ヒックマン ポンプ。 アニメ『sam.leonardjoel.com.au(ドクターストーン)23話』ヒックマンポンプや携帯電話の科学史の考察&感想 | すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

【第58話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】

ヒックマン ポンプ

STONE(ドクターストーン)23話『科学の波』の感想 23話はケータイ作りに合わせて石神村も発展する回。 石神村に訪れるまさにタイトル通りの科学の波回、そしてまさにおはようGood Morning Worldな展開でした。 印象深かったのは寒さに震えるスイカたちのために暖炉を作って温めてあげるシーン。 またまた、千空のツンデレが飛び出しましたw 冬に死人が出るのが当たり前の暖房器具がない原始な世界だからこその問題。 それを科学の力で変える。 元村長のコハクの父親との『作っているものは一見無関係のものなのにこうして村が豊かになっていく、それが科学!』やり取りはまたまたグッとくるものがありました。 そして、 グッとくると言えば、やはりわたくしはカセキのシーンに弱い。 50歳近く年が離れていようと友達に関係ないだろ?という言うクロムと千空にホロリとするカセキ。 こんなの見せられたらこっちもホロリとするよ! その後はすぐにムキムキに笑わせてきましたけどw >> >> Dr. STONE(ドクターストーン)23話の発明品・科学史の考察 とまあ、23話の感想はこれぐらいにして、ここからはそんな千空やクロム、カセキたちが今回生み出した科学史の考察や解説に入っていきたいと思います。 ちなみに、 千空が来る前の石神村は約200万年前の文明レベル、歴史でいうと縄文時代よりも前の紀元前の石器時代。 今回の発明品によって200万年前の文明からどれぐらい駆け上がったのか! タングステンフィラメント 23話最初の発明品は ケータイの心臓部タングステンフィラメント 電球の熱線を作るときにもたびたび話題として出てきたやつですね。 1900年代初頭に電球用としてタングステンフィラメントが発明されています。 熱に強く丈夫なので細い線が作りやすい、さらに熱が逃げるのも遅いのでケータイや電球の熱線などに使われます。 ちなみに、 『焼いてハチミツと混ぜる!』しかゲンが理解できなかったタングステンの粉を作る方法ですが、こちら思った以上に面倒臭い工程を何個も何個もやっていましたw この化学の部分を考えた人のツイートに解説があるので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。 読み上げるだけでも大変な量なので。 今週の解説、これだけクソ長い手順を行っている。 重灰石(CaWO4)をゲット。 粉砕して微粒子にする 3. 高濃度の水酸化ナトリウム溶液を加えて加熱してタングステン酸ソーダ(Na2WO4)にする。 1936年にK. Hickmanにより考案されました。 タングステンフィラメントに続き、1900年代と千空の科学は20世紀まで到達しております。 こちらアニメで言ってた通り、熟練したガラス技術者が手作業で作る。 そのため、 職人がいれば作りやすい利点があり、戦前の日本など工業水準の低い国でもよく使われていたらしいです。 科学とは関係ないですが、カセキがこれを作るときに千空とクロムがやっていたハイタッチからのテメーに任せるをおねだりしていたのも印象深いですね。 こういった所はやはりジャンプ的でイイ! 暖炉 人類を寒さから救う暖炉、ストーブとの違いは熱調節ができるかどうか。 焚き火よりも使いやすく、これによって石神村の住宅事情や料理に及ぶまでグッと文明レベルを上げてきましたね。 暖炉の上でスープや肉を焼いているのはちょっと美味そう。 わたくしも寒がりなので、暖房器具がない時代なんて想像もできないですね。 暖炉の歴史は思った以上に古く、紀元前の中国やローマでも薪ストーブや暖炉に類するものがすでに使われていたらしいです。 ただし、これらの技術は後世に伝わらなかったため、今の暖炉の技術とは違うみたいですね。 今回の千空が作った形式の暖炉は1500年代に誕生したものですね。 ちなみに、1500年代は戦国時代だった日本では暖炉はなく囲炉裏。 