ドロテア 育成。 【ファイアーエムブレム風花雪月】ドロテアのおすすめ兵種と5年後プロフィール【FE風花雪月】

【FE風花雪月】ドロテア=アールノルト【キャラ考察】

ドロテア 育成

後述の「鬼神の一撃」と合わせて習得時期が早いため、 アタッカーとして育成するキャラにはぜひ習得させておきたい。 魔法アタッカーを育成する場合、必然的に理学を指導することになるので、メイジの資格を得やすいのもメリット。 魔法職は全員メイジを通るくらいの気持ちでいるとよいだろう。 なお、ダークビショップを最終クラスにする場合はスキル装備欄から外れるので不要になる。 が、それまでの有用性を考えると、これのためにメイジを通らないというのは非効率的だろう。 ただし、物理武器は銀武器が強力なのと、ブリガンドの職資格のために斧術を育成する必要があるため、斧術が得意なキャラや斧を使用するキャラ以外では 習得が若干遅くなるのが大きな違い。 そのため、 全員に必須といえるスキルではないと考える。 アタッカーにはもちろん習得させておきたいが、回避盾には「警戒姿勢」、斧使いやスナイパーには「命中+20」など、他にほしいスキルと相談しての習得となるだろう。 回避や命中を強化するスキルや戦技は数あれど、(「速さ」のパラメータを直接上昇させるスキルを除けば)攻速を上げるスキルはこれのみ。 敵のパラメータが上がるということは、こちらが追撃しにくくなるということなので、必然的に一撃のダメージが小さいキャラは使いにくくなる。 そのようなキャラが追撃できる機会を広げてくれるため、とくにパラメータ負けが顕著となり始める1部終盤で便利なスキル。 おまけに、これの習得のために飛行技能を鍛える必要があるため、 「警戒姿勢」を取りに行くついでに取得すると効率がよい。 万能なスキルではないので、確実に2回攻撃がほしい場合は「ハンターボレー」などの戦技に頼るか、勇者系の武器などを使うようにしよう。 単体のスキル効果で見た場合、 最も能力の高いスキルだと思っている。 そう断言できるほどの有用なスキルで、他の最上級職のマスタースキルに対して明らかにこれだけ強すぎるレベル。 HPが残っていれば追撃できる、ということは、回避と与ダメージを高めたユニットに「応撃の構え」などをかけて全距離反撃できるようにすれば、 無限に敵ユニットを撃破し続けるという悪魔のような運用が可能になるということ。 取得は非常に遠く、終盤になるのは必至だろうが、ぜひとも男性エースには習得させておきたいスキル。 余談だが、他の攻撃順変更スキル(待ち伏せ、攻め立て)も効果を発揮しさえすれば強力なので、傭兵やソシアルを通る場合はマスターまで持っていってもよいだろう。 余裕があればの話となってしまうが…。 【戦技】移動系戦技(体当たり、引き寄せ など) 習得条件 「剣士」マスター(入れ替え) 「戦士」マスター(体当たり) 「兵士」マスター(引き戻し) 「修道士」マスター(引き寄せ) 効果 隣接する味方と自分の位置を入れ替える(入れ替え) 隣接する味方をその方向に1マス移動させる(体当たり) 隣接する味方を自分を軸に反対方向のマスに移動させる(引き戻し) 隣接する味方と自分を反対方向に1マスずつ移動させる(引き寄せ) 各種下級クラスのマスターで得られる戦技。 「効果」の欄が日本語のテストみたいになってしまっているが、効果としてはどれも「 味方を移動させる」という点で共通している。 ルナティックでは どのユニットも2回以上攻撃を受けると倒れてしまう魔境なので、1度攻撃を受けてしまい、HPが減った味方を救出して回復したり、敵の攻撃範囲から逃れたりするのに非常に役立つ。 「入れ替え」は自分が相手できるユニットが襲ってくる場合に、最前線を入れ替えるのに役立つ。 「体当たり」は「あの盗賊まで1マス足りない」という状況で味方を動かすのには使えるが、ルナで攻撃的な状況になっていることは稀なのであまり出番はないかも。 「 引き戻し」「 引き寄せ」はかなりおすすめ。 先述のような状況はもちろん、「うっかり敵の攻撃範囲に入ってしまい、予測を見ると一撃で倒されてしまう」という状況を救ってくれる。 特に、リセット・「天刻の拍動」による巻き戻しを縛っているような状況では欠かせない存在となってくれるだろう。 なお、重装技能Bで習得できる「ぶちかまし」もあるが、習得までの期間を考えるとあまりおすすめできない。 舞踏大会に勝利し、踊り子になったユニットのみ習得できるスキル。 これと「警戒姿勢+」を併用するだけで回避+50と別次元の回避能力を手に入れられるので、基本的には 回避盾として運用したいユニットに習得させるとよいだろう。 主人公は踊り子になれないので関係ないが、他2名を回避盾として育成する場合は、別のキャラに「剣回避+20」(と踊り子の資質)を託してあげるとよいだろう。 そもそもドロテアもシルヴァンも速さが上がらないのであまり回避盾にはしたくないが。

