www. manutd. com. 2018年12月31日閲覧。 www. manutd. com. 2019年3月28日閲覧。 footballista. 2019年5月8日閲覧。 ESPN. com 2019年5月7日. 2019年5月8日閲覧。 www. soccerdigestweb. com. 2019年8月11日閲覧。 共同通信PRワイヤー. 2020年3月1日閲覧。 ESPN. com. 2018年12月2日閲覧。 IDEAS FOR GOOD 2018年5月28日. 2020年1月10日閲覧。 関連項目 [ ]• バイエルンミュンヘン対マンチェスター・ユナイテッドFC 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (アラビア語) (中国語) (英語) (フランス語) (日本語) (朝鮮語) (スペイン語)• at Sky Sports• at Premier League• ManUtd - (英語)• - (英語)• manchesterunited - (英語).

次の

マンチェスター・ユナイテッドFCの選手一覧

マンチェスター ユナイテッド

概要 [ ] 1967-68シーズン、監督の指揮の下で、のクラブとして初めて(現)のを獲得したクラブであり、その後、1998-99シーズン、2007-08シーズンと通算3回の優勝を経験した。 また近年では、1985-86シーズンから2012-13シーズンまでクラブを率いた監督の下で、13回の優勝と2回の優勝を含む20以上の主要なタイトルを獲得し、長きにわたってイングランドのフットボールをリードしてきた。 現在、イングランドのトップリーグで歴代最多となる20回の優勝を経験している。 2017年にの経済誌『』が発表したクラブのでは、同クラブの資産価値は36億9000万ドルと算定され、世界のサッカークラブの中で5年ぶりに第1位となった。 2015-16シーズンのは6億8900万ユーロと算定されており、12年ぶりに第1位である。 クラブの一般的な略称は複数存在するが、「 ユナイテッド(United)」の他、ではなどチーム名に「ユナイテッド」が含まれる他のクラブと区別するため、マンチェスターをマンと略し「 マン・ユナイテッド(Man United, Man Utd)」などと呼称・表記される。 また、新聞・雑誌のスポーツ報道やのなどでは「 マンユー(マンU ,Man U ,ManU ,MANU )」と呼称される場合もある。 同じ市内にあるとの「」は、、と並ぶリーグの三大のひとつに数えられ、世界でも有名なダービーマッチの一つである。 また、伝統的にライバル関係にあるとされるとの試合は、「(あるいはイングランド・ダービー、ナショナル・ダービー)」と呼ばれ、世界中に数多く存在するの一つに数えられている。 両者の間ではこれまで数多くの白熱した試合が繰り広げられてきた。 伝統的に7は特別な番号として扱われており、「栄光の7番」と言われている。 、、、、、など、人気や実力においてその時代のチームを代表する選手がこの番号を付けてプレーしてきた。 経済的優良クラブの典型とされてきたが、アメリカ・ののオーナーであるによって買収され、物議を醸している。 グレーザーによるクラブ支配に反対するサポーターの一部は、クラブのが3億2,000万に達していることを懸念し、新クラブを結成した。 ホームスタジアムはの(収容人数75,653)。 1974-75シーズンを例外として、1938年からこれまで一貫してのトップリーグに属している。 歴史 [ ] マンチェスター・ユナイテッドは現在でこそを代表する名門として認識され、世界中に多数のサポーターを抱えるクラブとなっているが、その歴史自体は長いイングランドのフットボールの歴史と比較するとさほど古いものではない。 また近年の成功とは対照的に、このクラブは数々の苦難を経験してきた。 創立 [ ] 1892-93シーズンのニュートン・ヒース(Newton Heath FC) 1878年、マンチェスターのが中心となって、ニュートン・ヒース・ランカシャー&ヨークシャー・レイルウェイズFC(Newton Heath LYR FC)として創立された。 初めの数年はほとんど公式試合はせず、チーム内のメンバー同士で試合を行う以外は専ら他ののチームと非公式に対戦していた。 1882年から1883年の間に26試合の親善試合をした記録が残っている。 翌年(1884年)、地元のカップ戦であるランカシャーカップに出場するも、1回戦で昨年の覇者のブラックバーン・オリンピックのリザーブチームに7-2で敗戦した。 