にゃんこ大戦争 本能 レア。 本能

本能おすすめ(超激レア17選)

にゃんこ大戦争 本能 レア

本能解放とは 本能解放とは、 キャラごとに固有の特殊能力を追加したり、ステータスなどを強化できる機能です。 後ほど出てくるNP(にゃんこポイント)を使って、好きなキャラを自分好みにカスタマイズできるようになります。 本能には「解放」と「強化」がある 本能には今まで持っていなかった性能を新たに付与できる 「解放」と、もともと持っていた能力をさらに伸ばす 「強化」の2種類があります。 例えば、ねこジュラシッターを例に挙げると、もともと持っていたクリティカルの確率を上げる「強化」と、ふっ飛ばし耐性などの新しい性能を追加する「解放」があります。 また、赤い敵に強いキャラに「エイリアンを対象に追加」という本能を解放すると、赤い敵だけではなくエイリアンに対しても同様の能力を発揮できるようになったりします。 ちなみに、本能は強化が2種類、解放が3種類でキャラごとに 合計5種類の装着が可能です。 スポンサーリンク 本能をつける条件 本能をキャラに装着するためにはNP(にゃんこポイント)を使う必要があります。 また、本能解放は「未来編第3章」をクリアしていることが条件です。 さらに、本能を解放して能力を発揮できるのはキャラの 第3形態のみとなります。 第1形態や第2形態の状態では本能で追加した能力を発揮できませんので注意が必要です。 NP(にゃんこポイント)の入手方法 現状、本能の解放に必要なNP(にゃんこポイント)の入手方法は、 キャラをNPに交換する方法のみとなっています。 (今後、イベントなどで入手できるようになる可能性はあります) ガチャキャラが大量にいない場合は、 ・福引チケットでちびキャラを大量に獲得する ・にゃんこチケットで基本キャラを獲得する の2つがメインになりますね。 50Pは大きいので、 使わないキャラのプラスを1増やすより、よく使うキャラを強化した方が攻略が楽になる可能性が高いからです。 にゃんこポイントについて、もっと詳しく解説した記事があるので、「NPって何?」という場合は、下記の記事を読むと基本的な仕組みは理解できると思います。 本能の種類と上昇率 全キャラ固有 全キャラに用意されている本能は 「体力アップ」と「攻撃力アップ」の2種類です。 最大レベルは10なので、それぞれ20%上昇させることができます。 キャラごとの特殊本能 キャラごとの特殊本能は別ページでまとめましたので、詳しくは下記を参考にしてみてください。 (個人的な使用頻度が大きく関係しているので参考程度にしてください^^) 現状、NPの入手経路が限られるので、基本的にはレアや激レアキャラで、頻繁に使用するキャラの本能解放がおすすめです。 超激レアであれば、「鬼にゃんま」「真田幸村」「キングガメレオン」は汎用性が高く、いろんなステージで輝くのでおすすめです。 管理人は超激レアをなるべく使わずに攻略記事を書くので、周回や速攻には使わない鬼にゃんまの本能は開放していませんが、 開放すると攻撃力がエグいことになります 笑 激レアであれば、ネコカンカン、ネコ半魚人あたりの本能開放はおすすめです。 レアは手持ちのキャラによって変わってきます。 ネコ医師の古代種をふっとばす能力などは、古代種ステージで苦戦するなら役に立ちますし、未来編ならネコサイキックも優秀です。 ただ、この辺りのキャラは中盤以降に使用頻度が減るのでNP節約した方がいいかもしれません。 (ネコカメラマン・ネコラーメン道は中盤以降、レジェンドステージ星4などでも強いので長期的に役立っておすすめです) 現状、NPは入手機会が限られるので、自分が詰まっているステージが出てきた時に開放を検討してみてはどうでしょうか? 私はいま本能未開放のキャラ(レア・激レア)は代わりのキャラも多く、あまり使わないかなという感じです。 よく使っているキャラの本能が解放されるまで貯めておくのも賢い選択です。

