アトピー 性 皮膚 炎 子供。 子供のアトピー性皮膚炎とは?原因や症状、治療法は?

【医師監修】アトピー性皮膚炎は子供に遺伝する?母親が気をつけることと防ぐ方法

アトピー 性 皮膚 炎 子供

アトピー性皮膚炎はかゆみが伴うため、つい炎症部位を掻いてしまい悪化させるという人も少なくありません。 良くなったり悪くなったりを繰り返すのがアトピー性皮膚炎の特徴なので、きちんと対処して悪化しないようにしたいものです。 そこで、アトピー性皮膚炎の原因や治し方をご紹介したいと思います。 アトピー性皮膚炎の原因 アトピー性皮膚炎は、いくつかの原因が考えられます。 体質的な原因や環境による原因など多因子性の病気で、多くの場合、それらが重なって炎症を引き起こします。 皮膚のバリア機能の低下 人間の皮膚には、雑菌などが体内に侵入しないように守るバリア機能が備わっています。 その役目を担うのが、皮膚組織の外側にある角質です。 アトピー性皮膚炎の人は、バリア機能が低下しているため角質のバランスが崩れやすく、刺激物質であるアレルゲンが侵入しやすくなってしまいます。 免疫の過剰な反応 アトピー性皮膚炎は、免疫機能の過剰な反応が原因となります。 人間の持つ免疫機能は、外から体内に侵入してきた細菌やウイルスなどの異物を敵として退治しようという働きをします。 アトピー性皮膚炎では、この免疫機能が過剰に反応してしまい炎症の原因となるのです。 皮膚のバリア機能が低下してアレルゲンが侵入しやすくなっている皮膚から侵入したアレルゲンは、それを退治しようとする免疫細胞と反応し、炎症の原因となるヒスタミンという物質を産生し炎症を起こします。 アトピー素因 アレルギー性鼻炎や気管支ぜんそくなどのアレルギー性の病気を持つ人、あるいはアレルギーを持つ家族がいる人などは、アトピー素因のある人です。 また、アレルギーの起因となる免疫物質「IgE抗体」を作り出しやすい体質であることもアトピー素因になります。 つまり、アレルギーになりやすい体質の人は、アトピー素因を持ち、アトピー性皮膚炎になりやすいと考えられます。 皮膚への刺激 アレルギーの原因としてよく知られているのがハウスダストです。 ホコリや花粉、カビ、ダニの死骸やフン、人間・ペットの毛やフケ、繊維のゴミ、砂ぼこりなど多くのアレルゲンがあります。 また、汗などによる皮膚の汚れや紫外線も、アトピー性皮膚炎の要因です。 界面活性剤を含有する石鹸や洗剤、シャンプーなども皮膚への刺激となります。 食べ物 大人ではあまりみられませんが、3歳頃までの子どもには食べ物が原因となることがあります。 乳幼児は消化器官の機能が未熟なためです。 主にタマゴや牛乳、大豆、米などがアレルゲンとなります。 消化器官の機能が発達してくる3歳以上の子どもは、食べ物によるアトピー性皮膚炎は少なくなります。 ストレスや寝不足 緊張やストレス、過労なども炎症悪化の要因となります。 新しい環境になって過度の緊張がある場合や、ストレスがある場合などに発症がみられます。 アトピー性皮膚炎の治し方 炎症部位を掻き壊すと黄色ブドウ球菌などの細菌が繁殖し、症状を悪化させてしまいます。 かゆみを抑えることが悪化を防ぐ対処法と言えます。 薬でかゆみをコントロール まず、医療機関で相談し、症状(重症度)に合った薬を処方してもらいましょう。 少し症状が軽くなったからと薬を止めず、きちんと治るまで続けることが肝心です。 炎症部位を掻き壊すと慢性になりやすい病気なので、薬でかゆみを抑え、根気強く治療を続けましょう。 薬を続けることに不安がある場合は、かかりつけの医師に相談してください。 環境を整える ハウスダストの除去に努めましょう。 できることなら毎日掃除機をかけ、寝具類は天日干しと掃除機でダニを除去します。 シーツや枕カバーなどの洗濯も定期的に行います。 スキンケアで保湿と清潔を心がける 皮膚のバリア機能が低下しているため、熱いお風呂に長時間浸かるのは避けましょう。 石鹸も、化学物質の含有が少ない刺激のないものを選び、泡立ててから優しく洗います。 また、入浴後は、なるべく早く保湿を心がけましょう。 ヒルドイドやワセリン、尿素製剤などの保湿剤で皮膚を保護します。 他にも、無意識に掻かないよう、常に爪は短く清潔にしておきましょう。 肌に触れる衣類も、洗濯された柔らかい吸湿性の良い素材を選んでください。 体調を整える 疲れやストレスもアトピー性皮膚炎を悪化させる一因となります。 普段から睡眠を十分にとり、趣味などのリラックスできる時間を作って、ストレスを溜めない工夫をしましょう。 適度な運動も効果的です。 栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。 かゆみをコントロールすることが大事 炎症部位を掻き壊さないようにすることが、アトピー性皮膚炎を長引かせないことに繋がります。 薬でかゆみをコントロールし、皮膚を清潔に保ち保湿するというケアを続けることが大切です。 著者情報.