マンガン電池 ゲンの不思議な歌も飛び出したあっーと言う間にマンガン電池。 作り方はこれで完璧ですね。 原作漫画だと当然歌のリズムは分からなかったので、初めて聞いたらこんなノリがいいんだという感じでしたがw 電池というとアルカリ電池のイメージの方が強いですが、アルカリよりも容量が少ない分、しばらく休ませると回復するという強みを持っているのがマンガン電池。 マンガン電池は1866年にフランスのジョルジュ・ルクランシェによって発明されたルクランシェ電池がマンガン乾電池の原型といわれています。 ちなみに、アルカリ電池の開発は1959年とマンガン電池よりも100年近くも後に出来ているんですね。 プラスチック こっからラストにかけての発明ラッシュ。 まずはプラスチック! プラスチックなのかプラスティックなのか?今ではモノづくりに欠かせないアイテム。 プラスチックは原料である合成樹脂が成形され硬化した完成品のことで、1835年にその元となるものが発見されています。 ただし、本格的なものは1909年にアメリカのレオ・ベークランドが工業化に成功した商品名ベークライトが初。 アニメでは石油から作るみたいなことを言っていましたが、それ以外の材料でも製造可能。 サトウキビやトウモロコシなどを原料としたバイオプラスチックなんてものもありますね。 ドクターストーンでも銅・石炭・木炭・ハチの巣で製作していました。 電線 そして、スイカたち子供や老人が一生懸命つくった電線。 電気を伝導するためのお馴染みの電線。 今回の携帯などの家電に使ったりとか、外の電線とか電気があるところには欠かせない必須アイテム。 ちなみに、 電気は1600年のエリザベス王朝時代、電線はそれから100年以上後の1744年が出発地点といわれています。 日本では1887年(明治20年)が初めて電線が使われた年。 真空管 真空管は1884年のエジソンの電球の実験中の発見から始まっています。 千空が電球から真空管につなげたのもそういった歴史があったからなんですね。 ちなみに、真空管はフレミングの法則のフレミングが1904年に、そしてエレクトロニクス時代の父と呼ばれるリー・ド・フォレストが1906年により進化した真空管を発明。 エジソン・フレミング・フォレストと天才の系譜を感じる科学アイテムでもあります。 そして、ドクターストーンでは千空がつなぎました。 マイク マイクロフォンことマイクの元祖はカーボンマイク。 1877年にこちらもエジソンが特許取得していますが、それよりも前にイギリスのデイビッド・エドワード・ヒューズが先に発明していたとされています。 ちなみに、千空はワインと海藻でマイクを作りましたが、これは可能らしく実際に作った例もあるそうです。 また、 原作漫画だとマイクだけ次の話で作っていたのですが、アニメでは1つにまとめることで最後のシーンがよりカッコよく決まってました。 携帯電話 現代人には欠かせない携帯電話がついに原始社会に爆誕! 携帯電話は第二次世界大戦中にアメリカ軍が使用した『ウォーキートーキー』という無線機がその前身と言われてます。 ただし、こちらは回線を使用していない所謂(いわゆる)トランシーバーですね。 とはいえ、千空たちのも当然回線は使用していないので、正しくはトランシーバーということになるのでしょうが、ここはより身近な携帯電話にしたんでしょう。 携帯電話は今のような片手で持てるコンパクトな形になったのは1990年代に入ってからですね。 ついでにスマートフォンの歴史も触れておくと、こちらも1990年代にはその元となるものが生まれていて、今のスマホの元祖と呼ばれるものが1999年に発売されています。 それは日本で大人気のAppleのiPhone…ではなく、アニメのイメージ画像で使われているアンドロイドスマホ…でもなく、カナダのブラックベリー。 iPhoneが出てきた2007年よりかなり前に発売されていましたが、まだ環境が整っていないことから普及しなかった早すぎスマートフォン。 その後、2016年にブラックベリーはスマホ事業から撤退。 タイミングが違えば、iPhoneのような存在になっていたかもしれませんね。 STONE(ドクターストーン)23話の感想と科学史の考察まとめ 23話はついに携帯電話完成ということでいよいよ司帝国との決戦間近。 なので、24話は発明品に少なめになるかもしれませんね。 >> >>.

