の あの あ デート 編。 【今日好き そして次回まさかのメンバーが乱入!? 毎週月曜よる10時放送中!

体験談~男性編~

の あの あ デート 編

え~と、あの日から1週間が経過した。 アーシアは駒王学園に転入してからだと、3日が経過した。 にしてもあの日の子猫ちゃんの突然のキスには驚いたわ・・・・・・。 俺はあの日を思い返す。 子猫ちゃんに俺の前世、五河士道の記憶を見せたら、涙を流す所まではわかるが、そのあとのいきなりのキスにはマジで驚いた。 涙を流す所までは予想は出来たが、そのあとのキスまでは予想出来なかった。 そして、翌日に学校で子猫ちゃんから、「一誠先輩、週末にデートしましょう」と言って来たのにはさらに驚いた。 その際、松・元の親友コンビが目から血の涙を流していたのにはちょっと引いた。 そんな訳で今現在、子猫ちゃんと駅前で待ち合わせ中。 待ち合わせの時間よりも前に待ち合わせ場所に男の方が着いているのは基本的にマナーだと思う。 まぁ、今回は駅周辺でゲームセンターや食事バイキングにカラオケとかで時間まで潰したあとにちょっとしたサプライズをしよう。 あと15分か・・・。 あとちょっとか。 10分後......。 「一誠先輩、お待たせしました。 待たせてごめんなさい。 」 「ううん、そんなに待ってないよ?それに俺は男子がデートで先に待っているのが当たり前だと思っているからさ。 気にしなくていいよ。 」 まさか、あの頃のデート経験がここで役に立つとは思わなかった。 、一誠先輩とのデート...。 初めて......。 1週間前に一誠先輩の力で前世の記憶を見たけど、精霊の女の子達とデートもしていたし、羨ましかったなぁ......。 でも結構、一誠先輩は彼女達を一人の女の子として接していた。 そして、彼女達を殺そうとしていたASTやDEM社って所と戦っていた…。 そして、黒髪の女の子『十香さん』を拐っていたDEM社の策略によって黒い鎧を身に纏った十香さんの手によって、殺された......。 もし、十香さんを始めとする精霊達と彼女達を保護するラクスクタは別にどうでもいいとして、敵対していたDEM社は絶対に許さない。 一誠先輩を傷付ける人達がいたら、魔王様達であっても、私達五人が許さない。 絶対に! 何故こんなに怒っているのかと言うと、一誠の記憶を見てからずっと、一誠の事が心配なのだ。 尚、木場や朱乃もリアスもアーシアも一誠の記憶を見ている。 四人共、子猫の様にはならなかったが、それでも「一誠、前世の幼い頃にそんな事があったのね」とか「一誠君、そんな人生を送っていたんだね。 今までの僕の人生と同じくらい、心を失っていたんだね」とか「一誠さん、貴方の癒しになりたいです」や「一誠君、貴方はもう一人ではないわ」とか言っていた。 一言で言えば、一誠の事を守りたいと、言うのが五人の一致の意見だ。 皆、一誠先輩の記憶を見てから態度が変わり過ぎです。 まぁ、そう言う私も一誠先輩の記憶を見てから、涙を流しはしたけど......。 キ、キスまでしちゃったし、何でキスしたのかな? 私? そんな事を考えていると、一誠先輩が私に声を掛けて来た。 「子猫ちゃん、もうそろそろ行くよ? 」 「は、はい!い、行きましょう!」 子猫ちゃん、何か考え事でもしてた様だけども。 きっとこの前の事でも考えているのだろう。 まぁ、今は俺が考えても仕方ないか? 「それじゃ、今日は一日中楽しもう!まずはゲーセンに行こう! 」 「は、はい。 」 こうして、子猫と一誠のデートが始まった。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「そういや、子猫ちゃん。 子猫ちゃんが好きな食べ物って、何? 」 「お菓子ですけど、それが何か? 」 「うん、お昼の時にバイキングが出来るお店にしようかなって思ってね。 ど「お願いします!! 」 バイキングと言う単語に素早く反応して、直ぐ様、食い付く子猫。 「う、うん。 わかったよ、お菓子、ケーキバイキングの出来るお店にしよう。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「はい、まずはゲーセンに到着。 子猫ちゃんは何がしたい? 」 「あのクレーンゲームの景品が欲しいです。 」 「ああ、あれね。 オッケー、任せて。 」 「一誠先輩、そっちはお菓子の景品の方です。 私が欲しいのは、ぬいぐるみの方です。 次、やったら、思いっきり、お腹を殴ります。 」 「おおう、怖い怖い。 真面目にやりますか。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「はい、次はお昼ご飯。 