ジョーカー 名言。 ジョーカーの名言が異常すぎる?映画「ダークナイト(あらすじ・感想)」│映画好きの経理スペシャリストのブログ

ジョーカー : 作品情報

ジョーカー 名言

2008年に公開されたこの映画は、世界中にバットマンシリーズが不滅の金字塔映画だということを強く意識させることにつながりました。 全世界で10億ドル以上の興行収入を叩き出し、クライムエンターテインメントという新たなジャンルで不二の存在感を存分に発揮しています。 不幸にも亡くなってしまったヒース・レジャーの遺作ともなった本作における切れまくりの台詞群は、他の追随を許さない例を見ないものばかりです。 人間における善と悪に縛られないむき出しの営みに対する名匠ノーラン監督の至極のセリフが詰まっている作品となっています。 What do you believe in?! お前の信念はどんなものだ? 信念はあるさ、生きて苦難を乗り越えれば、人は・・・、いかれちまうのさ。 最初の登場シーンでの一場面です。 暴虐の中に一定の戒律を持って行動するジョーカーは、ある銀行を襲撃します。 究極の手際の良さで効率的に仕事をこなしていくジョーカーが、銀行のガードマンと相対する場面でのセリフですが、強盗にも大義名分がないとその行動に天が味方することはないと諭される問いかけにジョーカーが返答するらしい表現になっています。 believeとは、何々を信じるという動詞ですが believe inとして~を信条とするという成句を完成させることができます。 と思う部分も少しありますが、続けてシーンを見ると思わず納得してしまうセリフになっています。 約束は守るぞ。 バットマンが現れてから社会に対する矛盾を巧妙につきながら行動するダークナイトの捉えられない悪行に次第に翻弄されるウェイン バットマンの普段の姿 達は、深まる混乱に対処をするべく奮闘します。 この短いセリフは、似非的に登場するバットマンの存在を最大限皮肉った一般人を利用しての喧伝ビデオの中で使われる言葉です。 このビデオの中でジョーカーは、もしバットマンが姿を表さないでやり過ごすようであれば一日に1人づつ殺していくと宣言し約束します。 俺も男だ、言ったことは守るぞ、と高々に宣言している言葉になっています。 Harvey Dent, the man of the hour. ハービー・デント、さあ、こちらが時の人だ。 主人公であるブルース・ウェインとやり手地方検事であるハービー・デントとの初対面での場面です。 派手な演出で登場をドラマチックに仕上げたウェインは、ハービー・デントなる人物がどのような肝を持っているのかを探る場面です。 英語特有の大仰な表現で多少の皮肉が込められている言葉になっています。 気になっている幼馴染みのレイチェルを射止めた恋敵に向けた棘のある言葉にも受け取れます。 man of the hourで、ある特定の人に与えられる時代をリードする人物、まさに飛ぶ鳥の勢いを見せ活躍する優秀な地方検事に相応しい言葉になっています。 全体を名詞として訳し、時の人と直訳されます。 目を見張るような活躍を見せる人物がいれば使えそうな褒め言葉です。 負けちゃダメだ! 奴に屈するんじゃない! ハービー・デントが活躍すればするほど、ジョーカーの企みは辛辣の度合いを増していきます。 市長のスピーチが発表される会場で捕まえた変質者をリンチするようにいたぶっていたハービー・デントは、突然現れたバットマンの制止によって尋問を中断されます。 