次の

アニメ『sam.leonardjoel.com.au(ドクターストーン)23話』ヒックマンポンプや携帯電話の科学史の考察&感想 | すやまたくじのアニメ・漫画ブログ

ヒックマン ポンプ

エポプロステノール療法の実際について紹介します。 エポプロステノール(プロスタサイクリン)在宅持続静注療法とは プロスタサイクリンはもともと体内で生産されている物質で、プロスタグランジンと呼ばれる物質の一つです。 別名をプロスタグランジンI 2(アイツー)といいます。 プロスタサイクリンには主に次のような作用があります。 これらの作用は肺高血圧症の症状を改善するのに有効です。 しかし、この薬剤は体内に入るとすぐに分解されてしまうため、24時間持続して静注しなければ効果が期待できません。 そこで、携帯型の輸液ポンプが開発され、これを使って持続静注を行う在宅療法が考案されました。 このエポプロステノール在宅持続静注療法は、現在最も効果が期待されている治療法です。 すでに欧米では多くの患者さんがこの治療をうけています。 日本でも平成11年にエポプロステノールの使用が認可され、翌年に在宅持続静注療法が健康保険の適応となりました。 現在、全国の特発性肺動脈性肺高血圧症患者約300人のうち、半数の150人ほどがエポプロステノールによる治療をうけており、そのうち100人が在宅療法を行っています。 在宅療法を始めるまでの流れ 在宅でエポプロステノール療法を始めるまでには次のようなステップが必要となります。 主治医と在宅療法について十分な話し合い(インフォームドコンセント) エポプロステノール療法は一旦開始すると中断はできません。 そのため、エポプロステノール療法を開始するにあたっては、ずっと続けていくといった、強い意志が必要となります。 エポプロステノールの持続静注療法の開始とカテーテルの留置 入院後、エポプロステノールを少量から始めて徐々に増やし、維持量を決定します。 持続静注を続けて症状が改善し、状態が安定したと主治医が判断した場合、自宅での治療ができるようになります。 フローランの溶解・作成、ポンプの操作方法等練習 エポプロステノールは感染を予防し、確実に薬剤を注入することが重要です。 そのためには清潔に作成し、携帯型の輸液ポンプを正しく安全に使用する必要があります。 患者様とご家族は、入院中に清潔かつ確実な手技と知識の習得が必要です。 ヒックマンカテーテルの挿入 エポプロステノール在宅療法で注意すべきことは感染を起こさないようにすることです。 清潔を保ち、毎日皮膚の状態を観察します。 自分の肌に合った管理をすることが重要です。 退院 エポプロステノールの作成・管理が問題なく行われると判断されたら退院となます。 定期的に通院・看護相談 退院したらエポプロステノール在宅持続静注療法が開始となります。 外来受診時に希望があれば、看護相談を実施しています。 退院後の生活に困ったことがないか、皮膚状態にトラブルがないかなど、安全に安心して在宅療法が継続できるよう援助しています。 カテーテルの留置 エポプロステノール在宅持続静注療法を行うには、薬剤を持続的に注入するために、カテーテルという細いチューブを血管内に固定しておく必要があります。 カテーテルは鎖骨の下にある静脈から挿入して先端を心臓の近くに置きます。 カテーテルの反対側は皮膚の下を通し、胸のあたりから外に出し、出口として固定します。 この体の外に出したカテーテルに持続静注用の延長チューブを接続します。 通常の衣服を着ていれば、外見上は目だたなくなります。 図9 カテーテル留置経路 4. 携帯型輸液ポンプについて エポプロステノールによる治療には持続静注が必要なため、在宅でも治療が行えるように電池により作動する携帯型輸注ポンプが開発されました。 ポンプは、ポンプ本体とカセットからなり、重さは500g程度です。 ボタン操作で投与量を設定することができます。 カセットの中に薬剤を入れ、ポンプ本体に取り付けます。 カセットに付いているチューブに延長チューブとフィルターを接続し、カテーテルへとつなぎます。 ポンプにはトラブル発生時にアラームが鳴るなどのさまざまな安全機能が備わっていますが、何らかの異常が生じて作動しなくなることがないとはいえません。 その場合でも治療を中断することはできないので、常にバックアップ用としてもう1台ポンプを用意しておく必要があります。 一度注入した薬剤は冷却しないと効果が減少してしまうため、24時間続けて静注を行うためには、アイスパックを用いて薬剤を冷却する必要があります。 ポンプとアイスパックを一緒に入れられるようなポーチ、ウエストバックを利用すると便利です。 自宅で行う作業 エポプロステノール療法には、の2つがあります。 どちらになるかは主治医が判断します。 クリックすると一連の流れが動画で視聴できます。 自宅で行う作業には大きく分けて、薬液の調合、ポンプ・チューブの交換、カテーテル挿入部の管理の3つです。 日常生活での留意点 ・外出 患者さんの病状によって異なりますが、外出は可能です。 外出中に輸液ポンプやチューブにトラブルが起きることもあります。 外出する場合は、薬剤の調合や消毒に必要なものひとつにまとめて携帯するとよいでしょう。 また1日1回新しくエポプロステノールを調合して薬液カセットを交換しなければなりませんので、数日に渡る外出の際は、やはり携帯してください。 ・入浴・シャワー 入浴はカテーテルやチューブがお湯により温まり、エポプロステノールが失活するので望ましくありません。 カテーテルの挿入部に防水性のカバーを貼り、シャワーを浴びるか、カテーテルがお湯につからない程度に入浴してください。 