約束通りのケーキバイキングが出来るお店だよ。 」 「チョコレートケーキにショートケーキ、チーズケーキにマカロン、きな粉もちまである! 」 「気に入ってくれた? ここはかなり女性に人気のお店なんだ。 いつもは一時間待ちとかが普通なんだけどね子猫ちゃんは初めてのデートでしょ? だから、良い思い出の第一歩として、最初は身近な所から、行こうと思ってね。 」 「はい! ありがとうございます、一誠先輩! とても嬉しいです。 」 「うん、それは良かった。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「次はカラオケだよ。 たまには歌でも歌って、盛り上がろう。 」 「私、あまり知っている歌って無いんですけど? 」 「うん、俺もあんまり無いと言うより、全く無い! 」 「威張る事じゃ無いですよ? 」 「うん、そうなんだけどね? と言うより、子猫ちゃん。 体が近いよ? 」 「ええ、わざとやってます。 」 「えっと、そう言う事なら、エッチな事をされても文句は言えないよ? 」 「ええ、一誠先輩になら、何をされてもいいですよ? 」 「じゃぁ、据え膳は男の恥、って事でまずはキスから。 」 「んんっ! 」 ~R-18~版では無いのでカット!! 「一誠先輩、盛り過ぎです。 」 「いや~、ごめんね? あんなに可愛くおねだりされたら、大体の男子は落ちるよ? 」 「そう言うのにも限度と言うものがあります。 妊娠したら、どうするつもりですか? 」 「勿論、責任は取るよ? 責任を取らないのは、ヘタレだからね。 どうしたの、子猫ちゃん? 」 「そんな事を言われたら、また疼くじゃないですか・・・・・・? 」 「このままだと流石にお店に迷惑だから、俺の家に来る? 」 「ま、まぁ。 ご飯と寝床がしっかりしていれば、いいですぅ・・・・・。 」 (あ、落ちた。 ) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「子猫ちゃん、ちょっとだけここで待っててくれる? 」 「? はい、いいですよ。 」 「うん、ありがとうね。 じゃあ、ちょっと行ってくるね。 」 一誠side (さて、子猫ちゃんにネックレスかイヤリングのどっちにしようかな? 体型で言えば、四糸乃に似ているけど、性格は誰にだろう? 考えるな~。 おっと、ネックレスがあるね。 猫のネックレスか・・・・。 子猫ちゃんって、なんでそんな名前にしてるんだろう? 気になるけどそれは追々聞けばいいか? まぁ、子猫ちゃんにはこの猫のネックレスをプレゼントしよう。 ) 「済みません、このネックレスを下さい。 」 「あいよ。 誰かにプレゼントかい? 」 「ええ、そうです。 あ、そうだ。 これに名前は彫れますか? 」 「ああ、彫れるよ。 そうなると少し別料金になるけど良いかい? 」 「はい、構いません。 」 「オッケー。 じゃあ、名前を彫るから、その子の名前を教えて貰っていいかい? 」 「子猫って言います。 」 「へぇ~、珍しい名前だね。 二分程待っててね。 」 二分後・・・・。 「はい、お待たせしました。 料金は本来は3200円だけど、今回は特別サービスだ。 2000円キッカリでいいぞ。 」 「え? いや、悪いですよ。 」 「いいのいいの。 君、今日が初デートでしょ? だったら、いいのいいの。 気にしなくて。 こう言うのは、気持ちだからさ。 彼女と君の笑顔が残りの代金と言う事でいいかい? 」 「分かりました。 心遣い、感謝します。 それじゃあ。 何を買って来るのかな? お菓子はお昼の時に散々食べたし、物かな? どんな物なのかな? そんなこんなを考えていると一誠先輩帰ってきた。 「お帰りなさい、一誠先輩。 」 「ただいま、子猫ちゃん。 はい、これ。 プレゼント。 」 「え?いいんですか? 貰っちゃって? 」 「うん、いいのいいの。 今日は二人の初デートだからさ。 こういうのは形になる物がいいかなって、思ってね。 開けて見て? 」 「ありがとうございます。 では、お言葉に甘えて。 これは、ネックレス? しかも、猫のネックレス。 おまけに名前入り。 」 「うん、今日の記念と思ってね。 子猫ちゃん? 」 「一誠先輩、ありがとうございます。 大切にしますね! (うわ~、男性からの初めてのプレゼント。 本当に大切にしよう。 )」 「喜んで頂けて、嬉しいよ。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 今日のデートは楽しかった。 また、子猫ちゃんとデートしに行こう。 尚、これは余談だが、プレゼントを上げた事により、更に盛った子猫は一日中、一誠とヤっていたそうだ。 その顔はとても幸せそうな顔をしていたとの事。