荒れ果てたゴッサムシティを気概のある地方検事に託そうと決断したバットマンはハービーの元から去ろうとします。 このセリフは、その時に何としても止めたいと懇願する魂からの叫びになっています。 give in で、しばし降参するとか屈服するといった意味になります。 ハービーの必死の説得が頑ななバットマンの決意を翻意させるための熱いメッセージになっています。 ハービーの口調から命令とも懇願ともとれる熱意がこもったセリフになっています。 They ll hate you for it, but thats the point of Batman. He can be the outcast. He can make the choice that no one else can make. 憎まれる存在ですが、それがバットマンなのです。 バットマンははみ出し者、だからこそ思い切った決断を下せるのです。 ジョーカーの企みがバットマンの急所をつくようにウェインの心を容赦なく苛んでいきます。 満身創痍のなか正義の戦いを続けるウェインですが、そんな終わりのない攻防に疲れを感じ始めている苦悩を現している場面です。 上記のセリフは、 こんな虚妄な仕事を続けていてもやりきれないと呟くウェインに対して執事のアルフレッドが渾身の励ましでエールを送る含蓄のある言葉になっています。 Outcastとは、追放者、浮浪人を現す単語です。 一定の常識にとらわれないはみ出し者を現す名詞にも形容詞にもなる言葉です。 常識にとらわれないからこそ規格外の決断で人々を導くことが出来るというアルフレッド執事の ウェインを鼓舞する言葉になっています。 I m an agent of chaos. Oh, and you know the thing about chaos? Its fair. 俺は混沌の配達人さ。 混沌の本質がわかるか? それは、恐怖だ。 ジョーカーが本領を発揮してゴッサムシティに破壊と混乱をまき散らしていきます。 このシーンでは、ゴッサムの大病院に入院しているハービー・デントに会うため看護師 に扮したジョーカーが世の中に蔓延る欺瞞に対して持論を展開する迫力のある場面 になっています。 chaosとは、混乱や混沌を現す数えられない名詞になります。 Fairとは、公明正大を現す形容詞としての活用が一般的であると思いますが、この訳中では、恐怖であると訳されています。 自分は混乱を世の中にまき散らして興奮することに快楽を覚える存在であることを高らかに宣言していますが、一つの事象が fair 基本として備わっていることをデントに諭す印象深い場面になっています。 Call it in. ゴッサムのためであれば何にでもなる。 わかったな。 ジョーカーとの終わりない攻防が幕を閉じようとしているゴッサムの町につかの間の平穏が訪れようとしています。 全ての罪を被って悪役の汚名を着せられることを覚悟したバットマンは、一連の責任は自分にあることを宣言させようと本部長のゴードンに迫ります。 最後の場面において、命を投げ出して町を救ってきたバットマンの渾身のセリフになっています。 whateverとは、 ~する ものは何でもという意味の代名詞になります。 バットマンは、前文で一連の悪行は自分に向けることをゴードンに指示することで正義の代理人としての役割を終える段階にきていることを広く世間に知らしめる考えを示します。 Call in で、~を呼び集めるといった動詞としての活用をし、その動詞を先頭に持ってくることで命令形の形として強調されている文にもなっています。