携帯型輸注ポンプは防水性ではありませんので、水がかからないようにビニール袋等に入れて、脇に吊るしておく必要があります。 浴室で転倒すると、カテーテルに強い力がかかり、カテーテルが抜けたり、切れたりするなどの大きな事故につながるので十分な注意が必要です。 また、シャワーを浴びた後は、必ず患部の消毒を行ってください。 ・通院治療 何か体調に異常があった時に、すぐに診てもらえるかかりつけの医師とは密に連絡を取り合い、いざという場合に備えておく必要があります。 またカテーテルが抜けるような緊急時にすぐにみてもらえる病院にも、定期的な通院が望まれます。 なお本治療を行う主治医のいる病院にも定期的に通院してください。 ・在宅治療に必要なものの管理 薬剤以外の治療に必要なものは、最寄りの在宅治療用具取り扱い業者に連絡し、無くなる前に早めに余裕をもって取り寄せておく必要があります。 ・旅行 病状が安定したら病状に応じて旅行も可能になります。 鉄道やバスは不要ですが、航空機は危険を伴うので、搭乗券を手配すると共に航空会社の以下の窓口に連絡し、主治医の診断書を提出する必要があります。 JALはJALプライオリティ・ゲストセンター TEL:0120-747-707(9:00-17:00) FAX:0120-747-606• ANAはANAスカイアシストデスク TEL:0120-029-377(9:00-17:00) FAX:0120-029-366• JASはスカイサポート TEL:0120-085-283(6:30-21:50) FAX:0120-277-283 在宅酸素療法を受けている方はやはり搭乗時に携帯ボンベの仕様書を提出しなければなりません。 ボンベはテイジンウルトレッサーしか認められていません。 ウルトレッサーの貸し出し、仕様書の用意のいずれも酸素業者さんに相談しましょう。 またあらかじめ分かっている場合は、宿泊先に酸素ボンベを届けてもらったり、酸素濃縮器を設置しておいてもらえたりするので、やはり酸素業者に相談しましょう。 発生しやすい問題と対処方法 在宅療法を行っている間、さまざまな問題が起きる可能性があります。 日頃から注意して防げるトラブルは起きないようにすることが大切です。 もしもトラブルが起きた場合は、慌てずに対処するように心がけてください。 対処しきれない場合は、早めに主治医またはかかりつけ医に相談するようにしましょう。 <合併症・トラブル> 1 身体症状に関して エポプロステノールの副作用 エポプロステノールの副作用には次のようなものがあります。 多くは血管が拡がって血液の流れる量が増えることで起こりますが、通常は時間の経過とともによくなります。 症状が強い場合や、時間が経ってもよくならない場合は、主治医に相談してください。 対処 あごの痛み、しびれ 軟らかい食事から始める。 冷たいものや熱いものは適温にしてから食べる。 頭痛 我慢できない場合、主治医に市販の鎮痛薬を飲んでよいか相談する。 24時間以上続く場合は主治医に連絡する。 立ちくらみ、めまい、血圧低下 急に立ち上がらないようにして、しばらく安静にする。 症状が続く場合は主治医またはかかりつけ医に相談する。 吐き気 少量ずつ何度かに分けて食事をしてみる。 症状が続く場合はかかりつけ医に吐き気止めを処方してもらう。 下痢、腹痛 かかりつけ医に指定された下痢止めの薬を飲む。 繊維を多く含む食品は下痢をしやすくなるので避ける。 足の裏の痛み しばらく足を高くしておく。 適度な装着感のある軟らかい履き物を履く。 皮膚の紅み(発疹) 直射日光を避ける。 (一定の期間をおいて繰り返しあらわれたり、治療開始から数カ月もたってからあらわれたりすることがある) むくみ、腹部膨満感 症状が強い場合は主治医またはかかりつけ医に相談する。 カテーテル感染 プロスタサイクリン在宅持続静注療法で 最も注意すべきトラブルです。 体にとって異物であるカテーテルには細菌や真菌が付着しやすいため、薬剤やポンプ、点滴チューブの取り扱いには細心の注意が必要です。 感染すると次のような症状があらわれます。 感染していた場合は、入院して抗生剤による治療を行わなければなりません。 治療によっても治らない場合は、カテーテルを取り除き、新たに挿入しなおすことになります。 対処 薬液が手にかかった 薬液を拭き取り、石鹸を用いて流水でよく洗い流す。 多量にかかった場合や痛みなどの炎症がみられる場合は、最寄りの皮膚科を受診する。 薬液が目に入った 直ちに目を流水でよく洗い、急いで最寄りの眼科を受診する。 眼科には薬液がアルカリ性であることを伝える。 薬液を飲んでしまった 水で口内をよくすすぐ。 ただし、意識がない場合には口内になにも入れずに最寄りの救急病院を受診する。 安心して治療を続けるために 物品等の供給体制 在宅治療に必要な物品がどのようにして患者さんの手に渡るかについては、各医療施設により異なります。 当院ではセコム在宅医療システム社と委託契約を結び、そこから物品類を供給してもらっています。 他にも株式会社ダイヤライフという業者も同様の業務を行っており、そちらに委託している施設もあります。 また病院で全て供給している施設もあります。 この委託された業者が中に入り物品類を供給するというシステムは、一見複雑ですが理解しましょう。 病院の緊急体制 カテーテルが抜けてしまったり、切れてしまったり、ポンプが予備のものも含めてどうしてもうまく輸注できなくなった時は、長くとも30分以内にできるだけ早く病院を受診し、手当を受ける必要があります。 こうした時の緊急体制は各病院の事情や住まいと病院との距離や交通の容易さなどの種々の要素により異ならざるをえません。 各患者さん毎に対処法を事前に策定しておいてください。 最終更新日 2014年03月26日.

