動画 ファイル 形式。 動画の形式を簡単変換「ズバリ動画変換2」|ソースネクスト|ソースネクスト

動画のやり取りが多い担当者へ!動画のファイル形式

動画 ファイル 形式

YouTubeアップロード動画のファイル形式とエンコード YouTubeでサポートされているファイル形式 2019年7月現在、YouTube でサポートされている動画ファイル形式は、• MOV• MPEG4• MP4• AVI• WMV• MPEGPS• FLV• 3GPP• WebM• DNxHR• ProRes• CineForm• HEVC(h265) 以上のようになっています。 ちなみにiphoneで撮影した動画のファイル形式は. MOV、 Androidスマホの場合は. MP4ですので、これらの動画を直接 YouTubeにアップロードする場合はなんの問題もありません。 動画編集した動画をアップロードする場合は、このサポートされているファイル形式のどれかで出力すればOK、すでに完成している動画でこの形式以外のものは、YouTubeアップロード用にファイル変換が必要になります。 その場合もこのサポートされているファイル形式のどれかを選択して変換すればOKなんですが、YouTubeでは推奨しているファイル形式というのがあります。 YouTubeが推奨するファイル形式 YouTubeが推奨するファイル形式ですが、これはYouTubeのペルプページに「」として掲載されています。 上の画像がYouTubeペルプページですが、コンテナがMP4で動画コーデックはH264が推奨されています。 音声コーデックやフレームレート、ビットレートなどの情報も見れますので、YouTubeに動画をアップロードする場合、このヘルプページは一度チェックしたほうがいいでしょう。 実際にYouTubeアップロード用にファイルをエンコードする それでは実際にファイルをエンコードする工程をまとめてみます。 filmoraで出力する 上の画像は動画編集ソフト「 filmora」の出力画面ですが、画面左形式から「 MP4」を選択します。 詳細設定を開くと、デフォルトでは上の画面のような設定になっています。 この設定のまま出力した動画の詳細を、コーデックチェッカーでチェックしてみました。 上の3枚の画像から、コンテナは「 MP4」、動画コーデックは「 AVC(H. 264)」、音声コーデックは「 ACC LC」となっていて、YouTubeの推奨設定になっていることが確認できます。 PowerDirectorで出力する 続いて、PowerDirector16でも同様にファイルを出力してみます。 この設定で出力した動画の詳細を、コーデックチェッカーでチェックします。 上の3枚の画像から、コンテナは「 MP4」、動画コーデックは「 AVC(H. 264)」、音声コーデックは「 ACC LC」となっていて、filmoraの出力ファイルと同様にYouTubeの推奨設定になっていることが確認できます。 YouTubeに直接アップロードする設定もある 上の画像はPowerDirector16の出力画面ですが、「 オンライン」タブからYouTube用の出力が選択できます。 filmoraにも同様の機能がありますし、有料の動画編集ソフトではほぼ標準機能と言ってもいいかもしれません。 非常に簡単にYouTube用の動画が出力できるわけですが、ここから動画作成して直接YouTubeにアップロードする際には認証作業が必要になるのが面倒ですし、パソコン内にファイルが保存されないというのも個人的には大きなデメリットです。 動画編集してファイルを出力した場合、視聴と修正を繰り返すこと結構ありますから、いきなりYouTubeにアップロードする機能は必要がないし、使ったこともないというのが実情です。 すでに完成している動画を、形式だけ変えてYouTubeにアップロードする、という場合には便利な機能かもしれません。 XMedia Recodeで変換する 次は動画出力ではなく、既存のファイルをYouTubeアップロード用に変換してみます。 使用するソフトは「 XMedia Recode」です。 XMedia Recodeでファイルを読み込んだ状態です。 ちなみに今回読み込んだ動画は. MOV形式で、YouTubeにアップロードするには問題ないファイルなんですが、テストということでfilmoraとPowerDirectorの項で使ったものと同じファイルを使っています。 「 プロファイル」のプルダウンメニューから「 YouTube」を選択します。 以上の設定で変換したファイルの詳細を、コーデックチェッカーでチェックします。 上の3枚の画像から、コンテナは「 MP4」、動画コーデックは「 AVC(H. 264)」、音声コーデックは「 ACC LC」となっていて、YouTubeの推奨設定になっていることが確認できます。 XMedia Recodeでファイル形式を変換する場合、プロファイルからYouTubeを選択すれば、推奨設定にエンコードされるということですね。 XMedia Recodeの使い方に関しては、以下の記事も参考にしてください。 まとめ YouTubeに動画をアップロードする際のファイル形式についてまとめてみましたが、現在主流で使われている形式はほぼサポートされている感じですので、意識しなくてもほとんど問題は起こらないというのが正直なところです。 そうはいってもおすすめのエンコード設定が公表されていますから、できる限りそれに近いファイル形式にすることを意識することも必要かなとは思います。 動画編集ソフトやファイル変換ソフトは事例であげた以外にもたくさんありますから、そのソフトごとに設定等が違ってきますので、あくまで参考として考えてもらえればいいんですが、機能的には似たようなものが多いでしょう。 推奨設定にしても将来的には変更されることもあるでしょうし、最新の情報をチェックしながらソフトもバージョンアップしていくことがベストなんですが、有料のソフトを数多く揃えるのはコスト的に難しい場合も多いですし、継続してバージョンアップしているフリーソフトをチェックしていくことも大事ですね。 いずれにしろ「 ユーチューバー」という職種が生まれて、それ以外の人でもどんどん動画をネット上に公開していくことが普通の時代になりましたから、ファイル形式等の知識を持っておくことは無駄にならないと思います。