次の

【にゃんこ大戦争】第3形態レアキャラおすすめランキング

にゃんこ大戦争 本能 レア

ほとんどのキャラに共通して「基本攻撃力上昇」「基本体力上昇」の2つがあり、その他「生産コスト減少」「移動速度上昇」など、40種類以上存在する。 本能の強化パターンは、主に3種類に分類できる。 ただし、多くのNPを要求される傾向にある。 タイプ2と3で注意すべきは、同じ本能でもキャラクターによって性能のばらつきがあること。 例えば上に書いた「獄炎鬼にゃんま」と「ネゴエモン」は、同じ「体力減少で攻撃力上昇」の本能を持つが、レベルごとの強化具合や最終性能が全く異なる。 当然、 あるキャラでは効果的だった本能が、別のキャラでは全く役に立たなかったということも十分ありうるので、強化する際は正確な情報をもとに検討したい。 同じ能力の本能でも、キャラのレア度が高いほど強化するのに多くのNPを要求される。 「本能」は第3形態にしか反映されず、 第1・第2形態には反映されない。 ダークヒーローズやウルトラソウルズのような、 進化前の形態もよく使うキャラは注意を要する。 また、 一度強化したら戻せない。 貴重なNPを浪費してしまうだけでなく、次に示すものなどは必ずしもプラスに働くとは限らないため、注意が必要。 移動速度アップ 突っ込みやすくなり、敵からの被弾が増える。 ただし攻撃後に停止するタイプのキャラはその限りではない。 生産コスト割引 出撃制限に引っかかる可能性がある。 特に宇宙編などの「生産コスト1200円以上のみ」など。 また、今後のアプデで新たなコスト制限ステージが追加されたり、条件が変わる可能性もある。 ふっとばす 敵の前線を押し込むことにより、敵後衛に控える大型(系や系など)にこちらの前線が壊滅させられたり、他の味方キャラの攻撃が外れる可能性がある。 ふっとばし耐性 耐性系本能に共通して言えることだが、各種妨害を無効化するわけではなく、解放しても一定時間は妨害効果を受ける。 特にこの「ふっとばし」に関しては、妨害による攻撃モーションのキャンセルには無力という大きな落とし穴がある 妨害による後退距離が短くなるだけ。 ただし、壁役キャラに付加すれば、戦線の後退を防ぐ効果が期待できる。 古代の呪い無効 を使用してくる敵キャラは、ほぼ「」でしか出現しないため、そこまで進んでいなければまだ不要。 ターゲット追加(古代種) 古代種に対して特殊能力を発揮できるようになるが、敵のを無効化するわけではない。 特に短射程キャラは、特殊能力が封印され続ける恐れがあり、前述の「古代の呪い無効」と共に強化しないと効果を発揮しにくい。 また同様に「」まで進んでいなければ取得は不要。 8秒 24F 0. 13秒 4F 2. 9秒 57F 0. 23秒 7F 4. 5秒 15F 0. 17秒 5F 2. 3秒 39F 0. 3秒 39F 0. 13秒 4F 0. 13秒 4F 1. 3秒 39F 0. 3秒 9F 4. 3秒 39F 0. 3秒 9F 4. 0秒 120F 75-15-20型 235 動きを止める時間増加 未強化100F 0. 4秒 12F 0. 07秒 2F 1. 3秒 39F 0. 3秒 9F 4. 7秒 51F 0. 37秒 11F 5. 4秒 12F 0. 067秒 2F 1. 4秒 12F 0. 067秒 2F 1. 77秒 23F 0. 1秒 3F 1. 3秒 39F 0. 3秒 9F 4. 77秒 23F 0. 1秒 3F 1. 4秒 12F 0. 067秒 2F 1. 27秒 8F 0. 27秒 8F 2. 17秒 5F 0. 17秒 5F 1. 5秒 15F 0. 16秒 5F 2. 8秒 24F 0. 13秒 4F 2. 5秒 15F 0. 16秒 5F 2. 0秒 60F 50-10-15型 165 波動攻撃 Lv2-射程532. 2秒 6F 0. 2秒 6F 2. 17秒 5F 0. 17秒 5F 1. 3秒 39F 0. 4秒 12F 0. 1秒 3F 0. 5秒 -15F -0. 17秒 -5F -2. 07秒 -2F -0. 07秒 -2F -0. 07秒 -2F -0. 07秒 -2F -0. 3秒 39F 0. 3秒 9F 4. 4秒 12F 0. 07秒 2F 1. またVer. 7にて実装されたもNPに変換できるようになった。 本能玉ランクCとDは1NP、Bは2NP、Aは7NP、Sは25NPと変換できる。 キャラの変換レートは次の通り。 比較的限界に達しやすいと言える基本&ちびキャラは、NP変換により無駄なく活用できる。 また、不定期開催だが「福引チケット付きレアガチャ」を回すことで、レアキャラを入手しつつ、福引チケットからちびキャラを期待する、という二重のNP稼ぎも狙える。 また、一つの考え方として、 【レア】キャラを合計Lv90で止めて、以降はNPに変換するという運用もある。 これは、【レア】キャラの場合、Lv91以上は強化効率がかなり低くなるためである。 詳しくはページを参照。 本能の強化に要求されるNPは、以下の9種類のパターンが存在し、必ずこの中のどれかに当てはまる。 「-」の部分はデータそのものが存在しない。 変換レートを見てのとおり、 レア以上のキャラを変換しないとNPがかなり不足するようになっている。 : この 1200円というのが絶妙なラインで、これを超えるか超えないかによって、有能なアタッカーや壁が出撃できなくなってしまうこともしばしば。 もしなどの出撃コストを下げ過ぎてしまうと、高コストユニットに頼らざるを得なくなり、資金繰り・キャラの補充などが一層厳しくなる。 : ただし、のように射程があり攻撃を受けにくい前提ならば「古代の呪い無効」なしでもかなり活躍が期待できる。 : 具体的には、壁キャラ・妨害キャラの体力が重要になってきた、弱キャラが後に実装された要素で強キャラに化けた、コラボイベントキャラで次回開催が未定、など。 : 言うまでもないが、新キャラクターは、取得することでにゃんこ図鑑経由でネコ缶も5個貰えるため、最初は変換せずに取得することをオススメする。