次の

【FE風花雪月】難易度ルナティック攻略の手引き

ドロテア 育成

後述の「鬼神の一撃」と合わせて習得時期が早いため、 アタッカーとして育成するキャラにはぜひ習得させておきたい。 魔法アタッカーを育成する場合、必然的に理学を指導することになるので、メイジの資格を得やすいのもメリット。 魔法職は全員メイジを通るくらいの気持ちでいるとよいだろう。 なお、ダークビショップを最終クラスにする場合はスキル装備欄から外れるので不要になる。 が、それまでの有用性を考えると、これのためにメイジを通らないというのは非効率的だろう。 ただし、物理武器は銀武器が強力なのと、ブリガンドの職資格のために斧術を育成する必要があるため、斧術が得意なキャラや斧を使用するキャラ以外では 習得が若干遅くなるのが大きな違い。 そのため、 全員に必須といえるスキルではないと考える。 アタッカーにはもちろん習得させておきたいが、回避盾には「警戒姿勢」、斧使いやスナイパーには「命中+20」など、他にほしいスキルと相談しての習得となるだろう。 回避や命中を強化するスキルや戦技は数あれど、(「速さ」のパラメータを直接上昇させるスキルを除けば)攻速を上げるスキルはこれのみ。 敵のパラメータが上がるということは、こちらが追撃しにくくなるということなので、必然的に一撃のダメージが小さいキャラは使いにくくなる。 そのようなキャラが追撃できる機会を広げてくれるため、とくにパラメータ負けが顕著となり始める1部終盤で便利なスキル。 おまけに、これの習得のために飛行技能を鍛える必要があるため、 「警戒姿勢」を取りに行くついでに取得すると効率がよい。 万能なスキルではないので、確実に2回攻撃がほしい場合は「ハンターボレー」などの戦技に頼るか、勇者系の武器などを使うようにしよう。 単体のスキル効果で見た場合、 最も能力の高いスキルだと思っている。 そう断言できるほどの有用なスキルで、他の最上級職のマスタースキルに対して明らかにこれだけ強すぎるレベル。 HPが残っていれば追撃できる、ということは、回避と与ダメージを高めたユニットに「応撃の構え」などをかけて全距離反撃できるようにすれば、 無限に敵ユニットを撃破し続けるという悪魔のような運用が可能になるということ。 取得は非常に遠く、終盤になるのは必至だろうが、ぜひとも男性エースには習得させておきたいスキル。 余談だが、他の攻撃順変更スキル(待ち伏せ、攻め立て)も効果を発揮しさえすれば強力なので、傭兵やソシアルを通る場合はマスターまで持っていってもよいだろう。 余裕があればの話となってしまうが…。 【戦技】移動系戦技(体当たり、引き寄せ など) 習得条件 「剣士」マスター(入れ替え) 「戦士」マスター(体当たり) 「兵士」マスター(引き戻し) 「修道士」マスター(引き寄せ) 効果 隣接する味方と自分の位置を入れ替える(入れ替え) 隣接する味方をその方向に1マス移動させる(体当たり) 隣接する味方を自分を軸に反対方向のマスに移動させる(引き戻し) 隣接する味方と自分を反対方向に1マスずつ移動させる(引き寄せ) 各種下級クラスのマスターで得られる戦技。 「効果」の欄が日本語のテストみたいになってしまっているが、効果としてはどれも「 味方を移動させる」という点で共通している。 ルナティックでは どのユニットも2回以上攻撃を受けると倒れてしまう魔境なので、1度攻撃を受けてしまい、HPが減った味方を救出して回復したり、敵の攻撃範囲から逃れたりするのに非常に役立つ。 「入れ替え」は自分が相手できるユニットが襲ってくる場合に、最前線を入れ替えるのに役立つ。 「体当たり」は「あの盗賊まで1マス足りない」という状況で味方を動かすのには使えるが、ルナで攻撃的な状況になっていることは稀なのであまり出番はないかも。 「 引き戻し」「 引き寄せ」はかなりおすすめ。 先述のような状況はもちろん、「うっかり敵の攻撃範囲に入ってしまい、予測を見ると一撃で倒されてしまう」という状況を救ってくれる。 特に、リセット・「天刻の拍動」による巻き戻しを縛っているような状況では欠かせない存在となってくれるだろう。 なお、重装技能Bで習得できる「ぶちかまし」もあるが、習得までの期間を考えるとあまりおすすめできない。 舞踏大会に勝利し、踊り子になったユニットのみ習得できるスキル。 これと「警戒姿勢+」を併用するだけで回避+50と別次元の回避能力を手に入れられるので、基本的には 回避盾として運用したいユニットに習得させるとよいだろう。 主人公は踊り子になれないので関係ないが、他2名を回避盾として育成する場合は、別のキャラに「剣回避+20」(と踊り子の資質)を託してあげるとよいだろう。 そもそもドロテアもシルヴァンも速さが上がらないのであまり回避盾にはしたくないが。