次の

MPEG

動画 ファイル 形式

動画のファイル形式は数多くありますが、どんな状況でどのファイル形式が適切なのかというのは動画編集を長くやっていれば自然と身についてくると思っています。 拡張子やコンテナ、コーデックなどの用語は、知らなくても困らない場合状況もありえますし、よくわかっていなくてもなんとなく使ってる場合も多いです。 とはいえ、例えば動画ファイルのことを調べようとネット検索した場合でも、ある程度の知識がないと用語の部分で躓いたりすることもありますので、最低限の知識は持っておくべきでしょう。 この中からどれを選べばいいのか?という場合にはやっぱりある程度の知識が必要になりますからね。 そういうわけでこの記事では、動画のファイル形式についてまとめてみます。 いずれにしろ、ファイル形式を表す拡張子は動画以外のファイルにも使われていることと、拡張子の違いでファイルの形式を判別できることを理解しておきましょう。 コンテナとコーデック 動画それぞれのファイル形式によって決まった拡張子があるといことはわかったと思いますが、動画のファイル形式を理解するにはコンテナとコーデックの意味と関係を知る必要があります。 動画ファイルというのはサイズが非常に大きく、パソコンで処理するためには圧縮してサイズを小さくして扱うほうが処理しやすくなるというのは感覚的に理解できると思います。 この圧縮する技術(プログラム)を「 コーデック」と呼び、そのコーデックにより圧縮されたデータを格納するものが「 コンテナ」です。 コンテナはデータが入る箱のようなイメージですが、コンテナの種類ごとに入れることのできるデータ形式が異なります。 少しややこしい部分もありますが、コンテナ=ファイル形式というイメージでとらえてOKですし、そのコンテナごとに使えるコーデックがあるということがわかっていれば問題は無いと思います。 コーデックに関しては、以下の記事でもまとめていますので参考にしてください。 主な動画のファイル形式 動画のファイル形式は多くの種類がありますし、今後も新しいものが増えていくと思います。 現在主流のものが使われなくなることもあり得るんですが、現時点で使われている主な動画ファイル形式を以下に紹介します。 (カッコ内はファイルの拡張子表示です) AVI. avi Microsoft(Windows)標準の動画ファイル形式で、使えるコーデックが多く、互換性が高いことから幅広く使用されているファイル形式です。 かなり昔から使用されている形式で、機能的には他のファイル形式に劣る部分も多々ありますが、現在でも使用されることの多いファイル形式です。 MOV. mov Apple(Mac)標準の動画ファイル形式で、QuickTimeとも呼ばれています。 Apple社が開発しているフォーマットですので、iPhone等で撮影した動画はこのファイル形式で保存されます。 私はWindowsユーザーで、スマホも最初はアンドロイドでしたので、存在自体知らなかった時代がありました。 現在はiPhoneユーザーですので、頻繁に扱うようになりました。 MP4. mp4 MPEG-4と混同されることがありますが、MPEG-4はコーデックで、ファイル形式はMP4が正しい名称です。 