1885年にプロサッカークラブへと転向し、1892年にニュートン・ヒース(Newton Heath FC)と名称を変更し運営を行った。 しかし、当時のオーナーの方針で観客から入場料を取らなかったことやグラウンド移転費用が嵩んだことなどの事情が影響し、1902年に一旦している。 その後、地元マンチェスターの主のジョン・ヘンリー・デイヴィスが500をクラブに投資してオーナーに就任し、クラブ再建に着手した。 1902年にチーム名が変更され、 マンチェスター・ユナイテッドとなったが、名称変更前の2日間だけは マンチェスター・セルティック (Manchester Celtic)という名称であった。 2日間だけではあるが、セルティックと名乗ったことでこのクラブが系であると思われることが多いが、ローマ・カトリック教会とは全くの無縁である。 草創期に2度のリーグ優勝後、1910年代から1950年頃までは低迷。 時には空襲でが被災し、戦後も資金不足から修復できず、の当時の本拠地を拝借するといった有様だった。 マット・バスビー時代の二度の栄光 [ ] マット・バスビー 1950年代に入り、を監督としてチームの大改革が行われ、クラブは見事に復活を遂げたように見えた。 しかし、その矢先にで主力の多数を失う。 これにより(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)のクラブチームとして初のヨーロッパでの栄光はのに譲ることになってしまった。 1960年代後半は、、、らを擁して栄光を勝ち獲ってきたが、1970年代に入ると世代交代に失敗。 1974年には(1シーズンだけではあるが)2部落ちの憂き目にも遭っている。 ちなみに、は当時からチームの愛称となっていたレッド・デビルスという名をクラブの商標や、エンブレムに使用した先駆者でもある。 アレックス・ファーガソン時代の栄光 [ ] アレックス・ファーガソン 長い低迷期を終わらせたのは、スコットランド人監督である。 1986年に就任した彼は若手の育成と、暴れ馬と呼ばれた選手たちの融合に見事成功し、常勝軍団の系譜をスタートさせた。 の優勝回数は13回と最多であり、旧フットボールリーグ・ファーストディビジョン時代を通じても、優勝20回は歴代1位である。 その他にで11回、で2回、で3回、で1回のタイトルを勝ち取っている。 中でも1998-99シーズンはクラブにとって特筆すべきシーズンである。 ファーガソン監督の下、ユース時代から育て上げられた、、及びら、いわゆる「ファーギーズ・フレッジリングス(ファーガソンの雛鳥)」と呼ばれた選手達を中心に、決勝でを劇的な逆転で下し、ヨーロッパ覇者となった()。 さらにこのシーズンは、リーグ優勝とFAカップ優勝を合わせたトレブル(3冠)を達成。 ヨーロッパのサッカーシーンに「赤い悪魔」の名を轟かせた。 このカンプ・ノウの奇跡の試合と、FAカップでライアン・ギクスが見せたハーフライン付近からドリブルしてのゴールは今でもサポーターの中で語り継がれている。 ヨーロッパのフットボール史において、他に(旧)、国内リーグ、国内カップを制し、3冠を成し遂げたのは、1966-67シーズンの、1971-72シーズンの、1987-88シーズンの、2008-09シーズンと2014-2015シーズンの、2009-2010シーズンの、2012-2013シーズンののみである。 1995年には戦でリーグレコードの9-0の大差で勝利。 また、1999-2000シーズン、2000-2001シーズン共にリーグ優勝し、1998-1999シーズンを含めてクラブ初のリーグ3連覇を達成した。 このようにプレミアシップ発足後も高い実力と人気を兼ね備え、1990年代のユナイテッドはとともに2強と呼ばれた。 2002-03シーズン以降は(2003-04シーズンに無敗優勝)、(2004-05、2005-06シーズンに2連覇)からの王座奪還を目標とした。 2005年10月29日、戦でがマンチェスター・ユナイテッドとしてのイングランド・プレミアリーグの通算1,000ゴール目を記録。 これはプレミア最速記録でもある。 クラブは2006-07シーズンにこれまでリーグ2連覇をしていたとの激闘を制し、2002-03シーズン以来4年ぶりとなるリーグ優勝を果たした。 翌2007-08シーズンにはで同じくチェルシーとのサドンデスPK戦を制し、9年ぶり3回目の優勝を成し遂げた。 2007-2008シーズン、2008-2009シーズン共にリーグ優勝し、クラブ2度目となるリーグ3連覇を達成。 