次の

【攻略 FE風花雪月】踊り子の入手方法と最適キャラは?│SWITCH速報

ドロテア 育成

育成要素 内容 上げ方 ・ステータスアップ ・クラスチェンジに必要 ・敵との戦闘 ・戦技や呪文を習得 ・クラスチェンジに必要 ・教育 ・敵との戦闘 ・教員 高度 研修 各キャラ間 ・戦闘時の連携効果アップ ・エンディングに変化 ・キャラとの交流 ・敵との戦闘 主人公のみ ・散策・教育・出撃の行動力アップ ・施設利用 ・教育 ・出撃 ・騎士団のステータスが上昇 ・敵との戦闘 キャラ育成で覚えておきたいコツ 聖人像で効率よくレベル上げ 8月に解放できる「聖人像」では、 キャラや技能経験値の入手量を増やすことができる。 ボーナスを取得するには名声ポイントが必要なので、バランスよく上げるよりも1つに集中して上げたほうが取得が早い。 主人公に隣接させてレベル上げ 主人公の固有スキルは、 隣接したキャラの経験値を1. 2倍することができるもの。 レベル上げをしたいキャラがいる場合は、主人公と共に行動させて経験値獲得を狙おう! 行動消費なしで指導レベル上げ 指導経験値を稼ぎたい時は、散策時に行動力を消費しないイベントをこなそう。 釣りや栽培は、 行動消費なしで行える上に、アイテムが貰えるので一石二鳥だ。 散策をする際は忘れないようにしよう! キャラレベルの効果と上げ方 主なメリットはステータス上昇 キャラレベルを上げることでキャラの ステータスが上昇していく。 主に戦闘で行動をした時に貰える経験値を集めることでレベルを上げられる。 レベルを上げたいキャラは積極的に戦闘に参加させていこう。 クラスチェンジに必須 キャラの兵種を変更するクラスチェンジの際に、より上位の兵種になるためには、レベルが一定以上必要になる。 クラスチェンジをしたいキャラを優先して戦闘を行っていくといい。 フリークエストでレベルを上げよう キャラレベルを上げるには、週末に行える出撃の中にあるフリークエストをこなそう。 難易度 ノーマル限定で時間消費のないクエストが存在するので、月末出撃が勝てないは利用しよう。 技能レベルの効果と上げ方 戦技やスキルを習得できる 技能レベルを上げると、その技能に応じた戦技やスキルを習得できる。 覚えた技は、対応する武器種を装備したときに使用することができる。 理学と信仰の技能は、戦技の代わりに魔法を習得する。 クラスチェンジに必須 クラスチェンジの資格試験では兵種ごとに一定の技能レベルを求められる。 技能レベルが低いとクラスチェンジできないので、しっかりと上げていこう。 