せいえいじゃしゅ。 大蛇丸の人とは (オロチマルノヒトとは) [単語記事]

最近ハマっているユーチューバー

せいえいじゃしゅ

大蛇丸とは、• 後期に発表された娯楽『』に登場する人物。 このの「」の敵役。 がの妖術を使うのに対して、大蛇丸はの妖術を使う。 同じくこのの登場人物「綱手」がの妖術を使うことも合わせて、の関係となっている。 『』に登場する人物。 を元にしている。 - (『Z~かなる~』では)• 『スペクルス』に登場する人物。 - (『ウォーズ』では)• 『』に登場する人物。 を元にしている。 - 本記事では上記4. について扱う。 概要 ・綱手と共に「の三」と呼ばれる。 元・木の葉隠れの里のでその後抜けし、音隠れの里を創設した。 オネエ言葉で喋るが、れっきとしたである。 何故オネエ言葉なのかは。 幼少期は・綱手とともにのに師事していた。 の頃よりとして優秀で、将来を嘱望されていた。 かつては暗部の根に所属し、からは火にされたこともあったが、邪心を見破られてたのか、火にはなれなかった。 その後、をしていたことが発覚、木の葉の里を抜ける。 抜けとなった後はに所属するが、転生用体としてに襲いかかった所、逆に返り討ちに会いを脱退。 その後はトを各地に設け、活動していた。 性格はらしく残で、用済みの部下を気で見捨てる冷酷な性格だが、その一方で(将来への投資という側面があったとはいえ)のに付き合ってやったり、右腕のに対しては相当に信頼を寄せている。 「とは術を扱う者」という考えを持ち、そのため、の標としてこの世全ての術を知ることとしており、それには非常に長い時間がかかる事からの研究に没頭。 後に自分の精を他者の体に入れ替える「不屍転生」を開発し、上の存在となった。 部下は、、音の五人衆(君、左近・右近、多由也、次郎坊、童丸)、など多数。 子には、がいる。 では、関節を外し伸縮自在ののようになった自分の体を生かした攻撃やの口寄せをに使う。 また、口からと「の」を出して使用する。 の体を生かした防御性が高く、通常の攻撃ではほとんどを受けないか脱皮してで復帰する。 が重傷を負った状態のの攻撃でも立ったは受けていない。 封印術を使う以外に倒す方法はないが、たとえ封印したとしても呪印持ちのがいれば、外部の干渉があればその呪印からすることができる。 第一部における的立ち位置。 木の葉崩しでは(の、羅砂)を殺し入れ替わっており、砂隠れと木の葉隠れのを手引きした。 中試験予選での前に現れ呪印をつけて去って行った。 その後木の葉崩しが始まるとと一対一の状況に持ち込む。 禁術・を用いて初代火・二代火を甦らせ使役してを追い込むが、の封尽で初代・二代を封印されてしまう。 そして大蛇丸自身は両腕を封印されてしまい、これ以降の術の使用に大きな制限がかかる事になる。 一部最終章でを自分の転生体にするために音隠れに勧誘する。 をめるはこれに了承し音隠れに向かうがが到着する前に大蛇丸のの体がを迎えてしまい、別の体で不屍転生を行う。 結局の入手には成功するが転生の必要期間のため数年の時間を要することになった。 第二部では、中盤拒絶反応にしているところを決別を迫るに殺されかけ、口から自分の体を曝け出すが、死闘の末、を異間へ引きずり込む。 そのままの体に転生しようとするが失敗し、に魂を制圧されて体は。 その亡骸の一部はの身体にされた。 だが魂自体は呪印の中に封印されており、の回復の向上や変わり身のとして使われた。 とのの際、の抑えるがなくなったことで。 八俣の術で巨大な8頭のとなってと戦うが、須佐乎の十拳で封印された。 その後、編での呪印との体から。 これまでの経緯をの中から見ており、のを知りたいという言葉に従いともに行動する。 封尽の術を解除し、歴代火を甦らせとをさせる。 この際ゼツの体を奪っており、体のほとんどが柱間で構成されている。 そしての決断を見届けるために共にに向かい、と共にオビトと戦う。 ちなみに、編ではの決断を見守る態度などから、から「保護者丸」というあだ名で呼ばれる。 第四次界大は、の監視を受けつつも、などはされずトで研究生活を送っている。 また、「」であるを木ノ葉隠れの里に送り込んでいる。 関連動画 大蛇丸に関するのを紹介してください。 関連商品 大蛇丸に関するの商品を紹介してください。 関連コミュニティ 大蛇丸に関するを紹介してください。 関連項目•