その後もコンスタントにタイトルを獲得し続けたアレックス・ファーガソンは、最後の指揮となる2012-2013シーズン、自ら獲得したやを巧みに用いて、クラブ20回目となる自身最後のリーグ優勝を置き土産に、27年間監督を務めたマンチェスターユナイテッドを勇退した。 ファーガソンの最終年、2012-2013シーズンの基本フォーメーション ファーガソン退任による迷走期への突入 [ ] 2013年5月、ファーガソンの後任にを11年にわたり率いたファーガソンの同胞、が就任すると発表された。 夏の移籍市場でモイーズはエヴァートン時代の教え子であるを獲得し、冬の移籍市場ではからを獲得した。 しかしに史上初めてホームで敗戦を喫したり、プレミアリーグ以前も含めて史上初となるの2強(エヴァートンとリヴァプール)に揃って連敗するといった記録的な敗戦も含めて成績が低迷し、1994-95シーズン以来となるUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃した。 結果として2014年4月22日、1年も持たずにモイーズの同シーズン限りでの解任が発表され 、同シーズンの残り試合については(兼任コーチ)が暫定監督に就任すると発表された。 チームは7位で終了。 25年ぶりにヨーロッパのカップ戦を逃すこととなった。 2014年5月18日、当時を率いていたが後に新監督に就任することが決定した。 暫定監督を務めたギグスは選手を引退し、アシスタントコーチへの就任が決定。 クラブは夏の移籍市場において、選手の補強費用に約260億円もの大金を投じた。 ワールドカップブラジル大会で準優勝に輝いたアルゼンチン代表のや、ファン・ハールのオランダ代表監督時代の教え子であるほか、から、から、移籍期限ギリギリにからを獲得した。 リーグでは即戦力として期待されていたファルカオとディ・マリアが不調に陥ったものの、ルーニーやデ・ヘア、マタといった既存の戦力が機能し4位で終え、無冠ながら来季のUEFAチャンピオンズリーグプレーオフの出場権を獲得した。 2015-16シーズンはからでの3位入りに貢献したファン・ハールの教え子でもあるを始めとし、から、から、から、から、からを獲得するなど、前年に続いての大型補強を行った。 しかしチャンピオンズリーグにおいては、、、と同席になったグループリーグで3位に終わりグループステージ敗退となったほか、その後進んだヨーロッパリーグでもプレミアリーグの長年のライバルであるに2戦合計1-3で敗れ、ベスト16で姿を消した。 2016年5月21日の決勝でを延長戦で破って12大会ぶり12度目のFAカップ優勝を飾ったものの、その3日後に来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃すなどの成績不振により、契約を1年残してファン・ハールの2年のみでの監督解任が発表された。 2016-17シーズンよりが新監督に就任。 これまで2度の監督を努め、3度のプレミアリーグ制覇を成し遂げた名将に名門マンチェスター・ユナイテッドの復活が期待された。 夏の移籍市場では、、や下部組織出身のを獲得するなどの相変わらずの大型補強を実施し、の決勝でを下してモウリーニョ体制で初のタイトルを獲得した。 リーグでは失点数がリーグ2位の29と堅守を披露し、クラブレコードとなるリーグ戦25試合連続無敗を記録したが、そのうち12試合で引き分けるなど勝ちきれない試合が続いて勝ち点が伸びず、最終的にヨーロッパのカップ戦出場圏外の6位に終わってしまう。 しかしでは決勝まで勝ち進み、決勝でに2-0で勝利して同大会初優勝をあげ、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 クラブは、UEFAヨーロッパリーグの優勝によって、、、に次いでUEFA主催の主要3大会を制覇した5番目のクラブとなった。 モウリーニョ体制2年目である2017-18シーズン、センターフォワードにから、ボランチにから、センターバックにからと、昨シーズン問題のあったポジションに即戦力を獲得する補強を展開。 これが功を奏したのか、前半戦終了時点で14勝3分2敗の勝ち点45と歴代優勝クラブに匹敵する好成績を叩き出すが、それを上回るペースで勝ち点を積んだ宿敵の後塵を拝し2位で折り返す。 冬の移籍市場でムヒタリアンとのトレードでを獲得し追撃態勢を整えるが、シティの独走は止まらず、4月7日のに3-2で逆転勝利し目の前での優勝決定を阻止するのがやっとであり、結局25勝6分7敗で例年なら優勝もあり得た勝ち点81 で、シティに歴代最多勝ち点差での優勝を許す2位に終わった。 UEFAチャンピオンズリーグもベスト16で相手に2戦合計1-2で不覚を取ってしまい、満足のいかないシーズンとなった。 は当シーズンをもって引退した。 