次の

ドクターストーン58話感想 これがケータイだ(異論は認めない)! 〔sam.leonardjoel.com.au〕

ヒックマン ポンプ

構成 [ ] 真空ポンプは以下の3つにより構成される。 吸気口:気体を吸入する部分である。 などに接続するためが用いられることが多い。 真空ポンプの主要スペックである排気速度は単位時間当たりの吸気口を通過した気体の量とJISに決められている。 排気口:真空ポンプ内部に入れられた気体は排気口より排出される。 真空ポンプによってはこの排気口の圧力も大気以下でないと作動しないポンプもある。 また、気体溜め込み式ポンプは内部に気体を溜め込むため排気口は存在しない。 しかし無限に蓄えられるわけではないため、別に真空ポンプを用意し、定期的に吸気口より排気しなければならない。 ポンプ:各ポンプ作用を起こす部分。 これらはそれぞれの真空ポンプの種類により大きく異なる。 分類 [ ] どれだけの真空度を必要とするか、また排気する気体の成分によって、使用すべき真空ポンプは異なる。 真空ポンプの分類法は原理による分類、使用圧力による分類、油を用いるか用いないかの分類などによる。 真空ポンプで最も一般的なのは排気量、到達圧力、価格などの総合面で優れた性能を持つ油回転型真空ポンプ()である。 最も安価であろう手押し式は、エアコンの冷媒注入用として市販されている。 吸着装置やアスピレータなどの低真空向けに安価なもかなり普及している。 排気方法による分類 [ ] 真空ポンプは気体を吸気側から排気側に向かって輸送する方式により排気する気体輸送式真空ポンプと、真空ポンプの中に吸気側から入ってくる気体を溜め込む「気体溜め込み式ポンプ(entrapment capture vacuum pump)」に分類される。 また、気体輸送式真空ポンプは一定容積の気体を吸気側から排気側に輸送する方式の「容積移送式真空ポンプ(positive displacement pump)」とポンプ内の別の物質の運動エネルギーにより排気側へ気体を輸送する「運動量輸送式真空ポンプ(kinetic vacuum pump)」に分けられる。 作動圧力領域による分類 [ ] 1台で大気圧から高真空まで排気することが可能な真空ポンプは存在しない。 その排気方法によって作動する圧力が決まっており、使い分けなければならないことを意味する。 特に高真空領域まで排気するためには高真空まで排気できるポンプの排気側に大気圧から作動するポンプを別に用意しなければならず、排気側(背圧側)の圧力を下げなければならない。 このような場合は高真空まで排気できるポンプを「主ポンプ(main pump)」、主ポンプの背圧側のポンプを「補助ポンプ(backing vacuum pump)」と呼ぶ。 補助ポンプは大気から排気するため主ポンプの動作する領域まで排気するための粗引きを行うことも含むため「粗引きポンプ(roughing vacuum pump)」と呼ばれる場合もある。 また、大気圧から作動するポンプを「低真空ポンプ(low vacuum pump)」、高真空で作動するポンプを「高真空ポンプ(high vacuum pump)」と分類する場合もある。 ドライ、ウェットによる分類 [ ] 高真空領域まで排気されたチャンバ内では、実は排気だけではなく真空ポンプ自体から発生する気体成分が大きな割合を占める場合がある。 特に真空ポンプ内でオイルや水分などを使用する場合はそれ自体の蒸発がチャンバ内での作用に大きな影響を与える場合がある。 特に微細なコントロールが求められるの製造工程であるでは僅かな蒸気の混入が製品のに影響することもあるため、真空ポンプ自体が油などを使わないドライなポンプなのか、油などを使用するウェットなポンプなのかは非常に重要な問題となる。 そのため、現在では油を使用しないポンプを「(dry pump)」、油を使用する真空ポンプを「(wet pump)」と分類している。 