次の

Twitterで大人気「料理上手な大蛇丸」インタビュー 「自分が大蛇丸だと気付いたのは5年前」 (1/2)

せいえいじゃしゅ

大蛇丸の人とは、と っ く ん 2 7 歳という名前で にでを上げているである。 概要を潜影蛇手するわね 『』に登場する : をたでを行う( 自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性シリーズ)を上でごろ、特にから続けてしている。 にはからを始め、(初期は)でとなった。 の度さながら、の腕や 抜け などが好評を呼んでいる。 演じる氏からなど界へのも強い。 だけでなく、のやのなど多なを持っている。 したを食べるときは一緒にを飲む。 その時の掛け(のヤツ)はであるきまぐれ・か氏を模している。 地元はであるが、はに住んでいるようだ。 実生活ではHOEというでを担当している()。 からはであるKに所属している。 しているか氏のとなった。 同年にはの氏と音でしたをした。 にはの書籍化を発表し、「出版」になった。 用語集 ・『』の登場人物。 の担当は。 性別はだがのような口調でしゃべる。 術の研究に熱意を注ぐ一方、的のためなら人の命すら犠牲を厭わない残な性格。 例えば、自らのを実現させるため、他人の体を生き永らえる「 不屍転生の術」を開発したり、自分の故郷である木ノ葉隠れの里を滅ぼす「木ノ葉崩し」を実行したりしている。 ちなみにでをする描写は一切ない。 しかし、の終盤や作品の、のならをしていてもおかしくはないというもある。 自分を大蛇丸と信じて止まない一般男性 の大蛇丸の人(氏)のこと。 上に説明した通りなのだが、からはに精を乗っ取られた体やなのではないかとも噂されている。 大蛇丸の人がするを表すの。 「 ーズ」は 古くから続く・・・その犠牲にな・・・ には「して するです。 」と書かれていることが多い。 ここでのは「などを飲んで高揚感を味わう」というような意味と思われる。 5~6年頃に「」などのと一緒に「構文」の形でられることの多かった表現。 ホンいれぶん 撮機材。 「がめっちゃいい」と絶賛していた。 のであるの。 当では冒頭の寸劇のあと「ということで今回は…」と話を進めていくのがになっているが、何がどう「ということで」なのかことがあるため、から「」とされてしまう。 口寄せした(術で呼び寄せた)を袖口から出し、相手を襲わせる技。 …なのだが、このでは「 に潜手」「 に潜手」と事あるごとに潜手している。 たぶんに言ったら「入れる」という意味だと思われる。 類義に「 ぶち込んでいく」「 ビャッと入れる」がある。 最近は「 センジャ」と略すようにもなった。 なお、では別に専用の術ではなく、やも使っている上、自身はこのほど潜手を使っていない。 「潜多手」という多くのを出す技もあり、ひょっとしたらの術としてはこちらの方が印に残っているかもしれない。 が集めている。 このでは食材を切るのに使う。 「」と書かれている。 口寄せ やを召喚する術。 ではやを口寄せしているが、いったいどこから口寄せしているのかはである。 火遁の術 火の性質の術のこと。 の上で炎が燃え上がったりする。 いくつか種類があるようで、別の回ではコンロの「」でを温めていた。 ずいぶんと小規模… らせんがん などが使う術。 (身体の)を手ので練って球状にし、相手にぶつけてを与える。 では何かしらかき混ぜたり丸いものを作ったりするときに使う。 木ノ葉隠れの里 のが暮らしている里。 (一般)の話によると、が禁術に定されている。 