モウリーニョ体制3年目である2018-19シーズン、アカデミー生のGKやファン・ハールの教え子ブリントらを放出した一方で、サイドバックにから、ミッドフィールダーにから、控えGKにを獲得。 ところが前半戦すべてを消化しない17試合の時点で昨季の28失点を上回り、特にリヴァプール、マンチェスター・シティ、トッテナム、チェルシー、アーセナルといった欧州カップ圏を争うBIG6間では3敗2分6得点13失点と後塵を喫することとなり、これを決定付けた12月16日のリヴァプール戦後をもってモウリーニョは解任となった。 ファーガソンの教え子の帰還 [ ] 2018年12月19日、モウリーニョ解任後の暫定監督にOBのが就任した。 しかし就任後のサポーターからの好感、そして好成績もあって2019年3月28日に3年契約で正式に監督就任を果たした。 ところが奇跡と言われたの戦 から後の公式戦でわずか2勝しかできず、最終節を待たずして出場権を逃すことになってしまった。 もちろん全世界のファンが黙っているはずもなく、上に「 UnfollowManUnited」というハッシュタグが登場した。 オーナーであるグレイザー一族やCEOであるに対する抗議の意であるが、思惑通りTwitter公式アカウントのフォロワーが減るのと比例してニューヨーク証券取引所においても株価が下落している。 2019-20シーズン夏の移籍市場では、で昨季ブレークしたに5000万ポンド、さらにのにDF史上最高額となる8000万ポンドを費やし、長年懸案だった守備陣の強化に成功したものの、MFは退団した、FWはに移籍したの後釜の獲得に失敗し、費やした移籍金の高さも相まってウッドワードCEOは再び非難を浴びることになった。 サポーター [ ] 世界屈指の人気・規模を誇るクラブであり、2012年に大手市場調査会社である社により、ファンの数がのおよそ11人に1人にあたる6億5,900万人との推定が発表された。 フットボールに限らずすべてのスポーツクラブの中で 世界一ファンの多いクラブである。 著名人のファンとして挙げられるのは、地元出身のロックバンドのメンバーで、熱狂的なファンで知られる彼らの楽曲「This Is The One」は入場曲として長らく使用されている。 また、の引退試合では、ボーカルのが同曲をアカペラで合唱した。 ユニフォーム [ ] 1878年の創立時のユニフォームは白いシャツに青いパンツであり、その後は創立時のニュートン・ヒースLYRのチームカラーである緑色と黄色を基調としたものであった。 1902年に名称が変更されてから赤が基調となった。 また、発足当初のユニフォームに付けられたエンブレムはマンチェスター市に由来する紋章であり、帆船が中心に描かれている。 帆船は現在まで描かれているが、愛称の「赤い悪魔」に由来する悪魔が描かれるのは1970年代に入ってからである。 2001-2002シーズンは「マンチェスター・ユナイテッド」という名称になってから100周年ということで、アウェイでは白色と金色で構成されたユニフォームを着用した。 2018-2019シーズンのサードユニフォームは、アディダスとコラボレーションした、海洋プラスチックでできたユニフォームを発表した。 歴代ユニフォーム [ ] 1960—1963 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• 1907-08, 1910-11, 1951-52, 1955-56, 1956-57, 1964-65, 1966-67, , , , , , , , , , , , ,• :12回• 1908-09, 1947-48, 1962-63, 1976-77, 1982-83, 1984-85, 1989-90, 1993-94, 1995-96, 1998-99, 2003-04, 2015-16• :5回• 1991-92, 2005-06, 2008-09, 2009-10, 2016-17• :21回 17回単独, 4回同時• :1回• 2008• トヨタカップを含む :1回• 1999• 旧UEFAチャンピオンズカップを含む :3回• 1967-68, 1998-99, 2007-08• :1回• 1990-91• : 1回• 2016-17• :1回• 1991 親善大会(非公式大会) [ ]• :1回• 2006• :1回• 現所属メンバー [ ] 2019-20シーズン 開幕戦フォーメーション 詳細は「」を参照 No. Pos. Pos. ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 25 out No. Pos. 