WindowsやMac、iPhoneやandroidスマートフォンなど再生できる端末が多く汎用性が高いので、近年主流のファイル形式となっています。 コーデックはH264を使用している場合が多いです。 MPEG-2. mpg MPEG-2も昔から多く使われてきたファイル形式で、DVDに採用されている「MPEG-2 PS」、ブルーレイや地上波放送等で使用されている「MPEG2-TS」が有名です。 」 最近は編集した動画をMPEG-2形式で出力することはほとんどありませんが、「DVDAuthorGUI」というオーサリングソフトを使うときは、MPEG-2しか対応していないということでお世話になりました。 ちなみにDVDの動画ファイルって拡張子「. vob」ですけど、拡張子が違うだけで中身はMPEG-2です。 MKV(. mkv) 正式名称「 Matroska(マトリョーシカ)」という、オープンソースで開発されているファイル形式です。 Windows10で標準対応されたことで多く使用されるようになったイメージで、対応コーデックも多く多機能なのが特徴です。 WMV(. wmv) WMV(Windows Media Video)は、Microsoftが開発した動画ファイル形式です。 ストリーミング配信を前提に開発され、DRM(デジタル著作権管理)というコピーガード機能が付いているという特徴があり、圧縮率にも優れています。 動画編集時のファイル形式の使い方 主なファイル形式を紹介しましたが、その詳細を理解するよりも、どのような状況でどのファイル形式を使えばいいのかというのが動画編集ではポイントになると考えます。 編集した動画を出力する場合どのファイル形式を使えばいいのか、考えられる状況からのファイル形式の選択を以下にまとめてみました。 YouTubeにアップロードする YouTubeに限らず、ストリーミングサイト投稿用であれば、MP4を使うのがベストだと思います。 コンテナがMP4でコーデックがH264というのが一般的だと思いますし、私もこれを使う場合がほとんどです。 保存用にする 編集=エンコードと考えれば画質の劣化は免れませんが、できるだけ劣化の少ない状態で保存したいと考えると思います。 この場合に使うファイル形式は、使用する編集ソフトに依存というか、そのソフトが出力できる最高の品質を選択するということになります。 個人的には画質劣化も気になりますが、互換性などトータルで考えてAVIとH246の組み合わせを使うことが多いです。 まとめ 動画のファイル形式についてまとめてみましたが、技術が進歩すればまた新しいものが開発されていくので、あくまでも現時点での個人的な使い方を中心にまとめています。 例えば「FLV」とかは、もう使わないので端折っていますし… ファイル形式の知識というのは、網羅的に覚えることよりも自分の使い方にあったものを知っていればいいと思っていて、使用するパソコンやソフトによりベストなものは違ってくると思うので、単純に今はこれがベストとは言えないでしょう。 でも今ならMP4を使えばあまり問題は起きない、というのが正直なところでもあります。 画質劣化や圧縮率にシビアな方はこだわるところもあるでしょうが、私のような趣味で動画編集を楽しむレベルであれば、その時主流のファイル形式を使えば問題が起きることは少ないと思いますけどね。