そのため、から「が崩す前に里が滅んでしまうのでは?」と言われたりしている。 (くん) 木ノ葉隠れの里の。 をするが転生用の身体として欲しがっている。 木ノ葉隠れの里の創設者のひとり。 関連するとして「オレはでもない でもいたくないのさ…」というものがある。 の終わりで「 」という歌とともに登場し解説したりもする。 に登場するい眼の。 子孫に遺伝する「血継」の1つ。 、などが持っている。 お皿の上に円形に盛られたやに丸く敷かれた、の色などを「 くんの」「 くんの」などと喩えている。 を持っており、発動するとがくなる。 ちなみに(一般)くを飲んでもすぐにがくなるらしい。 一族 木ノ葉隠れの里のの一族。 血継の1つである眼を持っており、がい。 「」という言葉もある。 (一般)くに関しても木ノ葉にてらしい。 八卦六十四 一族に伝わる、眼を併用した体術の1つ。 眼での流れを、点(の)を何度も突くことでの流れを断つ。 (一般)によると、で特売のおを八卦六十四すると、焼いた後おいしくなるらしい。 なぜ特売のおに・点があるのかは不明。 二代様 二代火(木ノ葉隠れの里の長)ののこと。 コレ(木ノ葉丸) 木ノ葉隠れの里の、飛木ノ葉丸の口癖。 では「~だなコレ」等とにつける。 (一般)も「~のよコレ(木ノ葉丸)」等と言っている。 飛 ののこと。 木ノ葉丸の祖で、の元。 木ノ葉崩し(後述)の際にと戦ったとき、術「封尽」での両腕を封印し、一切の術を使えないようにした。 一般の話によると、「はデカけりゃデカいほどいい」と言っていたようで、のでもあるようだ。 の三 ・綱手・のこと。 3人ともに師事しており、多くの戦果を上げた。 にを多めにかけることができるの特権があるらしい。 の三のひとりで、の。 かつてはのだったが、の里抜け以降は対立関係にある。 五行封印 が使った封印術。 五行のを込めて行う封印であり、解除できるのはの三とぐらいと本人も言っている。 このではに蓋をするときに使っている。 封印の技の1つ。 相手を容器に閉じ込める技。 死のがある技だが、さすがと言うべきか難なくで使用している。 ちなみに の技ではなくの技である。 逆だったかもしれね(逆です) 「 用の」「 on 胡椒」など、時々言っていることが逆になる。 「 逆だったかもしれね」はに登場した。 となる話の前に登場する。 は「 OP」。 理由は知らないけどね~ 「を先に茹でしておくと形が崩れにくくなる」など、稀にI でも理由は知らないがが美味しくなる術がある。 音の四人衆 の4人の部下たち。 もともとはの転生先の補だった 君を加えて5人だったが、で戦えなくなったため4人になった。 ・・・のこと。 で「音の四人衆」ならぬ「 味の四人衆」とも呼ばれる。 木遁 木の性質の術。 パセリを散らすときに使う。 それ以外の用途が思いつかない。 あらぁ~美味しそう~やだぁ~ 蓋を開けておいしそうながの前に現れた時の。 から「」と呼ばれる。 多数のがあり、「 Y. 」「 A. 」など略されることもある。 のヤツ の供になる飲み物、特にのこと。 先述の通り、のか氏をした。 一番のヤツ…一番搾り• のヤツ…• のヤツ…• 色のヤツ…・一番搾り芳醇• のヤツ…• シュワシュワのヤツ…• 先日に行った時にばったり会ったの方に頂いたヤツ…• 泡のヤツ…ザ・・モルツ• のモルツのからに送られてきたもの。 グラスと付き。 休肝日やの時はでする。 結局麦からはられていない。 の日もある。 イタダキャス 食べるときの。 