教育と自習で技能レベルを上げよう 技能レベルは、教育や生徒の自習などによって上昇する。 教育は生徒を選択して育成できる。 自習は各キャラが目標に沿って自動で技能レベルを上げてくれる。 主人公の技能レベルの上げ方 教員研修を活用しよう 主人公の技能レベルは教員研修を受けることで上昇する。 ストーリーが進むと高度教練に変わり、自分より技能レベルの高い仲間から研修を受けられる。 支援レベルの効果と上げ方 支援レベルが上がると連携効果アップ 支援レベルはキャラ間の仲の良さの指標で、キャラの組み合わせによって異なる。 支援レベルが高いと、連携時の威力・命中率・回避の上昇量が増加する。 キャラごとに支援レベル最大値が異なる 支援レベルの最大値はSだが、キャラによっては最大値がAのキャラもいる。 支援値Sのキャラは、エンディング後の要素に関係してくる。 お気に入りのキャラの支援値は高めておこう。 支援レベルの上げ方 戦闘での連携時やイベントなど、様々な出来事で支援値が上昇する。 支援値が一定値を超えると支援会話が発生する。 支援会話を確認すると、支援レベルが上昇する。 支援会話の確認方法 メニューの支援情報から支援会話を確認できる。 支援値が上昇していても支援会話を確認しないと支援レベルは上昇しない。 支援会話が発生したらすぐに確認しよう。 指導レベルの効果と上げ方 行動力が上昇する 指導レベルは主人公のみのパラメータで、散策・教育・出撃の行動力に影響する。 行動力が増えればキャラの育成が捗るので、積極的に上げよう。 最上級職の開放に必要 最上級職を開放するには指導レベルC以上が必要。 キャラの兵種を強くしたい場合には、指導レベル上げが必須になる。 合わせて読んでおきたい記事• 指導レベルの上げ方 指導レベルは、施設利用・生徒との交流・本を拾って知識を得ることで上昇する。 主に散策時に上昇させることになるので、時間消費無しで行えることは必ず行っておこう。 騎士団レベルの効果と上げ方 騎士団のステータスが上昇 騎士団レベルを上げることによって、騎士団のステータスが上昇する。 キャラに配備した時に、 キャラに上乗せされる分が増えるので、戦闘時に有効だ。 キャラに配備して経験値を稼ぐ 騎士団のレベルを上げるためには、キャラに配備して戦闘を行う必要がある。 騎士団の戦力を補充しながら経験値を稼ごう。 キャラ育成と平行して行うと効率がいい。 ファイアーエムブレム風花雪月のその他攻略記事 FE風花雪月の初心者向け記事.

次の