次の

【今日好き クリスマスデート編 3話】しゅんまや、人気アトラクションでイチャイチャ♡あの今日好きメンバーが再び無茶振り?年下男子まひろの男前サプライズにれいなの心は動く?【アベマビデオ限定公開】

の あの あ デート 編

え~と、あの日から1週間が経過した。 アーシアは駒王学園に転入してからだと、3日が経過した。 にしてもあの日の子猫ちゃんの突然のキスには驚いたわ・・・・・・。 俺はあの日を思い返す。 子猫ちゃんに俺の前世、五河士道の記憶を見せたら、涙を流す所まではわかるが、そのあとのいきなりのキスにはマジで驚いた。 涙を流す所までは予想は出来たが、そのあとのキスまでは予想出来なかった。 そして、翌日に学校で子猫ちゃんから、「一誠先輩、週末にデートしましょう」と言って来たのにはさらに驚いた。 その際、松・元の親友コンビが目から血の涙を流していたのにはちょっと引いた。 そんな訳で今現在、子猫ちゃんと駅前で待ち合わせ中。 待ち合わせの時間よりも前に待ち合わせ場所に男の方が着いているのは基本的にマナーだと思う。 まぁ、今回は駅周辺でゲームセンターや食事バイキングにカラオケとかで時間まで潰したあとにちょっとしたサプライズをしよう。 あと15分か・・・。 あとちょっとか。 10分後......。 「一誠先輩、お待たせしました。 待たせてごめんなさい。 」 「ううん、そんなに待ってないよ?それに俺は男子がデートで先に待っているのが当たり前だと思っているからさ。 気にしなくていいよ。 」 まさか、あの頃のデート経験がここで役に立つとは思わなかった。 、一誠先輩とのデート...。 初めて......。 1週間前に一誠先輩の力で前世の記憶を見たけど、精霊の女の子達とデートもしていたし、羨ましかったなぁ......。 でも結構、一誠先輩は彼女達を一人の女の子として接していた。 そして、彼女達を殺そうとしていたASTやDEM社って所と戦っていた…。 そして、黒髪の女の子『十香さん』を拐っていたDEM社の策略によって黒い鎧を身に纏った十香さんの手によって、殺された......。 もし、十香さんを始めとする精霊達と彼女達を保護するラクスクタは別にどうでもいいとして、敵対していたDEM社は絶対に許さない。 一誠先輩を傷付ける人達がいたら、魔王様達であっても、私達五人が許さない。 絶対に! 何故こんなに怒っているのかと言うと、一誠の記憶を見てからずっと、一誠の事が心配なのだ。 尚、木場や朱乃もリアスもアーシアも一誠の記憶を見ている。 四人共、子猫の様にはならなかったが、それでも「一誠、前世の幼い頃にそんな事があったのね」とか「一誠君、そんな人生を送っていたんだね。 今までの僕の人生と同じくらい、心を失っていたんだね」とか「一誠さん、貴方の癒しになりたいです」や「一誠君、貴方はもう一人ではないわ」とか言っていた。 一言で言えば、一誠の事を守りたいと、言うのが五人の一致の意見だ。 皆、一誠先輩の記憶を見てから態度が変わり過ぎです。 まぁ、そう言う私も一誠先輩の記憶を見てから、涙を流しはしたけど......。 キ、キスまでしちゃったし、何でキスしたのかな? 私? そんな事を考えていると、一誠先輩が私に声を掛けて来た。 「子猫ちゃん、もうそろそろ行くよ? 」 「は、はい!い、行きましょう!」 子猫ちゃん、何か考え事でもしてた様だけども。 きっとこの前の事でも考えているのだろう。 まぁ、今は俺が考えても仕方ないか? 「それじゃ、今日は一日中楽しもう!まずはゲーセンに行こう! 」 「は、はい。 」 こうして、子猫と一誠のデートが始まった。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「そういや、子猫ちゃん。 子猫ちゃんが好きな食べ物って、何? 」 「お菓子ですけど、それが何か? 」 「うん、お昼の時にバイキングが出来るお店にしようかなって思ってね。 ど「お願いします!! 」 バイキングと言う単語に素早く反応して、直ぐ様、食い付く子猫。 「う、うん。 わかったよ、お菓子、ケーキバイキングの出来るお店にしよう。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「はい、まずはゲーセンに到着。 子猫ちゃんは何がしたい? 」 「あのクレーンゲームの景品が欲しいです。 」 「ああ、あれね。 オッケー、任せて。 」 「一誠先輩、そっちはお菓子の景品の方です。 私が欲しいのは、ぬいぐるみの方です。 次、やったら、思いっきり、お腹を殴ります。 」 「おおう、怖い怖い。 真面目にやりますか。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「はい、次はお昼ご飯。 