次の

Filmoraで編集した動画を目的に応じた形式で出力する方法

動画 ファイル 形式

1.ファイル形式の種類 まずは動画のファイル形式はどのような種類があるのか、というところからご紹介します。 結構種類があるので、紹介した「Any Video Converter」で扱うことができるファイル形式を抜粋して紹介します。 <形式名> MPEG (Moving Picture Experts Group) <拡張子> MPEG-1とMPEG-2=「. mpg」 MPEG-4=「. mp4」 最も主流なファイル形式です。 MPEGファイルにはMPEG-1,MPEG-2,MPEG-4の三種類があります。 iphoneで動画を撮るとこの形式で保存されますね!ちなみにMP4は音声ファイルの形式にもなります。 iTunesで曲を購入したりするとMP4になるはずです。 <形式名> AVI (Audio Video Interleave) <拡張子> 「. avi」 Windowsでの再生を前提としたファイル形式です。 結構昔からあります。 使い勝手が良いので、今でも多くの場面で使われています。 <形式名> WMV (Windows Media Video) <拡張子> 「. wmv」 前回も出てきましたね!Windowsでの再生を前提としたファイル形式です。 個人的にはあんまり使いません。 動画編集はmacでやりますし、mac製品のシェアが多くなった現在だと、動画の共有時にまあまあ困るからです。 <形式名> FLV (Flash Video) <拡張子> 「. flv」 最近これ全然見てない気がします。 Flash Playerで再生が可能です。 が、Flashってもう対応しているサイトがどんどん減ってきているんですよね。 小学生の頃がFlash全盛期だった世代としては哀愁を覚えます。 <形式名> MOV (movieの略かもしれない) <拡張子> 「. mov」 appleが作った動画のファイル形式です。 QuickTimeでの再生を前提に作られています。 個人的には二番目によく使います。 AnyVideoConverterでMP4から変換すると結構軽くなるんです。 2.よく使われるファイル形式の特徴 上記の様なファイル形式があるわけですが、それぞれにどういった特徴があるのか、ざっくりと紹介します。 MPG(MPEG-2 MPEG-1は画質が結構低く、使っている人をほとんどみないので説明は省きます! MPEG-2はDVDなどに用いられています。 放送や通信での使用を想定して作られた動画形式で、HDTVでの視聴にも対応できます。 ただし、著作権保護機能などは付いていないので、DVD上に保存されているデータの拡張子は. VODなどになっている場合があります。 MP4 動画を圧縮しても画質が高いのが特徴です。 モバイル機器での利用を想定して作られています。 iphoneとかですね。 圧縮率が高いのに画質が高く、またapple製品との相性が良いので個人的にはよく使っています。 AVI 結構古くからありますが、AVIを編集するフリーソフトが多いためか、現在でもよく使われています。 ただし、映像と音声ファイルの組み合わせによっては音声が書き出せなかったりすることもあるので注意が必要です。 WMV 画質・音質ともに高く、HDTVのような高画質の映像にも対応しています。 しかし、MP4ほどは普及していません。 apple製品との互換性の無さが大きな理由と考えられます。 WMVの最大の特徴としては コピー防止の機能がついていること。 そのため動画素材をネットからダウンロードするとWMVファイルだったりすることがありしす。 3.おすすめのファイル形式は? さて、上記のように動画のファイル形式はそれぞれ少しずつ異なっているわけです。 ここでは、「動画を関係者全員で確認し合う」という状況を想定して、私の個人的な判断でご紹介します。 個人的に一番おすすめなのは MP4です。 動画を圧縮した際に最も画質が良く、最近のPCであれば再生できるものが多いからです。 また、iTunesやGarageband、iMovieといったMACのアプリケーションにファイルを放り込む際にも扱いやすく、使い勝手が良いです。 次点でオススメなのは. movです。 QuickTimeを入れる必要がありますが、有名なソフトなので安心してインストールできます。 僕はMp4を送ってから「動画が再生できない」というご相談を受けると、movとaviで送り直すようにしています。 aviもいいんですけど、macだと再生するためのソフトを探してくる必要があり、また動画編集のときもMACだと勝手が悪いように感じます。 僕はあくまで相手に見せる為に使っています。 4.まとめ 相手が使っている再生メディアを事前に聞いておきましょう! 上述のように、動画には様々なファイル形式があり、それに応じて再生環境も異なってきます。 相手の使っているPCのOSや再生メディアに合わせられるよう、動画ファイルをやりとりする際には互いに再生メディアを確認し合うと良いかもしれません! 個人的な見解が大分多く登場しました。 「そういう使い方の人もいるんだなあ」くらいで捉えてください。 よしみずでした。

次の