ダーク ソウル ラテン語。 【DTM】ダークソウル風なゲームのBGMの作り方【音楽性を捧げよ】

ダークソウル考察班「BGMの歌詞をラテン語翻訳した」作曲者「あれ造語なんやけど……」

ダーク ソウル ラテン語

絶望と混沌の世界をDTMで再現 こんにちは、サウンドクリエイターのユーフルカ()です。 あの絶望の世界観は、DTMではどのようにすれば表現できるのでしょうか? 使用する音源や楽器 まずは使用する音源選びです。 ダークソウルの、絶望的でダークな雰囲気を演出している楽器は 主に以下のものです。 コーラス(聖歌隊)• ストリングス(弦楽器群)• チューブラベル• ハープシコード(チェンバロ)• パイプオルガン• ピアノ• 低音の金管(ホルン、トロンボーンなど)• ティンパニ もちろんボスやシチュエーションによってこの限りではなく 民族楽器なども使用されていますが、大まかにいうとこんな感じです。 特に重要なのは上二つ、 コーラスとストリングスです。 この二つ無くして、ダークソウルの世界観は絶対に表現できません。 大半の楽曲で聞こえてくる、「アーーーアアーーーーーー」という人の歌声です。 ただ「アアーーーアアーーー」と歌うだけでもそれっぽくなりますが、 ラテン語などを歌わせることができる音源を使用するとより異世界感が出ます。 私が使っているコーラス音源は、「」です。 冒頭に紹介したサンプル曲のように、ラテン語を適当に並べて仮想言語を表現できます。 またソロで歌わせることも可能です。 ダークソウル2、3と、 物語が終局に向かうにつれて壮大になっていきます。 大抵の汎用的な音源は、ストリングスの人数までは細かく調整できません。 よってジャンル問わず非常に使いやすく、よく仕事でも使います。 さらに深い世界を表現したい方はソロのストリングス音源を持っておくと便利です。 <<参考記事>> あえて半音でぶつけて不安な響きを作ろう ここからは実践的な打ち込みのテクニックです。 ダークソウルのような不安定で混沌とした世界を表現をしたい場合、 あえて綺麗な和音ではなく、全音や半音でぶつけていくのが効果的です。 これは冒頭で紹介したサンプル曲の終盤のコーラス部分です。 低~中域のGとG がぶつかっていますが、これがこの場合いい味を出しています。 これは サスペンスやホラーゲームのBGMでもよく使われる表現方法です。 また、 メロディも音階的ではなく、半音進行にして虚ろな感じにするとよりGOODです。 そんな設定が、曲を聴いただけでわかってしまいますね。 特に壮大で混沌としたボス戦が多い中、 ラスボスだけは悲しいピアノソロという演出は神。 そもそもフロムソフトウェアのゲームには作品中で語られることのない要素が多く そのほとんどが、プレイヤーたちの妄想と考察によって補われています。 しかし35秒から突然雰囲気が一変し、ハープのアルペジオと女性ソプラノのソロに。 まるで静寂に包まれた聖域で女性が祈りを捧げるような雰囲気です。 そして終盤からはまた混沌と暴れまわるボスのような曲調に。 石の巨人は、かつて自らを創造した少女を護るために孤独な戦いを続け 護るべきもの全てが朽ち果てた後、その思念だけが遺った。 まとめ ダークソウルはその美しく退廃的な世界観で世界中を魅了し 今も世界中で多くのフォロワーを生み出しています。