ここだけではなく一般のである。 行儀よく手を合わせてから食べる。 飲している場合はそのまま「飲」と書かれるが、の場合は「」になる。 すぎてになる( すぎてになった) が美味かったときの定番。 後ろにが付くことがあるが、だいたいではない(🐭、🐉…)。 「」と同じく、構文の「そりすぎてソリになったw」が出所と思われる。 と どちらも出身の。 どっちもいいため、ヒと一番搾りのさに喩えられた。 ・ 「」の。 非常に歌唱が高い。 では現地の言葉を使うことが多いが、なぜかので「サーケーベー!ゥゥゥ!」とのを叫んだ。 食感がコリすぎるとこの人になる。 I G-FU GRON(ヘンジェネ) などで味が変化すること。 元はのの「」。 ののもいくつか歌っている(『』『』、では『それでは、また。 ちなみに『 』も歌っているが、 ではなくのである。 眼 の作中でも、これを持つ人は「創造ともとも言える」と言われるほど強い眼の。 本来は血筋が色々と必要なのだが、このでは口の中がになったらする。 音の四人衆である左近・右近の術。 巨大な門を口寄せする強固な防御の術。 破るのは難しいが、このでは新しい味を開拓したら開く。 抜け 作中では木ノ葉隠れの里を抜け、その抜けた里を滅ぼそう(木ノ葉崩しをしよう)と暗躍する。 それに関連して、「!まあ私帰る里ないんですけどね」等のが出てくることがある。 第七班 ・・が所属する三人組のの班(ス)。 (一般)は世代的にあまり関わりがかったと言っていたが、実際のではの行動の結果、第七班が一時期解散状態になった。 葬送(そうそう) の術。 砂を操って相手の動きを封じ、手で握りつぶすように動かして圧殺する。 飲み終わったあとの缶を握りつぶすのに使っている。 ちなみにでの正確な表記は「 砂瀑送葬」だが、変換しにくいためか「葬送」と書かれている。 場合によっては「 そうそう」とみたいに書かれることもある。 「 S. S」となんかかっこいい略し方になることもある。 やの場合は葬送しないことが多い。 からは「 も葬送しろ」と言われている。 ・ は自分の都合の良いようにを変える術、はそれに関連するの術。 自分のに忠実に行動したり、同じようなことが繰り返されたりしたら出てくることがある。 特にで2本の缶を出すのが定番。 しかし、やりすぎると次の日のがになるという術のがある。 読(み) 「時間で刺され続ける」など、対者に長い時間のように感じる幻を一で見せる術。 幻による精的苦痛を与えてにするために使われる場合が多い。 なお、似た名前の術に「 限読」があるが、これは対者が死に向かっている状況で、対者の見たい理想の夢を見せ続ける術である。 Now di… 何も言っていないときに表示される。 1未満だけ表示される場合もあるが、何をローグしているのかは不明。 ???????????????? がを理解できなかったときにされる。 一般側も自分で使ったことがある。 ・『』のホグワーツの寮。 ので登場する。 所属するの行いに応じて教員が寮に点数を加えたり減らしたりできるが、このでは点数が予算並みにしている上、特にとは関係なく点数が上下する。 (エドテン) 死んだをらせて操るという、的に問題がある卑劣な禁術。 最近ではを飲み終わったら 印を結んで手を合わせて「ごちそま」の感覚でするのが恒例になりつつある。 恒例すぎて「エドテン」というを使うようになってしまった。 関連項目も見るといいわねェ… 特に「」の記事はちゃんとを通しておくのよ、私の崩れちゃってるから 崩れるのは木ノ葉だけでいいわねェ•