次の

辛いアトピーの症状に効く!アトピー性皮膚炎を和らげる効能のあるアロマオイル

アトピー 性 皮膚 炎 子供

体験談:症状に合わせた塗り薬 1046560さんからの体験談: 病院へは定期的に通い、塗り薬を欠かさないようにしています。 保湿を心がけ、乾燥している部分、痒みの酷い部位、顔へと適材適所に種類の違う薬をしっかり使い、酷くしないようにしています。 日常生活では、汗をかくと痒みが増すので夏はこまめにシャワーを浴びます。 石鹸で洗うのは1日1回で、無添加の固形石鹸をネットでよく泡立て、手のひらで身体を洗います。 シャンプー、コンディショナーも低刺激のものを選んでいます。 下着はゴムの締め付けで色素沈着を防ぐため、パンツは女の子ですがボクサータイプを選び、素材は綿のみです。 布団は洗える物にし、シーツ類はこまめに洗濯し、布団はダイソンの布団クリーナーをかけます。 アトピーは自分がそうであるように、一生付き合っていかなくてはならないと思うので、常に気にして対処しています。 アトピー性皮膚炎と付き合って園生活、学校生活を送る工夫 アトピー性皮膚炎は慢性疾患の一つで、調子がいい時と調子が悪い時を繰り返しやすい病気です。 なので、長期間付き合っていかなければなりません。 そこで問題になるのが、保育園・幼稚園・小学校などの集団生活です。 入園・入学時に、必ずアトピー性皮膚炎があること、食べてはいけない食物を申告するようにしてください。 制服やプールの消毒液など、アトピーを悪化させるものがある場合には、園や学校側に相談してください。 小学生になると子どもだけで遊びに行くことも増え、親の目が届かないようになります。 子ども本人にも、食べてはいけない物、してはいけない事をしっかりと説明し、理解してもらうことが大切です。

次の

アトピー性皮膚炎の市販薬おすすめリスト!

アトピー 性 皮膚 炎 子供

[目次]• アトピー・アレルギー体質は親から遺伝する? アトピー体質が子どもに遺伝する確率は、両親のどちらかにアトピー体質がある場合でおよそ30%、両親がどちらともアトピー体質の場合でおよそ50%といわれています。 そして、日本人のおよそ10%がアトピー素因を持っているともいわれています。 一方、両親・祖父母ともにアトピーではないにもかかわらず、子どもに発症してしまうケースもあります。 アトピー体質の遺伝には、複数のパターンがあり、複雑に組み合わさっているのです。 ただし、たとえアトピー体質であったとしても100%発症するわけではありません。 アトピーは、環境やライフスタイルと密接に関わっているため、発症しにくい環境を作ってあげることが重要です。 妊娠中から母親が気をつけたい食事 アレルギー体質の原因は今のところ解っていません。 日本人の、50年前との環境、生活パターンの変化を比べると、• 魚の摂取が減った• 清潔にしすぎ• 動物性タンパク質をよく摂るようになった といった事があげられます。 妊娠中から肉や乳製品、卵などの動物性タンパク質の過剰摂取に注意し、ジャガイモ、サツマイモ、カボチャ、魚介類、味噌、納豆などの和食を中心とした食生活を心がけるとよいでしょう。 子どものアトピー症状をできるだけ予防するには アトピー性皮膚炎の原因は、多くの場合は乾燥肌であることという事が解って来ました。 フィラグリンという肌をうるおす物質を出す遺伝子が欠損しているということです。 乾燥して、バリア機能の破綻した皮膚からは、ダニや食べ物といったアレルギーの原因になる物質が入りやすくなり、IgE抗体という物質を作り、アトピーを発症しやすくなります。 そのため、アトピーの発症を抑えるには、アレルギーの原因となるものにできだけ接触しない、また肌をうるおいのある状態に保つことが大切です。 こまめに掃除を行う、乾燥肌の場合は保湿を怠らない、といった環境作りが必要となります。 詳しくは、「」や「」を参照ください。

次の