ルイス アルベルト ロマン。 ルイスアルベルトロマン 監督 攻略情報

【ウイイレアプリ2020】最強監督一覧!適応力80以上&マネジメント能力800以上|yasublog

ルイス アルベルト ロマン

ルイス・アルベルト・ロマン監督:超攻撃的4-1-2-3 やっぱりウイイレアプリ2020にかぎらず、グアルディオラは今のサッカー界からは外せません! 特にフォーメーションや戦術の鬼ですから、やっぱり試さずにはいられないですよね! まずは基本データから見ていきましょう! ルイス・アルベルト・ロマン監督の基本データ ルイス・アルベルト・ロマン監督は、ご存知マンチェスター・シティのグアルディオラ監督です。 ウイイレアプリ2020の中でも最強のマネジメント能力を誇っており、どんな選手を配置しても余裕です。 適応力は92で、マネジメント能力920です。 それでは肝心な戦術とフォーメーションを見てみましょう。 アルベルト・ロマン監督のフォーメーション アルベルト・ロマン監督のフォーメーションの形は、オフェンシブもディフェンシブも一緒です。 FW中央 CFとSTに切り替え可能 FWサイド RWG(LWG)とSTに切り替え可能 MFサイド OMFとCMFに切り替え可能 MF中央 CMFとDMFに切り替え可能 DFサイド RSB(LSB)とCBに切り替え可能 DF中央 CBのみ 個人的には、MF中央はどちらもOMFで攻撃的にするのがおすすめです。 アルベルト・ロマン監督の戦術 基本的にポゼッションとショートパスは一緒ですが、それ以外は変わってくるので自分にあった戦術に切り替えましょう。 アルベルト・ロマン監督:オフェンシブ戦術 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア サイド ポジショニング 流動的 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア サイド プレッシング アグレッシブ 個人的にはオフェンシブ戦術がおすすめです。 アルベルト・ロマン監督:ディフェンシブ戦術 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング 流動的 守備タイプ リトリート 追い込みエリア サイド プレッシング セーフティ 相手との距離をとって守備をしたい人は、こちらがおすすめです。 今のところ、プレッシングのセーフティはそれほど問題ないのでリトリートでも大丈夫そうです。 ルイス・アルベルト・ロマン監督のフォーメーション配置 正直、まだどんな選手がどんなフォメにハマるかは分からないので、とりあえずマンチェスターシティのメンバーがおすすめです。 また監督の使用感が分かり次第フォメを考案していきます。 マンチェスターシティ(2020ではマンチェスターB)のメンバーなら最初から戦術理解度が高く「チームスピリット」が高いのでコンビネーションも高いのでおすすめです。 怪我人と代表戦の影響で本職CBゼロで戦いました。 しかし、これが見事にハマりまくり、攻撃の際のパス交換の安定感はほぼ無敵。 ただし、ウイイレアプリではロドリはCBの適性がないので今のところ無謀ですね。 どこかのアップデートでCBの適性は必ずつくと思います。 マンチェスターシティフォメその3:ウイイレ的理想型 能力だけ考えればこれが無難ですね。 後半スーパーサブのサネを投入を忘れないように。 アルベルト・ロマン:個人的におすすめフォメ こちらが今試しているフォメです。 CFはぶっちゃけ今のところ誰でもいいかなーって思ってて、 レヴァンドフスキを試してます。 2020から 「ラインブレイカー」になったんですがスピードなくても、裏抜けはしてくれます。 そんでもって、サイドは メッシとコウチーニョ。 どちらも 「インサイドレシーバー」を使ってます。 2人とも内側に入ってきてくれるので一時的に3CFのような感じになります。 ただし、まだまだ不完全ですね、開いたままの時も結構あるので( ディフェンシブ戦術にすればより中に切れ込むかも。 ) 中盤はなるべく、1人は 「2列目からの飛び出し」がおすすめです。 (ここでは カイ・ハフェルツ) 今作も相変わらず最強のプレースタイルですから。 もう1人は ヴェラッティにしてますが、プレースタイルはあまり気にしていません。 (ちなみにヴェラッティはプレーメイカーですが、OMF配置なので発動せずです。 ) DMFには アンカーの ロドリです。 (いやーロドリは強いですよ!) そして、CBは盤石の最強コンビ。 (とりあえずこの2人をしばらく試す感じですかね) 一応、 「ビルドアップ」と「ハードプレス」に分けています。 サイドバックは、 「インナーラップサイドバック」を選んでます。 何せ、グアルディオラといったらインナーラップですからね。 OMFが上がって空いたところに上がってくるので二次攻撃ができますし、サイドに開いてボールをもらったOMFの内側を走ってくれます。 今のところ両サイドで試してますが、慣れてきたら片方だけにしようかなって思ってます。 GKは最強飛び出しGKの エデルソン。 (やっぱり速い!) あとはベンチには スーパーサブを置いて置く感じですね。 とりあえず、 「2列目からの飛び出し」の控えは置いておきたい! スタメン CF レヴァンドフスキ ラインブレイカー RWG メッシ インサイドレシーバー LWG コウチーニョ インサイドレシーバー OMF カイ・ハフェルツ 2列目からの飛び出し OMF ヴェラッティ プレーメイカー(発動なし) DMF ロドリ アンカー RSB ジョアン・カンセロ インナーラップサイドバック LSB マルコス・アロンソ インナーラップサイドバック CB クリバリ ハードプレス CB ファンダイク ビルドアップ GK エデルソン 攻撃的GK ベンチ GK テアシュテーゲン 攻撃的GK CB デリフト ビルドアップ LSB ミコレンコ 攻撃的GK DMF ヴィエラ ハードプレス OMF ロイス 2列目からの飛び出し RWG マクシマン 2列目からの飛び出し CF チャロフ インブレイカー まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 やっぱり攻撃的なフォメといえば、ルイス・アルベルト・ロマン監督ですよね。 2019では攻撃的すぎて諸刃の剣でしたが、攻撃はやっぱり強かった。 攻撃してこそのウイイレアプリですから、まずはこのフォメをある程度極めたいと思います。 次は「4-2-2-2」の監督を紹介します。