次の

ダーク・ナイト

ジョーカー 名言

何か同じような言葉が増えて来たな。 重複が多いぞ。 書く記事も重複する。 ということで、名言の内省を止め、この黄金律をまとめる流れに至ったのです。 ただし、ハッキリ言うべきなのは、確かに後になるにつれ、内容の重複が増えてきたのは事実ですが、『 そんな内省の後半でも自分の知性を広げてくれる、血沸き肉躍る斬新な角度から見た卓越された知性には出合い続けた』ということです。 つまり、もし私がこの後10万、100万という規模の名言を内省すれば、ここでまとめる黄金律は 『38』ではなくなる可能性があるということです。 しかし、だからといってこの『38の黄金律』は輝きを失うことはないでしょう。 むしろ、どんどん強化される結果になるはずです。 また、各黄金律の2ページ目には『更なる詳細』として、『』からの引用がありますが、間違えてはならないのは、これらの参考文献は、私が『』に支配され、この黄金律を正当化させるために見つけてきた本ではなく、最初からうちの本棚にあった『』等で紹介されていた由緒ある本である、という事実についてです。 この黄金律を補強する為の情報がないか、とそれらの本を見直してみると、本には、 驚くほどこれらの黄金律と同じ的を射る内容があったのです。 この黄金律はまるで、 『核(コア)』のようです。 地球のどの場所から、どの時代から、誰が、どのような掘り方で地面を掘っても、絶対に 最終的に、この『核』に到達する。 この様なイメージが強く頭に浮かびます。 そしてまたその事実は、この地球で『偉人』と呼ばれるような人間は、往々にして自分が信じた道(カテゴリー)を突き詰めた人間であることが多く、 必然的に掘る深さは深いわけで、彼らの意見が一致し、また、例えば刹那的に生きたかつての私のように、浅くしか掘らない人々がここに辿り着かず、黄金律から逸れて 『後悔』して生きてしまっている事実ともつじつまが合う。 宗教が違う。 時代が違う。 国家が違う。 立場が違う。 それなのに、なぜこの世を生きた様々な差異ある偉人たちは、同じ場所に目を向けることになったのか。 どうやら私は、自分のに従って『偉人が遺した言葉』という『パンくず』を辿っているうちに、人間にとって極めて重要な黄金律の『一部』に出合わせてもらったようです。 彼ら500人の地球の友に、その命に、感謝です。 これらの黄金律は、儒教の始祖『』、キリスト教の礎『』、仏教の開祖『』、古代ギリシャの哲学者『』、道教の創案者『』、イスラム教の開祖『』、また、や、 に大きな影響を与えたヒンズー教の指導者『』 らはもちろん、や、や等、この地球を生きて名を遺したあらゆる偉人たちのから見出した『共通点』を抽出し、まとめたものである。 そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。 2.『愛という圧倒的な力』 愛は没我であり、潤滑油である。 円滑にいかない場所に愛はない。 しかし、ありふれた『愛』の認識が多くの人間の思考を妨げている為、この黄金律が指し示す実態に辿り着くことが出来る人は、極めて少ないだろう。 (『更なる詳細』の最後に注目) 3.『今を生きる』 明日があるとかないとか、昨日までに何があったとか、そんなことは関係ない。 先延ばしにするな。 過去に執着するな。 今、この瞬間を生きろ。 まだ、生きている。 4.『思考の奇跡』 自分の思考とそこでする確信の実力を侮るな。 思考は現実化する。 5.『運に任せない』 偶然などない。 その主体性を持つ人間が支配する。 6.『自分の心と向き合う』 孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。 7.『暇は蝕む』 悩み、憎しみに心を支配されるというのなら、そこにいるのは『暇人』だ。 8.『もう足りている』 この世に闇があると思うなら、それは自分の目(心)に原因がある。 『命』(5) 9.『個性を誇れ』 他と異なることで迷うことなど何もない。 元より、唯一無二の命なのだ。 