北斗 転生 設定 差。 【確定版】北斗の拳 転生の章 設定差・設定判別まとめ

北斗の拳 転生の章 設定判別・設定差要素の全まとめ

北斗 転生 設定 差

あべし数 設定1〜6 1〜32G 4. 5 設定2…0. 5 設定3…0. 7 設定4…0. 9 設定5…1. 0 設定6…2. 7% 天破B…3. 1% 天破C…3. 0% 天破B…1. 0% 天破C…1.

次の

北斗 の 拳 転生 中段 チェリー

北斗 転生 設定 差

2 弱チェリー&強チェリーをカウント 弱チェリーは 低設定ほど出現しやすく、 強チェリーは 高設定ほど出現しやすいといった特徴があります。 それぞれに2種類のフラグがありますが、サンプルを取りやすいよう合算でカウントしていくのがいいでしょう。 なお 、「中押しチャンス」発生時のチェリーは弱チェリーとなるため、混同しないよう注意して下さい。 順押しで消化しても特にペナルティは発生しませんし、設定狙いでは常に順押しで消化していくことをオススメします。 設定5以上であれば、900あべしを超える頻度はかなり低いです。 解除あべしに関しては、パチマガ・スロマガの設定推測ツールを使うことで、お手軽かつ精度の高い設定判別が可能となります。 1 低状態からの天破当選をチェック 低確or通常滞在時の弱チェリーorスイカからの天破の刻当選率に大きめの設定差あり。 内部状態を正確に把握することはできないため、参考程度に留めておくのが無難かと思いますが、もし低確or通常濃厚状態から天破に繋がれば、高設定に期待が持てますね。 スイカ解除 設定1~4:0. 8% 設定5:1. 5% 設定6:2. 1度確認できたからといって過信は禁物ですが、設定状況に期待が持てる上で早めの段階で確認できれば、粘る要素になりますね。 SPバトル開始前ムービー 北斗揃い経由 キャラ 設定1 設定6 シン 23. また、北斗揃い経由よりもAT中のレア小役を経由した方が設定差が大きくなっている点も特徴です。 ただし、中々サンプルを取れない要素なので、こちらも補助的な設定判別要素と言えます。 天破の刻中にハズレ目から 400あべし獲得すれば 設定4以上確定、 600あべし獲得となれば 設定6確定となります。 非常にシンプルな要素なので、天破の刻中は見落としに注意して消化しましょう。 もう一点の高設定(設定6)確定パターンは、継続バトル中のラオウとケンシロウのやりとりです。 これらの演出に関しては、設定狙いに限らず必ず押さえておきましょう。

次の

北斗の拳天昇|設定6の挙動・設定差を約93万Gの実戦値から徹底解析|期待値見える化だくお|note

北斗 転生 設定 差

初当たり・スペック AT初当たり確率に段階的に設定差があります。 後述していますが、この要因は主に モード移行率と 規定あべし数振り分けにあります。 スペックは基本的なスペックで 機械割も普通なタイプです。 順押し白BAR狙いで 3連チェリーが強チェリーA、 中段チェリーが強チェリーB になります。 複数回確認出来れば相当強い要素になると思います。 高設定は全体的にゾーンが強くなっているため、 変なあべし数で当たることが多くなります。 これとモード移行が相俟って 高設定は早いあべし数での当選が多くなります。 モードB天井である897あべしを超える確率は 設定1では約2. 5回に1回、設定6では約5回に1回と 設定6の当選はほとんど897あべし以内と言えます。 通常時であれば約8Gの前兆を経てAT告知されます。 AT終了画面では次Gで告知されます。 北斗揃いからよりも、レア役からの SPバトルの方が設定差が大きいです。 設定変更後は通常B以上移行率が高く、 即前兆の可能性もあるため朝一、256以内当選台は 設定変更の可能性が高いです。 ホール全体の状況の把握にも役立ちます。 天破の刻中は高設定確定演出があるので見落とさないように! ガセ前兆発生G数などからモードを推測出来れば 判別の精度が高まります。 引き続き、子役はカウントです。

次の