トラヴァーロ アトマイザー。 アトマイザーのススメ。利便性だけで言えば「トラヴァーロ」が最強ですよ【TRAVALO Classic】

トラヴァーロ クラシック レビュー!定番のおすすめ香水アトマイザー!

トラヴァーロ アトマイザー

〒100-6701 東京都千代田区丸の内1丁目9? 1 2F 化粧品 ラトリエ デ パルファム 03-3214-7741 営業時間:10:00〜20:00(土ー水)10:00〜21:00(木・金) ラトリエ・デ・パルファム大丸東京店は東京都千代田区にある香水専門店です。 実店舗ではこちらのみで取り扱われているようですね。 東京ビックサイト 東京ビックサイトで行われていた東京インターナショナル・ギフト・ショー春2019でも販売がされていました。 ですが日時は2019. 12 火 -02. 15(金)となっており、 こちらはすでに終了してしまっているようですね。 日本で展開されたのは 2019年からなのでまだ店舗での流通が少ないんですね。 なので、現在は通信販売を中心に販売がされているようです。 公式通販ではすべてのラインナップを全国に販売中です。 また、3,000円以上の注文をすると 送料無料となっています。 (その他一律500円) 1年間の製品保証付きとサポートも充実しています。 手軽に移し替えができます。

次の

トラヴァーロはどこの店舗で販売されている?確実に手に入れる方法

トラヴァーロ アトマイザー

また、トラヴァーロ クラシックのミストは高精細の為、香りがラグジュアリーに広がります。 また、トラヴァー クラシックのボディは、航空機にも使われる特殊アルミ素材の為、非常に丈夫且つ軽量設計 です。 Recommend Item おすすめ商品の紹介テキストを記載します。 ふわふわ触感で毎日の洗顔を楽しく! SOLD OUT• 介護現場から生まれたデオドラントサプリメント 2,800円 税込3,080円• 水をつけて軽くこするだけで、歯のステイン・汚れを簡単除去! 480円 税込528円• いつもの洗顔にプラスするだけで卵のようなつるるん小鼻に! 2,000円 税込2,200円• リキッドフィルムで自然な仕上がり二重メイク 1,900円 税込2,090円• 980円 税込1,078円• 大人気【魅せ足コスメ】がトリプルヒアルロン酸配合で成分強化!高級美容液レベルのかかとの仕上がり!! 540円 税込594円• 国際特許出願済! アメリカで発売1週間で20,000個売れた大ヒット商品!! 増加中セルフネイル派の必須アイテム!ネイルボトルホルダー 1,382円 税込1,520円• 世界が認めたプロ御用達!確実に上がるビューラー!! 2,000円 税込2,200円• 香水ボトルから直接入れ替え 10秒チャージ完了!! 道具不要!失敗しない!簡単アトマイザー 1,900円 税込2,090円• 香水ボトルから直接入れ替え 10秒チャージ完了!! 道具不要!失敗しない!簡単アトマイザー 1,900円 税込2,090円.