例えば、それだけでそこには競争優位性がある。 10.『生きた年数では測れない』 生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。 11.『この命の尊さを知る』 自分のこの命を何と心得る。 この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。 12.『命を躍動させろ』 『生きる』というのは命の躍動だ。 命の浪費ではない。 13.『人には仕組みがある』 疑うなら、試しに好きな食べ物を一年間三食連続で食べてみるといい。 なぜ『飽きてしまう』のか。 そこにカギがある。 『盲点』(11) 14.『人の意見を過信するな』 人間には、理解できる範囲とできない範囲がある。 では、その事実を受け、どうするかだ。 15.『自分以外に敵はいない』 確かに人間は、闘わなければならない。 だが、その相手は『外』にはいない。 16.『国ではなく世界を想え』 『愛国心』という言葉も、国家も言語も、全て人間が決めたことだ。 では、その『人間』とは、どういう存在なのか。 17.『壁は乗り越えられる』 『目の前に壁が立ち塞がった』って、そりゃあそうだろう。 『迷路』をやっているのだから。 18.『カギを握るのは自分だ』 外(環境)が自分の運命を握っているのではない。 内(自分の心)がそれを握っているのだ。 19.『人には一長一短がある』 人間は皆、ダイヤモンドだ。 いや、それ以上の価値があるのだ。 20.『浮つくと足元をすくわれる』 得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。 それが答えだ。 21.『義利合一を知る』 『義利合一』。 それが答えだ。 22.『本当の友人とは』 真の友人は『失意時代』にわかる。 『得意時代』に群がる人間を過信するな。 23.『自分本位になるな』 まさか、『知らない』わけではないだろう。 無関心は罪。 つまり、この世に罪人ではない人間はいない。 24.『失敗を隠蔽するな』 自分のミスや失敗を隠したくなる気持ちはわかる。 わかるが、『子供』もそれをやっていることを考えた時、そこに違和感を覚えるはずだ。 『真の智恵』(14) 25.『知行合一を知る』 知識と知恵は違う。 それを理解するのが知性だ。 26.『一の為に十を知る』 簡潔に出来ないならそこに知性はない。 シンプル・イズ・ベストだ。 27.『基礎・土台にこそ命が宿る』 基礎・準備期間を怠るキリギリスは、アリよりも明るい将来を望むな。 28.『見せかけの礼儀は無礼だ』 真の礼儀や忠誠とは、表層に固執することではない。 29.『風林火山の極意を見よ』 孫子の兵法、『風林火山』の極意を見極めよ。 30.『改善する使命は終わらない』 その『真理』は誰から見ての真理だ。 人間なら当然完全ではない。 31.『心を味方につけろ』 心が常に愉快であることは、至極の宝である。 32.『変化を避けるな』 流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。 33.『前に進むことを恐れるな』 停滞は後退。 人は生まれた時から老化していて、この世は流動変化している。 34.『前始末をせよ』 取り返しのつかない悲しい事件が起きた後に動き出しても、もう遅い。 35.『無知の知を知る』 『無知の知』。 それは、『人間は生涯、全知全能になることはできない』ということを悟る知性。 36.『一歩の重みを知る』 『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。 『確かな一歩』を踏み続けろ。 それは確かにたかだか一歩だ。 だが、『確か』な一歩だ。 37.『諦めたときに失敗する』 金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。 38.『一意専心が切り拓く』 一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。