次の

『ダークソウル』BGM 歌詞和訳協力の話

ダーク ソウル ラテン語

14 ID:Nz0hntyQd 「吉本自宅ゲーム部」 自宅ゲーム部では、吉本のゲーム好きの人気芸人が毎週月~金曜日の夜、日替わりで芸人仲間・ゲーマー・アイドルなどとゲーム配信番組を放送します。 板倉 チャンネル PUBGのコアユーザーであるインパルス板倉がホストとなりPUBG好き芸人と共にバトルロワイヤル配信。 mildom. 51 ID:Pkp9GpqWa. 80 ID:vvbi2UPY0. 18 ID:sJBQXsDS0. 34 ID:QEFQajen0. 04 ID:3vdJJBEer. 68 ID:GZke6a1D0. 51 ID:xW0a0mcNa. 55 ID:LwqSYF21a. 23 ID:9qtnAV6w0. 「デジボク」 侵略でバラバラになってしまい宇宙を漂うことになった地球の各都市に向かい敵を掃討。 ご当地EDF隊員も登場。 仲間になる彼等の数は100人以上。

次の

ダークソウル考察班「BGMの歌詞をラテン語翻訳した」作曲者「あれ造語なんやけど……」

ダーク ソウル ラテン語

絶望と混沌の世界をDTMで再現 こんにちは、サウンドクリエイターのユーフルカ()です。 あの絶望の世界観は、DTMではどのようにすれば表現できるのでしょうか? 使用する音源や楽器 まずは使用する音源選びです。 ダークソウルの、絶望的でダークな雰囲気を演出している楽器は 主に以下のものです。 コーラス(聖歌隊)• ストリングス(弦楽器群)• チューブラベル• ハープシコード(チェンバロ)• パイプオルガン• ピアノ• 低音の金管(ホルン、トロンボーンなど)• ティンパニ もちろんボスやシチュエーションによってこの限りではなく 民族楽器なども使用されていますが、大まかにいうとこんな感じです。 特に重要なのは上二つ、 コーラスとストリングスです。 この二つ無くして、ダークソウルの世界観は絶対に表現できません。 大半の楽曲で聞こえてくる、「アーーーアアーーーーーー」という人の歌声です。 ただ「アアーーーアアーーー」と歌うだけでもそれっぽくなりますが、 ラテン語などを歌わせることができる音源を使用するとより異世界感が出ます。 私が使っているコーラス音源は、「」です。 冒頭に紹介したサンプル曲のように、ラテン語を適当に並べて仮想言語を表現できます。 またソロで歌わせることも可能です。 ダークソウル2、3と、 物語が終局に向かうにつれて壮大になっていきます。 大抵の汎用的な音源は、ストリングスの人数までは細かく調整できません。 よってジャンル問わず非常に使いやすく、よく仕事でも使います。 さらに深い世界を表現したい方はソロのストリングス音源を持っておくと便利です。 <<参考記事>> あえて半音でぶつけて不安な響きを作ろう ここからは実践的な打ち込みのテクニックです。 ダークソウルのような不安定で混沌とした世界を表現をしたい場合、 あえて綺麗な和音ではなく、全音や半音でぶつけていくのが効果的です。 これは冒頭で紹介したサンプル曲の終盤のコーラス部分です。 低~中域のGとG がぶつかっていますが、これがこの場合いい味を出しています。 これは サスペンスやホラーゲームのBGMでもよく使われる表現方法です。 また、 メロディも音階的ではなく、半音進行にして虚ろな感じにするとよりGOODです。 そんな設定が、曲を聴いただけでわかってしまいますね。 特に壮大で混沌としたボス戦が多い中、 ラスボスだけは悲しいピアノソロという演出は神。 そもそもフロムソフトウェアのゲームには作品中で語られることのない要素が多く そのほとんどが、プレイヤーたちの妄想と考察によって補われています。 しかし35秒から突然雰囲気が一変し、ハープのアルペジオと女性ソプラノのソロに。 まるで静寂に包まれた聖域で女性が祈りを捧げるような雰囲気です。 そして終盤からはまた混沌と暴れまわるボスのような曲調に。 石の巨人は、かつて自らを創造した少女を護るために孤独な戦いを続け 護るべきもの全てが朽ち果てた後、その思念だけが遺った。 まとめ ダークソウルはその美しく退廃的な世界観で世界中を魅了し 今も世界中で多くのフォロワーを生み出しています。

次の