次の

【ウイイレアプリ2020】最強監督ランキング!独自目線でおすすめを調査!

ルイス アルベルト ロマン

ご覧いただきありがとうございます。 つきご()ともうします。 ウイニングイレブンでは、 監督選びは、プレーヤースキルと同じくらいに、とても重要です。 とはいえ、数多ある監督の中で、自分にあった監督と出会うのは至難の業。 そこで、今作の仕様にあった強い監督をご紹介させていただきます。 【オススメ監督紹介】ルイス・アルベルト・ロマン(ジョゼップ・グアルディオラ)【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 監督名 ルイス・アルベルト・ロマン 実名 ジョゼップ・グアルディオラ 国籍 スペイン 在籍情報 マンチェスター・シティ 4-1-2-3 オフェンシブ戦術 攻撃コンセプト 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア サイド ポジショニング 流動的 サポート距離 6 守備コンセプト 守備タイプ フォアチェック 追い込みエリア サイド プレッシング アグレッシブ ディフェンスラインの高さ 7 コンパクトネス 7 ディフェンシブ戦術 攻撃コンセプト 攻撃タイプ ポゼッション ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング 流動的 サポート距離 5 守備コンセプト 守備タイプ リトリート 追い込みエリア サイド プレッシング セーフティ ディフェンスラインの高さ 6 コンパクトネス 6 ルイス・アルベルト・ロマン(ジョゼップ・グアルディオラ)の解説 高レート帯の方で、そこそこの割合で使用されています。 OMFを2枚置けます。 3トップのウイングストライカーなので、サイドに張り付き攻めていくのですが、しばしばサイドに深く切り込んで、そのまま孤立することがあります。 ただ、この監督のフォーメーションの場合、2OMFが、しっかり後ろから攻撃のサポートをすることで、攻撃の切れ間を埋めてくれることができます。 攻撃タイプが、ポゼッション。 サポート距離が6と、距離感もちょうどよく、パスを繋いで連動した攻めができます。 ほぼ、5人で連動的に攻めるのは圧巻です。 ただし、守備がとても難しい。 というか、カウンターを受けたらシュートまで簡単にもっていかれます。 ドンドン、ガンガンで攻めたいタイプの方にオススメです。 下記の記事では、4-3-3監督で、オススメの中盤選手(FP以外)の紹介と、スカッド構成の解説をしていいます。 獲得必至!強いオススメ監督をまとめて紹介! 下記の記事で 紹介させてもらう監督を数人でも保有していれば、myClubは戦っていけます。 ウイイレ(ウイニングイレブン)の監督の更新時間と解放の条件 PS4のサッカーゲーム「ウイイレ(ウイニングイレブン)」は、2020から監督の更新時間と更新頻度が変更になったので、更新頻度と解放条件を紹介します。 監督の更新時間と更新頻度 ウイイレ2020の監督の更新頻度は8時間ごとで、1日に3回、更新されます。 更新時間は、深夜0時、朝8時、夕方4時です。 木曜日の更新で、監督のフォーメーションが変更される場合があります。 同じ監督はリストアップされないので、新しいバージョンの監督が欲しい場合は、所持している監督を放出しなければ、リストに載りません。 たとえば、442のシメオネを持っている場合は、4312のシメオネはリストアップされません。 監督の解放条件 ウイイレの監督はロックがかかっており、初めはGPで購入することが出来ません。 このロックを解放する条件は試合数です。 試合数は戦績の「myclub戦績」で確認できます。 試合数は、ランクマッチ、SIM戦、COM戦の通算です。 監督の解放条件は、2019と同じだと思っていたので、データーを取り忘れたのですが、2020で条件が緩和されました。 