次の

仮面ライダーWの名言・セリフ集│名言格言.NET

ジョーカー 名言

今、この記事を書いてる2018年は『ダークナイト』公開10周年にあたる。 もうあれから10年も経ったのか。 ということは、ヒース・レジャーの死から10年か... ジョーカーを演じたヒース・レジャーは『ダークナイト』公開を待たずして、28歳という若さでこの世を去ってしまいました。 ご冥福をお祈りいたします。 以下、ヒース・レジャーの「ジョーカー」について語っていきます。 具体的には、 なぜヒース・レジャーが演じた『ダークナイト』のジョーカーが映画における史上最高の悪役かについて見解を述べていきます。 ネタバレありです。 『ダークナイト』をまだ見てない方は• などの配信サービスで視聴できます。 演技力は絶賛された。 ブレイク待ったなし。 ハリウッドスター入り。 「次回作はなんだ?!」 「早く次の映画を見たい!」 そんな声があがっているなか、『ダークナイト』のジョーカー役が決まった。 怒りまくった。 ヒース・レジャーは恋愛映画専門。 「アイドル顔」にジョーカーをやらせるな。 あんなヤツに、バットマン・シリーズにおける 最も重要な悪役をやる資格なんてない! その発言、今となっては皆撤回しているんだろうな。 だって、「アイドル顔」がこれになっちゃうのだから。 他の悪役と全然違う• 目的が普通じゃない• ヒーローは絶対に勝てない• ヒース・レジャーの度を越えた演技 の順番で説明します。 他の悪役と全然違う あなたが思い描く、ヒーロー映画の悪役はどんなスキルを持っていますか?• 超人的なパンチ力でヒーローを10メートルぐらい吹っ飛ばす• ヒーローを片手で持ちあげて投げつける などなど、リアルからほど遠い能力をイメージされたはず。 なぜなら、 驚異的なパワーが悪役(ヴィラン)の最高の武器だから。 悪役は「金」や「権力」や「地位」をもとめて、目的を邪魔してくるヒーローと"力勝負"をする。 そしてヒーローと同等、あるいはヒーロー以上に力が強いからこそ脅威と感じるのだ。 バットマンが本気になれば、ジョーカーなんて瞬殺できるでしょう。 実際ボコボコにされてるし。 じゃーなんでジョーカーはそんなに怖いの? それは、 目的が普通じゃないから。 目的が普通じゃない 取調室での、ジョーカーとバットマンのやり取り。 () 例 バットマンは正義の味方ではなく、悪党と同レベルの人殺しであることを暴きたい。 いざ 究極の選択が与えられると、市民ではなく自分が愛する女性を優先して助けるような、正義ではなく自分の欲望に忠実な人間であることを暴きたい。 そしてバットマンは市民のヒーロー、ハービー・デントを(ある意味)見殺しにして、愛するレイチェルを救おうとする。 人間は窮地に立たされると、本性が出る。 結局、人間は欲望の塊。 利益と損失を天秤にかけ、いざとなったら仲間を裏切る。 自分と自分の愛する人が助かれば、他人はどうなってもいい。 いい子ぶる一般市民や ヒーローの本当の姿を暴くことがジョーカーの真の目的なのだ。 バットマンは正義の味方ではなく、悪党と同じく所詮はただの人殺し。 ヒーローは絶対に勝てない ジョーカーとバットマンは異なる正義を持っている。 人を殺せないバットマン vs バットマンに殺されたいジョーカー 人間(ジョーカー)を殺せないバットマンに勝ちはない。 ジョーカーを捕まえて刑務所にぶち込んでも、ネクスト・ジョーカーが現れて世の中は何も変わらない。 バットマンの負けは、戦う前から決まっている。 スーパーヒーローの強みは、驚異的な肉体や最先端のテクノロジー。 今までのヒーローは自分の強みを活かし、ヴィランをやっつけ、ハッピーエンドを迎える。 しかし、『ダークナイト』におけるジョーカーには、 スーパーヒーローの強みは完全に無効。 なぜなら、ジョーカーはヒーローに殺されることを願っているのだから。 悪役 を殺せない、スーパーヒーロー。 スーパーヒーロ ーに殺されたい、悪役。 バットマンは絶対に勝てない。 ヒース・レジャーの度を越えた演技 『ダークナイト』のジョーカーは史上最高の悪役と言っても過言ではない。 それは、ジョーカーのキャラクター性もあるけど、ヒース・レジャーの演技力が 半端じゃないから。 笑い方、目つき、猫背の立ち方、口が乾いたくちゃくちゃ話す姿、もう 全部半端ない。 出典: 冒頭でも書いたが、ヒース・レジャーは『ダークナイト』の公開を待たずして、28歳という若さでこの世を去ってしまった。 死因は、睡眠薬の過剰摂取とされているが、 ジョーカー役に入り込み過ぎたことも原因の一つと言われている。 ヒース・レジャーはジョーカーの役作りを専念できるよう6週間ロンドンのホテルに閉じこもった。 「サイコパスは話し相手がいない」と知り、外部との連絡を途絶え、ひたすら演技の練習にはげんだ。 精神異常者のマインドを理解するために専門書を読みあさった。 