約束通りのケーキバイキングが出来るお店だよ。 」 「チョコレートケーキにショートケーキ、チーズケーキにマカロン、きな粉もちまである! 」 「気に入ってくれた? ここはかなり女性に人気のお店なんだ。 いつもは一時間待ちとかが普通なんだけどね子猫ちゃんは初めてのデートでしょ? だから、良い思い出の第一歩として、最初は身近な所から、行こうと思ってね。 」 「はい! ありがとうございます、一誠先輩! とても嬉しいです。 」 「うん、それは良かった。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「次はカラオケだよ。 たまには歌でも歌って、盛り上がろう。 」 「私、あまり知っている歌って無いんですけど? 」 「うん、俺もあんまり無いと言うより、全く無い! 」 「威張る事じゃ無いですよ? 」 「うん、そうなんだけどね? と言うより、子猫ちゃん。 体が近いよ? 」 「ええ、わざとやってます。 」 「えっと、そう言う事なら、エッチな事をされても文句は言えないよ? 」 「ええ、一誠先輩になら、何をされてもいいですよ? 」 「じゃぁ、据え膳は男の恥、って事でまずはキスから。 」 「んんっ! 」 ~R-18~版では無いのでカット!! 「一誠先輩、盛り過ぎです。 」 「いや~、ごめんね? あんなに可愛くおねだりされたら、大体の男子は落ちるよ? 」 「そう言うのにも限度と言うものがあります。 妊娠したら、どうするつもりですか? 」 「勿論、責任は取るよ? 責任を取らないのは、ヘタレだからね。 どうしたの、子猫ちゃん? 」 「そんな事を言われたら、また疼くじゃないですか・・・・・・? 」 「このままだと流石にお店に迷惑だから、俺の家に来る? 」 「ま、まぁ。 ご飯と寝床がしっかりしていれば、いいですぅ・・・・・。 」 (あ、落ちた。 ) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「子猫ちゃん、ちょっとだけここで待っててくれる? 」 「? はい、いいですよ。 」 「うん、ありがとうね。 じゃあ、ちょっと行ってくるね。 」 一誠side (さて、子猫ちゃんにネックレスかイヤリングのどっちにしようかな? 体型で言えば、四糸乃に似ているけど、性格は誰にだろう? 考えるな~。 おっと、ネックレスがあるね。 猫のネックレスか・・・・。 子猫ちゃんって、なんでそんな名前にしてるんだろう? 気になるけどそれは追々聞けばいいか? まぁ、子猫ちゃんにはこの猫のネックレスをプレゼントしよう。 ) 「済みません、このネックレスを下さい。 」 「あいよ。 誰かにプレゼントかい? 」 「ええ、そうです。 あ、そうだ。 これに名前は彫れますか? 」 「ああ、彫れるよ。 そうなると少し別料金になるけど良いかい? 」 「はい、構いません。 」 「オッケー。 じゃあ、名前を彫るから、その子の名前を教えて貰っていいかい? 」 「子猫って言います。 」 「へぇ~、珍しい名前だね。 二分程待っててね。 」 二分後・・・・。 「はい、お待たせしました。 料金は本来は3200円だけど、今回は特別サービスだ。 2000円キッカリでいいぞ。 」 「え? いや、悪いですよ。 」 「いいのいいの。 君、今日が初デートでしょ? だったら、いいのいいの。 気にしなくて。 こう言うのは、気持ちだからさ。 彼女と君の笑顔が残りの代金と言う事でいいかい? 」 「分かりました。 心遣い、感謝します。 それじゃあ。 何を買って来るのかな? お菓子はお昼の時に散々食べたし、物かな? どんな物なのかな? そんなこんなを考えていると一誠先輩帰ってきた。 「お帰りなさい、一誠先輩。 」 「ただいま、子猫ちゃん。 はい、これ。 プレゼント。 」 「え?いいんですか? 貰っちゃって? 」 「うん、いいのいいの。 今日は二人の初デートだからさ。 こういうのは形になる物がいいかなって、思ってね。 開けて見て? 」 「ありがとうございます。 では、お言葉に甘えて。 これは、ネックレス? しかも、猫のネックレス。 おまけに名前入り。 」 「うん、今日の記念と思ってね。 子猫ちゃん? 」 「一誠先輩、ありがとうございます。 大切にしますね! (うわ~、男性からの初めてのプレゼント。 本当に大切にしよう。 )」 「喜んで頂けて、嬉しいよ。 」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 今日のデートは楽しかった。 また、子猫ちゃんとデートしに行こう。 尚、これは余談だが、プレゼントを上げた事により、更に盛った子猫は一日中、一誠とヤっていたそうだ。 その顔はとても幸せそうな顔をしていたとの事。