歴史 [ ] スプレンゲルポンプ 真空の先駆けとなる吸引ポンプは、1206年に技術者で発明家のが発明した。 吸引ポンプは15世紀になってヨーロッパにもたらされた。 1551年にはが6気筒式を発明した。 これもかなり真空に近い状態を作り出せるもので、鉛の錘を上に動かすと、それに伴ってピストンが上に引かれ、真空状態になったに水を吸引し、バルブで水が逆流しないようにする構造だった。 17世紀までにポンプの設計が進化し、ほとんど真空の状態を作り出せるようになったが、その事実に人々が気づくにはやや時間がかかった。 当時わかっていたのは、吸引ポンプはある高さ以上にまで水を引き上げることができないという事実だった。 1635年ごろ測定された結果では18ヤードだった(帝国標準制定前なのでメートルへの換算は不明だが、だいたい9から10メートルと考えられる)。 この限界は灌漑や鉱山の排水にとっての懸念材料であり、当時噴水を作ろうとしていたにとっても問題だった。 そこでトスカーナ大公はに問題の調査を依頼した。 ガリレオは科学者らにこの問題を広く問いかけた。 その中の1人であるガスパール・ベルティ(Gaspar Berti)は問題を再現する装置を製作した(1639年 ローマにて)。 これは水を使った一種のである。 ベルティの気圧計は水柱の上に真空を生じさせたが、当人はそれが真空であるとは分かっていなかった。 1643年、が突破口を開いた。 ガリレオの記述に基づき、トリチェリは世界初のを使ったを作り、水銀柱の上の空間が真空であると結論付けた。 また水銀柱の高さは、大気圧で支えられる最大重量に対応していることがわかった。 なお、トリチェリの実験は重要だが、実際にその空間が真空であると証明したのはの実験だとする説もある。 1654年、は世界初の真空ポンプを発明し、有名なの実験を行い、内部を真空にした2つの半球を何頭もの馬で引っ張っても半球が外れないことを示した。 はゲーリケの設計を改良し、真空の性質について様々な実験を行った。 なお、ボイルの真空ポンプの開発にはも助手として関わった。 1690年、はシリンダーに少量の水を入れてピストンで密封し、それを外から熱したり冷やしたりする実験を行い、中に真空状態が作られることを発見した。 は1698年にドニ・パパンと同様の原理で水を吸引するポンプを完成させた。 セイヴァリはこれを「鉱夫の友」と呼び、鉱山の排水にこれを使った。 その後真空の研究に進展はなかったが、1855年にが水銀を使ったポンプを発明し、10 (0. 1 )という真空の記録を達成した。 1865年、は更に高い真空度を生み出せるを発明した。 このレベルの真空の電気的性質が観測可能になってくると、再び真空への興味が増大し、そこからやが開発されることになった。 ポンプの種類 [ ]• 関連項目 [ ]• ポンプメーカー• 業界団体• 展示会• 脚注・出典 [ ] []• Donald Routledge Hill, "Mechanical Engineering in the Medieval Near East", Scientific American, May 1991, pp. 64-69 cf. Donald Routledge Hill,• Ahmad Y Hassan. 2008年7月16日閲覧。 Donald Routledge Hill 1996 , A History of Engineering in Classical and Medieval Times, , pp. Salim Al-Hassani 23-25 October 2001. 22nd Annual Conference on the History of Arabic Sciences. 2008年7月16日閲覧。 2013年10月17日閲覧。 (2008年4月17日時点の).

次の