次の

【にゃんこ大戦争】俺のおすすめ 本能開放キャラ【これを解放セヨ】

にゃんこ大戦争 本能 レア

・+値に変換 ・経験値に変換 ・+値にも経験値にも変換せずに「にゃんこ貯蔵庫」に保管 ・「にゃんこ貯蔵庫」に保管後にNP にゃんこポイント へ変換 上記4つの方法から一つ選択。 3つ目を除いてどの選択肢にもメリットとデメリットがありますので以下から順に解説していきたいと思います。 +値に変換してキャラを強くする 該当キャラに重ねてステータスを強化する事が出来ます。 重ねた場合はレベルの下に+の値が表示。 数字は重ねた回数 メリット メリットとしてはキャラを強くすることが出来ますので重ねる数を多くしていけばそれだけ戦闘で活躍できる可能性を増やす事が出来るでしょう。 特に 「レアキャラ」は当たりやすいので+値を増やしやすく、キャラによっては 「超激レアキャラ」に匹敵する使いやすさを得る事も不可能ではないです。 レベル上限解放と組み合わせると尚良し デメリット デメリットとしては1回の上がり幅がしょっぱいので数回重ねた程度では目に見えて強くなるのが実感しづらいこと。 強化していく場合はガッツリ行わないといけないのでどうしても強くなるには時間がかかってしまうでしょう。 またガチャの排出率の都合上、 「激レアキャラ」や 「超激レアキャラ」の+値は強化しづらいのでこれらのキャラを強化しようとした場合は課金が必須となりあまり現実的ではないです。 筆者が思う効率的な+値の上げ方 +値を重ねる際に気を付けたいのは強化されるステータスが 体力と 攻撃力の2点のみ。 射程や特性の効果時間、生産コストは一切変化しませんのでこのことを知らずに強化していると損をしているかもしれないので注意が必要です。 強化される項目が上記2点のみであるとこれらのステータスが活かせる壁キャラやアタッカーキャラは迷うことなく+値を更新していっても良いでしょう。 また以下の特性を所持するキャラも重ねてしまうことをオススメ。 レア・・・11万 激レア・・・47万 超激レア・・・100万 メリット 貰える経験値の量が中々ですので育成が後回しになっている他のキャラを強化するのに役立ちます。 一番低めの 「レアキャラ」でも1体につき 11万もらえますので複数揃えればその経験値の量は馬鹿になりません。 いらないキャラが増えてきたら積極的に経験値にしてしまっても良いでしょう。 デメリット 経験値を稼げるとはいえガチャを回さなければ得られないので再現性は低め。 経験値を得るために課金をするというのもおかしな話ですのでそこまでするのであれば直接経験値を買うか、 「土日ステージ」の 「超激ムズ」ステージを周回した方が遥かに効率的です。 あくまで目的のキャラが出なかった時のおまけ程度として考えるようにしましょう。 筆者が思う効率的な経験値の上げ方 経験値にする際の判断基準としては以下になるかと思います。 ・普段使わないキャラを引く ・+値に変換してもあまり旨味のないキャラ 主に妨害用 が当たる ・レアリティの高いキャラ 「激レア」や「超激レア」 普段使わないキャラは編成に組み込むこともあまりないかと思いますので+値にしてもあまり意味はないでしょう。 明らかに出番の少ないキャラはそのまま+値にするよりも経験値にしてしまった方が戦力増強として貢献できる可能性が高いです。 また敵の妨害がメインのキャラもあまり+値にする必要がないかと思います。 「動きを遅くする」や 「ふっとばす」等 この手のキャラは大抵妨害用に特化されており、攻撃力や体力は低めの傾向にあります。 そのため相当な数を+値に変換しないと敵の攻撃を耐えられない可能性が高いので旨味が少ないと言えるでしょう。 +値の項目でも紹介した通り、重ねてステータスが上がるのは体力と攻撃力のみで射程や特性については強化されませんので元々の能力が高くない限りは経験値にしてしまってもそこまで使い勝手に影響しないと思います。 基本・・・1NP EX・・・1NP レア・・・ 5NP 激レア・・・1 5NP 超激レア・・・ 50NP メリット 「本能」対象キャラを強化する事が出来るのが最大のメリット。 その強化幅はキャラによってまちまちですが大抵がステータスをさらに高めたり対象の属性追加、新たな特性を付与する等それまで陽の目を見なかったキャラでも見違えるように強くなる可能性を秘めており、スポットが当たりやすくなります。 デメリット NPを使用する対象のキャラが少ないです。 しかし、新たに 「本能対象」のキャラが増えていく事が予想されますので使いやすくなるキャラの事も考えてNPを貯めておくのも先述の一つでしょう。 筆者が思う効率的なNPの上げ方 経験値と同様に以下の基準で決めてしまうと良いでしょう。

次の