モスコミュール。 モスコミュールを作るのにバーテンダーも愛用する「ジンジャービア」とは?

基本のカクテル「モスコミュール」作り方にこだわってみよう

モスコミュール

「モスクワのラバ」と訳され、「ラバに蹴飛ばされたように効いてくる」という意味を持つカクテル「モスコミュール」。 ウォッカベースの最も有名なカクテルはモスコミュールで、世界中で愛飲されています。 アメリカの1946年のハリウッド・サンセット大通りに店を構えたレストラン・コックンプルで生まれたカクテルと言われていますが、これには諸説あります。 大量に抱えたジンジャービアの在庫を処分する為にハリウッドのバーテンダーであるジャックモーガンが考案した説、スミノフ社のウォッカの販売促進の為に製造元であるヒューブライン社が紹介した説、ジャックモーガンとヒューブライン社が協力して作った説等があり、真相は定かではありません。 作り方は、ウォッカを45ml、フレッシュライムジュースを15ml、ジンジャーエール適量を、氷の入ったタンブラーに注ぎ入れ、軽くステアしスライスライムを飾りつけすれば完成です。 ライムの風味とほのかな甘みが特徴で、アルコール度数も15度前後と低めで飲みやすいカクテルです。 でもご紹介したとおり、お酒にそんなに強くなく、甘めの味が好きな方に特にお勧めです。 分類としては、ロングカクテルに分類されます。 ジャックモーガンは銅製のマグカップで飲む方法を提案し、それが広まっていましたが、現在ではタンブラーで作る方が多くなっています。 元々はジンジャービアで割るカクテルですが、日本でジンジャービアを入手することが難しかったので、ジンジャーエールで割ることが主流になりました。 モスコミュールのアルコール度数とカロリー モスコミュールのアルコール度数は10~16度程度と幅があり、作り方によっては高いアルコール度数になります。 カロリーは1杯でおよそ160kcalほど。 中甘辛口でウォッカのパンチが効いていて、ライムの香りとジンジャーエールが爽やかでとても飲みやすいカクテルなので、飲み過ぎには注意です。 スポンサードリンク モスコミュールのアレンジ ゆずモスコミュール ライムの代わりにゆずの輪切りを沈めると、ゆずの香りが爽やかなモスコミュールを楽しめます。 基本的な作り方は同じです。 ゆずの搾り汁を入れても風味が増して美味しいです。 緑茶モスコミュール 普通に作ったモスコミュールに粉末の緑茶、もしくは抹茶を入れて作ります。 お茶に渋さがモスコミュールの甘さと相性が良く、大人な味わいのカクテルになります。 芋焼酎モスコミュール ウォッカの代わりに芋焼酎を使ってモスコミュールを作ると、香りが独特で面白い味わいになります。 ジンジャエールの甘さが芋焼酎の香りと相性が良く、そこにライムが爽やかさを加えて、美味しいカクテルになります。 ドライ目のジンジャエールで作ると大人っぽい味になっておすすめです。 スポンサードリンク.

次の

モスコミュールの作り方。生姜を使ったカクテルは健康志向の方へも!