2019では全監督を解放するのに500試合かかっていたのですが、2020では200試合で全監督が解放できると思います。 試合数180から190あたりで、マネージメント能力870のクリスト・バルブエナ(シメオネ監督)が解放されました。 注意点 監督に関する注意点は、先ほども紹介したとおり、取得している監督と同じ監督はリストアップされないという点です。 3CFのユルゲン・クロップが出たこともあるので、むやみやたらと監督を取るのには注意が必要です。 重複の獲得はできませんので、使わない監督は、放出したほうがいいですね。 ジョゼップ・グアルディオラの戦術 アイデアはこうだ。 ボールを失ってから6秒間、非常に高いインテンシティでもってボールを奪い返しにかかる。 ボールホルダーにもっとも近い選手が即座に猛然とプレスをかけ、残りの選手は守備網を縮めてコンパクトな陣形を構築する。 目的はパスの選択肢を狭め、相手にミスをさせること。 もし6秒以内にボールを奪取できなかった場合でも、6秒ルールで構築されたコンパクトな守備網を打破するのは難しい。 グアルディオラはバイエルンでも同じルールを導入し、守備組織を自らの哲学の要であると表現したこともある。 ポチェッティーノのトッテナムやクロップのリバプールでも似たような戦術を見ることができるが、今シーズンはここにペップシティの名も加わることだろう。 グアルディオラのバルサでのキャリアにおいて、メッシほど重要な選手はいなかった。 2008年にライカールトからチームを引き継いだ段階でメッシは既にスターティングイレブンに名を連ねていたが、ペップはシンプルなコンバートで彼の真のポテンシャルを引き出した。 ペップがこのアイデアを思い付いたのは、2009年3月、タイトルを左右するベルナベウでのクラシコの前夜だった。 『ペップ・グアルディオラ キミにすべてを語ろう』の著者パラルナウの記すところによると、「グティ、ガゴ、ドレンテで構成されるレアルの中盤から、シャビとヤヤの二人が尋常ではないプレッシャーを受けること、またファビオ・カンナバーロとメッツェルダーのセンターバックコンビは、カシージャスの守るゴールマウス前に張り付きたがる傾向があることにペップは気づいていた。 そして、その事実はバイタルエリアに広大なスペースが空くことを示していることも。 」 案の定、ラームはブスケツに対するバイエルンの解決策となった。 ペップは語る。 「フィリップはゲームを理解している。 全ての選手ができることじゃない。 彼はすべてのポジションでプレーができる。 フットボールは、自分のポジションで何をすべきかを一秒足らずで決定しなければならないゲームなんだ。 そして彼が判断することは常に正しい」 グアルディオラは、同じような適性をアラバにも見出した。 ここ3シーズンで、アラバはほぼすべてのポジションでプレーしたことになる。 シティにはそのような扱いを受けそうな候補は見当たらないが、歴史が示しているように、彼はきっとサプライズを用意しているだろう。 事実、左サイドバックが本職のアレクサンダー・コラロフをセンターバックとして起用するなど、いくつかのアイデアを温めているようである。 工夫されたプレシーズントレーニング サッカーサイト『WhoScored』によれば、ブンデスリーガでのラストシーズンでバイエルンは7つもの異なったフォーメーションを使用したらしい。 4-1-4-1のような形が最多だが、ペップは4-2-3-1や3-4-3、3-1-4-2などを採用することもあった。 タッチラインの外から、システムやポジションチェンジに関する指示を絶え間なく叫び続け、選手たちのポジションを緻密にコントロールしていた。 こういったアプローチは、ペジェグリーニ政権下で4-2-3-1と4-4-2という2つのオプションしか持たなかったシティに劇的な変化をもたらす可能性がある。 なにせトレブルを達成したハインケスのチームをいじくることになんのためらいを見せなかったペップのことだ、今までのシティのやり方を尊重しすぎるなんてことは到底ありえないだろう。