次の

大蛇丸の声真似をしながら料理をするYouTuber、とっくん26歳とは!?

せいえいじゃしゅ

「伝説の三忍」に数えられるほどの実力者で、自らの野望をかなえるために暗躍する。 料理が得意な描写はない。 大蛇丸のオネエ口調が料理解説と妙にマッチし、11月以降にツイートされた動画は軒並み100万〜300万再生の大ヒットを記録。 し、その人気は木の葉を崩す勢いです。 こうした状況で、投稿者のさんは何を考えているのでしょうか? 声マネのルーツや大蛇丸への愛を聞きました。 「兄ちゃん大蛇丸うまいね」と褒められて、それがきっかけで声マネを練習するようになりました。 仲良いんですよ、弟と。 10月26日に投稿した「自家製の焼豚でビールをやる動画」がバズったくらいから、「とっくん26歳」より「大蛇丸」でエゴサーチした方がはかどるようになって、 「アラ、本当に大蛇丸になったのねぇ、ワタシ」と感慨深くなりました。 とっくん26歳 ありがとうございます。 動画を収録したらすぐにアテレコに取り掛かるようにしています。 ほろ酔いの状態で思いついたまましゃべった方が、小さいボケが出てきやすいんですよ。 こんなに適当な感じでうまくいっているのは、 大蛇丸というキャラクターの懐の深さ、魅力に助けられているからでしょうね。 最初は恐ろしいラスボスとして登場して、共同戦線で頼れる姿を見せたりしつつ、最終的にはネタキャラっぽいポジションに落ち着くという。 とっくんさんの大蛇丸モノマネは「潜影蛇手」が決めぜりふになっていますが、響きの良さで使っているのでしょうか? とっくん26歳 言葉の響きよりも、身体感覚的にしっくりくるというか……。 「潜影蛇手」の袖口から蛇をビャッと出す感じが、料理にいろいろぶち込む動作とリンクするんですよ。 じゃあ「穢土転生」は…… とっくん26歳 おかわりです。 せりふ一言だけでよければ30人くらいはマネできます。 すごい。 キャラ選びの基準はあるのでしょうか。 とっくん26歳 基本的に低めで渋い声が得意です。 後は 「試しにやってみたらけっこう似てた」ってパターンが多いかもしれません。 そこから練習で細かいディテールを詰めていく感じですね。 とっくん26歳 小さいころから人のマネをするのが好きで。 クラスに1人くらい、先生のモノマネで笑いを取ろうとするヤツがいるじゃないですか。 ああいうタイプの子どもでした。 芸人のコロッケさんが大好きだったんですよ。 世代じゃないから、五木ひろしさんの歌とか全然分からないのに、腹抱えて笑っちゃって。 VHSを擦り切れるほど見ていました。 単にうまいだけ、似ているだけじゃなくて、あえて本人がやらなさそうなことをエンタメに昇華させるというか とっくん26歳 ああ、そうか、自分でも初めて気付きました。 無意識でしたけど、めちゃくちゃ影響受けてますね。 だから「レシピを教えてあげよう!」みたいな気持ちはあまりなくて、その日の気分で、とにかく自分が食べたいものを作って食べているだけ。 料理部分は完全に自己満足ですね。 食べたいものを食べているからこそ、実食パートの飯テロ度が増しているのかもしれませんね とっくん26歳 僕自身、 飯テロされたい派なんですよ。 だから、というわけでもないんですけど、動画でも実食の時間は長めに取っています。 成人男性が飲酒したり飯食ったりしてる姿に尺の半分を使うって、 料理動画として考えたら正気じゃないんですけど。 特に料理の写真付きで感想をいただけたりすると、サスケ君の体を乗っ取ったときよりうれしいですね。 HOTOKEというバンドでドラムを叩いています。 拠点は福岡ですが、11月には東京でも演奏させていただきました。 僕はHOTOKEの音楽に惹かれて加入した後発メンバーなんです。 いちファンとしてバンドのイメージは崩したくないけど、きっと大蛇丸を喜んでくださる方もいるでしょうし……。 あ、屍鬼封尽しています。 デスコアやヘヴィメタルと呼ばれるジャンルは、その気持ちよさを極限まで高めてくれます。 最初は分からないかもしれませんが、ごちゃごちゃ考えなくて大丈夫です。 頭を空っぽにして音楽に全身をあずけてみてください。 また、マイノリティーなジャンルだからこそ、仲間と出会い、非日常な時間を共有できる喜びもひとしおです。 声マネで僕を知っていただいた方が多いと思いますが、ぜひライブにも足を運んでいただければと思います。 取材協力:さん.

次の