選手名 7 12 16 34 35 40 No. Pos. 選手名 42 48 -- -- -- リザーブ・アカデミー [ ] 詳細は「」を参照 歴代監督 [ ] 氏名 国籍 期間 備考 アルフレッド・ハロルド・カサヤ 1892 - 1900 ジェームス・ウエスト 1900 - 1903 ジェームス・アーネスト・マングノール 1903 - 1912 ジョン・ベントレー 1912 - 1914 ジョン・ロブソン 1914 - 1921 ジョン・チャップマン 1921 - 1926 ラル・ヒルディッチ 1926 - 1927 ハーバート・バムレット 1927 - 1931 ウォルター・クリックマー 1931 - 1932 スコット・ダンカン 1932 - 1937 ウォルター・クリックマー 1937 - 1945 1945 - 1969 ウィルフレッド・マクギネス 1969 - 1970 1970 - 1971 フランク・オファレル 1971 - 1972 トミー・ドハーティー 1972 - 1977 デーブ・セクストン 1977 - 1981 1981 - 1986 1986 - 2013 2013 - 2014 2014 暫定プレイングマネジャー 2014 - 2016 2016 - 2018 2018- 2019年3月28日まで暫定監督 歴代在籍選手 [ ] 詳細は「」を参照 出場試合数記録 [ ] 順位 選手名 所属期間 試合数 1 1991-2014 963 2 1956-1973 758 3 1994-2011, 2012-2013 718 4 1952-1970 688 5 1992-2011 602 6 2004-2017 559 7 1966-1978 539 8 トニー・ダン 1960-1973 535 9 1990—2002 529 10 ジョー・スペンス 1919—1933 510 総得点数記録 [ ] 順位 選手名 所属期間 得点数 1 2004-2017 253 2 1956-1973 249 3 1962-1973 237 4 1937—1955 211 5 1952—1962 179 1963—1974 7 ジョー・スペンス 1919—1933 168 1991-2014 9 1983—1986, 1988—1995 163 10 1994-2011, 2012-2013 155 練習場 [ ] ()。 2000年に ()から当地に移転。 現在は、スポンサー名を冠しAon Training Complexが正式名称。 また、単に施設所在地の地名からキャリントンとも呼ばれている。 コナミ スポンサー [ ] 年度 メーカー 胸 スポンサー 袖 スポンサー 1945—1975 ー ー 1975—1980 1980—1982 1982—1992 1992—2000 2000—2002 2002—2006 2006—2010 2010—2014 2014—2015 2015-2018 2018- Kohler 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本経済新聞. Nikkei Publishing Inc. 2019年1月24日. 2019年1月24日閲覧。 2位はの18回である(1月現在)• Forbes 2017年6月現在。 Deloitte 2017年2月現在• 2012年9月3日. 2017年8月5日閲覧。 2013年8月2日. 2017年8月5日閲覧。 山中忍 2016年6月4日. 2017年8月27日閲覧。 Tony Barrett 2011年10月31日. 2017年8月24日閲覧。 18 August, BBC On This Day. 2017年8月5日閲覧。 Rob Hughes 2012年10月28日. 2017年8月24日閲覧。 2017年5月25日. 2017年8月27日閲覧。 1999年12月5日. 2017年8月1日閲覧。 Rob Harris 2017年2月26日. 2017年8月27日閲覧。 Marc Roche 2010年3月4日. フランス語. 2017年8月24日閲覧。 Xavier Condamine 2017年7月6日. フランス語. 2017年8月24日閲覧。 スペイン語. 2017年8月24日閲覧。 ポルトガル語. 2009年2月15日. 2017年8月27日閲覧。 ドイツ語. 2018年12月19日. の2019年1月13日時点におけるアーカイブ。 2019年1月13日閲覧。 Marcel Reich 2017年7月27日. ドイツ語. 2017年8月24日閲覧。 イタリア語. 