次の

【ルイス アルベルト ロマン監督(ウイイレアプリ2019)】ジェズスの生まれ変わり!めっちゃゴールが決められる!

ルイス アルベルト ロマン

人によってどの監督が使いやすいのかは違いますが、 game8攻略班ではどの指標も大きければ大きいほど使いやすい監督と考えています。 ディフェンスラインの高さ 大きいほど守備の最終ラインが高くなります。 コンパクトネス 大きいほどディフェンダー間の距離が小さくなります。 マネージメントと攻めやすさを重視 監督は、マネージメントが高くないとコスト不足となってレアリティの高い選手を選抜することができなくなります。 また、攻撃の難しいゲーム性から、攻めのしやすさ フォーメーション が要求されます。 そのため、得点がしやすい監督とマネージメント力の高さを評価基準として置きました。 両ウイングは足が速い「」、CFは「」の選手を使うようにしましょう。 フォアチェックアグレッシブがおすすめ 守備タイプが「フォアチェック」でプレッシングが「アグレッシブ」のタイプの監督をおすすめしています。 前線でボールを奪ってカウンターで得点するパターンが最も簡単に特典できるので、前からプレスをかけていくタイプの監督が強いです。 カウンタータイプの監督が強い 攻撃タイプがカウンタータイプの監督を使うと、味方の攻めの上がりが早く短時間で攻めることができるのでおすすめです。 ポゼッションタイプの監督は攻めに時間がかかってしまい敵のん守備陣系が整ってしまうので得点しにくい傾向があります。 OMFをおける監督を重視 今作ではOMFの動き出しが良く、OMFから前線へのスルーパスが通りやすい仕様になっています。 また、「2列目からの飛び出し」を持っているOMFを使うことで得点のチャンスが格段に増えますので、ぜひ使ってみてください。

次の