アメリカインフルエンザ死亡数。 【毎日更新】米国の新型コロナ感染者数・死亡者数・感染増加率推移

sam.leonardjoel.com.au : 全米でインフルエンザの猛威続く 死者1.4万人、感染者2600万人

アメリカインフルエンザ死亡数

2020アメリカのインフルエンザの死亡者数・型は? 2020年2月1日のブルームバーグによれば、現在アメリカで流行しているインフルエンザの型は、 インフルエンザAのH1N1型です )。 2020年1月31日に CNNは、 全米で1500万人がインフルエンザに感染し、死者が8000人を超えていると報道しており、米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は過去10年で最悪級といいいその数は更に増えると予想されています。 ( 一方、 新型コロナウイルスの中国の感染者は2万人で、死者は400人を超えている報じられました。 () 単純に比較すると、アメリカで大流行しているインフルエンザの死亡者が、新型コロナウイルスの 20倍です。 日本では連日、新型コロナウイルスに関するニュースは大々的に報じられる一方で、アメリカでのインフルエンザの流行や死者については、新聞では報道されるものの、テレビで大きく取り上げられることはありません。 少なくとも、新型コロナウイルスのように煽るような報道はされていません。 一体なぜなのでしょうか? 過小評価されるインフルエンザ 新型コロナウイルスを不安に感じるのはアメリカでも同様で、米国内ではマスクが品切れになる騒ぎがあるようです。 アメリカでもインフルエンザは過小評価されがちである理由として、米テンプル大学医学校のサボイ医師は次のように指摘しています。 「インフルエンザは日常性が高いこと」 「私たちは未知のものを恐れ、新しい新興の感染症についての情報を求める」 「何が真の脅威で、何がそうでないのか、私たちはすぐには判断できない。 だから、必要のないパニックを起こすことがある」 () 未知の存在を不安に思いパニックになるのは全世界共通のようです。 アメリカへの配慮・忖度? アメリカのインフルエンザについて新型コロナウイルスと比較して大々的に報じられないのは、アメリカや安倍首相への配慮や忖度ではないか?という意見はSNSでも多く見られます。 しかし、日本国内において新型コロナウイルスの報道は過激化している一方で、他国と比べると中国からの渡航者について制限などはゆるい状態にあります。 新型コロナウイルスへの対策の甘さは、安倍首相の春に習近平主席を国賓に迎えたいという思惑にあるのではないかとも報じられています()。 アメリカでインフルエンザが猛威をふるっている現状について新型コロナウイルスよりも大きく報道されないのは次のような理由が可能性としてあるようです。 新型コロナウイルスに目新しさがあり報道が加熱している• 一般的に多くの人が「新型コロナウイルス」について情報を求めている• アメリカ・安倍首相への配慮 今回は、【なぜ報道されないのか?】アメリカのインフルエンザ2020の死者数・型は?について調べてみました。 過去10年で最悪級というアメリカのインフルエンザの流行と死者数。 もっと大きな話題となっていいと思うのですが、報道はともかく、風邪やインフルエンザの予防は徹底していきたいと思います。

次の

【なぜ報道されないのか?】アメリカのインフルエンザ2020の死者数・型は?