「ジョーカーならこうするだろう」と考え、監督クリストファー・ノーランに自ら演出を提案。 例えば、「ジョーカーは自分でメイクをしているはず」と考えたヒースは、実際に自分の手でメイクをしている。 下の写真でもわかるように、手にメイクの跡が残ってる。 死後、「ジョーカーの笑い方、話し方」を録音したレコーダーや、ホテルに引きこもった時につけた日記が出てきた。 出てきたのは、ヒース・レジャーの日記ではない。 サイコパスになり切ったヒース・レジャーの日記だ。 それほど役作りを徹底し、肉体的にも精神的にも疲れ切ったヒースは不眠症に陥ってしまった。 睡眠薬を摂取しないと寝れない体になり、薬の併用摂取がもたらす薬物中毒による事故死でこの世を去った。 ヒース・レジャーは映画を成功させるために命を懸けていたのです。 ヒース・レジャーが演じたジョーカーは、この世のどこかにいる、本当にいそうな狂ったサイコパスだと思えてくる。 それほど人間味があふれている。 ヒーロー映画では唯一無二の 本当にいそうな悪役。 明日のニュースで報道されてもおかしくない、 リアルな悪役。 スポンサーリンク 映画『ダークナイト』は傑作だ! アメリカのアメコミ・ファンにとって「バットマン」は特別な存在。 ここ最近の映画では、ワーナーが映像化権を持っているDCコミックス(バットマン、スーパーマンなど)はディズニーのマーベル(アイアンマン、スパイダーマン、キャプテン・アメリカなど)に完全敗北となっている状況だが、未だにバットマンは「アメリカ人が選ぶ好きなヒーローランキング」の人気投票で1位を獲得している。 それは、ティム・バートン版『バットマン』が素晴らしかったということもあるが、『ダークナイト』の伝説的な「ヒース・レジャー版ジョーカー」が今でも脳裏に焼き付いているからではないか。 ぼくは、ヒーロー映画が特段好きというわけではない。 もっと言うと、ダークナイト・トリロジー(3部作)の1作目『バットマン・ビギンズ』と3作目『ダークナイト・ライジング』は全く好きになれなかった。 ただ、 『ダークナイト』は傑作だ。 ジョーカーのキャラクター性とヒース・レジャーの演技は「スーパーヒーロー映画」の常識をぶち壊し、映画史に残る作品となった。 と、ここまで大真面目に書いてしまったけど、 『ダークナイト』をまだ見てない方は• などの配信サービスで視聴できます。 月額料金は税抜き 1,990円• 無料期間31日間• 約 150,000本の映画、海外ドラマ、アニメを配信(見放題作品は約 130,000本、レンタルは約20,000本)• 動画は専用アプリでダウンロード可能 U-NEXT の「31 日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しております。 ビデオ見放題サービス 1,990 円を 31 日間無料• 600 円分の U-NEXT ポイントをプレゼント 上記特典を利用することで、見放題作品 130,000 本を 31 日間無料でご視聴が可能です。 「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXT ポイントを使って視聴できる作品となり、1 ポイント 1 円(税込)相当として利用可能です。 無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。 登録は1~2分で終わります。 また、 無料ト ライアル中(31日間以内)に解約すれば、月額料金は一切発生しません。 この記事を読んでからまた見直しました。 やっぱりヒース・レジャーのジョーカーは特別です。 ドラマゴッサムのジョーカーはヒースのジョーカーを参考に多分作られてますが、やはりヒースには勝てません。 シナリオも音楽も監督も全てがピカイチのダークナイトで、やはり一番光っているのがジョーカーの存在です。 多分、ヒースが演じなければ、私がバットマンにハマることはなかったと思います。 ずっと気になっていたことをお聞きしますが、ゴードンはバットマンの正体を知っているのかな?バットマンシリーズは昔に少しだけ見て、糞つまらんと思っていたのが、ダークナイトでひっくり返されて、新3部作とドラマゴッサムも全て見たけれど、ダークナイトだとゴードンは正体を知ってんだろうか? jさん、コメントありがとうございます! ヒースレジャー版ジョーカーは特別ですよね。 ぶっちゃけ僕は「バットマン シリーズ」にそこまでハマっていませんが、今作『ダークナイト』の「ジョーカー」の存在ですべてが覆されました。 初めて見たときの衝撃が忘れられません。 バットマンの本当の正体を把握しているのは、 ・レイチェル・ドーズ(ブルースの幼なじみ&検事) ・アルフレッド・ペニーワース(執事) ・ルーシャス・フォックス(社長) ・コーマン・リース(ウェイン産業の会計士) の4人だけのはずですね。

次の