次の

TRAVALO(トラヴァーロ) 公式サイト

トラヴァーロ アトマイザー

今回は、香水オタクと同時に香水アトマイザーオタクでもある僕がトラヴァーロ製品で最も売れ筋のトラヴァーロ クラシック(Travalo classic をレビューしていきたいと思います。 香水アトマイザーやトラヴァーロについて詳しく説明しているのでこちらの記事も是非お読み下さい。 フラッグシップのトラヴァーロミラノのレビューです。 是非こちらもお読み下さい。 トラヴァーロアトマイザーについて軽く紹介すると、GENIE-Sと呼ばれる独自の特許技術を使った簡単に香水を移し替えられる独自の機能を備えたイギリスの香水アトマイザーブランドです。 香水アトマイザーのブランドの中では知名度、クオリティともに他社より頭ひとつ抜けた存在で、各国でたくさんの賞を受賞しています。 Contents• トラヴァーロ クラシック開封レビュー まずはプラスチックケースに収められたトラヴァーロクラシックを開封します。 写真のような筒型のプラスチックケースに入った状態で届きます。 ミラノやパールの箱は高級感があって、比べてしまうと少し質素な感じがしますが、こちらも工夫を感じられて中々お洒落だと思います。 プラスチックケースの蓋を外すと本体が出てきます。 デザインは見たとおりのシンプルで洗練された印象。 トラヴァーロ クラシックの形は模倣品もたくさん作られているのでこの形を見慣れている方も多いのではないでしょうか。 でもこちらが本家の商品です! 次はトラヴァーロ ミラノ、パールには無い利点を紹介します。 それが楕円形の残量ゲージです。 これがミラノとパールにはありません。 この残量ゲージがあることによって今香水がどのくらい減っているのか、充填時にどこまで充填出来たかが分かります。 重量も非常軽く作られているので 実用面では一番優れていると言えます。 キャップを開けるとスプレーの天冠にトラヴァーロのブランドロゴがデザインされています。 容量: 5ml(65プッシュ分)• ケース素材: アルミ• カラー: 6色(ブラック、ゴールド、シルバー、ピンク、ホットピンク、パープル)• 備考: 残量ゲージ(残量が分かる窓)有り、機内持ち込み可能認証取得 僕が今回紹介しているのは、Travalo Classic トラヴァーロ クラシック シルバー です。 詰め替え方法 香水のスプレーキャップを外してアトマイザーの下部にある赤い充填口を押し当て、そのまま押し込んでいきます。 差は歴然です。 (両方共15cm程の距離からプッシュして比較) 噴射される量自体は、そこまで大きく変わらないのですが、ボトルから直接プッシュした方は手の甲がびしょびしょに濡れているのが分かります。 一方トラヴァーロクラシックを使ってプッシュした方の手は湿っていますが、比較的ドライです。 一箇所にブシュッと集中して吹きかけられる香水ボトルのスプレーに対して、トラヴァーロは広範囲にシューッと吹きかけられます。 なので香水を吹きかけた部分がびしょびしょになって気持ち悪い思いをすることがありません。 ボトルから直接プッシュした方が絨毯だとすると、トラヴァーロクラシックはスカーフのような吹き方をします。 また肌がアルコールに弱いと香水を吹きかけた部分が集中的に真っ赤になりますが、トラヴァーロではそれがだいぶ抑えられます。 こんな人におすすめ肌がアルコールで赤くなる方、香水を吹きかけた直後のびしょびしょが気持ち悪い方 替えリフィールの紹介 トラヴァーロ クラシックは最初からこの トラヴァーロ エンジンというリフィールが装填されています。 このトラヴァーロエンジンというリフィールは単体でも販売されていて本体より格安で購入することができます。 なので一つトラヴァーロクラシックを購入して、あとでリフィールを買い足していくことで一つトラヴァーロで複数の種類の香水を使い分けることができます。 リフィールはトラヴァーロ クラシックの 半額ぐらいの価格なので是非活用してみて下さい。 ちなみに上写真のように トラヴァーロ ミラノとクラシックのリフィルは同じなのでミラノで使っていたものをクラシックに、クラシックに使っていたものをミラノにと自由に移し替えることも可能です。 また、このようにカバーとリフィール同士が完全に独立しているので香水の香りが交じるような心配もありません。 トラヴァーロは以前のラインナップに トラヴァーロ エクセルというモデルがありました。 (現在は公式サイトからは消えています。 ) 形も価格もほぼ同じなのでトラヴァーロエクセルを所有されている方は何が違うのかという疑問を持たれていると思いますので違いを比較していきます。 トラヴァーロエクセル 容量4ml 替えリフィール無し 素材:色によってプラスチック、アルミ有り トラヴァーロクラシック 容量5ml 替えリフィール有り 素材:すべてアルミ 容量、リフィールが使えるか、素材に違いがあります。 ロゴにも少し違いがありますね。 トラヴァーロの公式ホームページには トラヴァーロ エクセルが掲載されていないので トラヴァーロ クラシックは トラヴァーロ エクセルの後継モデルという位置づけだと思います。 大きい違いはスプレー部分で、エクセルのスプレーはプッシュすると狭い範囲に集中的に噴射される感じがします。 一方クラシックは霧がとても細かく、広範囲にふわっと噴射されるスプレーに改良されています。 僕は両方持っていますが、クラシックと比較して、エクセルの利点が見当たらないので新しく買うのであれば僕は クラシックをおすすめします。 まとめ 今回はトラヴァーロのスタンダードラインで一番の売れ筋のトラヴァーロ クラシックをレビューでしたがいかがでしたでしょうか。 トラヴァーロクラシックは恐らく実用面に重きが置かれている製品のため、高級感や見た目のお洒落に重きを置いたミラノやパールと単純比較は出来ませんが、 実用面で考えた場合一番良い商品だと思います。 重量が軽くさっとポケットに入るサイズに作られているので、仕事の出張など気軽に持ち運びたい場合などにおすすめします。 トラヴァーロはその使いやすさからトラヴァーロタイプなどと謳いたくさんの模倣品が出回っていますが、僕も買って使って実際に使ってみたのですが、全くの別物でした。 現状、底からの充填式のアトマイザーの中では品質の面でもブランド力でもトラヴァーロの一強だと思います。 是非ものづくりに強い日本の会社にも対抗できる商品を作って頂きたいですね。 記事について分からないことや香水について知りたいことなどありましたら是非Twitter( または、コメント欄にリプライを送って下さい。 最後までお読み頂きありがとうございます。

次の