アメリカインフルエンザ死亡数

死亡者が新型肺炎の27倍。 日本では報じられないアメリカのインフルエンザ 米国ではインフルエンザが原因で毎年少なくとも12,000人以上が死亡。 これからアメリカの行く予定のある人には気になるニュースです 【ロサンゼルス発】 中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスが猛威を振るう中、米国ではインフルエンザが大流行 しています。 米疫病対策センター(CDC)は7日、最新の推計値を発表。 2019~20年のシ ーズンで患者数は2200万人に上ったとし、さらに拡大する恐れが指摘されています。 CDCの 推計値では、2月1日までの1週間で患者数は300万人増加し、昨年10月以降の累計で220 0万人となった。 インフルエンザのために21万人が入院し、死者数は1万2千人に達したとして いる。 今年は子供の症状が深刻化するケースが多く、すでに小児の死者数は78人となった。 死亡者が新型肺炎の27倍。 日本では報じられないアメリカのインフルエンザ 米国ではインフルエンザが原因で毎年少なくとも12,000人以上が死亡 ロサンゼルス国際空港 トムブラッドレー EXIT 米国ではインフルエンザが原因で毎年少なくとも1万2千人以上が死亡。 とりわけ感染が深刻だっ た17~18年のシーズンには患者数は4500万人に上り、6万1千人が死亡した。 インフルエ ンザ感染は例年10月ごろに始まり、5月ごろまで続く。 米国立アレルギー・感染症研究所(NI AID)は、19~20年は過去10年で最悪規模になる可能性があると予測している。 これからアメリカの行く(私とおくさん含む)予定のある人には気になるニュースです アメリカでもマスクが不足していると聞き及んでいます 2020年2月10日のアメリカからの最新情報の追加 アメリカで、インフルエンザの感染者数が過去10年で最悪の規模になる恐れがある。 CDC=米疾病対策セン ターによると、今シーズンの感染者数は、これまでに推定で2200万人、死者数は1万2000人に上っている。 専門家からは、子どもの死者数が例年より増える可能性も指摘されている。 流行が深刻だった2017~ 2018年の感染者数は、推定で4500万人だったが、 今シーズンはこれを超えるとも予測されている。 これからアメリカの行く(私とおくさん含む)予定のある人には気になるニュースです.

次の

【毎日更新】米国の新型コロナ感染者数・死亡者数・感染増加率推移

アメリカインフルエンザ死亡数

中国武漢市から広がっている新型コロナウイルスの猛威が世界的な関心を集める中、米国ではインフルエンザの流行が深刻化している。 米疫病対策センター(CDC)の推計では、19年10月以降の今シーズンで2月1日までに死者は1万2千人に達したとされている。 「米国ではインフルエンザが原因で毎年少なくとも1万2千人以上が死亡。 とりわけ感染が深刻だった17〜18年のシーズンには患者数は4500万人に上り、6万1千人が死亡した」(産経新聞、2020年2月8日)。 今期はさらにこれを上回る可能性があるという。 日本のインフルエンザ死亡数の長期推移は図録で示したが、ここでは、OECDのデータベースから1990年以降の主要国のインフルエンザ死亡数の推移を掲げた。 日本の値が図録と一致していることからも理解されるように、このデータは国際基準に沿った死亡診断書ベースの死因統計による結果であり、インフルエンザが直接の死因であるケースしかカウントされていないと考えられる。 死因統計のまとめの遅さのため、肝心の直近データが得られず、また暦年ベースの集計で流行シーズン・ベースの集計ではない。 ただし、定義が揃えにくい各国検疫当局の発表より相互比較の信頼性は高いのではないかと思われる。 上記の米国CDCの推計は、インフルエンザから肺炎に移行して死亡したケースなど関連死を含む推計値なので、図のデータとの比較には注意を要する。 以下に、参考のため、米国CDCの原データを掲げておく。 冒頭の図のデータで見ても米国のインフルエンザ死亡数はやや突出してきている感がある。 2000年代の前半までは人口規模の割に米国のインフルエンザ死亡数は多くなく、しかも、他国の流行とほぼ連動していた。 例えば、各国とも2001年は少なく、2003年や2005年は多くなっている。 ところが、2008年や最近年は米国のインフルエンザ死亡数だけが特に多くなる傾向が認められる。 米国だけでなく、日本やカナダ、フランスなども、米国型に近づいているようにも見えるので注意が必要だろう。 主要国だけでない各国のインフルエンザ禍の程度を見るため、OECD諸国及び協力国におけるインフルエンザ死亡率の比較図を下に掲げた。 カナダ、スウェーデン、ノルウェーといった寒冷国でのインフルエンザ死亡率が高いことがうかがわれる。 また、10年程度前と比較してインフルエンザ死亡率が上昇している国が多いことも分かる。 取り上げている主要国は日本、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、米国、英国の7カ国である。 国際比較図の国は、図の順番にオーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、チリ、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、韓国、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、英国、米国、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、ロシア、南アフリカである。 (2020年2月12日収録、2月14日インフルエンザ死亡率の国際比較図、2月15日起点を2000年から1990年に変更、米国CDC推計値も).

次の