次の

【今日好き のあのあ初デート#4】「可愛い♡」浴衣姿ののあちゃんにデレデレ!花火デートでお互いの好きなところゲーム!毎週月曜よる10時放送中!

の あの あ デート 編

友人の紹介でデートクラブに入会 居住エリア:東京 年齢:49歳 職業:医師 私が高級デートクラブのことを知ったのは同僚の先生から「最近、デートクラブっていうところに入会したんだけど、自分と女性の間をコンシェルジュが仲介してくれるから、忙しくてもちゃんとデートできて、若い女性と楽しむことができたよ」と言われたからです。 仕事柄忙しいので女性とデートするなんて暇はなかったのですが、同僚は最近会員登録をしたそうですが、もうすでに3人の女性とのデートを約束しているそうです。 それを聞いた時は(聞いた範囲では本当に楽しそうだけど、そんな都合のいい話なんてあるわけないだろ)と半信半疑だったのですが、実際に入会してみると多くの女性が、少数の男性とデートを行う、超売り手市場の楽園でした。 システム的には結婚相談所とあまり変わらないような印象を受けたのですが、自分好みの女性が交際クラブ・デートクラブには数多く存在しています。 高級な所は会員制でプライバシーポリシーもしっかりしているので、安心して女性とのデートを楽しむことができます。 取引先の社長から教えてもらう 居住エリア:東京 年齢:53歳 職業:会社経営者 交際クラブ・デートクラブを知ることになったのは、取引先の社長が交際クラブ・デートクラブについて話していたからです「~~さん、交際クラブってご存知ですか?よくこんなところに目をつけたなって、ちょっと悔しい気持ちになってしまうくらいよく出来たサービスなんですよ」と紹介されました。 どうやら、一緒に語り合える人間が欲しかったらしくて、彼に案内されて倶楽部に連絡してみました。 電話に出てくれたコンシェルジュはさすがに高級店らしい丁寧な対応をしてくれて、すぐに入会審査のための面談ということになりました。 高級ホテルのラウンジを利用したのですが、感じのいい女性のコンシェルジュが懇切丁寧に説明してもらったので、それを聞いているうちにどんどん交際クラブへの期待が膨らんでいきました。 実際に入会して、登録している女性のプロフィール画像を見てみると、本当に美人ばかりでどの女性とデートの約束をしていいのか迷ってしまうくらいでした。 交際倶楽部のコンシェルジュが女性との間を仲介してくれるので、目当ての女性を見つけたら後はそれを伝えるだけでいいので楽にデートまで持って行けます。 ネットサーフィンで見つけたデートクラブ 居住エリア:東京 年齢:51歳 職業:弁護士 インターネットを巡回していると、若い女性とデートすることが出来ると言うサイトを発見しました。 この歳になると家と職場を往復する日々を送っていたので、そんな生活に刺激が欲しかったのでしょう。 交際クラブ・デートクラブに対するある程度の情報収集が終わったら、すぐに会員登録を申し込んでみました。 担当してくれるコンシェルジュは親切な対応で、こちらが希望する女性の生の情報を話してくれました。 お互いの予定が取れた日にデートということになったのですが、デート倶楽部での初めてのデートだったので緊張してしまいました。 相手の女性も同じだったらしくて「・・・何と言うか、初デートみたいで緊張するよね?こういうところでスムーズに話せる人ってすごいと思わない?」と正直な感想を言ってみたところ女性には大ウケで、そこから楽しい食事デートが始まりました。 事前に女性のプロフィールも情報を調べていたので、最初のつかみに成功した後は趣味の話などで盛り上がることができました。 食事も美味しかったし会話をするのもとても楽しかったです。

次の