モスコミュール

いつでも好きなタイミングで飲みやすいオールデイカクテルの1つとして、モスコミュールは多くのお酒好きから愛されています。 お酒が好きな方、カクテルが好きな方であればモスコミュールを自宅でも楽しみたいという気持ちは、とても自然なものであるといえるでしょう。 今回はモスコミュールを愛してやまないすべての人々に、自宅で簡単に作れるレシピをご紹介します。 モスコミュール を作るための材料 1. ウォッカ モスコミュールのベースとなるのがウォッカです。 これがなければなにもはじまらないので、モスコミュールを作るなら常に自宅に準備をしておくようにしましょう。 冷やしておくとモスコミュールとしての味わいを深めるので、冷蔵庫に入れておくことをオススメします。 またウォッカの代わりにスミノフもOKなので、必要に合わせていっしょにそろえておくといいでしょう。 生のライムを絞った果汁orライムジュース モスコミュールの味を作りあげるポイントは、ライムにあります。 簡単に作るなら市販されているライムジュースでも十分ですが、本当に味にこだわったモスコミュールを作るなら、生のライムを用意しておきましょう。 生ライムの果汁と皮が織りなす深みを持った味わいは、お店のカクテルにも負けない魅力を引き出します。 ジンジャーエール モスコミュールとしての味を決定づけるのは、ジンジャーエールです。 本場ではジンジャービアを使いますが、日本では一般的に通常のジンジャーエールで十分でしょう。 ジンジャーエールの割合次第でモスコミュールが甘口となるか、辛口となるかが分かれるので、自分の好みに合ったものを選択するようにしてください。 モスコミュール を作るための道具 1. グラス・タンブラー モスコミュールはグラスに直接材料を入れて、そのまま混ぜ合わせることになるので、何よりも必要とされるのがグラスです。 ぬるくなりにくい、水滴がつきにくいなど機能的なものもいいですが、おしゃれでこだわりのグラスを見つけておけばモスコミュールを飲む時間がさらに幸せになることでしょう。 またタンブラーでも代用できるので、自宅にある場合は使ってもいいかもしれません。 マドラー・バースプーン モスコミュールの味をきちんと浸透させるためには、かき混ぜるためのマドラーやバースプーンを用意しましょう。 グラスと合わせて準備しておけば、モスコミュールを作る過程も味わい深くなりますね。 ふつうのスプーンや箸でも混ぜることはできますが、雰囲気も考えるとマドラーやバースプーンなどの専門道具がほしくなりますね。 銅のマグカップ お店で出会うモスコミュールは、よく銅のマグカップに注がれてはいませんか。 キンと冷えた銅のマグカップとモスコミュールの相性は抜群で、さわやかな味を楽しませてくれます。 モスコミュール を作る簡単ステップ 1. ウォッカを氷を入れたグラスに注ぐ モスコミュールを作る最初のステップは、ウォッカからはじまります。 だいたい45mlを目安にしてグラスに注ぎ、モスコミュールの土台を作りましょう。 グラスのサイズやその日の気分に合わせて量を調節することも忘れないでくださいね。 ライムを投入 ウォッカを準備したら、次に投入するのはライムです。 ライムジュースであれば15ml程度、生のライムであれば4分の1くらいをしぼって果汁を入れましょう。 その後ライムを皮ごとグラスに落とし、味がしっかりと馴染むように整えます。 ジンジャーエールを注ぐ ライムとウォッカをからませたら、最後にジンジャーエールをグラスに注ぎましょう。 この際に想定しているモスコミュールの味になるように、お酒が薄すぎる・濃すぎるということのないようにジンジャーエールの量をこまかく調節するようにしてください。 少なめに入れながら増やしていき、調節します。 良く冷やしておけば、それだけモスコミュールの味が引き立つことも覚えておくといいでしょう。 軽く混ぜ合わせる モスコミュールを作る1番重要な行程は、最後の軽い混ぜ合わせです。 バースプーン等を使用して、数回全体を持ち上げるようにしてかき混ぜます。 このときに氷を入れておくと、冷たさがまんべんなく浸透してさらに美味しく仕上がるでしょう。 オリジナル要素を足していこう! 以上が一般的なモスコミュールの制作行程ですが、この行程にはさまざまなアレンジを加えることが可能です。 たとえば刻んだ生姜を入れたり、ウォッカをジンやラムに変えたりといったアレンジを試してみれば、ふつうのモスコミュールにはない新しい味が楽しめるでしょう。 最後に 作り方は非常に簡単で、誰でも手軽に行えることがおわかりいただけたでしょうか。 お酒好きの人はこれを機にぜひ材料をそろえて、いつでも自宅でモスコミュールを楽しめる環境を整えておくといいですね。 基本とするレシピはもちろん、そこからいかに外れたオリジナリティを味わえるかで、モスコミュールの深みを知ることができるでしょう。 ジンジャーエールやライムジュースといった材料を利用して作られるので、家庭でも無理なくモスコミュールを再現することが可能です。 ぜひこれを機に、あなたもチャレンジしてみてください。 あなた専用のモスコミュールをバーテンダーに作ってもらう ご自宅で自分用に、自宅に人を招くパーティーやバーベキューなどで、モスコミュールだけでなく、カクテルを楽しみませんか?プロのバーテンダーは多くのカクテルを知っていますし、佇まいやパフォーマンスもかっこいいです。 ウォッカで作るカクテルは暑い季節にもぴったりです。 本格的なドリンクを作るのは材料も手間もかかりますが、Zehitomo でバーテンダーを呼びましょう。 本格的なカクテルで場もさらに盛り上がりますよ。 あなた専用の、あなたのパーティー専用のバーテンダーが、あなたとあなたの大切なゲストのためにお酒を振舞います!Zehitomoでバーテンダーの依頼を出すと、5名以内のバーテンダーからすぐに見積もりを取ることができます。 ぜひ気軽に見積もり依頼を出してみてくださいね。 他のカクテルの記事も読んでみる?.

次の

モスコミュールとはどんなカクテル?度数や味、カロリーから言葉の意味まで!|食べ物辞書

モスコミュール

ウォッカ「スミノフ」をベースにした瓶入りアルコール飲料「スミノフアイス モスコミュール」がキリンビールから発売される。 6月30日より全国での取扱い。 1本275ml入り、価格はオープン。 スミノフアイスとは 「スミノフアイス」は 1999 年にイギリスで誕生したRTD(Ready to Drink の略。 栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料)ブランド。 現在世界90か国以上で幅広く販売されており、日本国内でも瓶入りRTDとしてはシェアNo. 1を誇っている。 スミノフアイス モスコミュール 今回発売される「スミノフアイス モスコミュール」は、人気カクテル「モスコミュール」を日本向けに独自開発したフレーバー(スミノフアイスのモスコミュールフレーバー自体は海外でも販売されている)。 ミントやライム、ジンジャービアなどのフレーバーやアルコール度数を調整し、日本人好みの味に仕上げられている。 アルコール度数は9%。 バーで飲むような本格的な飲みごたえ、爽快な味わいが楽しめるとする。

次の