2014年2月21日. 2017年8月24日閲覧。 ": "、、2017年8月5日閲覧。 (uefa. com日本語版)• uefa. com• www. manutd. com. 2018年12月31日閲覧。 www. manutd. com. 2018年12月31日閲覧。 www. manutd. com. 2019年3月28日閲覧。 footballista. 2019年5月8日閲覧。 ESPN. com 2019年5月7日. 2019年5月8日閲覧。 www. soccerdigestweb. com. 2019年8月11日閲覧。 共同通信PRワイヤー. 2020年3月1日閲覧。 ESPN. com. 2018年12月2日閲覧。 IDEAS FOR GOOD 2018年5月28日. 2020年1月10日閲覧。 関連項目 [ ]• バイエルンミュンヘン対マンチェスター・ユナイテッドFC 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (アラビア語) (中国語) (英語) (フランス語) (日本語) (朝鮮語) (スペイン語)• at Sky Sports• at Premier League• ManUtd - (英語)• - (英語)• manchesterunited - (英語).

次の

マンチェスター・ユナイテッドとは (マンチェスターユナイテッドとは) [単語記事]

マンチェスター ユナイテッド

現所属メンバー [ ] 在籍年と前所属を併記。 スタッフ [ ] 役職 名前 在籍年 前職 備考 監督 2019年- 監督 選手 [ ] Pos No. 選手名 在籍年 前所属 備考 GK 1 2011年- 20 2015年- 40 2017年- DF 2 2017年- 3 2016年- 4 2011年- 5 2014年- 12 2010年- 17 2014年- 23 2014年- 25 2009年- 36 2015年- MF 6 2016年- 8 2014年- 14 2012年- 16 2006年- 18 2011年- 21 2014年- 27 2013年- 31 2017年- 39 2017年- ユース FW 7 2018年- 9 2017年- 11 2015年- 10 2015年- ユース ローン移籍 [ ] out Pos No. 選手名 在籍年 移籍先 移籍期間 GK 32 2011年- 2018年6月30日 DF 35 2017年- 2018年6月30日 38 2017年- 2018年6月30日 MF 15 2014年- 2018年6月30日 歴代所属選手 [ ]• 1951 - 1958• 1952 - 1958• 1955 - 1958• 1952 - 1970• 1954 - 1973• 1966 - 1978• 1971 - 1982• 1979 - 1984• 1981 - 1994• 1984 - 1989• 1984 - 1985• 1989 - 1995• 1990 - 2014• 1991 - 1995• 1993 - 2005• 1993 - 2004• 1992 - 2003• 1994 - 2013• 1996 - 1997• 2001 - 2003• 2003 - 2005• 2003 - 2014• 2005 - 2012• 2006 - 2018• 2007- 2011• 2009 - 2012 2016 -• 2009 - 2015• 2009 -• 2011 -• 2012 - 2014• 2012 - 2016• 2012 -• 2013 - 2017• 2013 - 2019• 2014 - 2015• 2014 -• 2014 - 2018• 2014 -• 2014 -• 2015 - 2017• 2015 - 2017 FW [ ]。 2003年から2009年までプレーし、2008年にはも獲得した。 シーズン 選手名 1993-1994 1994-1995 1995-1996 1996-1997 1997-1998 1998-1999 1999-2000 2000-2001 2001-2002 2002-2003 2003-2004 2004-2005 2005-2006 2006-2007 2007-2008 2008-2009 2009-2010 2010-2011 2011-2012 2012-2013 2013-2014 着用者なし 2014-2015 2015-2016 2016-2017 着用者なし 2017-2018 2018-2019 2019-2020 脚注 [ ] [].

次の